カテゴリ:風景( 62 )

まさかの!イタリア旅行 ~その4~


さぁ、ホテルまでバスに乗りますよ~!

「L4」という系統です。
行きと同じバスの逆方向に乗ればいいということで探そうとしていたら、運よくターミナルに来ていました。
飛び乗ったのはいいのですが、降りるべき停留所、すなわちホテルの前から乗ったバス停の名前は一体・・・?(◎_◎;)

これが、「その3」の最初に書いたことにつながるのです。

「そやそや! ホテルのそばにでっかいスーパーがあったやん!」
「うんうん。行きはホテルの前で乗って、そのあとにスーパーの前を通ったんやし、今度はスーパーが見えたらすぐ降りたらええんや!」
と、みんなでスーパーが見えてくるのを注目することに。

行きは何分ぐらい乗ったか、あまりはっきり覚えてなかったけれど、まぁ大体20~30分ぐらい?
それぐらい経ったら、気をつけて見なければ!

と思いつつ、バスの中は混み混み。
それに、いつも地元で乗り慣れているバスのように、次のバス停の名前が前に出たり、アナウンスがあったり、そんな「わかりやすい」バスではないのです。
おまけにドキッとしたのは、乗って初めのバス停に停まって、ドアがパカッと開いた時、危うく私の手が挟まりそうになった!
内側に折りたたむ状態で、素早く開いたのです。
本当にびっくりしたんです。
あとで掴んでいたポールをよく見たら、「掴まないように。」というような意味のシールが貼ってあった(゚Д゚;)

満員だったし、スリに気をつけないと!
そして降りるタイミングを逃してはいけない!などと思いながらかなり緊張して乗っていました。
私とma-saちゃんが立っていたすぐそばにいた子供の後ろにいた男性(その子のお父さん?)が口ずさんでいた歌というかなんというか、、、、
それが妙にインパクトがあって、その緊張感を和らげてくれました。

♪ル~ララル~ラ ル~ララル~ラ♪

何の歌だったのでしょう?

そろそろかな?と思っていて停まったバス停の前に、スーパーのポスターのような物が貼ってあって、「ここから近く」のようなことが書いてある!
「ここで降りよう!」と、慌てて降りたのですが、、、、
どうも様子がおかしい。

そのバス停ではなかったのですΣ( ̄ロ ̄lll)

しばらく待ち、1台来たのに停まってくれず(降りる人がいないと、手をあげないと停まってくれない。)2台目がやっと停まってくれました。

日本のバスと、えらい違い!

そして、なんとかホテルに着き、またスーパーへ行き、小腹がすいた私達は、イタリアに来ているのに、まだピザを食べてないことに気づいたのでした。
それで、スーパーで買ったものを一旦ホテルの部屋に置いてから、近所にピザを食べることのできるお店がないか探しに出かけのでした。

100メートルほど歩いたところに、あった! あった!
特別おしゃれなお店というわけではなかったけれど、入りやすそうな雰囲気なので、ここに決まり!


c0049950_16242393.jpg

帰国するまでに、なんとかピザを食することができた私達。

ホテルに戻り、楽しかった旅行も(ヒヤッとしたこともあったけど)これで終わりかと、何とも言えない気持ちで、眠りについたのでした。



イタリアを発つ朝になりました。
空港に遅れて着いては大変なので、朝食もとらずに早い目にホテルを出ます。

c0049950_16284915.jpg

バスが来るまでロビーで待機する3人さん。



c0049950_16290732.jpg

外に出ると、薄明るくなってきています。



無事マルコポーロ空港に着きました。

c0049950_16380576.jpg

行きと違って、パリのシャルルドゴール空港で乗り継ぎます。


c0049950_16430176.jpg

窓側に座っていたbeちゃんに撮ってもらいました。
どうぞ無事に空の旅を終えられますように!


などと思いながら、ドゴール空港で降りたのですが、、、、


この空港、めっちゃ広くて、移動するのにすごく時間がかかったのです(-_-;)
乗客が多かったので、移動するために乗るバスを何台も待たなければならなくて、朝ホテルでとらなかった朝食を、何か簡単なものでもと思っていたのに食べる時間がありませんでした。

ma-saちゃんがしようと思っていた買い物も、可哀想にゆっくりできなくて、気が付いたら搭乗時間までそんなに余裕がありません。

搭乗口で30分ほど前に待ち合わせることにしていたのですが、、私とma-saちゃんがギリギリ間にあうか?という時間になり急いで走っていくと、何やら様子が変なのです。
どうやら、おば関ちゃんとbeちゃんが、「残りの2人はまだなのか?! もう時間がないからキャンセル!」と言われていて、あたふた状態だった模様。
おまけに、私のパスポートがなかなかうまく通らず、焦る焦る!

c0049950_00184220.jpg

かなりの時間を費やして、やっとのことで飛行機に乗り込みました。
行きはオランダ、帰りはフランスに、一応立ち寄ったということにして(笑)

慌てて座席につこうとしている私達に、日本人のキャビンアテンダントさんが、
「大丈夫ですよ~。まだ時間はありますからね。」と。
え~~? どっちなん?!

搭乗口にいたグランドスタッフの女性、よっぽど虫の居所が悪かったのか?

一時はどうなるかと思ったけれど、なんとか無事に席につくことができ、ここからまた長時間乗ることになります。

最近の飛行機って、それぞれの座席で画面を見ながら、音楽や映画など楽しめるんですねぇ。
行きの飛行機の中でもそうでしたが、私は主に、音楽を聴いていました。

c0049950_00175774.jpg

MADONNAやQUEEN、宇多田ヒカルや、それに好きなクラシックのピアノ曲のCDもあって、すごく楽しめました。
とは言っても、ma-saちゃんによると、乗る時のゴタゴタで疲れたのか、機内食を食べている以外は、ほとんど寝ていたらしい('◇')ゞ


まだもっと滞在していたかったなぁという思いと、璃子はどうしているかなぁと心配な気持ちが入り交じり、でもやっぱりもう少し居たかったなぁと思いつつ、無事関空に戻ってきました。

ところがっ! ここで信じられないことがっ!

なぁんと、ma-saちゃんとbeちゃんと私のスーツケースが未着!
あんなに急がされたのに、飛行機に乗せてもらえなかった!Σ(゚д゚lll)

この3人で、折角自宅までタクシーを手配していたのに・・・。

家に着いたのがまだ昼だったし、荷物を広げて洗濯もしたかったのに・・・。

観光最後の日から帰国するまでの間に、こんなにアクシデントが連続するとは!
もうため息しか出ませんでした。

でも、向こうでスリに遭ったり、怪我したり、そういうことは全くなかったし、良しとせねば・・・。

それに、何と言っても嬉しかったのは、帰宅した時の、璃子の喜び様!
尻尾フリフリ~♪ 私に飛びかかり~♪
写真におさめたかったけど、残念ながらできませんでした。

あとで聞いたところ、私がいない間、なんとなく元気がなく、1度吐いたらしい(-_-;)
私が不在なことには関係ないと思うけど・・・(^-^;

c0049950_16212437.jpg
璃子~! 寂しい思いさせてごめんよ~!


帰国したのは23日だったのですが、スーツケースが無事我が家に届いたのは、3日後の26日でした。


c0049950_02514623.jpg

お帰り~♪ 私のスーツケース!

やっと、洗濯物、お土産を広げることができました。

そして「広げる」と言えば、今年どんどん広がったインフルエンザの大流行。
帰国して数日後、しっかりとかかってしまいました。
熱は出なかったけれど、非常~にしんどかったです。

でも、旅行中でなくてよかった!


「その4」まで続いた旅行記。(「その4」は現地での観光の写真が少なかったですが。)
長々と、ダラダラと、くどくどと書きましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。

楽しかったことが大半でしたが、ヒヤッとしたこと、どうなるかと思ったこともあり、盛り沢山な旅となりました。
とても大忙しな旅で、私は本当にみんなに任せっきりで申し訳なかったけれど、めっちゃ楽しく過ごせました。
初め行くことを迷っていたけれど、思い切って行ってよかった!
みんなに感謝、感謝です。


c0049950_15242640.jpg

今回の旅行で、改めて感じたのは、日本があらゆるところに大変行き届いているということでした。
バスの中で、親切に停留所など表示してあることや、アナウンスもちゃんとしてくれること。
観光名所の停留所で停まる時には、英語のアナウンスもあります!
これらは当たり前だと思っていたけど、実はそうではないのです。
それからトイレ!
行く前に、イタリアのトイレは有料のものがあると聞いていたのですが、運よく無料のトイレのみ使いました。
でも、、、ウォシュレットはやっぱり、「日本はさすがっ!」と言いたくなります。
それになんといっても治安ですね。
もちろん日本でも、危ないことは起こりますが、ヨーロッパほど、スリや置き引きは日常茶飯事ではありません。
旅行中、なんとかそういう危ない目に遭うことはなかったですが、日本って本当に安全な国で、外国からの観光客にとって、安心して滞在できる国だなぁと再認識しました。

c0049950_22393546.jpg

「おかっしゃん。無事に帰って来れて、ほんまによかったワン。
おとっしゃんが、おかっしゃんいない間、あの子の朝晩の散歩も、洗濯も、晩ご飯の用意もぜ~んぶ頑張ってやってたワン。
おかっしゃんが帰って来てしばらくしてから、インフルエンザにかかって大変やと思ったワン。
おとっしゃんがそのあとインフルエンザにかかったのは、頑張りすぎて疲れたからやておとっしゃん言うてたワン。」

サイちゃん。私が璃子のことや家の用事のことを思って旅行に出かけること躊躇していたら、お父さんが「行って来い!」って言うてくれはってん。
ほんまに感謝しなあかんなぁ。



[PR]

by sai-n.1020 | 2018-03-18 00:12 | 風景 | Comments(8)

まさかの!イタリア旅行 ~その3~


「その3」まで来ました。
これで終われるかな?

4泊6日の旅と言えども、正味まる一日観光できるのは3日のみ!
その3日目を迎え、一行はホテルの前からバスに乗り、ベネツィア本島へ向かいます。
(注:ここで私達は、ホテルの前のバス停の名前を確認せず。そのことが、あとになって・・・(-_-;))

ベネツィア
昔は大抵、「ベニス」と呼んでいた気がします。
メンデルスゾーンの無言歌集に、「ベニスのゴンドラの歌」という曲が3曲もあります。
「ベネツィアのゴンドラの歌」とは呼びません。
最初私は、「ベネツィア = ベニス」ということにピンと来なくて、(どんだけ無知やねん!)
みんなが「ベネツィア本島に泊まる方が便利やけど高いし。」とか言ってる意味も、いまいちわからなかった(;^ω^)
きっと、お3人さんこれを読んで、「えぇぇぇぇ~~~?!」って叫ぶやろなぁ(笑)

運河をゴンドラがゆ~~ったりと進む、「水の都」と呼ばれるあの風景は、列車を降りてホテルに泊まった「メストレ」というところではなく、アドリア海にあるヴェネツィア湾の潟(ラグーナ)の上の島である、ということを、あとになって知ったのでした。(遅っ!)
島の真ん中には、全長3キロの大運河、逆S字型のカナル・グランデが北西から南東へヴェネツィア市街を2つに分けながら湾曲して流れていて、そこをあのゴンドラが優雅に進むのですが、私達が交通手段に選んだのは、ヴァポレットという、水上バスです。

c0049950_21050813.jpg

このカード、バスとヴァポレット乗り放題という、ICOCAや市バスの1日乗車券みたいなものです。


まずは、バスを降りて、ローマ広場という停留所からヴァポレットに乗ります。

c0049950_21334172.jpg


目指すは、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島

c0049950_21340857.jpg

この島の大半を占める、サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会
「水辺の貴婦人」と呼ばれている、ルネサンス様式の教会です。

c0049950_22173616.jpg

c0049950_22440876.jpg


この教会の鐘楼からは、ベネツィアを一望できるというので、しかも!フィレンツェでは400段以上の階段を登らなくてはならなかったのに、ここはエレベーター!
ということで、もっちろん登りました!



c0049950_22450665.jpg


c0049950_22460347.jpg


はぁ~! めっちゃええ天気!
c0049950_22483137.jpg

鐘楼なので、鐘もしっかり撮っておかないとっ!


c0049950_21161614.jpg


そしてまたヴァポレットに乗り、次に向かったのは、サンマルコ広場


c0049950_23043161.jpg



後姿のおば関ちゃん、ma-saちゃん、beちゃん。
右に立ち並ぶのは、可愛いくて優雅なホテル。
本島のこのようなホテルにも泊まりたいなぁとみんなで計画立てていた時言ってたけど、やっぱりお高い!


c0049950_23182442.jpg


これは、ため息橋

ドゥカーレ宮殿の尋問室と古い牢獄を結んでいた橋で、ため息橋からの眺めは囚人が投獄される前に見るヴェネツィアの最後の景色ということで、ため息をついたというのが、この名前の由来だそうです。
そして、恋人同士がこの橋の下で日没時にゴンドラに乗ってキスをすると、永遠の愛で結ばれるという言い伝えがあるそうです。

ゴンドラ・・・。
今回乗らなかったけれど、写真は何枚か撮りました。

c0049950_23325714.jpg


可愛い座布団、いや、クッション?シート?が置いてありますね。




c0049950_23490807.jpg
またもやお3人さん。
真正面の高い建物は鐘楼。
端っこに少し見えてるのが、サンマルコ大聖堂
その左にあるのが、時計塔。
広場の真ん中にいくつもあるのは露店。


鐘楼に向かっているということは、、、

c0049950_00031868.jpg

そうです! この日2度目の鐘楼登り~♪

またまたエレベーターに頼らせてもらって上まで行くと、、、、

c0049950_00032893.jpg


ひゃっほ~い! 
気持ちのよい青空の下、赤茶色の屋根の建物が、どこまでも広がって見えます。
実は私、昔から、このヨーロッパの赤茶色の屋根が並んでいるところを、いつかは実際に見たいと思っていたんです。
なぜか?と聞かれても答えられないけど。
そして、なぜヨーロッパの国々の建物の屋根って、このような赤茶色が多いのか?
調べました。

知恵袋で、たくさんの人が聞いておられますねぇ。
私と同じ疑問を持っている人が多い!
いくつか回答があって、どれも「うんうん。」と頷く内容です。
「その土地でとれた粘土を素焼きにした瓦だから、その街全体が同じ色になる。」
という答えが、一番わかりやすかったです。


この鐘楼にあった鐘も、載せておきます。


c0049950_20052432.jpg



この螺旋階段、時代を感じますねぇ。



c0049950_23582549.jpg

サンマルコ大聖堂の上の部分。
左下はフレスコ画。
サンマルコ大聖堂は、福音記者マルコにささげられた聖堂で、9世紀にエジプトから運ばれた聖マルコの遺体が納められているそうです。

サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会と違い、中での撮影は禁止。
モザイク画の豪華さを伝えたいけど、無理(-_-;)
沢山の見物客に混じって、グルグルと中を見て回る途中、どこからともなく、ミサが行われているような声が聞こえてきて、自ずと荘厳な雰囲気に包まれました。


そろそろお腹がすいてきました。

今回の旅行では、アグリツーリズモで食べたランチとディナーの他は簡単に済ませているので、観光最終日のこの日は、しっかり楽しもう!ってことにしました。
おば関ちゃんやったかなぁ? 前もってお店を調べてくれて、そこへ向かいます。


c0049950_22283836.jpg

「Google大先生によると、この辺やでぇ。」と探すおば関ちゃんとma-saちゃん。
右に写っているのは、写真を撮るbeちゃん。
可愛いトイプーちゃんが歩いてますね。
そうそう、この街、みなさん、普通~にわんこを連れて歩いているんですよ。
時にはノーリードで(-_-;)

そしてわかったのは、お目当てのお店が、お休みだということ(゚Д゚;)

急遽、この周辺でお店を選ぶことになり、比較的人気のありそうなお店にしました。


c0049950_22443915.jpg


運河沿いなので、すぐそばを船が通ります。

c0049950_22480297.jpg



c0049950_22473157.jpg

全て、とっても美味しかった~~♡


このあとまたヴァポレットに乗ります。

ところで、ヴァポレットの船内は、こんな感じ。

c0049950_02300000.jpg


決して、広々として快適とは言えなくて、大きな音もするし、あくまでも「移動手段」なのかなぁと思いました。
このヴァポレットにも、またまた普通~にわんこが乗ってました。
写真を撮りそびれたけど。


c0049950_02433098.jpg

ヴァポレットから、運河沿いの建物を撮ります。
こんなに運河の水が建物の1階の下の方にまで来ていて、もし大雨で増水したら、どうなるんやろ?って気になります。

向かったのは、リアルト橋


c0049950_02371541.jpg


リアルト橋は、カナル・グランデに架かる橋の中で最古のものだそうで、この橋の周辺は海抜が比較的高く洪水の被害も少ないため、ヴェネツィアでは最も早くこの周りに集落がで き、商業の中心地となったらしいです。


c0049950_02473947.jpg

ほんまに絵になるわぁ。
時間があったら、もっとこの辺り、のんびり回りたかった~。

c0049950_03374937.jpg


沢山のお店が並んでました。
最初に入ったお店に、お土産にちょうどいいアクセサリーがあったのですが、あまりにも沢山のお店があったので、他にもまた見つかるかも~と思ってそのお店の商品を選ばなくて・・・。
でも、色んなお店を回ったあと、やっぱり最初に見たお店のものがよかったので、みんなにまた戻ってもらいました。
ごめんよ~(;^ω^) 振り回してしまって。


c0049950_03384983.jpg


夜も更けてきました。
お店の周りの雰囲気が、ガラッと変わりますね。

c0049950_23311202.jpg

あぁ~。まだ滞在していたいけれど、そろそろホテルへ戻らなければ。
楽しかった旅行も、明日の朝起きたら、空港へ向かって帰途につき、おしまいです( ノД`)シクシク…

ホテルへ戻るには、またバスに乗らなければなりません。

ここからの話、そして乗り継ぎのパリ、シャルル・ド・ゴール空港でのドタバタな話、さらには関空での「まさか!」な話は、次の投稿で。。。


                                    

                                                        continua


c0049950_00065589.jpg


「おかっしゃん。やっぱりみんなを振り回したんやワン。
ほんで、この長ったらしい記事の最後が、中途半端な終わり方。
一体どうなってるんやワン?」

サイちゃん。もう1か月以上前の旅行、必死で思い出して書いてるねん。
最終編で終わるから、もうちょっと待っててや。
                                                                                                                              
                                    

                                                
                        
                                              
                                                              


[PR]

by sai-n.1020 | 2018-03-18 00:10 | 風景 | Comments(4)

まさかの!イタリア旅行 ~その2~


「その1」に続き、だらだらと書いていきますが、お付き合いください。

もう2度と経験できないであろう、アグリツーリズモでの宿泊を終え、お宿のスタッフの方に車でファブロ駅まで送ってもらいます。

c0049950_22174150.jpg

さぁ、もうここからは、ガイドさん無しで完全に「フリータイム」!

時間に余裕をもって出たので、少し早い目に着き、しばらく待機。

実はこのホームを降りて線路をまたいで向こうのホームによじ登り、一旦外に出て(良い子は真似しないように!)この駅舎を撮ったのでした。
ホームのベンチに座ってカメラを構えているのはおば関ちゃん。
向こうは朝霧です。
でも前日と違い、晴天になりそう。

そして実際の観光2日目、フィレンツェへ向かいます。

2時間ほど列車に乗って到着。
もうすでに昼前で、まず市場へ行き、ちょいちょいと買い物をし、
2階のフードコートのようなフロアでお昼ご飯。

c0049950_22263848.jpg
今回の旅行、私達は無駄な出費は控えるため、食事に関しては贅沢せず、、、のつもりだったので、この時の食事はこんな感じ。
私は手前の左。
何という名前だったか、忘れました。
美味しかったです!

さて! いよいよこの日最大の目的、「大聖堂のクーポラ、あるいはジョットの鐘楼に登ろう!」を実行するため、観光客(私達もやけど)いっぱいの中、向かいます。


c0049950_22490889.jpg
おぉ~~~! 見えてきた!見えてきた!

クーポラも鐘楼も、400段以上の階段を登らなければならなくて、登り切れるかなぁと少々不安に思いつつ、ma-saちゃんが「登って上から見る景色は格別なんやで!」と言っていたので、覚悟を決めていたのですが、、、、
悲しきかな長蛇の列(◎_◎;)
あっさり諦めました(笑)
(予約が必要だったそうで。)

でも折角だから、写真はしっかり撮っておきましょう!

このサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂、教会の名前の意味は「花の(聖母)マリア」だそうです。


c0049950_23032978.jpg
ジョットの鐘楼。向こうに見えているのはドォーモ
フィレンツェのシンボルとなっています。

c0049950_23190656.jpg
大聖堂西側のファザード。


c0049950_23202130.jpg


サン・ジョヴァンニ洗礼堂
聖ジョヴァンニ(洗礼者ヨハネ)に捧げるために建設された八角形をしたロマネスク様式の礼拝堂。
中世、ダンテをはじめ多くの人々がここで洗礼を受けたそうです。

とにかく時間が限られているので、慌ただしく移動です。



c0049950_23401397.jpg

アルノ川に架かるポンテ・ヴェッキオ
フィレンツェ最古の橋だそうです。
夕焼け時には、真っ赤に染まる美しい景色が楽しめるそうです。
この橋の上には、たくさんの宝石店が立ち並んでます。


c0049950_23403607.jpg

手は出ないけど(笑)


ここからは、観光組と買い物組に分かれます。
私はおば関ちゃんと買い物に~。

途中、ちょっと休憩をと、おば関ちゃんが以前行ったことのあるカフェを探していたところ、
「何かお探しですか?」と日本人マダムが声をかけてくださって・・・。
途中の経緯は省きますが、同行されていた旦那様と4人同席で、しばらく時間を過ごすことに。

c0049950_00202212.jpg

デパートの上にあるカフェなので、向こうの方にドォーモが見えます。

このマダム、い~~っぱい面白いお話を聞かせてくださって、それだけでなく、私達では見つけられないであろうスーパーを教えてくださって、たくさんのお土産をここで買うことができました。
感謝!

でもね。ここで飲んだコーヒー。
注文してもなかなか来なくて(-_-;)
「やっと来たか!」と思ったら、間違っていたり(;^ω^)


c0049950_00285985.jpg

やっと来ました!
カフェ・シェケラートというイタリア版アイスコーヒーです。
熱いエスプレッソと氷と砂糖をシェーカーに入れて、シャカシャカして作るそうです。
今の季節、日本でならホットコーヒーを飲むのですが、この時喉が渇いていたのと、それとこのマダムが勧めてくださったので、これを選びました。
さっぱりして、美味しかった!

それにしても、待たせた上に間違うとは。。。

このマダム曰はく。
「イタリアだから~。」
そっか、イタリアはそういうお国柄だったのか。
そういえば、アグリツーリズモでも、来るはずのお迎えの車が来なかったなぁ。
でも、裏返して言うと、「おおらか」って言ってもいいのかな?


観光組さんと待ち合わせの場所で見かけたこんな光景。

c0049950_00383835.jpg

京都を走る、人力車を思い出してしまいました。

c0049950_00401274.jpg

この建物、何やったかなぁ。
忘れてしまった(^-^;
忘れてばっかりやん!( ´艸`)

4人揃ったところで駅へ向かい、構内の某ハンバーガー店(日本にもいっぱいある!)で夕食(笑)を購入し、ベネツィアへ向かう列車に乗り込みます。
みんな重いスーツケースをホームから持ち上げて乗るのが大変!
(写真撮っておけばよかった!・・・笑)
日本の新幹線のようにはいきません。

無事座席につき、バーガーを食し、この時も約2時間乗ってました。

しっかり夜になってメストレ駅に着き、ホテルへ。

c0049950_23335324.jpg
このホテルで2泊します。
すぐ近くにスーパーがあり、ぎりぎり駆け込み、サラダを購入して夜食(❓)にしました。

さて観光はあと1日。
慌ただしい旅行だとはわかっていたけど、ほんまにバタバタやわ。


                          continua




c0049950_02114749.jpg

「おかっしゃん。めっちゃ楽しんできたんやワン♪
でもおかっしゃんのことやし、さぞ他のお友達に迷惑をかけてたんやろワン?」

サイちゃん。ここまでの間は、特に迷惑をかけたことはなかったで。
そやけど、私ひとりでは絶対行けへんかった!
ただでさえ方向音痴やのに、異国で一人旅なんて、絶対無理!
友達さまさまやわ。




[PR]

by sai-n.1020 | 2018-03-18 00:08 | 風景 | Comments(4)

まさかの!イタリア旅行 ~その1~


これが今年初めてのブログ、とは情けない(-_-;)

私も、そして友達もみんな、なんとなくブログ離れというか、なかなか更新しない人が多くなってます。
かといって辞めてしまう気はなく、こうして忘れた頃に書いております(笑)

あっという間に3月になってしまいました。
1月は色々あって、そして2月は、、、あれ? 2月って、あった?
って思うほど、知らない間に過ぎ去ってしまいました。

ちょっと振り返っての今回の記事になりますが、思い出しながら書いていきます。

実は、、、、


c0049950_22323313.jpg


1月にこんなところへ行って来ました。
「え? ここはどこ?」
「万里の長城みたいやけど、それではなさそう。。。」

そう、ここは日本ではありません。
な~んと! イタリアなんですよ。

去年の5月に和歌山へ行った時、ポルトドヨーロッパへ行ったことを載せましたが、今度は本物のヨーロッパ!
あの時、まさか自分が本当に行くなんて、これっぽっちも思ってませんでした。

「行こう!」と言い出したma-saちゃんに勧められ、
気が付くと、そのma-saちゃん、beちゃん、おば関ちゃん、という、
6年前に台湾へ行ったメンバーに、しっかりと入らせてもらい、
初ヨーロッパへの旅となったのであります。

といっても、旅行会社への手配など、ぜ~んぶma-saちゃんにお任せ。
細かな行程も、皆さんにお任せという、
完全に「金魚の糞」状態で楽しんできました。

諸事情により、おば関ちゃんはひと足お先に出発。
残り3人で、関空からひとっとび~♪
と言いたいところですが、アムステルダムのスキポール空港で乗り継ぎということで、一旦降りまして・・・。

ここでの待機時間が実に長い!
約6時間!(-_-;)
とはいえ、スキポール空港を発つのが21時なので、
アムステルダムの街まで出て色々回るとなると、時間的にもちょっとねぇ。
それに万が一戻ってこれなかったらえらいこっちゃ!
ということで、スキポール空港でじっと待つことに。

その間私達3人の目を釘付けにしたのがこれ。


c0049950_14014753.jpg

ん? 時計の中に人が?
半透明の文字盤の向こうに、つなぎのような作業服を着た人が、
なんと!1分毎に長針を消して、そしてまた描き直す、、、
その繰り返しをしてるんですよ!
「すごいなぁ。」「なんちゅう手間やねん!」「根気のある人やなぁ。」
などと、私達は感心して眺めておりました。

しか~し、これ実は、そうではなかった(;^ω^)
あらかじめビデオ撮影してあるものを繰り返して流している、映像パフォーマンスだったんです。
Maarten Baas氏の"Real Time"シリーズの 1作品だそうです。


この空港で、もうひとつおかしなことがありまして。。。

喉が渇いた私達は、何か飲もうということで、注文したのですが、
その時名前を聞かれ、カップに書かれ、渡される時に名前を呼ばれるらしい。
3人が順番に呼ばれ、「???」と思いながら受け取り、そのコップを見てびっくり!

c0049950_18243820.jpg

左から、Kilomi、Maguma、Eko・・・。
「Eko」は、まぁ合ってるとして、「Kilomi」って誰?
それと「Maguma」って・・・?
(それぞれの本当の名前は伏せますが、とにかく面白い聞き間違いです。)

出発早々、こんなことから始まり、このスキポール空港を発ち、
無事ローマに到着したのは、もうちょっとで日付が変わるという時間。
翌日には朝から移動するので、ローマは観光せず泊まっただけ!(笑)

今回の旅行の話が出始めた頃、ma-saちゃんが「チヴィタへ行きたい!」というのを聞いて、「どこなん?そこ。」と思ってたのですが、ある日、「今テレビ見て!」とma-saちゃんからLINEが入り、指示通り(笑)テレビをつけました。
すると、ちょうどやっていた映画に、綾瀬はるかちゃんと水川あさみちゃん(私、ファン。)が出ていて、その「チヴィタ」がロケ地だったのです。
ほぉ~~~! ええ感じのとこやん!
と、どんどん行く気になった私。
最初に載せた画像が、そのチヴィタなのです。

このチヴィタへ向かうため、ローマのテルミニ駅にて、
今回唯一頼らせてもらう日本人のガイドさんと待ち合わせ、
列車に乗り込み、オルヴィエート駅に向かいます。
そのガイドさん、実に親切に色々と教えてくださいました。
イタリアでは窃盗とか気をつけるべきとは聞いていましたが、
その列車に乗った途端、「あの男性には気をつけて!」
などと警告してくださって・・・(゚Д゚;)
幸い、その男性、私達が降りるまでに下車したのですが、
ちょっと緊張感が走りました。


c0049950_14481237.jpg

このチヴィタというのは、正式名「チヴィタ・ディ・バニレージョ」といって、「まるで天空の城ラピュタみたい!」と言われています。
もともとこういう状態で作られたわけではなくて、雨や風などによる浸食に加え、度重なる大地震によって台地と建物が周囲から崩落し、3分の1が消滅したと推察されているらしい。
町の風化は今も進んでいて、別名「死にゆく町」「滅びゆく町」といわれているそうです。
でも、異国に来たという嬉しさから、私、全くそんな悲壮感はなかった・・・。


c0049950_15014102.jpg




c0049950_15042715.jpg


c0049950_15033932.jpg




天気がいまいちよくなかったので(の、せいにして)
写真は鮮明に撮れてませんが、
この魅力的な街、チヴィタ、雰囲気伝わったでしょうか?


c0049950_15110246.jpg

c0049950_15113119.jpg


このチヴィタをあとにし、オルヴィエート大聖堂へ向かいます。


c0049950_15164907.jpg

あぁ~。
こういう街並みを歩くと、ヨーロッパに来たなぁって実感が!(*^^*)


c0049950_15210334.jpg

c0049950_15212822.jpg


c0049950_15215000.jpg


いっぱ~い写真を撮ったのですが、全部載せるときりがない!
なんせ4泊6日という、超ハードな旅行だったので、次へ行きます!('◇')ゞ

この日泊まったのは、普通のホテルではなく、「アグリツーリズモ」といって、イタリア語ではAgriturismoと書き、
Agri-=農業の、turismo=観光、という意味で、農作業を手伝いながら、宿泊する、という施設を選びました。
最近は、本当に農作業を手伝うことは少なくなり、気軽に健康的な田舎風の暮らしが体験できるという旅行スタイルとして定着しているそうです。


c0049950_15540122.jpg

今回私達が泊まったのは、ここ、「LA・CASELLA」。
ここから、食事する建物まで、車で迎えに来てもらうはずがなぜか来てもらえず・・・(-_-;)
結局暗闇の中、歩くことに。
まぁ、今回の旅行、このあと色々なことが起こるのですが、こんなことは序の口(笑)



c0049950_15592080.jpg

お部屋は可愛いし、トイレ&バスは広いし(?)、
それにね。ここにはわんこがいて、、、
c0049950_16055894.jpg

普通~に、建物の中にノーリードで入ってくる!
食事の時も、横におりました(笑)
あっ、そういえば、夕食の画像はないけれど、他のお客さんと同席でした。アメリカ人の!
ほ~んのかたことEnglishで、わんこ談義を繰り広げ、なかなか楽しい食事でした。
もちろん、璃子の写真を見せて、思いっきり可愛らしさを自慢して♪

乗馬体験というのもあったらしいけど、誰も体験せず。
というか、そんな時間もなく(笑)

写真だけ、撮りました。

c0049950_16044355.jpg


c0049950_18345782.jpg



そんなこんなで、この日は、天空の城、荘厳な教会、農場でのお泊り、、、
と、盛り沢山で大満足のまま、眠りについたのでした(ノД`)・゜・。


                         continua
                                       



c0049950_18354889.jpg

                                                                                                                                                                                         


                                       
「おかっしゃん。えらい思い切って遠いところまで行って来たワン。
ワタシがいた頃は、そんなことしなかったワン。
おかっしゃんが留守やった時、あのヤンチャな子はどうしていたのかワン?」

サイちゃん、そやねん。
思い切って行って来てん。
瑠子のこと心配やってんけど、お父さんがちゃんと散歩行ってくれはってんで。
イタリアでは、街の中でたくさんの人が犬を散歩させてはったでぇ。

                                  
                                                       


[PR]

by sai-n.1020 | 2018-03-18 00:05 | 風景 | Comments(2)

夏の風物詩も終わって

またまた、毎度のことながら、更新が滞っております。

その間に、季節は動き、夏も終わ、、、ってはいなくて、
お盆はすみましたが、まだまだ厳しい暑さが続きそうです。

去年と同様、突然土砂降りに見舞われたり、
他県では土砂災害が起こったり、
年々過ごしにくい夏になっていく感じがします。

そんな季節の中で、京都では恒例の催事がとり行われています。
私の中で「京都の夏の三大風物詩」と思っている、祇園祭、みたらし祭、五山送り火を、一気に見ていただきますね。

まず祇園祭。
7月になると、様々な儀式が続いて行われ、鉾建てが始まります。
ちょうどその頃デパートへ行く用事があり、そのそばに建てられている長刀鉾を見て来ました。
c0049950_21593157.jpg


17日の前祭が終わり、後祭の24日の前日の宵山の夜遅くに、見に出かけました。
目的は、、、大船鉾と、そして!
南観音山の「あばれ観音」です。


c0049950_22113181.jpg


まず大船鉾を見に行きました。
あばれ観音が始まる,23時過ぎに合わせて出かけたので、
大船鉾の周りは、たいした人出ではありませんでした。

ところが、あばれ観音が始まる時間が近づくと、どんどんたくさんの人が集まってきました。
年々見る人が多くなってきているのかな?


動画も撮ったのですが、なぜかアップできず、、、
仕方なく静止画を載せます。
c0049950_22525938.jpg


折角の面白い動きが伝わらなくて、残念です。

そして次に紹介するのは、下鴨神社の、みたらし祭り。
ここ最近、毎年行ってます。
(一昨年は、ギックリ腰をしてしまい、、、、)

c0049950_22545414.jpg

御手洗池に足を浸け、ろうそくの灯明をお供えして無病息災を祈願する、という神事。
この水が、めっちゃ冷たい!
でも気持ちいい!


そしてそして、この間行われた、五山送り火。
昨年は土砂降りで、ほとんど見えなかったけれど、今年は見事に綺麗に点きました!

c0049950_22554075.jpg

スマホで撮って、トリミングした写真なので、全然美しくないですが、
雰囲気は伝わったでしょうか?


こうして今年の夏も終わろうとしています。

帰ってきたご先祖様と共に、サイちゃんとリリィーさんも、きっと戻って来ていたでしょう。
サイちゃんとリリィーさん、お盆に限らず、いつでも帰っておいで~。

c0049950_22562652.jpg

このはしたない格好!


c0049950_22565303.jpg
ごめんごめん! 璃子!
この可愛い姿も載せておくね!
c0049950_23014039.jpg

                                  (2009年8月)

「おかっしゃん。この暑い中、色んな行事をしっかりおさえて、見に行ってるワン。
もう若くないんやから、無理せんと、ゆっくり過ごしてほしいワン!」

サイちゃん。ありがとう。
お盆でなくても、たまには会いに来てや。
そして、璃子のこと、見守ってやってや。


[PR]

by sai-n.1020 | 2017-08-19 23:13 | 風景 | Comments(6)

やっと咲いたけど

随分ご無沙汰してしまいました。
前回の記事に、蕾の状態の桜を載せましたが、
あれからなかなか暖かくならず、例年のように3月に開花しませんでした。

そして、やっと、やっとこさ開花したのですが、、、、

c0049950_15001792.jpg

この日も曇天。
満開になっても、、、、


  
c0049950_15024392.jpg



c0049950_15055458.jpg
c0049950_15051263.jpg


今年の桜は、本当に可哀想です。



実家へ行った時に、近所の桜を撮ってきました。

c0049950_15073547.jpg



この日も曇っていて、うまく撮れてませんね。


お天気には恵まれませんでしたが、桜そのものは、すごく綺麗でした。



桜を見ながら散歩をしていると、
サイ子を連れて歩いたいた頃、リリィーさんを連れていた頃、
色々思いだします。



c0049950_15141177.jpg

    


「おかっしゃん。ワタシも何度もここで写真撮られたワン。
ワタシの方がちゃんとカメラの方を向いていたワン。
その子、あまりおかっしゃんの方を見いひんくせに、
モデルしたあと、おかっしゃんからおやつもらって、ずるいワン!」

サイちゃん。確かにあんたとも、たくさん桜の写真撮ったなぁ。
あんたがいなくなって、最初の春、リリィーさんを連れて歩きながら、
涙があとからあとから流れてきたのを思い出すわ。
あんたやリリィーさんとの思い出が素晴らしいから、
今、璃子と一緒に過ごしてるんやで。
ほんまにありがとうね。






[PR]

by sai-n.1020 | 2017-04-11 15:28 | 風景 | Comments(2)

夏の風物詩が終わって

またまたブログの更新が滞ってしまいました。

季節が進んでくれるといいのですが、
暑さはなかなか治まってくれません。

私の中で、京都での夏の三大風物詩と言えば、
祇園祭、みたらし祭、大文字送り火です。

昨年は、ギックリ腰をおこしてしまい、
下鴨神社で行われるみたらし祭に行くことができませんでした。

祇園祭は、とにかく人が多く、そして暑いし、
巡行を見に行くことは、よっぽど都合が合わない限り、
なかなか決心できないのが現状です。
今年は、巡行は断念しましたが、
ちょうど友達が京都に来られるというので、
鉾建てが完了した時に日にちを合わせ、
そして鉾に乗ろう!ということになって、行って来ました。

京都に来られる友達というのは、ma-saちゃんを通じて知り合った、かおちゃんです。

c0049950_23275725.jpg


他に行くところがあったため、この函谷鉾しか見ることができなかったけれど、私自身も鉾に搭乗するのは、かなり久しぶり。
だから結構ワクワク気分で楽しめました。


そして次はみたらし祭。
大抵夜に行くのですが、今年は午前中に。
幻想的な雰囲気は、夜ではないので、味わえなかったけれど、
この暑さなので、冷たい水がとっても気持ちよかった!

c0049950_2333713.jpg



大文字送り火が近づくと、夏もいよいよ終わりだなぁという気持ちになるのですが、
今年はこの頃からの暑さが厳しくなり、
というか、年齢のせいで耐えられないのか・・・?

そんな中、きょう送り火を迎えたのですが、
一昨日、昨日と、こちらでは昼過ぎから夕方にかけて、
雲行きが怪しくなり、土砂降りに見舞われていたのです。
きょうも、朝から厳しい暑さに加え、湿気も多く、
夕方の散歩の時間には、ポツポツと降ってきました。
いや~な予感がしたのですが、点火の時間が近づくにつれ、本降りに。

間もなく点火という頃には、ひどい土砂降り!(>_<)
それでも、散歩の途中にいつも寄るお家(ゴールデンレトリーバーがいます。)まで見に行きました。
屋上から、大、妙法、船形が見えるのです。
ところが、、、、無常にも雨は止まず。
点いているはずの「大」が見えず、
かろうじて「妙法」が見えましたが、すぐ消えていく。。。
船形も、ぼんやりとしか見えない。
儚いなぁ、、、なんて思う余裕もないほど、激しい降り方は治まらない。

c0049950_2348686.jpg


そんなわけで、こんな感じでしか見えなかったです。


c0049950_23521445.jpg


これは、散歩中、準備中の「法」の山をバックに撮ったもの。
見えにくいけれど、火床がわかりますか?
この時は、まだほんの小降りだったのですが。


どの行事、神事も、携われる方々のご苦労は大変なものです。
この暑さの中、心から「お疲れ様」と言いたいです。

「お疲れ様」といえば、まだ終わっていないけれど、リオオリンピック!
日本の選手団の活躍は、ほんまにすごい!
興奮と感動の連続ですね。

期待通りメダルを獲得した選手、
不本意な結果に終わってしまった選手、
予想外の活躍を果たした選手、
様々だけれど、
皆さん、それぞれ努力をされ、臨まれたことに違いはありません。

帰国されたら、声は届かないけれど、
心から「お疲れ様でした!」とテレビに向かって叫びたいと思います。



c0049950_005919.jpg

           (2009年8月)

「おかっしゃん。ワタシがおかっしゃんの家にいた頃は、
今ほど暑くなかったと思うワン。
若い頃は、ガレージにいたし、
おばあさんになっても、玄関にいて、確か扇風機が置いてあったワン。
今いるその子、クーラー付けてもろて羨ましい限りやワン。
でも、今の方が暑さが厳しいし、仕方ないワン。」

サイちゃん。そやねん。
「サイちゃん、よぅ外に置いてたなぁ。」って話をよくするねん。
ほんまに申し訳なかったなぁって思うけど、
当時は今ほど暑さが厳しくなかったのも事実やねん。
わかってほしいねんけどなぁ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2016-08-16 23:56 | 風景 | Comments(2)

2度目の遠出

また間が空いてしまいました。

そうこうしているうちに、梅雨入りしています。
収穫物にとって、雨は必要とは言え、
じめじめ、ムシムシは、やっぱり不快です。
まだ入ったばかりなので、本格的な蒸し暑さに至っていませんが、
きっとこれから、本領を発揮するでしょう。


さて、梅雨入りする前の5月末に、璃子を連れて、
ちょっくら出かけてまいりました。

20年以上ぶりの信州です。

c0049950_16373884.jpg


北八ヶ岳ロープーウエイの乗り場ですが、
もちろん璃子を連れては乗れません。
この時めっちゃ晴天で、気持ちよかった~。

c0049950_16393043.jpg


向こうに見えるのは、八ヶ岳の一部。
ここは、まきば牧場。

c0049950_1640426.jpg


この滝沢牧場では、牛さんに挨拶。


c0049950_16412247.jpg


初日に行った長門牧場では、アルパカさんに挨拶。

c0049950_16422476.jpg


普段の慌ただしい生活をすっかり忘れて、
のんびりした気分に浸れました。

c0049950_16433794.jpg


馬さんにはビビッてたけどね。

今回泊まったのは・・・。

c0049950_16441791.jpg


こむわんこさん、ma-saちゃんおススメの、オーベルジュ赤煉瓦さんでした。

おススメされただけあって、すごく居心地がよかったです。

c0049950_1724069.jpg


一泊目はわさびステーキ。

c0049950_1732346.jpg


二泊目はしゃぶしゃぶ。

普段味わえない贅沢~♪


c0049950_1646734.jpg


朝、ドッグランで、決して「run」とは言えないけれど、
まぁ楽しんでウロウロしていました。


c0049950_1743684.jpg


ええ年したおっちゃんとおばちゃんだけなら、決して乗らないスワンボート。

c0049950_1752887.jpg


璃子と一緒なら、平気で乗っちゃいます(笑)


c0049950_1761419.jpg


向こうの方には富士山が見え、標高の高さを実感!


そして帰りには、

c0049950_1772576.jpg


c0049950_1775045.jpg


馬籠に立ち寄り、柴犬に似合う街並みをちょっぴり散策。

二日目の夜に降っていた雨も、この時にはほとんどあがり、
天気にも恵まれ、本当に良い旅ができました。

家族での旅行で2泊以上したのは、一体何年ぶりかなぁ?
10数年ぶりだと思います。

定年になった主人。
これからは細々と暮らしていかなければならないけれど、
今まで勤めて来てくれた労をねぎらって、
たまにはこうして出かけようと思います。
璃子を連れて。。。

あっ、「主人の労をねぎらって」って書いたけれど、
私が運転できないし、
主人は疲れてしまうか・・・? 


c0049950_22365220.jpg

        (2007年6月)
「おかっしゃん。ワタシは1回しか旅行に連れてもらえへんかったけど、
その子は今度が2回目やワン。
ちょっと、、、、羨ましいワン。」

ごめんごめん。サイちゃん。
1回だけ岡山へ行ったなぁ。
雨降ったし、あまり楽しめへんかったけど。
そのあとは、お兄ちゃん達が大きくなって、うまいこと休みがとれへんかったし、みんなで出かけることができひんかったわ。
ごめんなぁ<(_ _)>

10年以上前からの・・・
[PR]

by sai-n.1020 | 2016-06-12 16:33 | 風景 | Comments(4)

あっけなく……。

年齢を重ねる毎に、月日の経つのが早く感じるのは仕方ないことです。

でも、でも、、、

早すぎるっ!


もう4月ですよ~。
この調子だと、あっという間に夏になり、秋になり、、、
いや、これ以上は言いません。


そしてブログの更新がすっかり「まれ」になってしまっています。
当然その間に季節は動いています。

桜が、もうすでに満開を迎え、、、、いや、きょうの雨できっと散り、当初今年は遅いと言われていたのが、結局あっけないお花見となってしまいました。

それでも、なんとか璃子にお花見をさせることができ、

c0049950_12525995.jpg
c0049950_12532536.jpg


こうして撮っている間、通りすがりの人達に、
「可愛い~♪」と言われては、「そやろ?そやろ?」と喜ぶ私でありました。

満開になる直前では、

c0049950_12553790.jpg

毎朝いつも一緒に散歩する翔ちゃんと、きゃあ~~! チュッチュしてるやん!

いえいえ、そういうわけではありませんが。

遠くへ行かなくても、散歩道で桜を満喫できることは、
本当にありがたいと毎年思います。

と言いつつ、ちょっくら出かけて来ました。

まずは二条城。
この日は残念ながら、満開まではあとひといきでした。

それから一週間後に行った和歌山城と九度山。
ここでは、充分楽しめました。

c0049950_1323750.jpg


でも、この写真では、その美しさが充分伝わってきませんね。

c0049950_1332868.jpg


一緒に行ったのは、いつものメンバー、ma-saちゃん、RUNちゃん、beちゃん、おば関ちゃんです。


そして、まだ桜がほとんど咲いていなかった時に、
昨夏私がギックリ腰をおこしたために、取りやめになってしまった、Bebeママ入洛が実現しました~。

c0049950_1319787.jpg


御所の桜は、この日まだまだでした。
Bebママのフルートと私の拙いピアノとのアンサンブルはやっと実現したけれど、
私はボロボロでした。

次までにはしっかり練習しておかないと!


久しぶりのブログが、単に、「桜が咲いた。」「どこそこへ行って来た。」だけの報告になってしまい、申し訳ありません。


c0049950_1362691.jpg

「まぁ、それはそれでええと思うりすぅ~。」
と、やる気のなさそうな璃子。


桜が完全に散ったあとは、薫風の心地よい、緑が鮮やかな、とてもいい季節がやってきます。
そしてGWを迎えると、どんどん暑くなるかもしれません。

体調崩さず、元気に過ごしていきたいものです。


c0049950_13311485.jpg

           (2009年4月)
「おかっしゃん。今年も桜の季節が来たんやワン。
ワタシもいっぱい写真を撮られたものやワン。
そのヤンチャな子も、ずいぶん大人しくなってきたみたいやけど、
ワタシみたいに、ちゃんとカメラの方をなかなか向かへんのはあかんワン。」

そやねん。サイちゃん。
名前呼んでも、かえって反対ばっかり向くねん。
サイちゃんみたいに10年以上桜や紅葉と一緒に写真撮りたいんやけどなぁ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2016-04-07 13:38 | 風景 | Comments(4)

夏の終わりに

ブログを始めた頃は、ほとんど毎日、サイのことを書いていた私が、
最近すっかりサボり癖がついてしまっています。
ところが、 先月に続いて、かろうじて2回目の更新ができそうです。

前回の記事にも、今年の夏の激しい天候のことを書きましたが、
今までとはスケールの違う被害を及ぼす、とんでもない豪雨が、全国を襲っています。

特に広島の惨状を見ていると、震災の時のごとく、
自分達が普通に生活していることのありがたさ、
被災者の人達に何もしてあげられないもどかしさを感じてしまいます。
救助作業にあたっておられる人達も、本当に大変だと痛感します。

少しでも作業が進み、避難されている方々の生活が、すぐに元どおりとはいかなくても、少しずつ改善していくよう、ただひたすら祈るのみです。



もう2週間も前のことですが、今年も、大文字送り火が無事行われました。

この日、ちょうどその1週間前に台風が接近した時と同じように、
ひどい豪雨に見舞われました。

c0049950_11585620.jpg


これ、前回の記事に載せた写真と同じ日に撮ったのではありません。
送り火の日、ちょっと雨が止んだ時に、急いで散歩に出かけた時の写真です。

c0049950_17131625.jpg


毎日散歩中に見る「法」の山。
火床が準備されているのが見えます。
この時点で、まだ大雨警報が出ていたので、
本当に行われるんやろか?と、半信半疑でした。

でも! 送り火に携われている人達の「絶対にきょうやるんや!」という強い願いが天まで届き、点火時間には、ほとんど雨が止んでいました。

c0049950_125743.jpg


すべてスマホで撮り、ブレブレですが。。。

あれほど悪天候だったのにもかかわらず、こうして無事に点火されたのです。
関係者の方々と、ご先祖の御霊(みたま)の思いがひとつになったありがたさを強く感じ、例年よりも今年の送り火は、特に感慨深いものとなりました。

送り火が終わったあと、しばらく蒸し暑い日が続いたので、
また梅雨に逆戻りかと思っていましたが、
月末になり、急に秋めいてきました。
来月になれば、また暑の戻り(?)が来るものの、
去年よりかは、秋の訪れは早いそうです。
もう今年の夏も、終わりですね。



さて、全く話は変わりますが。

最近知人が、相次いで介護認定を受け、
サービスを受けるようになっておられるんです。
また身内でも、以前よりも「老い」を感じるようになったり、
病院で診察を受ける機会が増えたりするので、
自分自身の老い先を考えるようになってきました。
数年前までは、こんなこと考えもしませんでした。
約8年前に母が亡くなり、そのあと父や、サイやリリィーや、親戚など、
次々と見送っていくうちに、
私は一体、どんな風に老いぼれて最期を迎えるんだろう。。。なぁんて、思い巡らしてしまうのです。
普段アホなこと言って笑ったりしていても、ふと我に返ると、
色々考えてしまうんです。

両親みたいに、オムツの世話をしてもらったり、
車椅子や、訪問入浴のお世話になるんやろか?
将来の息子のお嫁さん(一生来てもらえないかも?)の世話になんて、なりたくないなぁ。
それなら、いっそのこと、心筋梗塞とかで、ぽっくり逝った方がいいのかなぁ。
誰にもお世話になりたくないし。

かなり暗い話題ですが、
こんなこと考え出すと、身の回りをそろそろ片づけなあかんやろか?とか、
そんなことにまで飛躍してしまいます。

でもその反面、リリィーちゃんが縁で、ずっとお世話になっているおばあちゃんを見れば、こんな甘いこと言ってられない!と自分に言い聞かせ、活を入れたくなります。
そのおばあちゃんは、なんと今年の夏に90歳になられたというのに、
お独り暮らしで、何の介護サービスも受けず、
ご自分のこと全てご自分でされていて、
(それどころか、お手製のおかずをくださったりする!)
余裕たっぷり、ゆったりと過ごしておられます。
ご主人に先立たれ、多分30年ほど経ってると思うのですが、
実に、人生を楽しんでおられるという印象です。
「〇△さん、憧れやわぁ。」って、いつも話しています。

人生何事も、前向きでなければなりません。
将来のことを心配することも大切だけれど、
一日一日を大事に過ごし、次の日を迎えらえることに感謝すれば、
自然とポジティブに生きていくことができる!

頭の中で、考えが、こんな風に行ったり来たりするけれど、
最終的には、プラス思考にたどり着ければいいなぁと、
そんな自分でありたいと、日々祈りながら過ごしています。


c0049950_1346454.jpg


ここには書けないけれど、悩み事はてんこ盛り!
でも、璃子のこんな様子を見ると、
自然と笑顔になれるし、気持ちは明るくなります。
璃子の存在に、感謝しないと!


あっ、この子がいたから、今私には璃子がいるんやわ。
c0049950_13484147.jpg

              (2007年8月)
 

「おかっしゃん。もともと気楽な考え方しかせえへんのに、時々考えんでもええことまで悩んでしまうのが、悪い癖やワン。
ワタシも、あのでっかかった子も見守ってるんやし、
おかっしゃんは、今のこと考えて、人生楽しんでいったらええんやワン。」

サイちゃん。悩んでも解決せえへんことってたくさんあるわ。
解決するように念じて、プラス思考でいくね!
[PR]

by sai-n.1020 | 2014-08-31 13:50 | 風景 | Comments(6)