人気ブログランキング |

2011年 08月 29日 ( 1 )

また長いけど、2日目です。

一旦涼しくなってから、また厳しい暑さがぶり返すのは、
あちこちガタが来始めてきている中年(老年?)の身体には堪えます。

9月になったら、本格的に涼しくなってほしいけど、
そんな甘くはないやろなぁ。


そんな厳しい残暑の中、
リリィーおばあちゃん、頑張ってます。

相変わらず、1日中寝ていることが多いですが、
マイペースで、老犬生活を送っています。

マイペース、まさに、マイペースなんですよ。
餌の食べ方が特に、リリィーちゃんの思うように、、、
といった感じになっています。

口のところへ、餌を乗せたスプーンを持っていっても、
最初は知らんぷり。
しばらくして、また持っていっても無関心。
一旦サークルに入れて、
すぐに横たわらずに、ぼぉ~~~っと立っていて、
再び出して、スプーンを持っていくと、、、、パクっと!
そして、また食べない時もあるけれど、
そのまま一気に完食することもあります。

リリィーちゃんの食べようとするタイミングと、私が食べさせようとするタイミングがうまく合っては嬉しくなり、
公園に出して、ちゃんとオシッコやう〇ちをするをすると褒めてやり、
サークルの中の水を飲まなくても、玄関に置いてある水なら飲むとホッとし、
段々と、リリィーちゃんと心が通い合ってきたかなぁって、
最近そう思います。
両親を介護していた時と違い、何も文句を言わない(笑)、可愛い可愛いおばあちゃんです。


また長いけど、2日目です。_c0049950_16511063.jpg


身体だけでなく、顔もハゲハゲで、ちょっと可哀想ですが、
こうしてゆったり眠ってる姿を見ると、
すごく癒されます。
ますます、サイちゃんのこういう時期のことを思い出してしまいます。

全く食べなくなったら、点滴を考えなければならないけれど、
今はこんな感じで、リリィーちゃんのペースに合わせて、
様子をみていこうと思います。




さて、前回の続きです。
ma-sa号で、お泊り組をお宿へ送って行き、
一夜が明けました。

お泊り組の3人さん、どんな夜を過ごされたんでしょう?


2日目は、まず滋賀県の「草津市立水生植物公園 みずの森」というところへ行って、
蓮の花を見に行く予定となっていたのですが、
長時間リリィーちゃんをひとりぼっちにできない私は、
1日目同様、遠出はパスさせていただき、
途中から参加することにしました。

その「途中」というのは、、、、ランチです(笑)

1日目と同じく、食べることはしっかり参加する、という感じがしないでもないけどね。


で、向かったのは、
「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」という、
なんともユニークなお名前の、中華料理のお店。


また長いけど、2日目です。_c0049950_1453576.jpg



この辺りは、以前はたくさんの呉服屋さんが並んでいたところでしたが、
最近は軒並みなくなっていき、、、
このお店も、もともと呉服問屋さんだったのを改装されたそうです。


ちょっと早く着いた私は、先に中に入り、
「ここでお待ちください。」と通された待ち合いのスペースに座り、
早速その辺をパチリパチリ。。。

また長いけど、2日目です。_c0049950_14591633.jpg


「面白い内装やわぁ。」って、しばらく撮って時間を費やしていたけど、
それにしてもみんな来るのが遅いっ!
きっと蓮のお花が綺麗で、熱心に激写しているうちに、
時間がどんどん過ぎていってるのだろうと、思っていたのですが、
あとでわかったのは、、、

もちろん、それも多少はあったはずですが、
それより以前に原因(笑)があったらしい!

そもそも、今回お泊り組の3人さんが利用されたのが、
「西陣荘」という名前のお宿だったのですが、
ここがその原因でした。

いや、悪い意味での原因じゃなくてね。
ma-saちゃんが朝にこのお宿へ迎えに行って、
そこでかなりの時間を費やしたのが、
あとあと、時間が圧してしまった原因だったのですよ。
でもね。それは致し方ないことで、、、

詳しくは、お宿のことをアップされている3人さんのブログをご覧あれ~~。


って、こんなもったいぶった言い方したら、「???」って感じになるから、
簡単にご説明を。。。


その西陣荘は、私達地元民が泊まりたくなるほどの、
情緒たっぷりな、それでいて気取ったところのない、
すご~~く雰囲気の良いお宿なのですが、
それだけでなく、私達わんこ好きな者たちにとって、大変ポイントの高い、
重要な要素があったのですよ。


実は、このお宿には、、、、



「ももちゃん」という、それはそれは、可愛い~~~柴わんこがいたのでしたぁ~~。


なので、迎えに行ったma-saちゃんと、3人さんで、
チェックアウト前後のひととき、いや、たっぷりの時間(?)、
思いっきり、ももちゃんと遊んで、写真を撮っていたらしいんですよ。


待たされてた私、、、何も怒ってへんからね~~。(ほんまやで。)
もし私が西陣荘へ行ってたら、
やっぱり私も、名残惜しくいつまでも、ももちゃんを撫で撫でしてたと思います。


このお宿、chobiponちゃんが探されたそうですよ。
毎回、まずchobiponちゃんが色々リサーチしていくつか候補をあげ、
その中から、すもも母ちゃんとSasukeBooちゃんと一緒に選ばれるらしいです。
昨年も、一昨年も、泊まられたお宿はどこも、文句なしの素敵なお宿でしたが、
今回は、「ももちゃん」という、最高の看板犬に、
みんな魅了されたというわけです。



さてさて、話は戻りますが、
どれぐらい待ったでしょうか?(爆)
みんなが、ご到着です。


席につくや否や、
前日のお店と同様、みんなで撮影開始~~。


そして、注文したお料理がくるまで、またぺちゃくちゃ~~。

また長いけど、2日目です。_c0049950_15144749.jpg



しばらくして、来ました~~。

また長いけど、2日目です。_c0049950_15104771.jpg



前日同様、またボケボケ~な写真なので、
美味しさが伝わらなかったらごめんなさい。



このお店を出て、近くのお店に少し立ち寄ったあと、
みんなで向かったのは、、、、

建仁寺です。


また長いけど、2日目です。_c0049950_14265470.jpg




ここは私の実家から近くのところにあり、
ずっと昔に、この中の某塔頭の娘さんのピアノレッスンに通っていたこともあったので、
敷地内は入ったことがあったのですが、
建仁寺そのものの中に入ったのは、
なんと、この日が初めてでした。

そういえば、今年初めの集いの折に訪れた「三十三間堂」も、
あの日が初めてでした。(地元の者って、こんなもんです。)


普通、お寺の中って、撮影禁止のところがほとんどなのですが、
ここ建仁寺は、なんと「カメラOK」だったのですよ。

それで、カメラおばちゃん女子のみんなは、
それはそれは熱心に激写していました。

私はといえば、、、
どうしても、「近いから、また来るやろう。」という意識があるので、
一応ひととおり、大まかに、大体、、、
要するに、私の性格そのものの「about」な撮り方でシャッターを押し、
その場で再生して見ては、
「あかん。暗すぎる。。。」と、落胆。
そんな繰り返しでした。
やっぱり、「また来るやろう。」の意識があかんかったんやろねぇ。

で、前回の記事でも載せたように、
激写しているみんなの姿を、見ていただくことにしましょう!

あ、、、でも先に断っておきますが、
これまた暗かったり、ボケボケ~~だったりで、
本当に申し訳ない写真ばっかりなのですが、
実際は、みんな、もっと素敵な女性ばかりだということを想像して、
ご覧下さ~い。


また長いけど、2日目です。_c0049950_14425213.jpg


これから中に入るところで、
この時点でみんな、中が撮影OKとは知らなかったので、
外で一所懸命、パチリパチリやってますね。

また長いけど、2日目です。_c0049950_1455915.jpg


撮っているところじゃないけど、
カメラの何かをチェックしているRUNちゃん。
RUNちゃん、ごめんね。
もっと鮮明に撮るべきでした。


また長いけど、2日目です。_c0049950_14564513.jpg


熱心におふたりさん、撮ってますねぇ。
撮ったあと気づいたけど、
右に座っている女の子、浴衣を着ていたんですねぇ。
そういえば、この時期至るところで、
浴衣姿の女性を見かけます。
お宿かどこかの、キャンペーンでしょうか?


また長いけど、2日目です。_c0049950_150418.jpg


「激写」といえば、このお方、すもも母ちゃん。
毎回、こうして熱心に撮る姿は、
みんなの被写体でもあります。


また長いけど、2日目です。_c0049950_1515413.jpg


すもも母ちゃんと同じく、
荷物の中に、しっかりとデジイチを持って来ていたchobiponちゃん。
同じく、激写スタイルで~♪


また長いけど、2日目です。_c0049950_1511062.jpg


SasukeBooちゃんもごめんね。
ここ、暗くて、、、(←弁解にすぎない。)


また長いけど、2日目です。_c0049950_156672.jpg


こうやって撮った写真、まだ見せてもらってない。。。
今度見せてもらおうっと!


また長いけど、2日目です。_c0049950_158991.jpg


また長いけど、2日目です。_c0049950_1585522.jpg


みんな一生懸命です。

あれ?
この時chobiponちゃん、どこにいはったんやろ?
みんなを撮ってるつもりが、、、、(汗)
ひとりだけ、どこかできっと激写してはったのでしょう。


また長いけど、2日目です。_c0049950_1510598.jpg


あっちでも、こっちでも・・・(笑)



また長いけど、2日目です。_c0049950_15122239.jpg


こうしてマダムたちは、撮りながら、喋りながら、
建仁寺の中を、静か~~に(?)拝観するのでしたぁ。



なぁんかねぇ。。。
境内のあらゆるポイントを美しく撮るでもなく、
かといって、人物(みんなのことね。)を鮮明に撮るでもなく、
「真剣にカメラを構えてたんかぁ?」
と、ご指摘を受けそうな写真ばかり載せていきましたが、
確かに、ちょっと疲れ気味で、手が震えてたかも。。。
いやいや、これは冗談。

でもね。みんなが撮ってくれた私の写真を見ると、
面白いことに、
私、寝てばっかりzzzzz。。。

また長いけど、2日目です。_c0049950_1613518.jpg


目を隠していますが、
「寝てる?」って聞かれてばっかりの、閉じた状態が多いんですよ。
いやいや、決して本当に眠ってたわけじゃないけどね。


私が行けなかった滋賀の風景も含めて、
みんなのブログで、もっとしっかり撮っておられる写真をご確認くださいませ。
・・・・って、全く人任せな私でごめんなさい。




このあと、京都駅へまたまたma-saちゃんに乗せてもらい、
beちゃんはひと足早くお家へ戻り、
残る7人で、ちょっとの間お茶をし、(最後の最後まで喋り倒す私達)
新幹線、JR、近鉄、地下鉄、、、と分かれて、
今回の集いはおひらきとなったのでした。
あ、私は最後までma-saちゃん号に乗せてもらったけどね。


この2日間、全部を楽しむことはできなかったけれど、
介護犬をかかえながらも、こうしてたくさんのお友達に会って、
美味しいものを食べて、、、、えっと、それだけ?
いえいえ、毎回と同じように、
同じわんこ好きの集まりが、
他にも様々な共通点を見つけたり、
逆に、「へぇ~、◎△ちゃんって、そうなん?」って再発見したり、
とっても有意義なひとときを過ごすことができました。

そして、いつもと同じように、みんなと別れたあと、
「サイちゃん、ありがと!」
と、天に向かって、サイちゃんがくれた、わんこつながりに感謝しました。

ma-saちゃん、2日間ドライバーを務めてくれてありがとう。
そして、みんな~♪
もう1か月近く経ったけど、楽しい時間をありがとう。
今度はお正月明けかな?
どこへ行くか、今から考えといてね~。



そうそう、ここでひとつ自慢話を。。。

今回神戸から来てくれた、chobiponちゃんですが、
以前紹介したように、「手作り雑貨工房 おりーぶ」というショップを開いておられます。
(作家名は、wa-miさんです。)
前回は、ティッシュケースを作ってもらったのですが、
今回、これを作ってもらいました!

また長いけど、2日目です。_c0049950_1626114.jpg



私がお願いしたのは、
携帯、家の鍵、化粧品を少しだけ入れて、
バッグの中にしまっておける、小さなポーチ。
内ポケットのないバッグを持つ場合、
中で、鍵や携帯が、踊る踊る!
携帯を取り出す時に焦るわ、
帰宅して鍵を開ける時に焦るわで、
そういうのを入れられるのがほしかったんですよ。
普通のポーチなら、化粧品をざぁっと入れるだけになってしまうけど、
これだったら、内ポケットが付いてるから、
(しかも柄を変えるという、凝りよう)
慌てなくてもすみます!

chobiponちゃん、ありがとう~~。
この集まりの記事を、ブログにアップすることで忙しいのに、
すぐに作ってくれて、ごめんね。
早速使わせてもらってるよ!




また長いけど、2日目です。_c0049950_16533225.jpg

                    (2009年8月18日撮影)


「おかっしゃん。この人達って、確かワタシに会いに来てくれはったワン。
あの時は、ワタシ、まだまだ元気やったワン。
ワタシの娘、あの時のワタシよりも若いくせに、
ちょっと弱りすぎやワン。
ワタシを見習って、まだまだ頑張るべきやワン。」

サイちゃん、そやでぇ。
おば関ちゃんは、あの時まだお友達とちごたけど、
あんたみたいな老犬介護の経験があるんやで。
みんながサイちゃんに会いに来てくれはって、
おかあさんがbeちゃんを駅まで迎えに行った時に、
あんたがおかあさんのあとを目で追ってた、、、ってことをあとで聞いて、
どんだけ嬉しかったことか。。。
普段、おかあさんに対してそんなに甘えへんかったし、
その姿を見たかったわ。
リリィーちゃんも、おかあさんのこと、そんな風に慕ってくれる日が来るやろか?

by sai-n.1020 | 2011-08-29 21:29