人気ブログランキング |

2010年 10月 11日 ( 1 )

今度は~~♪

この間の日記の中で、
サイ子が、私の知らない間に、
家の前を通っておられた方の“癒し犬”の役目を果たしていたことを書きましたが、
それから間もなく、私が家の前にいると、
近所の奥さんが通られ、
「あのわんこ、どうしてるの? 最近見ないけど。」
と声をかけてくださいました。
サイをカートに乗せて、川原へ行こうとしている時、
ちょうど出くわしたことがあったのです。

あれからどんどん弱り、
最期は私の腕の中で云々。。。といったことを話すと、
「そうかぁ。そやったんかぁ。」って、
この間の男性のように、ため息をつかれました。

またまた、サイのことを思ってくださっている人がおられることを知り、
「サイちゃん、あんた、ほんまに大した子やわぁ。」
と、大沢親分に成り代わり、「あっぱれ!」と声をかけてやりました。


そして、ふと思い出したのが、
「Google Map」の、ストリートビューのこと。
以前、我が家が写っている画面を出したところ、
はっきりではありませんが、
サイがガレージで、寛いでいるのを見つけたのです。

わかりにくいですが、
こんな風に載っています。
(たとえ、はっきり写っていても、ここにそのまま載せるわけにはいきませんが。)

今度は~~♪_c0049950_22424912.jpg


「どこが顔で、どこが身体?」と思われるかもしれません。
顔を横にしてベッドから出して、
身体だけベッドに納めて横たわっているか、
ベッドの中に、全身丸めて寝ているところか、どちらかだと思います。

このストリートビュー、ずっとずっと変更なしで、
このままにしておいてほしいなぁ~。

今度は~~♪_c0049950_2355371.jpg
                  (2006年10月16日撮影)



さて、日に日に秋らしくなってきてはいますが、
昼間の暑さは、あの真夏ほどではないものの、
朝晩に比べると、まだまだ「しぶといっ!」って感じですよね。
それにしても、土曜日の雨はすごかった!
台風かと思うほど、風もきつかったし。

というのに、その日の午後3時半から「雨天決行」された野外コンサートに、
なんとまぁ、無謀にも行って来たんですよ。

場所は、円山公園音楽堂。
八坂神社の南側にあって、
京都における、フォークの音楽活動の原点とも言える音楽堂。

高校生の頃、「宵々山コンサート」へ行ったことがあるところです。

どういうライブかと言うと、
「京都文化祭典’10」のひとつとして開催された、「京の旅人 フォークコンサート」という、
その名のとおり、「フォークコンサート」です。

ちょっとしたきっかけで、急に行くことになったんです。


ばんばひろふみ、杉田二郎を中心に、
ゲストとして、堀内孝雄、因幡晃、リリィ、茶木みやこの他に、
若手のミュージシャンも加わり、
いつものB’zや、先月のHiromi Goとはまた違った楽しみ方ができるものと、
非常に楽しみにしていたのですが、、、

なんせ、あの雨、、、

傘使用禁止のもと、観客は皆合羽を着用し、
ちょっと大変なライブでした。

でも、懐かしいナンバーが次から次と飛び出し、
(「SACHIKO」「いちご白書をもう1度」「風」「男どうし」「わかってください」「私は泣いています」などなど。。。)
当時の頃のことを思い出したり、
やっぱり昔の歌はいいなぁって、改めて思ったり、
それはそれは、感慨深いライブとなりました♪

それになんといっても、面白かったのが、べーやん(堀内孝雄)のお喋り♪

楽屋で話題になったのが、若い頃と違い、
病院通いのことや、最後には「お墓」の話だったとか。。。

観客の年齢層が、はっきり言ってかなり高く、
(そりゃ、無理もない。私よりもはるかに年上のおっちゃんやおばちゃんがザラに居はったし。)
「こうして見渡してみると、病院の待合室みたいやん!」
って思わずつぶやかれ、爆笑の渦となりました。

そして、私の大好きな「遠くで汽笛を聞きながら」を歌われている最中に、
ひとりのおばさん女性が、
普通に、べーやんの前を通り、座席の後ろへ移動して行かれるのを見て、
ぱっと歌うのを一旦止め、
「どこ行かはりますのん?」って。。。

そのタイミングが絶妙で、またまた爆笑だったけど、
「これから、ええとこやのに。」ってそのあと発したべーやんの言葉が、
「これ、あの人に対しての本音やろか?」って思ってしまいました。
いくら、最初に、
「休憩なしなので、トイレとかはいつでもご自由に!」って言われてても、
歌っている本人の前を通るなんて。。。



ライブが進むにつれ、あたりは暗くなり、
合羽を着ていても、身体が冷えてくるのがわかってきました。
でも、最後に出演者全員が登場し、
「戦争を知らない子供たち」「あの素晴らしい愛をもう1度」
を、観客全員が立ち上がって、
B’zのライブほどじゃないけれど、
拍手しながら盛り上がり歌っているうちに、
自然と身体は温かくなっていきました。
(でも、終わって帰宅する時は、やっぱり寒かった。。。)


35年以上昔の歌を、生で聴けた感動とともに、
観客のほとんどが、私よりも年上だというのに、
あの雨の中、3時間以上もの間、
昔の若さを身体の底から再燃焼させるかのごとく、
共に楽しんでおられたという驚きを感じ取り、
「負けてられへん!」って、
出演者と、観客の両方から、元気をもらった気になりました。


今度は~~♪_c0049950_239040.jpg
                           (2006年10月14日 高野川にて)


こうしてライブに行く度に、
感動とエネルギーを与えてもらい、
音楽の素晴らしさを、改めて感じる、
私にとっての芸術の秋を過ごしています♪


そして連休最後のきょう、
急に行って来たところがあるのですが、
この話題は次回に。。。


ちょっと予告編っぽく、これだけ見ておいてもらおうかなぁ。

今度は~~♪_c0049950_23112577.jpg


え? 童心に返って?

それもあります(笑)
本来なら、ちょっと話題になっている「名コンビ」に会うことができたのですが、
今は片方がお休みなので、この子だけ、見ることができました。

今度は~~♪_c0049950_23133811.jpg


だ、だれ? これ?
って思われるかなぁ?

次回をお楽しみに!



今度は~~♪_c0049950_231783.jpg

「おかっしゃん。雨にうたれて、風邪ひかへんかってよかったワン。
もう若くないんやから、無理は禁物やワン。
しかし、この子いったい、誰なんかワン?
かなり気になるワン。」

サイちゃん、心配してくれてありがとう。
あの日は、長靴の下にタイツ履いて、
しっかり冷え対策して言ったんやでぇ。
それと、この子なぁ。ちょこまかちょこまか、動きが素早かったわぁ。

by sai-n.1020 | 2010-10-11 23:29 | 音楽