人気ブログランキング |

2008年 01月 30日 ( 1 )

今私の周りには、「老〇」と呼べるものが2人います。

ひとりは、私の父、「老父」です。

最近すっかり老いぼれてきました。
3月には94歳になるので、当然と言えば当然なんですけどね。
今までは、年齢に不相応なほど(笑)しっかりしたところがありました。
それが、、、

不思議なほど、気弱になっています。

先日実家へ行った時のこと。

偶然真ん中の姉も来ていて、
私達三姉妹が揃っていました。
しばらく、座ったままずっと居眠りしていたのですが、
「トイレに行くかぁ?」と聞いたら「あぁ~。。。」とかすれた声で返事はするものの、
またまた目を閉じてウトウトzzzzz。。。014.gif
思わず、吉本新喜劇の「井上竜夫さん」を思い出しました。
(ご存知ない方、ごめんなさい。)

しばらくして、目を開けたかと思ったら、
「なんで、今こんな話を・・・・?」って思うような話をし始めるんです。
なかなか聞き取れない声で。。。
そして、長女の姉に向かって、
「あと、よろしゅう頼むで。。。。」と、またまたかすれた声で言うのです。
そして私達3人を指差しながら、
「3人とも、、あんじょう育ってくれた、、、」なぁんてことを、涙流してつぶやくのです。007.gif

こんなことを父が言うのは初めてでした。
私達は顔を見合わせ、
「おいおい。こんなこと言うって、、、もう長くないんやろか・・・?」
なんてことを、ついつい、口走ってしまいました。025.gif


ところが。。。

きょう実家へ行ったら、あの気弱さはどこへやら?と思うほど、
私の作った焼き飯をちゃんと食べ、
自分の用事を、這いながらも(!)やろうとしていました。005.gif
(床で足を投げ出していたのを発見し、倒れているのかと、「おとうちゃん!」って思わず叫んだし。。。)

恐るべし! スーパー老父!042.gif


もともと頑固で、どうしようもない父ですが、
体が自由に動けないことで、余計に要求が多くなり、
姉の疲れも限界にきています。
そういう状態も察して、
周りの負担がひどくならないように、任せることは皆に任せてくれて、
自分は穏やかな気持ちで、余生を送ってほしいと思います。


それにしても、3人のおばはん(私達のこと)をつかまえて、
「育って」って。。。026.gif


もうひとりは、、、
はい、紛れもなくこの子、「老犬」です。
老_c0049950_18314130.jpg


サイの最近の眠り方、まるで父親そっくりで。。。
夜に室内犬にすると、
しばらくはおやつをせがんだりしますが、
ある程度やったら、そのあとはベッドに入り、
丸くなったかと思えば、、、、もう「グゥグゥ。。。。」って、寝息というかイビキのような音をたてて、眠ってしまいます。014.gif

朝になって、「さぁ、散歩行くで!」と言っても、
眠そうな顔をして、なかなか起き上がりません。
無理矢理引っ張ろうとすると、ウゥ~~て唸って怒るし。。。022.gif

また、ガレージに出して出かけて行き、
帰って来ると、すっごく熟睡していて、
私が自転車の音をカチャッとさせて中に入れても、
なかなか目覚めません。
老_c0049950_1842444.jpg
このように顔を手で覆って、熟睡してます。

去年まではこんな感じではなかったのに。。。
やっぱり年齢のせい?



老_c0049950_18461768.jpg

「おかっしゃん。すぐそうやって、ワタシの今の様子を年齢のせいにするけど、
おかっしゃんこそ、体も頭も、衰えがきてるワン。
でも、『もりみつこさん』みたいに、あの年齢であれだけ頑張ってはる人もいはるんやし、
おかっしゃんもワタシも、負けてられへんワン。」

サイ、、、そやなぁ。
森光子さんとは、世界が違うけど、
約40歳も年上と思えへんなぁ。
あ、、、あんたとは、10歳ぐらいしか違わへんのか・・・?
(こんなこと言うと、サイがまた怒るから内緒。。。028.gif

私の日常は、老父のことといい、その他もろもろ、
色々考え込んだり悩んだりすることが多いのですが、
このブログ、現実逃避の手段となってしまっています。
時々、途絶えることがあるかと思えば、
延々と語ることもあるかと思いますが、
こんな私と、どうぞ気長にお付き合いください。

by sai-n.1020 | 2008-01-30 23:04