人気ブログランキング |

楽しいページを見てもらったあとに申し訳ないけど。。。

お待たせいたしました~♪
先日の「りくやんご一家」が来られた様子、
HPにUPいたしましたので、
よろしかったらご覧くださいませ~。


もし、ここから今、直接見てくださるのでしたら、
この、はなやんさんに抱っこされているりくやんをクリックしてくださいね~!

楽しいページを見てもらったあとに申し訳ないけど。。。_c0049950_2148325.jpg


そんな楽しかった話題のあとに、こういうことを書くのは、
ちょっと「重い」気がするのですが、
あまりにここのところ、このニュースをよく耳にしたり、目に飛び込んできたりするので、
あえて、書くことにします。


それは、「いじめ」に関する問題、、、
というか、それによって自殺する少年少女があとを絶たないことです。

毎日、どこかで誰かが自分の命を絶っているいる気がします。
「あ~、またか、、、」
「なんで、思いとどまれへんかったん、、、、」
と、嘆かわしくて仕方ありません。

いじめがあったことを、学校側が把握していながら、
実際に動こうとしなかったとか、
一旦認めたのに、また否定したとか、、、、
我が子を亡くされた親御さんのお気持ち、はかり知れません。

私も小学校の時、
「いじめ」というほどのものではありませんでしたが、
「無視される」行為を受けたことがあります。
当時、番長的存在だった女の子が、
周りの子に「○△□(←私の名前)とは、絶対喋ったらあかん!」と命令し、
朝学校に行っても、誰も話しかけてくれませんでした。
ですから、「行ってきます。」と家を出てから、学校に向かうまで、
どれだけ足取りが重かったことか・・・。
でも、隣のクラスの友達が、「私達も言われてるんやけど、ごめんなぁ~。」と言ってくれて、
「皆、自分の本心でやってることと違うんや。。。」と私自身に言い聞かせ、
なんとか耐え抜きました。
な~んて言うと、私、すっごい我慢強いヒロインっぽいですが、
そんな大したことじゃないですよ~。
どんないきさつで、その番長の子が無視を「中止」したか、
全く覚えていませんが、
私はその子と小学生の6年間同じクラスだったことが、
あとあと、自分にとって、色々な意味でよかったと思っています。
実際は、優しい気持ちを持った子で、
卒業前に書いてもらった、「寄せ書きサイン帳」みたいなもの(あれって、何ていう物だったっけ~?)に、
「☆●◎(←その子の名前)のこと、ずっと忘れないで!」と書いてくれたことを覚えています。


おっと、、、、かなり話がそれてしまいましたが、
私が嘆きたいのは、
いじめを受けても、「自殺」しようと思ってしまうこと自体、そのものなのです。
一人で悩んでいないで、
どうして家族や、他の友達に相談できなかったのでしょう。
また、違った角度から考えると、
そういういじめをしてしまう子達、、、、
何か不満なこと、発散したいことを、
どうして特定の子にその矛先を向けてしまうのでしょう。

もちろん、学校が見て見ぬふりをしたなら、
それは許されることではありません。
でも、場合によっては、
いじめをしてしまう子供、いじめを受けたら自分の命を自ら絶つ子供、
そういう風に育ててしまった家庭にも、
多少なりとも原因があるのではないでしょうか?
数ヶ月前に奈良で起こった、あの事件の例もあります。
子育てに関して、「我が家の息子達は上手に育ってくれました。」なんて、
決して!絶対!冗談でも言えない私ですけれど、
子供の様子、変化というものは、
もちろん学校の先生も責任を持って見るべきですが、
まず家庭の中で、しっかり把握した上で、
学校に委ねるべきではないかと思うのです。


これだけ自殺する子が続くと、
なんとなくそれが、ヒーローかヒロインだと思い違いをしてしまい、
まるで連鎖反応のごとく、次から次と同じことが繰り返されてしまうのが怖いです。
もっと命を大切にしてほしい!
「まだまだ生きたい!」と思っても、そうはいかない人だっているんです。
悩んだ末、その行為を選択してしまった彼らの、
その瞬間の気持ちを考えると、、、、
胸が張り裂けそうになり、涙が出そうになります。

もうこれ以上、新聞やニュースで「自殺」という文字を見たくありません。
今悩んでいる子達も、何とか周囲に助けられて、
立ち直って、強く生き抜いてほしいと思います。

そう思ってる矢先、、、履修漏れ発覚の、、、高校の校長先生が、、、、
おいおい、、、教育者の立場の者が、そんなことしてどないするねん!!


長々と、演説めいたことを書いて、
申し訳ありませんでした。
「文句言いたい放題のオバサンのつぶやき」だと思って、
聞き流してくださいね~。(無理か?)



こんな風に、時にはボヤいたり、
自分自身のことを愚痴ったり、
そしてある時はハイテンションで喜んだり、
喜怒哀楽が激しくて、何かと問題の多い私の日記ですが、
そんな私のこのHPも、皆様のおかげで、
明日で開設1周年を迎えます!
こんな私にお付き合いくださって、本当にありがとうございます。
「そんなこと書いてたらあかん!」
「もっと、ここはこうするべき!」というご指導を、
これからもどうぞよろしくお願いいたします!


りくやんたちと会った日、
どのわんこも、ちゃ~んと抱っこされていて大変羨ましかった私。
「いいなぁ~。サイちゃんも、いつでも抱っこさせてくれたらええのに・・・。」とボヤいていたら、この間の日曜に、主人が下から抱っこして上がってきました。
チャ~ンス! バトンタ~~ッチ!
ということで、こんな写真が撮れました。
楽しいページを見てもらったあとに申し訳ないけど。。。_c0049950_1274713.jpg
「おかっしゃん。いつも言いたいこと言いすぎやワン。
この間も、のりち~♪ちゃんとはなやんさん、完全に圧倒されてはったワン。
ワタシ、、、、りくやんに恥ずかしかったワン、、、」

by sai-n.1020 | 2006-10-31 22:40

<< またまた年甲斐もなく。。。 サプライズ3発~! >>