人気ブログランキング |

雨の下でのコンチキチン♪

先日の日記にも書きましたが、
今まさに、こちらは祇園祭で盛り上がっています。
ここ6、7年ほどは、宵山とか宵々山の夜に、見に行っていないので、
昨日、久々行ってみようかと思ったのですが、
ちょうど夜のニュースで、様子が映ったのを見て、、、、
「あかん。あんなすっごい人込み、しんどそうやわ~。」とボヤいていると、主人が、
「ほなお前、『あばれ観音』見に行ったらええねん。」と言いました。
こう見えても主人は、(あ、見えへんか?)
京都の行事という行事をよく知っていて、
10年近く前までは、色々見て回り、
ほとんどをカメラに収めているのです。
この「あばれ観音」も、かなり前に撮りに行ったらしいのです。

で、「あばれ観音」というのは、、、

「南観音山」だけで行われる行事で、
楊柳観音像(ようりゅうかんのんぞう)を台座にのせ、布を被せ、ぐるぐるに縛り付けて、神輿のように走り回る、というもの。
始まるのが、なんと11時半頃。。。
その頃には、少しは人も少なくなっているだろうという主人の考え。

う~~ん、、、どないしよ?
時間が遅すぎ、、、、でも、来年行けるとも限らんし、、、、
ということで、見に行って来ました~。

いくら遅い時間でも、まだまだたくさんの見物人でごった返していました。
昨日は、たくさんの鉾を見るのが目的ではないので、
新町通りを、仏光寺通りから上がって(北へ向かって)歩くことにしました。

これは、私の一番好きな「船鉾」です。
雨の下でのコンチキチン♪_c0049950_142654.jpg

他の鉾に比べ、高さはありませんが、
その名のとおり、船の形をしていて、
何とも典雅な雰囲気が漂っているところが、
小さい頃から好きなんです。

雨の下でのコンチキチン♪_c0049950_146436.jpg
これは、去年の昼間の宵々々山に見た、「放下鉾」です。

両方とも、「ナイトモード」で撮ったせいか、
ちょっと赤く写りすぎていますね~。
「マニュアル」で撮ったのもあるので、
いつか(あくまでも「いつか」)HPの「京都の風景」にupしたいと思います。
しばら~く待っていて下さいね。

そしてしばらく行くと、、、
見えてきました! 南観音山が~!
雨の下でのコンチキチン♪_c0049950_1492234.jpg

そして、すでに待機している見物人の方々が結構おられました。
本当に、こんな狭い道を通るのか、すごく疑問に思った私は、
前を通った警備の人に、
「どのようにこの前を通るんですかぁ~?山と、お家の間、狭いですやん!」
と、いつものごとく、何でも聞きまくり~。
「はい! ちゃんと先導して、この間を通ります!」と、きっぱりとお答えに~。
そして、しばらく待っていると、、、、
来ました~~~。

では、撮り方が悪いですが、お楽しみ下さ~い。

あばれ観音
   ↑
雨の下でのコンチキチン♪_c0049950_126369.gif(音が大きいので、気をつけて下さい。)

雨の下でのコンチキチン♪_c0049950_925207.jpg
短い距離ですが、3往復されました。
上下に揺り動かすところを撮れなかったのが残念!
しかしこれ、、、、祇園祭の優雅な雰囲気とはまた違い、
少々荒っぽくて力強い感じでした。
見ている人の半数ぐらいは、もともと何が始まるのか知らなかったようで、
あまりに意外な展開を目の当たりにして、
驚いている方が多かったようです。

それにしても、どうしてこんなことをするんでしょうね。
「翌日の山鉾巡行で静かに座っていてもらうために今のうちに暴れさせる。」とか、
「北観音山の観音さまへの恋心を暴れることで冷めさせる。」などいわれがあるらしいですが、正しい説もいつから始まったかもわからないそうです。

御池通りに出ると、
きょうの山鉾巡行の観覧席が準備されていました。
雨の下でのコンチキチン♪_c0049950_2104444.jpg
予報では、「雨」だったので、すごく心配。。。


そして、きょう、山鉾巡行の日を迎えました。
サイの散歩の時間には、パラパラ~ぐらいしか降っていなかったのですが、
巡行が始まる1時間前には、無情にもしっかり降り始めてしまいました。

テレビで生中継を見ながら、
「見に行きたかったけど、この土砂降りではなぁ。。。」と、またもやボヤいていたら、
またまた主人が「行って来い!」と、なぜか昨日からこういう風に私を促します。
この間から、「撮るなら、御池の新町から、鉾が帰って行く時の曲がり角がいいんや。」と、偉そうなアドバイスをしていた主人。
昨日と同様、「来年行けるかわからん、、、」と思った私。
よっしゃ、ほな、行って来るわ~。

ということで、雨の降る中、出かけたのです。
山鉾巡行を見るのは、15年ぶり。
それが、こんな土砂降りになるとは。。。。

雨の下でのコンチキチン♪_c0049950_17585139.jpg
案の定、御池通りは傘の山!
何枚か撮りましたが、新町御池になんて、近寄れません。
そこで、新町通りより一筋東の衣棚通りから下がって、姉小路を西へ行き、
そして新町通りに出ることにしました。
すると姉小路の角に、ちょうど見るのに適したパーキングがあり、
そこで見ることにしました。
しばらく、ちょっと遠慮していたのですが、
前の人がどこかへ行ってしまわれたので、
張ってあるロープの前まで行きました。
電線に引っかからないように注意をはらいながら進む山鉾。
家屋の並ぶ狭い道を通るのを見るのは、きょうが初めてでした。
いくつかの鉾を撮りましたが、それはまたいつかHPで、、、

で、昨日のあばれ観音に引き続き、動画を見て下さい!
昨日も見た、大好きな船鉾です。
私のまん前を通ったんですよ~。

船鉾のド迫力~!
    ↑
雨の下でのコンチキチン♪_c0049950_16392154.gif


引っ張る人の中に、外国人が多いのにはびっくりしました。

お装束のようなものを着て歩いておられる方は、傘をさしていましたが、
鉾の上に乗っておられる人や、引っ張っておられる人は、
全身びっしょりです。

こうして何基かの山鉾が目の前を通るのを見ているうちに、
私は今頃になって、あることに気づいたのです。
それは、車輪に関すること、、、

車輪の魔法~♪
    ↑
雨の下でのコンチキチン♪_c0049950_16472699.gif


(「傘危ないし、へっこめてくださ~い!」と注意されてるのは、この私です。。。(^_^;))

大きな車輪が前を通り過ぎる時に、棒が前に入れられ、
「パシャ!」って音がしているのがわかりますか?
あれは、車輪の前側に、先が斜めになった棒を入れて、車輪が乗り上げた瞬間に横にスライドするようにして、鉾の向きを変えているのだということがわかったのです!

辻回し(竹を敷いて、その上を車輪を滑らせるようにして行う方向転換)は、残念ながら見れなかったけれど、
こういう新発見ができて、雨の中見に来てよかったと思いました。

晴れていても、このお祭りに携わっておられる方々のご苦労は大変なのに、
きょうはこの悪天候、さぞ大変なことが多かったことでしょう。
鉾町ごとに、それぞれの伝統を守り、継承しながら、
こうして毎年「動く博物館」と言われる山鉾巡行を執り行ってくださる皆さんに、
心から「ありがとう。」とお礼を言いたいです。


それにしても、びっしょり濡れ、、、疲れました~。
地下鉄に乗ろうと、階段を下りた時、通りがかりの男性が、
「今年の祇園さんは、ビショビショどすなぁ~。」って言っておられました。
実感のこもった言葉でした。



帰って休憩し、しばらくして玄関を見ると、不貞腐れたサイがいました。
雨の下でのコンチキチン♪_c0049950_177145.jpg
「へ? きょうの長ったらしい日記、やっと終わったんかワン?
読んでくれたはる人、きっとウンザリしてはるでワン。
もっと短く、簡潔に書かなあかんワン。
それで、ワタシのことはどうなってるんやワン?
何も書かへんつもりかワン。」
サイ、、、あんたなんか連れて行ったら、えらいことになる~。
雨のお蔭で、暑くはなかったけど、あんたを連れて行ったら、
警備の人に叱られ、見物人の人に蹴られたり、踏まれたりするでぇ。
あんたのこと、、、また次の日記で書くし、
きょうは、勘弁しといて~。

最後にひとこと。。。
サイが申しておりますように、こんななが~~い日記を、
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
以後、もっと簡潔に書けるよう、心がけます。

by sai-n.1020 | 2006-07-17 20:50 | 風景

<< やっと雨が止んだけど、、、サイ... 動物占い >>