人気ブログランキング |

ご期待にそえず、ごめんなさいm(__)m

突然の地震ほど怖いものはありません。
ニュースで揺れている瞬間の映像を見ると、阪神大震災のあの強い揺れを思い出します。
どうぞ余震に気をつけて頂きたいと思います。
そして、いつ地震が起きるかわからないという意識を持たなければならないことを、改めて感じました。 でも、もし起こったとして、その時家族は皆バラバラではないだろうか、、、サイはどうするんやろか、、、などと、考えれば考えるほど不安になってきます。

きょうの夕方の散歩の途中、いつも歩く川で、もう写真の準備をしている方がおられました。
「へぇ~、まだ6時にもなってへんのに、用意するの早い人やなぁ、、、え? ここで何が見えるんや? 『法』ならもうちょっと北やん。」と思って川をはさんで東側を見ると、、、
ご期待にそえず、ごめんなさいm(__)m_c0049950_2325443.jpg

あれぇ、ここから「大」が見えるって知らんかった~。

そして久しぶりに私も一緒に川に浸かり、向こう側まで歩いて行きました~♪
ご期待にそえず、ごめんなさいm(__)m_c0049950_2326321.jpg

ちょっと夕日を浴びて、かっこええでぇ~、サイ!(またもや飼い主ばかな私)
きょうは、結構川遊びしている人達が多かったです。

そしてそして、時間は8時前、、
チャリを飛ばしてLet's go~!
まず「大」を撮り、そのあと「法」を撮ったのですが、昨日の日記で皆さんに期待を持たせておいて非常~に申し訳ないことに、大して綺麗には撮れていませんm(__)m
「夜景ポートレート」モードで撮るって、難しい~。
ご期待にそえず、ごめんなさいm(__)m_c0049950_23272340.jpg

五山の送り火とはお盆に行われる京都の伝統行事で、京都を囲む5つの山にそれぞれ「大文字」「左大文字」「船形」「鳥居形」「妙法」の形に火をともすというものです。五つの山に5種類の送り火を焚くところから「五山の送り火」と呼ばれるようになったそうです。その起源は、平安時代とも室町時代ともいわれていて、お盆の先祖供養の一般信仰と結びついたもので、お盆に帰ってきた先祖の魂を再びあの世に送り出すという意味があるらしいです。

学生の頃は、大文字が終わると、夏休みも終わってしまうという意識があって、残っている宿題の山を見て、ため息をついたのを覚えています。

毎年こうやって大文字を見るたびに、「あ~、今年も見れてよかった。」と、なんだかすごくありがたい気持ちになります。サイにもこういう気持ちを味わいさせたくて、一旦家に戻ってからもう1度出たのですが、、、
ご期待にそえず、ごめんなさいm(__)m_c0049950_23291714.jpg

もうすでに火が消えてしまって残念!
「おかっしゃん、学生の頃って、いったいいつのことを言ってるんや~ワン。」
え? う~~ん、、、10年ちょっと前かなぁ?

by sai-n.1020 | 2005-08-16 23:32 | 風景

<< 昼間っから室内犬~♪ また太る。。。。 >>