人気ブログランキング |

その後

前回の日記を書いてから、
さらに秋らしくなってきました。

街を歩く人も、すっかり秋の装いと変わってきました。


とともに、リリィーちゃん、、、、
さらに小さくなってきています。


元の飼い主さんに、美味しいものを食べさせてもらっていた頃、
20キロ以上あったリリィーちゃんが、
6キロ台にまで痩せてしまいました。

ちょうど、サイちゃんの最後の頃と同じぐらいの体重です。


食べなくなって10日経ちました。
ここ1週間は、大体1日おきで、点滴に通っています。

でも、
病院へ1日行かないと、それがもとで、
リリィーちゃんの死期を早めてしまうことにならないか・・・・?
と、またまた自責の念にかられたりします。

「そんなこと思う必要ない! これだけ看てきたんだから。」
と、周りの友達や知人は言ってくれます。
確かにそのとおりかもしれません。
でも、「これだけ看てきた。」とは、自分で言うことじゃないし、
私はそうは思いません。
ただ、リリィーちゃん自身、毎日病院へ行き、
注射針を刺されてしまうのも、実際負担になるし、可哀想なのです。
でも、点滴してもらうことによって、
少しでも一緒にいられる・・・そう望みを持って、
カートに乗せて行く日々です。


その後_c0049950_1823377.jpg

病院に着いても、こうして、じっとうつむいて佇んだまま。
長く待つ場合は、椅子の下にもぐりこみます。

その後_c0049950_1825881.jpg

行き帰りの道で、ついこの間までは、すぐカート上で立ったのですが、
もう、、、全然、、、、立ちません。


「点滴のみ」というのも、あまりにも悲しすぎるので、
少しの気休めにすぎないですが、
シリンジを使って、栄養食をやろうとするのですが、、、

その後_c0049950_1828138.jpg

ほんの微量を、飲み込んでくれたかどうか「?」な状態です。
誤嚥してはいけないし。。。
(「誤嚥」に関しては、亡父のことがあって、どうしても神経質になってしまいます。)

今思えば、前に動画で載せた、しっかり食べているリリィーちゃんは、
やはり、「お腹が空いたから食べたい。」という意思で食べていたのではなかったのかもしれません。
たまたま、口に触ったから、取り付かれたように食べている、、、という様子でしたから、、、

わんこが認知症に陥る姿は、やはり見ていてすごくつらいです。
そして、今これだけ体力的にも弱ってきていて、
ますます不憫に思えてなりません。


そんなリリィーちゃんの姿を見ながら、
サイちゃんのことを思い出していると、
色々な様子が、頭の中でよみがえってきます。


サイちゃんの場合、「心タンポナーデ」と診断され、
心嚢水を抜いていただいて、
またその心嚢水が溜まっていないかと、
まるで爆弾を抱えているような不安に、苛まれていました。

それでも、食べることに関しては、リリィーちゃんのように問題があったわけではなく、
里芋やササミを茹でたものを手でやると、
少量ではあるけれど、食べてくれました。
息をひきとる前日まで、食べてたなぁ。。。

その反面、サークルに入れるようになってからは、
夜中に必ず何回か泣き、その声で目が覚めました。
そして、ジャーキーをやると、それを食べ、再び眠る、、、といった毎日でした。
「泣く」ということは、どこか苦しかったのかもしれません。
(認知症からくる泣き方ではありませんでした。)


それに比べ、リリィーちゃんは、
調べれば、ひょっとしたらお腹の腫瘍が悪性かもしれないけれど、
今のところ、どこか特に悪いところがあって、ひどく苦しんでいるわけではありません。
いたって、穏やかな顔をしています。

その後_c0049950_18385931.jpg


この洋服、サイちゃんの形見です。
数日前の朝、「この秋一番の冷え込み」と言われたので、
その前日の晩に着せてみました。
リリィーちゃんは、胴長なので、
腰が見えてしまってますが。。。


「食べて出す」ということに関しては、
サイちゃんは、亡くなる前日までできていましたが、
リリィーちゃんは、おしっこは出ていますが、
う〇ちは、先月26日、病院で体温計を肛門に突っ込まれたとき、
それが刺激になって、漏らして以来、していません。

あれが、最後のう〇ちになってしまった。。。(涙)


いつどうなるか、わからない状態であると、
きょう点滴に行った時に、先生に言われました。
でも、2ヶ月も、点滴だけで生き続けた子もいることも聞きました。
その子は、家で点滴を続けていたらしく、
リリィーちゃんも、それを薦められたのですが、
私、、、リリィーちゃんの首に針を刺すなんてこと、できひん、、、
やっぱり、する時は、先生にお願いしようと思います。



リリィーちゃんの思うままに、
リリィーちゃんが苦しまないように、
リリィーちゃんが、「今」と思う時まで、
このまま穏やかに過ごしてくれることを、祈るばかりです。



よく考えてみたら、私、リリィーちゃんを抱っこして写真を撮ったことがありませんでした。
この間、主人に「撮って。」と頼みながら、「はっ。」と思い出したのが、
サイちゃんを抱っこして、主人と撮り合いをして、
それから11時間後に、眠ってしまったということ。
なので、撮るのを躊躇したのですが、
「撮り合い」じゃなく、私ひとりだけ撮ることにしました。



その後_c0049950_21574232.jpg



この日の翌日からきょうまで、
リリィーちゃん、頑張ってます!




その後_c0049950_22451851.jpg

                (2009年10月5日 柴母のみんなが来てくれた日に)

「おかっしゃん。ワタシよりも大変やワン、ワタシの娘。
でもワタシは、おかっしゃんが口に入れてくれたご飯を、
美味しいと思って食べてたワン。
ワタシの娘、美味しいと思えへんのが可哀想やワン。
でも、親子でも、弱り方は違うから、仕方ないワン。」

サイちゃん、この頃、あんたのことや、
リリィーちゃんの赤ちゃんの頃のことを、いっぱい思い出して、
今のリリィーちゃんの姿を見ていると、
すぐ涙が出てしまうねん。
きょうも病院で、また泣いてしもた。
でも、リリィーちゃんがそんなに苦しんでないことを感謝しながら、
できるだけ悲観的に考えんと、
穏やかな気持ちで、毎日過ごすようにするし、
サイちゃん、あんた、ちゃんと見守ってってや。

by sai-n.1020 | 2011-10-05 23:12

<< 母娘揃って 急激に >>