人気ブログランキング |

急激に

厳しかった残暑がようやくおさまったかと思ったら、
急激に季節が動きました。
朝晩、寒く感じるほど冷え込み、
段々、お布団から出るのが嫌になってきそうです。

その反面、朝晩の冷え込みに比べ、
晴天時には、昼間は汗ばむほど暑くなり、
朝、昼、晩と、気温が急激に上がったり下がったりします。

どうぞみなさん、体調をくずされませんように。


さて、前回の日記で、
食欲旺盛なリリィーちゃんを見ていただいたのですが、
ここ数日で、急激に弱ってきています。


23日にシャンプーして以来、
今度は逆に食欲が減退し、
この3日間、全く口から物を食べていません。

シャンプーして2日ほどは、
喉をゴロゴロ言わせて、風邪のような症状も出ていました。

月曜日に病院へ行き、そんな様子を説明しました。
熱を測ってもらったら、特に異常がみられるような熱ではありませんでした。
ただ、肛門に体温計を入れている間に、、、
うわぁ、先生ごめんなさい!
脱糞してしまい、先生の手を汚してしまいました。

シャンプーしたのが悪かったのかも、、、と思い聞いたところ、
確かにシャンプーは負担になったかもしれないけれど、
それが原因とは言い切れない。
昨日までよく食べていた子が、急に食べなくなるということはよくあることだ。
そう言われましたが、
シャンプーした直後に、急に食べなくなったことを考えると、
どうしても、それが引き金になったのでは?と、
後悔と、自責の念と、そういう気持ちがあふれてきて、、、

ごめん、リリィーちゃん。
あの時、無理に、お風呂に入ってるお父さんに頼んで、
シャンプーしてもらわへんかったら、
今頃、あの調子で、ちゃんと食べてたかもしれんのに。

そんなことを考えながら、
診察台に黙って乗っているリリィーちゃんをさすっていました。
(サイちゃんなら、考えられない状態です。エリカラ無しなんて~。)

消炎剤と抗生剤の注射をしてもらい、
食欲を増進させる薬をもらって帰ってきたのですが、
その薬を飲ませるのが一苦労!
今まで、フードに混ぜて、色々な薬を抵抗なく飲んできたリリィーちゃん。
でもそのフードを食べないから、投薬することは不可能です。
それでも、なんとかこの日の晩は、無理に口に放りこみました。

しかし、その後も、何も食べようとしません。
大好きなジャーキーでさえ、口を閉ざしたまま、全く食べる気無しなんです。


この状態を、「病気」としてとらえるか、
穏やかに老衰が進んでいきていると考えるか、
それは、飼い主さんの判断で、、、と言われました。
延命治療的なことを希望される飼い主さん、
自然に任せて、その子の負担にならないよう様子をみようとする飼い主さん、
様々だということも話されました。

さて、私達はリリィーちゃんに、どうしてあげるのがベストなのか・・・・?


私自身としては、1日でも長く生きていてほしいと思っています。
でも、治療がリリィーちゃんにとって負担になるのは、もちろん可哀想です。

もし今リリィーちゃんが、どこか痛いところがあったり、
すでに床ずれができていたり、
手の施しようのない苦痛を伴うところがあるなら、
長いこと苦しまないように、
無理な治療はしないと思います。
でもリリィーちゃんは、特にどこか痛がる様子はなく、
穏やかな顔をして、サークルの中で、じっと寝たままなのです。
なので、この状態でいられるなら、
少しでも長いこと一緒にいたい。

そんな気持ちを、昨日病院に電話して伝えました。

「わかりました。点滴しましょう。」と先生が言われ、
またもやカートに乗せて、病院へ行って来ました。

点滴といっても、静脈に入れるのではなく、皮下点滴で、
時間も、さほど長くかかりませんでした。

診察台に上がることも、
注射針をさすことも、
何にも嫌がらず、
じっと点滴を耐えていたリリィーちゃん。
ところが、終了して台から降りてすぐ、
おしっこを構えるポーズをとったかと思ったら、、、
やってくれました。

リリィーちゃん、2日連続病院で、う〇ちもおしっこも。。。。


帰ってからも、そのあと夜になっても、
リリィーちゃんの食欲は復活しません。

そしてきょう。
やはり食べてくれません。
まるで食べること自体、忘れたかのように、
フードを口元に持っていっても、口を閉ざしたままです。

その様子を病院に電話して伝えました。
すると、今晩か明日の朝、連れて来るようにとのこと。

きょうは仕事がないので、
夜主人の帰りを待ち、車に乗せて連れて行って来ました。


昨日と同様、おとなしく点滴してもらうリリィーちゃん。
その間、先生に色々と聞きました。
一番私が気にしている、シャンプーの件です。

きょうも、昨日と同じように、
決して、シャンプーだけが、こんな風に急激に弱りだした原因ではないと言われました。
ちゃんと食べていたのに食欲が急に落ちて、
2,3日で逝く子もいるそうです。
これが、老化現象のひとつらしいです。

特に苦しんでいるわけではなく、
飄々とした感じのリリィーちゃん。
そんなリリィーちゃんが、このまま逝くなんて、考えたくない。。。

リリィーちゃん、なんとか復活して~。
必死で語りかけるのですが、
悲しいことに、耳はほとんど聞こえないようです。


とにかく、こうして点滴をしているうちに、
再び食べることを思い出し、
元気を取り戻してほしいと、祈るばかりです。



急激に_c0049950_1884817.jpg


可愛い可愛いリリィーおばあちゃん。
この尻尾も、愛しく思えます。
これ、どんな状態かというと。。。




急激に_c0049950_1810160.jpg


こんな風に、サークルからはみ出ているんです。


そして、これも、、、、


急激に_c0049950_1811479.jpg


肉球って、なぜか愛嬌ありますよね。
見ていて、癒されます。



急激に_c0049950_18123840.jpg



リリィーちゃん、あんた、サークルの隅っこに寝るから、こんな風にはみ出るんやで。






急激に_c0049950_18142485.jpg


これは、シャンプーした日の翌日、
7月以来、久々に川原まで連れて行った時写したものです。

久しぶりに、何人かのわんこの飼い主さんに会い、
「わぁ、リリィーちゃん、頑張ってるやん。」
って声をかけられました。
聞こえてないけどね。

でも、今思えば、
ああして無理に連れて行ったのが、
逆に負担になったんやろか・・・・?




急激に_c0049950_21434961.jpg

                          (2009年9月11日撮影)

「おかっしゃん。ワタシの娘、ワタシよりもずっと食欲があったのに、
いつの間にか、ワタシよりも食べへんようになったんかワン?
その気持ち、わかるような気がするワン。
なんか、食べる気が急になくなってくるんやワン。
でも、また急に食べたくなることもあるし、
ワタシもそれを祈ってるワン。」

サイちゃん、頼むわぁ。
リリィーちゃん、どこか痛いとこがあるわけでもないから、
できたら、もっと頑張ってほしいねん。
でも、、、、「頑張って」っていう言葉、
リリィーちゃんには聞こえへんかもしれんけど、
実際は負担になるんかなぁ・・・?

by sai-n.1020 | 2011-09-28 22:16

<< その後 暑さを乗り越えた! >>