人気ブログランキング |

鉾は見られなかったけれど

祇園祭の前後の、うだるような暑さが続くかと思いきや、
短かった梅雨がまた戻って来たような、ムシムシとした重苦しい暑さが続いています。
皆さん、体調を崩しておられませんか?


この間載せたように、
すっかり「室内犬」となったリリィーさん。
ますます、足腰が弱くなってきました。

宵山の日、食欲がなく、夜になるとかなりぐったりしたので、
「まさか、このまま・・・?」と心配したのですが、
なんとかその食欲を少しは取り戻し、
介護サークルの中で、「ここがアタシの居場所なんだわぁ。」とわかってきたのか、
のんびりマイペースで過ごしています。

鉾は見られなかったけれど_c0049950_214724100.jpg


食べるペースは、かなりムラがあるのですが、
食べさせる「コツ」がわかってきたんですよ。

まず、寝起き(ほとんど寝てるので、起きてもしばらく朦朧としてます。)は、
ジャーキーを口元に持っていっても、全くほしがりません。
お腹の皮膚が弱っているところを、熱いタオルで拭いたりしているうちに、
少しずつ目が覚めてくるようで、
そのあと、再びジャーキーを口元に持って行くと、
「パクッ!」と食いつきます。
あ、、、この時、おそらく臭覚で食いついているのではなさそうです。
とにかく、口にあたるものには、食いつくようで。。。
だから、私の足の指を齧ろうとすることもあります。

で、ジャーキーを食べさせて、「もっと食べたい。」と思わせておいて、
そこで、ふやかしたフードの入ったお皿を持っていき、
スプーンですくって口元に、、、
食べる気があれば、すぐに食べます。
調子が出ると、自分でお皿に顔を突っ込んで食べます。
でも、、、食べようとしない時もあります。
そんな時は、しばらくしてから試みます。
何回かやってみても、食べない時は、
何時間かしてからやってみます。

鉾は見られなかったけれど_c0049950_2148775.jpg

これは、とうとう寝そべってしまい、そのままお皿に顔を突っ込んで食べているところです。
どんな格好でも、食べてくれると、めっちゃ嬉しい~~♪


そんな感じで、リリィーちゃんのペースに合わせて、
食べたい時に食べさせています。

亡母が、
「おかあちゃんなぁ、いっぺんに食べられへんねん。
ちょっとずつしか、食べられへん。」
と言って、少し口にしては、おかずをテーブルの上に乗せたままだったことを思い出します。

皮膚が弱くなって、ザラザラしているところに薬を塗っていると、
背中や腰に褥瘡(じょくそう)ができていた亡父を思い出します。

はぁ~~、人間もわんこも、介護は全く同じやなぁ。



で、、、記事のタイトルに書いた、
祇園祭の山鉾巡行を見る代わりに、行ってきたところは。。。

鉾は見られなかったけれど_c0049950_2155121.jpg


ここ数年行くことが恒例になっている、下鴨神社の「みたらし祭」ですよ~。


毎年、同じように簡単に解説していますが、
土用の丑の日に御手洗池の中に足を浸し、罪、けがれを祓う足浸け神事で、
下鴨神社の夏の風物詩となっています。


鉾は見られなかったけれど_c0049950_2235710.jpg


鉾は見られなかったけれど_c0049950_2243148.jpg


またまた、毎回変わり映えのしない写真で、失礼~。


去年は、遠方からの友達も一緒に、
ワイワイ楽しんだんやったなぁ~~。

今年は、いつも一緒に行くma-saちゃんと、
もうひとり、今回初めて足を浸けられた、おば関さんと行ってきました。

鉾は見られなかったけれど_c0049950_22595353.jpg

左がma-saちゃん、右がおば関さん。
その真ん中の奥の女の子、
すご~く綺麗に浴衣着てたけど、
裾の捲くり方が不充分で、
ma-saちゃんとおば関さんが、思わず、
「もっともっと捲くって!」と、指導を入れてました(笑)。


あ、そうそう、下鴨神社へ行くまでに、
こんなお料理を楽しんできたよ~。

鉾は見られなかったけれど_c0049950_22101949.jpg


スペイン料理の、「デマチヤナギバル RICO RICO 」というお店です。
写真は、うまく撮れてないけれど、
全部すごく美味しかった~~。
それに、意外にもこのお店、結構流行ってました。


話は、みたらし祭に戻るけれど、
今回ほど、いっぱいの人が来られているところを見たことはなかった!
おば関さんによると、新聞にでっかく載っていたらしい。
テレビでも映っていたらしいし。


今回のみたらし祭、
自分や、家族の無病息災を祈るとともに、
被災地の方々が、少しずつでも、元の生活に戻れるよう、
心から祈らずにはいられませんでした。
あ、もちろん、リリィーちゃんが、穏やかに余生を過ごせるようにも。。。


鉾は見られなかったけれど_c0049950_2230043.jpg

                   (2009年7月18日)

「おかっしゃん。あのでっかかった子、かなりやせてきて、
ワタシの最後の方みたいに、足が立たへんようになってきたんやワン。
でも、たくさん食べる時もあるみたいやから、まだ大丈夫やワン。
ワタシ、もっとしんどかった時は、あまり食べられへんかったワン。
このワタシの娘も、ほとんど食べられへんようになったら、
おかっしゃん、その時は充分気をつけてやってワン。」

サイちゃん、アドバイスをありがとう。
リリィーちゃんなぁ、1日ほとんど寝てばっかりやし、
かなり心配なんやけど、
ちょっとずつでも食べるだけ「よし」としなあかんなぁ。



最後に、悲しいお知らせを、、、

ここのところ、ご近所のわんこが次々に虹の橋を渡っていくのだけれど、
息子を通じて友達になったカーリーちゃんちのレオンくんが。。。

すごく悲しいお別れとなりました。
カーリーちゃんは、かなり悔やんでいるけれど、
涼しくなったら久しぶりに会って、
励ましてあげたいと思っています。

by sai-n.1020 | 2011-07-27 22:44

<< (遅ればせながら)2012年が... そしてついに >>