人気ブログランキング |

1年が経って

先日の日記にも書きましたが、
この間の1月18日で、
サイちゃんが永遠の眠りについて、ちょうど1年経ちました。

夜中の1時50分。

実はこの1年間、
夜になって、ついウトウトとうたた寝をし、
そのあと起きると、復活してしまい(笑)、
そのまま、その1時50分まで、
目がギンギンに冴えてしまうことが、よくありました。

「この調子なら、、、18日のその時間、
起きてられるやん!」って思った私。

ところが、、、その、肝心の18日。

熱を出して、早く寝てしまっていましたzzzzz...

あぁ、なんて情けないっ!
ここ5年以上、熱なんて出さなかったのに、
あの日に限って!
なんて不運なことでしょう!
サイちゃんもきっと、
「おかっしゃん、肝心な日に起きてへんって、
おかっしゃんらしいワン。」
って、呆れてるやろなぁ。

あるいは、
「仕方のないおかっしゃんやワン。
でも、ワタシもその時に寝たんやし、
同じように寝てたらええんやワン。」
って思っていてくれたかなぁ?(←勝手な解釈。)


あの時間に起きてはいられなかったけれど、
あの日、あの瞬間のこと、
何度も何度も思い出しては、
「サイちゃん、サイちゃん、、、」と呼んでいます。


1年が経って_c0049950_16365165.jpg


夜が明けて、しばらく経った8時27分に撮ったサイちゃん。

この時、
「サイちゃん、、、なんで目を開けてくれへんのぉ~?」
って、真剣に思ってた、、、、


1年が経って_c0049950_163857100.jpg


そしてこれは、
リリィーちゃんを散歩させて、そのまま家に連れて入って来て、
「最後の母娘の対面」をさせた時。
この日から約2週間後に、リリィーちゃんは、我が家の子になりました。



もう今は、ただ、ただひたすら、、、、
サイちゃんのことを愛しく想い、感謝し、
向こうの世界で、他のわんこ達と、仲良くやっていてくれていることを祈るのみです。

感謝といえば、
何度も書いたけれど、
サイちゃんがリリィーちゃんを残していってくれたこと、
本当にありがたいんです。

腑抜けの殻状態になっている私だったけれど、
「散歩」を継続してすることができ、
ペットロスにならずにすませてくれた、、、、
サイちゃんとリリィーちゃん、両方に感謝です。


1年が経って_c0049950_1646294.jpg

このリリィーちゃん、めっちゃサイちゃんに似てるでしょう?

1年が経って_c0049950_16472175.jpg

こういう、お笑い系の写真をよく撮ったのも、
母娘で、似ているところです。

リリィーちゃんを連れて歩きながら、
しょっちゅう、「サ~イちゃん♪」って空に向かって呼んでいます。
きっと、散歩している娘の様子、
サイ子は見つめているはずです。

「もう、『あのでっかい子』って呼べへんほど、
ほっそりしたワン。この子。。。」って、思ってるかも~。



1年が経って_c0049950_22361231.jpg

新しいお榊に変えて、お花をちょこっとだけお供えし、
そして、、、

1年が経って_c0049950_1735299.jpg

去年、前日まで喜んで食べてくれていた焼き芋もお供えして、
手を合わせました。


去年の18日からずっと、
この日記の中で、
実にたくさん、何度も同じようなことばかり、
サイへの想いを書き続けてきました。

でも、18日から19日にかけて抱いた想いは、
どう表現していいかわかりません。
「1年経った。。。」
そのあと、何て書けばいいか、わかりません。
とにかく、一言では言い表せないんです。


こういう想いは、
すでに経験されている方なら、わかってくださるかもしれません。

そして、これから1年半、2年、2年半、、、と、
どんどん年月が経つにつれ、
サイちゃんへの想いは変わらないものの、
落ち着きというか、何かひとつの壁を越えた感じの、
特別な、私とサイちゃんにしかわからないものが、
加わっていくのかなぁと思ったりします。




この日の1週間ほど前に、テレビのCMで、
聴き慣れた曲が流れてきたので、耳をすませました。

「オンブラ・マイ・フ」です。

以前よく聴いていたのは、キャスリーン・バトルの歌だったのですが、
今回は違うようです。
テレビの画面を見たら、
NTTのCMで、カエルがスイスイ泳いでいました。

「オンブラ・マイ・フ」は、
ヘンデルが作曲したオペラ「セルセ」の第1幕第1場の中のアリアで、
「優しい木陰」と、よく訳されているようです。

この曲名は、イタリア語歌詞の

Ombra mai fu di vegetabile, cara ed amabile, soave piu.
「 こんな木陰は 今まで決してなかった
緑の木陰
親しく、そして愛らしい、
よりやさしい木陰は 」


の歌い出しの部分からとられているそうです。


親しく、そして愛らしい、よりやさしい・・・・・・

それって、まさに、サイちゃんやん!

(ただし、「やさしい」というのは、普段はガウガウサイちゃんであっても、
私が何か悩んでいることを話すと、黙って聞いてくれていたということですよ。)


ということで、まるで「こじつけ」のようなんですが、
無性に、この曲を弾いてみたくなりました♪

毎回のことと同様、
聴かせるほどじゃないけれど、
この曲、すご~~く心が洗われるので、
もしよかったら、聴いてみてください。
あ、、、私の演奏では、心が洗われへんなぁ。。。







大した演奏でもないのに、
無理矢理聴かせてすみません!

神聖な感じのする曲なので、
弾きながら、サイちゃんに包まれているような気持ちになり、
1年経って、ますますサイちゃんと繋がってきたと、
実感しました。



1年が経って_c0049950_17405541.jpg
  
                (2010年1月19日 葬儀場へ向かう直前に撮影。)

「おかっしゃん。この頃夜中になったら目が冴えてたくせに、
ワタシが眠った、あの時間に寝てしもてたおかっしゃんには、
確かにちょっと呆れてしもたワン。
でも、しんどかったんやし、仕方ないワン。
ワタシが、これからもおかっしゃんに元気を与えようと、
エネルギーを送った、その熱やと思ってくれたらええんやワン。」

サイちゃん、やっぱり一言、言わせてくれるかぁ?
サイちゃん! あんたを抱っこしたい!

by sai-n.1020 | 2011-01-20 21:26 | サイ

<< 真冬の集い 今年初の。。。そして。。。 >>