人気ブログランキング |

「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ

秋がどんどん深まっていくにつれ、
京都の紅葉が、頻繁にテレビで紹介されるようになってきました。

毎年、どこか行ったことのない名所へ見に行ってみたいと思いつつ、
なんやかんやと、バタバタしているうちに、シーズンが終わってしまい、
結局どこへも見に行かないまま、冬を迎えるのが常となっています。

で、今年は、法然院へ行って来ました。
義兄が、ちょうど陶器の個展を開かれ、
見に行った際に、紅葉を楽しむことができました。


「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ_c0049950_14285383.jpg

この茅葺の山門の前の、しっとりした雰囲気が、何とも言えず好きです。


「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ_c0049950_1685132.jpg

その門の向こう側に広がって見えてくる紅葉。
立ち止まっている人達が、ちょっと邪魔やったけど(ごめんなさいっ。)
こうして写っているのを見ると、影絵みたいで、これはこれで、ええっか?


「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ_c0049950_14293476.jpg

季節に合わせて、白砂壇に砂で描かれる風物。
ちょっとわかりにくいですね。
もう少し近づきましょう。

「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ_c0049950_14385480.jpg

今の時期にふさわしい、紅葉といちょう。
まだちょっとわかりにくい?
山門をくぐって、反対側から見てみましょう。

「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ_c0049950_14301290.jpg

皆さんが、一斉にカメラを向けられるので、
その間をぬって、人通りが途絶えるのを待って撮りました。


「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ_c0049950_14302945.jpg

この辺りの木々は、結構紅く色づいていましたが、
全体的には、まだちょっと早かったようです。


「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ_c0049950_1431502.jpg

水面に映る紅葉。
すべて紅く色づき、散ってしまったら、
もっとここは、幻想的になるかな?


「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ_c0049950_1516249.jpg

次から次と、人が入って来られましたが、
カメラを持っておられる方の多いこと!
皆口々に、「ちょっとまだ早いねぇ。」
と、少々残念がっておられました。


さて、陶器展に向かいます。


義兄の専門は、「青磁」なのですが、
こうした個展を開かれる度に、
どんどん領域を延ばしていかれるような気がします。


たくさんの作品が並んでいましたが、
その中のわずかですが、見てくださいね。


「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ_c0049950_14322364.jpg




「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ_c0049950_14324565.jpg



「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ_c0049950_1433546.jpg




「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ_c0049950_14332549.jpg



「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ_c0049950_14334838.jpg




「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ_c0049950_018862.jpg

毎年この時期、来年の干支を形どった小さな置き物を作られます。
来年は「卯」の年。
このうさぎさん、可愛いですね。
こういう置き物って、まぁるく座っているのが多いですが、
こんな風に、めずらしく立っています。



「この個展、いつまで?」
って思われた方、申し訳ありません。
本日、26日まででした。

もし、こういう作品に興味を持たれた方がおられましたら、
どうぞご遠慮なく、仰ってくださいね。



さて、今度は「聴いて」楽しんだ話題です。

今年は、6月以降、ライブづいている私なのですが、
今回行ってきたのは、アンジェラ・アキ!

ma-saちゃんと行って来ました。

会場は、「グランキューブ大阪 メインホール」です。
去年、中島美嘉ちゃんのライブで、初めて行ったホールです。


アンジェラ・アキのライブは、今度が初めてだったのですが、
なんとく、「こんな感じかなぁ。」と予想はしてました。

素敵な歌声とピアノ、
しっとりした雰囲気、
きっと、人生に関する、何か教訓みたいなこと、言ってくれたり、、、

と、思い描いて行ったわけですが。

ま、上に書いたことは、すべて合ってはいましたが、
それ以上にびっくりしたのが、、、


アンジェラって、、、、

めぇ~~~~ちゃ喋る人!


ってことです。
あの美しいお顔立ちと、コッテコテ~な関西弁のミスマッチがいい!
ライブが始まるや否や、
「私、いっぱい喋るから!」って断言したとおり、
MCでは、機関銃のように、喋りまくり~~でした。


すべてを紹介することはできませんが、
それはそれは、爆笑の連続でした。


あとで色々調べてわかったことですが、
アンジーのライブの中で、「恒例」となっているコーナーがいくつかあるんです。

そのひとつが、「勝手に英語でしゃべらないと」という時間で、
アンジェラが、すっごく楽しい英語の授業をしてくれるんです。
今回は、スティービー・ワンダーの「I just call to say I love you」の歌詞の一部を用いて、
その意味をしっかり教えてくれ、
皆でその部分を大合唱しました~♪
この「call」→「電話をする」ということにちなんで、
なぁんと、フィンガー5の「恋のダイヤル6700」と、小林明子さんの「恋におちて」のサビを歌ってくれたのにはびっくり!

それよりさらに驚いたのは、「懐かしの歌を歌う」コーナーで、
な、な、なぁ~~~~んとっ! 

HIROMI GOの
「2億4千万の瞳」のサビを歌ってくれたぁ~~~っ♪


ただただ、びっくりでした!


そうそう、「徹子の部屋」に出演した時のことを、
徹子さんの物真似を交えて、面白く紹介してくれたり、
歌の合間に喋るわ喋るわ、、、、
声が枯れないか、すごく心配になるほどでした。

あ、、、アンジーの「お喋り」を聞きに行ったわけじゃないですよ。

そんな爆笑の中、もちろん歌はすべて素晴らしかったです。

一番新しいアルバム「LIFE」が中心でしたが、
私の大好きな、以前のアルバムの中の「This love」も歌ってくれました。


また、アンジーが色々話してくれた中で、心に残ったのが、
自らの曲「HOME」について語った時のこと。

「『HOME』には原点という意味があるけれど、
たとえダメなことがあっても、原点に戻ってリセットして、
また、新たな1歩を踏み出していけばいい。」

(この通りじゃないけど、大体こういう感じのことを言ってました。)

あぁ、そういうことやったんか。
単に「ふるさと」への想いだけとちごたんかぁ。

この「リセット」という言葉に、すごく共感しました。


B’z にしろ、HIROMI GOにしろ、
ライブに行く度に、こういうメッセージから元気をもらうのですが、
今回も、アンジーのこの言葉を胸に、
これから先何かあっても、決して動じず、
原点に戻って前に進もうって、思いました。



「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ_c0049950_1565273.jpg

今回のライブで買った、ツアーグッズです。
エコバックは、ma-saちゃんも買いましたよ。
このTシャツは、アンコールで出て来た時、
アンジーも着てました。




この間の日記で、少し触れたように、
最近モヤモヤすることがあるけれど、
こうして、自然の美を堪能したり、
大好きな音楽を楽しんだり、
目と耳の保養をすることによって、
そんな鬱々とした気持ちが、かなり和らぎました。



「見て」楽しむ 「聴いて」楽しむ_c0049950_23183110.jpg
                  (2009年11月28日 駅前の公園にて)

「おかっしゃん。最近またまたおかっしゃんが、
笑ったりふさぎこんだりの差が激しい状態が続いてるし、
ちょっとワタシ、心配やワン。
このアンジェラって人のライブがよかった~って、
喜んで帰って来たかと思ったら、
その次の日の昨日は、ワタシの写真見て、ふか~くため息ついてたし。。。
そんな、色んな顔してたら、ますますシワが増えるワン。」

サイちゃん。
昨日はなぁ。。。
私があんたを、もうちょっとであの世へ送ってしまいそうになった日から、
ちょうど1年経った日やってん。
毎年、「1年が経つのが早い。」って言うてるけど、
この1年は、今までよりもダントツで早かったわ。
できることなら、あれからどんどん弱っていったあんたの状態を「リセット」して、
健康なあんたと一緒に過ごしたいって思ったりするけど、
そんなことしたら、それはそれで、あんたもきっと疲れるんやろなぁ。
あんたの状態をリセットするんとちごて、
私のあの時のパニクった気持ちをリセットした方が、ええんやろなぁ。

by sai-n.1020 | 2010-11-26 23:51

<< またまた「見て」楽しむ 晩秋の想い >>