人気ブログランキング |

何度でも・・・サイを想う

ちょっと間が空いてしまいました。

何かと次から次とありまして~~。

天候がずっと不安定でしたが、
きょうは「待ってました!」って感じの晴天の1日でした。
でも、花粉症の症状も、それと共にやってきました。
今のところ、まだ軽いけれど、
これ以上ひどくなったら困るなぁ。


困るといえば、最近、無性~~~~に、サイに会いたくなるんです。
亡くなったことを認めようとしているはずが、
「なんでサイちゃん、いいひんの?」と思ったり、
「あの時、AED使ったら、蘇生できたんとちゃうやろか?」ってバカなこと考えたり、、、
ちょっと私、変ですね。
まるで、山火事の火が完全に消えたと思いきや、
くすぶっていた木の葉の下の残り火が周りに燃え移り、
次第に炎の勢いがまた増してくるかのごとく、
私の、どうしようもなく寂しい気持ちが、再びじわじわと湧いてきたような気がします。

あ、、、ちょっとこういう湿っぽい話題はあとからにして、
きょうはまず、お笑い系のリリィーちゃんのことから書きます。


先月次男が帰って来ていた時、
重いにもかかわらず、時々抱っこして2階に連れて上がってきてました。
そして、ウインナーとか、ちょっとしたおやつをやっていたんです。

その味をしめたのか・・・?

次男が向こうへ行ったあと、勝手に2階へ上がってくるようになったんです!

それまでは、自分から階段を上がろうとしなかったので、
何かガードを置くなんてこと、考えなかったのですが、
「上に行けば、美味しいものがあるんやわ。」っていう一心で、
決して軽やかではないけれど、一生懸命上がってくるんです。

自由に上がらせると、その辺のものを食べそうなのと、
先月、自分から階段を下りた時、下から3段目ぐらいから、足を踏み外したのか、落ちたことがあり、危険なのと、それと、、、

サイには、そういう自由を与えてなかったから、
サイに申し訳ないという思いがあるので、
何とか上に上がるのを阻止しようと。。。

ということで、サイの介護用サークルの中に敷いていた、保温用のマットを階段の下に立てたのですが、、、

それは、硬い素材ではないので、平気で乗り越えて、上がってきたんです!
これにはビックリ!

そこで、、、、

今度は、またまたサイに使っていた、クールボード!
これは硬いので、くにゃ~~と曲がったりしません。
さすがのリリィーちゃんも、諦めの境地に立たされて。。。

何度でも・・・サイを想う_c0049950_2340574.jpg


リリィーちゃん、ごめんなぁ。
あんたのお母さんが見張ってるし、我慢してや。


そのリリィーちゃん、実はずっと鼻炎に悩まされ、
2月に出戻ってきて以来、1週間から10日に1度は、病院へ連れて行ってます。
薬を飲ませていますが、あまり良くならない。。。
なんでやろ~~?
でも、嬉しいことに、体重が順調に減ってまして、
この間測ってもらったら、
おぉ~~~! 15.7キロ!
夢の15キロ台に突入です!
でも、「もう、これぐらいかなぁ。」と先生。
あまり急に減らすのも、、、とおっしゃってました。

私は、一気に13キロ台まで落としたいんやけど。。。

ところで病院でのリリィーちゃんですが、
サイとは違い、めっちゃ大人しいんです。
私が抱っこして(重いっ!)診察台に上げても、
先生が聴診器を当てられても、
ぜ~~んぜん平気!
この点では、すごく助かっています。

何度でも・・・サイを想う_c0049950_143587.jpg

「アタシは自分の重さ、これぐらいでええねん。」って言いたそうなリリィーちゃん。



さて、、、サイの話に戻ります。


この間の、なおなお母さんからに引き続いて、
49日にと、ma-saちゃんと、かなぽんさんから、
すごぉ~~く綺麗なお花をいただきました。

ma-saちゃん、亡くなった日にもお花持って来てくれたのに、またまたほんまにありがとう。
そしてかなぽんさん、お忙しいのに、お心遣いを本当にありがとう。

前にたくさんのお友達からいただいていたお花達が、
随分長いこと頑張っていてくれたのですが、
さすがにどんどんその役目を終えてしまい、
サイの祭壇がちょっと寂しくなったなぁって思っていたところだったので、
本当にありがたいです。

サイちゃん、、、あんた、どんだけ徳があるんや?

何度でも・・・サイを想う_c0049950_2354597.jpg


この写真の下に並べた2枚は、ma-saちゃんと、かなぽんさんからのお花の一部をでっかく撮ったものです。
両方とも、本当の色は、もっともっと美しくて、
最後まで、最期まで、、、綺麗だったサイにぴったりなんです。(まだまだ飼い主バカが続いてます。)

そして、なおなお母さんが送ってくださっていたお花の中の蕾が、開きました。
何度でも・・・サイを想う_c0049950_23592428.jpg


サイの名前に因んで、百合の花を入れてくださるように頼んでくださっていたらしいんです。
届いた時には蕾だったのが、こんなに立派に開いたんです。

ちょうどその頃、なおなお母さんが、お手紙と、
それと、、、、
こんな写真を3枚送ってきてくださいました。

何度でも・・・サイを想う_c0049950_02871.jpg


去年の11月に来られた時、撮ってくださったのをプリントしてくださったものです。
封を開けて、これが目に入った途端、、、
一気に涙が溢れ出しました。


きょうの日記の最初に書いたように、
無性にサイに会いたくなっている私にとって、この写真は、
本当に、本当に、ありがたかったんです!

何度でも・・・サイを想う_c0049950_06266.jpg
カートを押している私の顔、
自分で言うのも何ですが、
実に「いい表情」をしているんですよ。
こうやって、カートに乗せて、桜を見せてやりたかった、、、
冨にこの頃そう思うので、この写真は私の涙腺を激しく刺激しました。
(なおなお母さん、罪な人やわぁ・・・。)

それから、巻紙状になったお手紙に書かれていた内容が、
またまた心打つものだったんです。

すべてをここに載せるわけにはいきませんが、
なおなお母さんに了承も得ず、この部分だけ、紹介させていただきたいと思います。
(ごめんなさいっ! なおなお母さん!)


「サイママさんがサイちゃんに接されている言葉の響きや それに対するサイちゃんの反応は
愛想をむやみにふりまかないけれど 心の底から信頼し切っている飼い主と飼い犬のほのぼのとした気持ちの交流を感じたものです」



何度も書いているように、サイはクールな犬でした。
飼い主に全く忠実でなく、私が帰宅しても、飛び跳ねて喜ぶなんてこと、子犬の時以外は、したことがなかったです。

でも、私とサイの心が、そんな風に通じ合っているように、なおなお母さんの目には映っていたのかと思うと、今まで以上に、サイのことが愛しくなってきました。


何度でも・・・サイを想う_c0049950_1562158.jpg

昨年11月23日、なおなお母さんがサイに会いにやって来てくださった時、
一緒にカフェへ行き、なおなお母さんの足の間から、顔を出しているサイです。
あぁ~、こっちからサイの顔を撫で撫でしたいっ!


そういえば、なおなお母さんが来られた1か月以上前に、
柴母の会ご一行様が来られた時のことを思い出します。

皆さんが我が家に寄ってくださったところへ、お仕事を終えられたbeさんが来られるので、駅まで向かえに私が出ていた時のことです。
あとで、皆さんに聞いたところ、、、、
出かけようとする私を、サイがずっと目で追い、
自分が残されていることを、不安そうにしていたらしいんです。


サイちゃんって、、、そんなに私のこと慕ってくれてたん?
もしあんたがここにいたら、めっちゃ本心を聞いてみたい!

なおなお母さんにも、柴母の会ご一行様にも、
私とサイの絆の深さを認められた気がして、
改めて、サイのこと、「大好き!」って、今心から思うんです。


そんなことばっかり考えていると、
そういう気持ちに当てはまる色々な歌が思い浮かび、口ずさんだりします。

普段聴いているB’zの楽曲にも、今の私の気持ちに合うものがいっぱいありますが、
ドリカムなんですけれど、最近、自然と口から出てくる歌があります。

「何度でも」という曲です。

歌詞の中のほんの一部を紹介します。


   何度でも何度でも何度でも立ち上がり呼ぶよ
   きみの名前声が涸れるまで
   悔しくて苦しくてがんばっても
   どうしようもない時もきみを思い出すよ



今の私の気持ちに、ぴったりです。

歌詞全体をご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。。。



で、、、早速楽譜を入手しました。

何度でも・・・サイを想う_c0049950_0211157.jpg

去年こうして楽譜を紹介した、ラフマニノフの「ヴォカリーズ」は、ネットでダウンロードしましたが、これは、コンビニで購入しました。(そういうこともできるんですよ♪)

久しくピアノから遠ざかっていた私にでも、比較的弾きやすい楽譜だったので、
ちょっぴり速度などをアレンジして弾いてみたので、
よろしければ、聴いてもらえますか~♪

途中から始めて、最後までの一部だけ弾いています。




またまたオソマツさまでした。
もっと弾きこなせていればいいのですが。。。

私が弾くピアノを、サイが黙って聴いてくれてる時がありました。
これも、聴いてくれているかなぁ。。。


「サイちゃんに会いたいっ!」って泣き叫んでいると、
「下にでっかいオンナがいるやろっ!」と主人が言います。

確かに、でっかい子がいます。
リリィーちゃんの後ろに、サイを見ようとするのですが、
やっぱりサイちゃんはサイちゃん。リリィーちゃんはリリィーちゃん。
それぞれの個性を認め、リリィーちゃんにサイを求めてはいけないと、
最近思うようになりました。

サイに、いっぱい愛情を注いだように、
リリィーちゃんにも、決してサイを求めようとせず、
リリィーちゃんへの愛情をしっかり注いでやりたい。。。
そう思いながら、最近リリィーちゃんを撫でたり抱きしめたりすると、
すごく穏やかな表情をして、私に身体を委ねてくるようになってきました。
「ここがアタシの住み家。。。」って思うようになってきたんやろか?
それとも、「この人が、アタシの給仕係♪」って思ってるだけ?(笑)



何度でも・・・サイを想う_c0049950_1595725.jpg

祭壇のみならず、棚の周辺もサイちゃんコーナーに。。。
サイちゃん、あんたのことを、ずぅ~~~~っと想い、
何度でも呼びかけながら、
リリィーちゃんを大事にしていくから、
いつもそばで見守っててやぁ~~。


何度でも・・・サイを想う_c0049950_3203288.jpg

(なおなお母さんが送ってくださった写真を、そのまま撮ったものです。)

「おかっしゃん。いつまでもワタシのこと思ってくれるのは嬉しいけれど、
そのでっかい子を大事にしてくれることが、ワタシも嬉しいんやから、
いっぱい可愛がってやってワン。」

サイちゃん。わかった。。。
桜が咲いて、リリィーちゃんと見ながら歩いていたら、また泣いてしまうかもしれんけれど、
あんたもそばで一緒に見てくれてると思って歩くし、
春の散歩、サイちゃんも楽しんでや~♪



   ※ これからしばらく、ちょっと忙しくなります。
      更新が滞るかもしれませんが、申し訳ありません。









郵便受けに、これが入っていました。

何度でも・・・サイを想う_c0049950_3295380.jpg


そうなんです。
まだ保健所に届けていません。。。

このまま届けずに10月になったら、
16歳の表彰の通知、届くんやろか・・・・?
(住んでいる市では、16歳になると表彰されます。惜しかった!)

あ、、、そんなことしたらあかんわ。
また泣いてしまう~。


間もなく、リリィーちゃんの名前の分も、
この注射の申請書が届くと思います。

by sai-n.1020 | 2010-03-14 21:39 | サイ

<< ちょっくら… 親子と言えどもこの違い >>