人気ブログランキング |

J.S.BACH

きょうはちょっと趣きを変えて、好きな音楽について・・・。
ロックやポップスも好きなんですが、ちょっとだけ高尚にクラシックなど♪

私は小さい頃からピアノを習っていて、今も弾きますが(柄に合わず)、一般的に好まれるショパンやベートーヴェンももちろん好きです。
でも、これから書こうとしているのは、バッハさんなんです。

J.S.BACH_c0049950_2235482.jpg
バッハに目覚めたのは、小学生高学年の頃だったと思います。
音楽の時間の鑑賞っていうような時に、聴かされた曲が、すーーっと私の耳から体全体に入ってきたんです。
それは、「小フーガト短調」という曲でした。給食の時間に、放送で聞いたこともあり、気になっていたのが、この時「あ~~! この曲ぅ~~~♪」という感じで、ちゃんと私の前に現れたわけです。
その後すぐレコードを買ったのを覚えてます。次の学年で放送委員会に入った私は、自分の担当の曜日になると、すかさず!給食の時間にこの曲を流してました。
先日、次男が携帯の着メロで、この曲をかなり今風にアレンジしたのをならしているのを聞いて、「な、なに?! なんでそれ知ってるん! しかもそれって、ひょっとしてトランス?」とびっくりして私は叫びました。
「そやで~。音楽の時間かなにかできいたんや。トランスやでぇ。いいやろ~?」と得意気な息子。
そういえば、「G線上のアリア」が「バトルロワイヤル」の中で使われていて、この映画にハマっていたこの息子が結構好んでました。同じく、着メロもダウンロードしてました。
この二曲とも、荘厳で、聴いていて気持ちが落ち着き、心が洗われていくような神秘的なところが大好きなのに、こんなかる~いアップテンポにアレンジされて、バッハさんが聴かれたら、さぞびっくりしはるやろなぁ。

他には、「無伴奏チェロ組曲ト長調プレリュード」「シャコンヌ(無伴奏バイオリンのためのパルティータ第2)」等々が好きです。「チェロ・・・」の方は、最近「UNO」のCMに使われてますね。 「シャコンヌ」は、ブラームスがピアノ独奏用に編曲したものを、ず~~~っと前に習ったんですが、最後まで上手く弾けなくて、習っていた先生に、「△」をつけられた記憶があります。

初めに書いたとおり、私はロックが好きなんですが、時間に追い回され、気持ちに余裕がなかなか持てない毎日を過ごしていると、たまにこういう曲を聴くと、ほっと落ち着くことができ、頭の中にあるモヤモヤやイライラがリセットされ、「また新たに1からのスタートや!」っていう気持ちになれる気がします。そりゃ、いつもかもではないけれど・・・。

息子達は、アレンジされた方を知ってから、原曲をあらためて聴くことも多いようですが、順番はどうであれ、ロックとはまた違うクラシックの良さを知ってくれたらと思います。

J.S.BACH_c0049950_23254787.jpg
「この頃ワタシのこと書いてくれへんワン」と言われそうなんで、画像だけでも。。。
今朝の散歩時ですが、晴れていたのは朝だけ。
あと雪が降ったりやんだりの一日でした。

by sai-n.1020 | 2005-03-13 23:32 | 音楽

<< 新しい座布団 真冬に戻った~(*_*) >>