人気ブログランキング |

サイの言い分?

サイの言い分?_c0049950_950761.jpg
「サイちゃん、、、何をイジけてるのぉ~?」
って心配して下さった方、大丈夫ですよ。
(それと、お尻の後ろが濡れているのは、「漏らした」のではなく、肛門を拭いてやった時の水です。念のため。。。)

これは単に、


サイの言い分?_c0049950_9522045.jpg
またこんなポーズで餌を食べていただけですから!

サイの言い分?_c0049950_1012373.jpg
「それにしてもおかっしゃん。。。」
え? 食べながら何を言いたいんや?
そんな行儀の悪いことしてんと、ちゃんと立って、言いたいことあるなら言いやぁ~。


サイの言い分?_c0049950_1053428.jpg
(ちなみにこれ、朝の散歩時に撮った写真です。まるで夜です。)
「最近の日記、亡くなったおじいちゃんのことか、お友達とどこか行ったことか、そういうことばっかりで、全然ワタシのこと中心と違うワン。」

う~~ん。確かにそうやな。
ほな、あんたの近況を聞いてもらうことにするで。

ということで、ここ最近、ちょっと気になっているサイの様子を書きますね。


夕方か夜に散歩に連れて行っておいても、私が寝る頃になると、下でクンクン泣き始めます。
前の公園に連れ出すと、おしっこ(時にはう〇ちも)ちゃんとして、家に入っても、またクンクン、、、
「2階へ上がりたいワン。」と、訴えるのです。
その声に負けて上げてやるのですが、、、(階段の上がり方はゆっくりで、決して軽やかではない。)
サイの言い分?_c0049950_10123175.jpg
こうして、すっかり「夜だけ室内犬」として、一晩過ごし、
朝に散歩に連れて行くため、下へ下りようとすると、、、、これが大変。
階段を怖がって、なかなか下りないんです。
1段1段、初めに右手を下ろそうとしても、「やっぱり怖いワン。」と、すぐ引っ込めます。
なかなか下りられないので、リードを引っ張りますが、
後ろ足が滑って踏ん張れないので、しっかり自分の足で下りられない。。。
それで私が、首あたりを持って支えて、
前足を宙に浮かせた状態で、ゆっくりゆっくりと導いてやって、、、
うぅぅ~~ん、、、この様子、わかってもらえるかなぁ?
写真を撮ろうとしても、両手がふさがっているから無理。
ということで、上手く描けませんが、「絵」(と言えるかは疑問)でご説明しましょう!


下手な絵なので、笑わないでくださいね~。




サイの言い分?_c0049950_13141413.jpg
こんな風に、ちょっと介助してやって一緒に下ります。
わかってもらえたでしょうか?
ただ、後ろ足は実際、こんな風にバレリーナみたいに立っていなくて、
力が抜けたようにふにゃあ~としていて、引きずるような感じです。
支えようとしても怒らないのは、
「ワタシ自分ひとりでは下りられへんから、おかっしゃんに助けてもらうワン。。。」
と思ってくれてるのかぁ~と、勝手な解釈をしております。

こうして怖い思いをして階段を下りてから数日は、
「またああして怖々階段を下りるのはイヤやワン。」
と思っているのか、2階に上がりたがりません。
でも、何日かすると、また上がりたがるんですけどね~。


足が少し弱ってきて、耳も少々遠くなってきていて、確実に老犬化してはいますが、
こういう動画を見ていただいたら、
「ん? 弱ってるのか元気なのか、どっち !?」
って思われるかも。。。




でも、、、年老いていることを素直に認めず、私達に老体を委ねてくれない、こんなガミガミおばあさん、、、、介護がやりにくいやろなぁ、、、




さて、このところ慌ただしく過ごしているうちに、
なぁんときょうは、クリスマス・イヴなんですねぇ。
昨日気づきました。
といっても、息子達に夜中寝床にプレゼントを置いてやるという時代も過ぎているし、
まして家にいないから、クリスマスプレゼントなんて、我が家にとっては無縁ですが、、、

ところで、「クリスマス・ソング」というと、皆さんどんな曲が真っ先に思い浮かびますか?
「ジングルベル」「ホワイトクリスマス」「もろびとこぞりて」「クリスマスイブ」「ラストクリスマス」「恋人たちのクリスマス」「We Wish You A Merry Christmas」「ママがサンタにキスをした」などなど。。。
あげたらきりがありませんよね。

昨年の今頃、2年前に撮っておいた、「いつかのメリークリスマス」を無理矢理お聴かせしたのですが、またもやショボい演奏をお聴かせしてもよろしいですか?
・・・って、聞いてるけど、一方的な押し付けですよね。

この1年で、サイも父もそして私も、ある意味色々戦ったなぁということで、この曲を・・・。
なんせ父は、戦争を経験してるし。。。

毎度のことですが、練習不足でミスタッチの連続なので、ご了承のほどを~。

それと、音量に注意して下さい。
大きすぎると、高音で変な反響が聞こえて、耳障りなので、半分弱ほどでいいと思います。
、、、って言うか、粗末な弾き方がバレてしまう~。


Merry Christmas Mr.Lawrence(途中から始めて、短く終わっていますが。)





なぁんか、ダラダラ~と、疲れきった(「練習で」じゃなく)弾き方してます。

来年のクリスマスは、もっと明るいクリスマス曲をお聴かせできればいいんやけど。。。
それ以前に、もっとちゃんと練習したものを披露しないと、皆さんに失礼ですよね。


サイの言い分?_c0049950_21284560.jpg
「おかっしゃん。ワタシのこと、めっちゃおばあさん扱いしてるワン。
おまけに『ガミガミおばあさん』って、ひどすぎるワン!
階段はたしかに怖いけど、おかっしゃんもたまに落ちそうになってるワン。
『ねんまつ』の忙しい時期に、もし落っこちて骨を折ったら、ほんまにえらいこっちゃワン。
そやからワタシ、おそるおそるゆっくり下りてるんやワン。
それから、このクリスマスイヴの夜に、おかっしゃんの弾いているのを聴いてもらうのって、あまりにも申し訳ないワン。」
サイ、、、あんたが素直に抱っこさせてくれたら、落ちること心配せんでもええんやけど、、、











父は「電化製品」を扱うのが好きでした。
中でも、ビデオカメラ。
今出回っているような最新式のではなく、古いタイプのものですが、
孫達の、それぞれの成長をいっぱい撮りまくり、
ビデオテープに時間をかけてダビングしていました。
サイが出産した時も、そのカメラを持参し、家に来て子犬達を一生懸命撮ってくれました。
そして、そのビデオテープのラベルに書いてあるタイトルを見て、笑ってしまったのを覚えています。
父は、サイの名前を間違っていたのです。
何と書いてあったか、、、、

それは、、、



「サリー」


おとうちゃん、魔法使いと違うでぇ。

by sai-n.1020 | 2008-12-24 22:36 | サイ

<< 明後日が元旦!w(゚o゚*)w またもや3人で >>