噛まれても噛まれても

急に季節が動きだし、
日一日と、秋が深まっていきます。
朝晩なんて、寒いぐらい。
ついこの間、日中の最高気温が30度を超えていたのがウソのようです。

「秋」といえば、食欲の秋。
璃子も、我が家に来た頃に比べ、
食欲旺盛になってきました。

この間、3回目のワクチンに病院へ行った時に量ってもらったら、
なんと! 5.9キロになっていました。
「骨格がすいぶんしっかりしてきたなぁ。」って先生に言われました。

c0049950_2238156.jpg

これは、その日注射が終わって、会計を待っている時に、
落ち着かず、その辺をうろうろしているところです。


やんちゃの度合いも、ますますパワーアップ。
ジャンプ力のすごさ、部屋の中を走り回るすばしっこさ。
「サイちゃんって、こんな感じやったかなぁ?」と比較してしまうほど、
かなり戸惑っていますw(゚ー゚;)w

そうそう、この間から書き忘れてましたが、
璃子は、サイちゃんと違い、
基本、家の中で飼っています。
私達飼い主と、心をよりうまく通わせることができればいいのですが、
今のところ、、、、とにかく噛む! 噛む! 噛む!
特に私をきつく噛みます。
コロスケさんから、「無視すればよい。」とアドバイスいただきましたが、
その「無視」が、うまくいきません。
病院の先生も、「『痛い!』とか『やめろ!』とか大きな声で言ってはいけません。」
と言っておられたので、噛まれても黙るようにしましたが、、、
やっぱり噛みついてきます。
痛くて痛くて、手も足も、他のところも、傷だらけです(ノд-。)
来月で生後5か月になるけれど、この噛み癖、直るかなぁ・・・?

c0049950_2240224.jpg


こんな顔されると、ついつい、甘い態度になってしまいますヾ(´ε`*)ゝ


でも、いけないことは「ダメ!」と躾けなければと思い、
食卓の椅子の足を齧ってた璃子を、主人が厳しく叱ったら、、、
(画像無しですが、それはもう、ひどい状態になっています。)

な、な、なぁ~~んと!
その腹いせのつもりなのか、シートの上でなく、カーペットの上で、
堂々とおしっこを!Σ(|||▽||| )
しかもその時、主人の顔をチラッと見ながら、していたらしい。。。(-。-;)

う~~ん。
きっと「ふんっ、あたち、反抗してやるねん。」とでも、言いたかったんでしょう。
かなり手ごわい娘です。

c0049950_22472745.jpg


それでも、こんな可愛い顔されると、
やっぱり「でれ~~~」としてしまう(*´ェ`*)
あかんなぁ。こんな飼い主では。。。

部屋で飼うことを決心したからには、
けじめをつけて育てなくてはなりませんよね。
噛み癖、なんとかおさまってほしいです。
でも、仔犬の可愛らしさは、まだまだ保っていてほしいし、
璃子にとっては、難しい注文かもしれません。


ところで、部屋で飼うといっても、我が家の居間は2階。
しかも、狭さゆえ、階段が目の前。
その前にドアもなければ、廊下もありません。

そこで。。。


こんなゲートを取り付けました。
人間の赤ちゃん用です。
これ、なかなかの優れものです。

c0049950_22525569.jpg


スクリーン状になっていて、閉める時には巻き取られ、
しかもそれが自動でロックされます。(上の写真、右下に写っているのがロックです。)

初めは、壁に釘を打ち付けることに抵抗があって、
衝立式のゲートにしてましたが、
当然、それでは追いつきません。
階段を自由に昇り降りできるようにしてしまうと、
わんこの腰に負担がかかり、良くないということを、
色んな人から聞いたので、
こういうゲートに変えました。
(近所の柴わんこが、それがもとで股関節を痛め、難しい手術を受けました。)

璃子が我が家に来てから、
人間の所有物は全然片付かず、
それどころか、璃子が届かないようにと、棚の上へ上へと積み上げ、
悲惨な状態になってるし、
サイちゃんやリリィーちゃんは、この状態をどう思ってるかなぁ??(゚_。)?(。_゚)?

c0049950_22543967.jpg


このおもちゃ、サイちゃんが遊んでいた人形です。
今璃子が遊んでいるおもちゃの大半は、
もともとサイちゃんの所有物です。

あっ、、、もう少しで、リリィーちゃんが眠ってから、1年が経つ。
そしてさらにもう少しで、
サイちゃんが生きていたら、18歳になる誕生日がやってくる。
気が付いたら、今年も残すところあと2か月半となったこの時期、
色んなことを思いめぐらしてしまうなぁ。


c0049950_2257133.jpg

                    (2007年10月8日)

「おかっしゃん。ワタシもおかっしゃんの指とか噛んだけど、
今度のこの子も、なかなかやるワン。
でも、抱っこをさせてくれるのは偉いと思うワン。
ワタシは抱っこされるのが、大っきらいやったワン。
ワタシが言うのも変やけど、きつう噛まれんように充分気をつけてほしいワン。」

サイちゃん。あんたは甘噛みってこと、あまりせえへんかったなぁ。
抱っこしようとすると、めっちゃ噛んできたけど。
璃子は、病院行っても、普通に抱っこして、診察台に乗せられる。
そこは偉いし、あんたからも褒めてやってなぁ。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2012-10-13 23:16 | 璃子 | Comments(17)

幼犬璃子は元気いっぱい

璃子が我が家にやってきて、
気がついたら1か月半経っていました。

相変わらずバタバタな毎日なので、
前回の予告通り、ななか更新できず。。。


c0049950_11461.jpg


ごめんなぁ。りす。
あんたの成長をブログに残せへんで。



そう言えば、生年月日をこの間書いてなかったですね。
6月21日生まれです。
なので、3か月と1週間です。

先月コロスケさん犬舎で璃子を受け取った時、
「おとなしい子ですよ。」とおっしゃってました。
ブログを見ていても、おっとりした感じでした。

ところが、、、、激変(笑)
どんどん、お転婆娘になってきております。


ほしいものを見つけたら、
高いところであろうが、何か障害物があろうが、
必死で取りに行こうとし、
積極的で、その動きの軽やかなこと!
昨日登れなかったところを、きょうは登れたりする。
人間の子供の成長と一緒です。

「どこで見つけてきたん?」ってびっくりすることがよくあります。
葉書やビニル袋、その他、片づけの悪い我が家のどこかに散らばっているものをくわえ、
「どや? あたち、こんなん持ってるねんで。」ってアピールしながら逃げまくります。

その姿の可愛いこと可愛いこと!

いやいや、そんなのんきなこと言ってられません。
追いかけ回し、追いつめて、口を開けて取り上げます。

一旦スイッチが入ると、とんでもない全速力で、狭い部屋の中を走り回ります。

その様子を動画で撮ったので載せたいのはやまやまですが、
散らかりまくった我が家の様子を暴露することになるので、
やめておきますね。

c0049950_065863.jpg


動画でないと、やんちゃっぷりはわからないと思いますが、
どうです? このしっかりした顔つき。
なかなかの大物って感じでしょ?
態度、でかいです(汗)


この時期ならではの、可愛らしさを見ていただきたくて、
今月初め、「柴母の会」の面々に、寄ってもらいました。
ここ数年、集いが恒例化しているのですが、
今回、私は残念ながら不参加です。

c0049950_0105377.jpg


みんなに順番で抱っこされ、大喜びの璃子。
あいにく、私はちゃんと写せなかったけど、
みんなのブログには、可愛く撮ってくださった璃子が満載です(しっかり飼い主ばか)
ma-saちゃんRUNちゃんbeちゃんchobiponちゃんすもも母ちゃんおば関ちゃんのブログを見に行ってくださ~い。

今回の集い、色々とアクシデントが重なり、
予定通りにプランが進まなかったのにも関わらず、
こうして璃子の顔を見に来てくださって嬉しかった♪

みんな~、あの日は慌ただしい思いさせてごめんなぁ。


この日も来てくれたma-saちゃん、
実は、我が家に璃子が来た翌日にも、一番乗りで見に来てくれたのですが、
2回目のワクチンがすんでから、
「翔ちゃんと初対面~♪」ということで、連れて来てくれました。

c0049950_04986.jpg


いつもなら、元気いっぱいの翔ちゃんも、
止まることなく忙しく動き回る璃子にタジタジ。
この時ばかりは、翔ちゃんが、めっちゃおとなの男性に見えました。


ところで、璃子を迎える前から、一番心配していた排泄ですが、
最初はところかまわずしていたけれど、
今はなんとか、一か所でしてくれてます。
ワイドシート4枚分ほどのスペースですが。。。

しかもなんと、そこは、ピアノの前。。。
もうちょっと場所を選んでほしかった。
でも仕方ないっか?
どっちみち、最近ピアノを弾く時間もなく、
椅子の前付近に置いている楽譜を噛まないように、
段ボールでガードしているほどなので。


そう、「噛む」といえば、今の行動の中で、一番困っているのが、これなんです。

椅子の足、机の角、電気コード(さすがにこれは危険を伴うので、隠しまくってます。それでも、プリンターの線が、使えなくなってしまった。。。)
ありとあらゆるものを噛みまくるのですが、
痛くて困るのが、私達の手足。
中でも一番噛まれるのが、この私(涙)
傷だらけでとんでもない状態になってます。

一番世話しているのに、なんでぇ~~~?

噛みつこうと、飛びかかってくる時は、
猛烈な怪獣と化してくるので、かなり怖いけれど、
こんな姿を見ると、めっちゃ癒されます。

c0049950_105699.jpg


c0049950_112733.jpg



早く散歩に連れて行きたいけれど、
来月中旬に3回目のワクチン接種をすませ、
2週間後でやっとOKなので、
下旬になって、晴れて散歩デビューとなります。
少しなら、外を歩かせてもいいと言われたので、
家の前で、プチ散歩です。

c0049950_18575093.jpg


リードをくわえようとします。
これでは、本格的に散歩しようとしても、なかなか進まないかも。
そういえば、サイちゃんもそうでした。
最初の頃は、散歩にならず、
向こうから誰かが歩いて来られると、
相手してもらおうと、尻尾を振って近づいて行ったことを思い出します。


落ち着いた成犬になるのも楽しみですが、
今でしか味わえない幼犬独特のお茶目(というよりかなりわんぱく)な可愛らしさを楽しんで、
川原を散歩できる日を心待ちにしようと思っています。




c0049950_121383.jpg


夏の疲れからまだまだ抜けきれず、人間はかなりクタクタですが、幼犬璃子は、ますます元気いっぱいで、
圧倒されながらも、、、、癒されていることに感謝です。




c0049950_22354544.jpg

      (1994年12月 我が家にやってきたばかりのサイ)

「おかっしゃん。ワタシがこの子ぐらいの時には、もう抱っこを嫌がってて、
おかっしゃんの手をいっぱい噛んで、
絆創膏だらけにしてたワン。
この子は確かにやんちゃやけど、抱っこさせてくれるのは偉いと思うワン。
でも、あかんことはあかんって躾けておかないと、
苦労するのはおかっしゃんやから、
厳しくしておいた方がいいワン。」

サイちゃん、それはわかってるで。
私を噛んだ時は、ちゃんと叱るのに、
全然反省せえへんから困ってるねん。
何かええ考えないかなぁ。
しかし、、、あんた、そんなこと言えるか?
あれだけ、「飼い主に忠実でなかった柴犬」やったのに。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2012-09-29 23:25 | 璃子 | Comments(10)

お披露目

8月13日に、はるばる、こんなところまで行って来ました。

c0049950_22522335.jpg



愛知県の、コロスケさん犬舎です。
柴犬ファンなら、1日中居ても飽きないパラダイスです。


なぜ、そんな遠方まで行ってきたかと言うと。。。。


c0049950_22541434.jpg


コロスケさんに抱っこしてもらっている、この子を迎えに行ってきたんですよ。


サイちゃんが眠りにつき、2年と7か月。
リリィーちゃんも母サイちゃんのもとへ旅立って、10か月。

そろそろ、新しい柴わんこに癒されたいという気持ちになり、
この日を迎えました。

c0049950_22572829.jpg


左は、お母さんの蓮華ちゃん。
右は、お父さんの熊五郎くん。
おふたりさん、大切な娘さんをいただきます。
どうもありがとう。

そしてコロスケさん、
大事な大事な姫柴ちゃんをいただき、
本当にありがとうございました。



この日、高速でひどい大雷雨に遭い、
初めての車での移動ということで緊張したのか、
可哀想に、車の中で吐いてしまいましたが、
無事我が家に到着。

早速この日、写真を撮りました。

c0049950_23138100.jpg



「え? 『サイ』に続いて、『りす』って? 一体何を考えてるの?」
って思われるかもしれません。

「サイ」は、ご存知の方も多いと思いますが、「佐韋」と書き、笹百合を意味します。
そして、サイちゃんの娘リリィーちゃんも、偶然にも百合。
それなら、今度の子も、「百合」にちなんだ名前にしようと、
無い知恵絞って、思いついたのが、
フランス語で「百合」を意味する、「りす」という名前です。

「あて字」ですが、一応漢字も考えました。
「璃子」と書きます。

みなさん、うちのニューフェイス「りす」を、よろしくお願いします。


と、、、、ここまで書いて、下書きの状態で、置いたままでした。

続きを書こうとしたのですが、
事情があり、書けない状態になってしまいました。

今も決して、ゆっくり書く気分ではないのですが、
お披露目を待ってくださっている方もおられるので、
(長いこと待たせてごめんなさい!)
きょうはここから続きを書きます。


c0049950_2385590.jpg


「りす♪」と呼ぶと、こうして首を傾げることがあります。
可愛いでしょう?


c0049950_2392280.jpg


とにかく歯がこそばくって、すぐ噛みついてきます。
甘噛みばかりならいいけれど、
時々、本気噛みをするので、困ったものです。




毎日毎日、今まで経験したことのない、身も心もクタクタな状態で過ごしているうちに、
9月になってしまいました。
この暑さは、まだまだ真夏並みだけど。。。


c0049950_23104975.jpg


小さな体で元気いっぱい狭い家の中を走り回り、
こうして穏やかな顔して寝ているのを見ていると、
すご~く癒され、
私も元気を出さなければ、、、と思うのです。

c0049950_22574387.jpg

血統書名は、志の咲蓮号です。
コロスケさんが、付けて下さいました。

りす、やっとみんなに見てもらえてよかったね。
先輩のサイちゃんや、リリィーちゃんに負けないように、
我が家のアイドルとしてのお役目、果たしてね。



きょうこうして、初お披露目をしましたが、
しばらく更新できないかもしれません。
あるいは、「ぼそっ」と、写真だけアップするかも。
そんな状態ですが、どうぞよろしくお願いします。




c0049950_223358.jpg

               (2007年5月14日)

「おかっしゃん。ついに新しい子を迎えたのかワン。
なかなかのやんちゃで、ワタシ、ちょっとびっくりしてるんやワン。
悪いことしたら、追いかけようと思うねんけど、
この子、すばしっこすぎて、ワタシ、追いつけへんねんワン。
おかっしゃん、この子に負けんと、まぁ頑張ってワン。」

サイちゃん、あんたにそんな風に元気づけられたら、めっちゃ嬉しい。
1からの育児、頑張るね。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2012-09-02 23:17 | 璃子 | Comments(14)

お次は~♪

朝晩はかなり涼しくなり、過ごしやすい日が続いていますが、
昼間晴れると、日差しが堪え、
曇ったり雨が降ったりすると、ムシムシして、
しばらく残暑が続くことを、覚悟しなければなりません。

皆さん、そろそろ夏バテされてませんか?

大興奮に包まれたオリンピック、残された競技が少なくなってきました。
今回、感動に次ぐ感動の中、日本の選手たちの頑張り様には、凄まじいものがありました。

「どの競技が一番?」なんて考えても、
そんなの決められない。
見事金メダルを獲得した競技も、
残念な結果に終わった競技も、
このオリンピックという大舞台に出るまでの、
それぞれの選手の苦労と努力を考えると、
本当に感極まってしまい、涙腺がゆるみっぱなしでした。

中でも、「競泳」という種目が行われた時、私は今までと違った感動を覚えました。
それは、チームのみんなの力がひとつになって、
良い結果が出せたと、どの選手も言っていたことです。
メドレーのことにだけ、言っていたのではないんです。
個人に関しても、こういうこと、すごく強調していました。
「へぇ~、個人競技だと思ってたけど、みんなの祈りと団結の力によって、
ひとりひとりが、すごいパワーを発揮することができるんやぁ。」
と心から感激しました。

男子も女子も、みんな、すごく格好よかった!
インタビューで答えておられる言葉も、
若々しくて気持ちがいい反面、
周りのみんなに対する「感謝」という言葉がちゃんと入っていて、
「大人やわぁ。」って感心しまくっていました。

他の競技の選手たちも、皆一様に、
「自分だけの力ではここまで来れなかった。
たくさんの周りの人たちのお蔭。」
ということを強調しておられました。
やっぱり「感謝する」という気持ち、大切ですよね。

そして私は、感動を与えてくれた選手たちに、「感謝」したいです。



オリンピックが終わったら、次に注目するのは高校野球!
連日、手に汗握る試合が続いています。

最後のバッターの選手が、
ファーストへ滑りこんで、アウトになり、
泣き崩れる瞬間を見てしまったら、
思わず駆け寄って、「あんたが悪いんと違う!」
って抱きしめてあげたくなる。。。
なぁんて言ったら、
家族からは非難go~go~やろなぁ ┐(-。ー;)┌




さて、先月「みたらし祭」へ一緒に行ったma-saちゃんから、
「『京の七夕』ってやつ、行ってみぃひん?」ってお誘いがありました。

くわしくは、ここをご覧になってくださいね。

今年で3回目らしいです。
京都の新たな風物詩として定着させようとされているようですね。
昨年に引き続き、東日本大震災からの復興の願いも、こめられているそうです。


こういうイベントがあるって、ほとんど無知だったのですが、
見てみたくなったので、一緒に行って来ました。

堀川会場の方へ行って来ましたよ。
ふたりの共通のわん友である、こむわんこさんも一緒にね♪


こむわんこさんと言えば、
えっと、、、いつやったっけ?
美術館へ、上村松園の絵画展に一緒に行った時に、
和服を着こなして来られました。
着付けを習っておられて、ひとりでちゃんと着ることができるなんて、
羨ましい限りです。
着物が大好きだった亡母が、いっぱい私に持たせてくれたというのに、
全然ひとりで着ることのできない私とは、正反対です。
(こむわんこさんに習おっかなぁ? あかんあかん。醜い体型をさらすことになる<(´ロ`')o)

で、この日は、ma-saちゃんと私が「ひょっとして、、、」と予想していたとおり、
ちゃ~~~んと浴衣を着ておられました。



c0049950_10112029.jpg


まず二条城へ。。。

  
  ♪ 浴衣の君は すすきのかんざし~♪

 
様になってるなぁ、こむわんこさん。
ma-saちゃん、今度は私らも浴衣着よっかぁ?
でも、、、私が若かりし頃着てたのって、
とっくの昔に姪っ子のものになってしもてる。。。


二条城なんて、何年ぶり?
って考えたら、なぁんと、30年前に行ったきりでした。

イベント期間中、夜間は入城無料です。


c0049950_10145475.jpg


芸大の学生さん達による、アート作品展が繰り広げられていました。
実際の色、形が、うまく撮れてませんが。。。

c0049950_1022446.jpg


この手前の方、ボケてますが、
風車が回っているからです。
弁解のようですが、、、
でもその躍動感は出てへんなぁ(x_x;)


そして、しばらく進んで行くと、
向こうの方で、何やらたくさんの人で賑わっている様子。

c0049950_1049295.jpg


二の丸御殿の形状に合わせてプログラムした映像が映し出されます。
残念ながら、本当の美しさ、幻想的な雰囲気は、
このしょぼい写真からは伝わりません。
もっと色んな映像を撮ったけれど、「没」がほとんど、、、
よかったら、実際見に行ってくださいね。
・・・って言ってるけど、13日まで、ってことは明日まで?σ(^_^;)

さて、二条城を出て、堀川の遊歩道へと向かいます。

c0049950_1055161.jpg


こういうものは、しっかり撮っておかないとね~。


上の二の丸御殿の映像のところで書きましたが、
今回、夜景ということで、うまく撮れてない写真がほとんどです。
あ、、、、「カメラの腕の悪さ」ってことですよ。
本当に勉強不足です。
なので、ここからは、その中で、比較的「マシ」なのを選んで載せていきます。

c0049950_10575114.jpg


これは、光の友禅流しです。
実際こんな華やかなのを身に付けるなんて、
いくら若かったとしても、かなり勇気がいります。
でも、こういう場面では、やはりこんな色合いは映えますね。

c0049950_10594781.jpg


段差のある流れのところで、この青く光る球状の物がちょうど「ぽちゃん!」って落っこちるところを撮りたかったのですが、、、無理でした。


そしてそして、やっと、一番見たかった「光の天の川」が見えてきました。


c0049950_12461972.jpg



c0049950_1122818.jpg



でも、やっぱりうまく撮れてへん。。。

ちなみに、ここに載せている写真の半数以上、
スマホで撮ったものです。
デジカメも、スマホも、全然使いこなせてませんが、
スマホの方がうまく撮れていることが、結構多いんですよ。

c0049950_1142861.jpg


そしてこれも、芸術系の大学の生徒さん達の作品です。
(右上だけは、「光のオブジェ」です。)



c0049950_1172415.jpg


七夕というからには、願い事の書かれた短冊がもちろんありました。
これは、ケーキ屋さんになりたいと思っている男の子の短冊。
可愛いなぁ。
美味しいケーキがいっぱい並ぶお店を開いてやぁ。
おばちゃん、買いに行くからね~~。
(この子がお店を開く頃って、私は一体。。。「おばちゃん」というより、
はっきり言って「おばあちゃん」やわ。)



最後に、こむわんこさんの色っぽい後姿をどうぞ~~♪


c0049950_1110339.jpg



お仕事を終えられてから、ちゃちゃっと着替えて、
髪もちゃんと和服バージョンに整えて、
帯には、可愛いパンダの団扇。。。
さぁすがぁ~、こむわんこさん♪(o^-')b


c0049950_16441683.jpg


ma-saちゃん、こむわんこさん、あの日はどうもありがとう。
どこのお店にも入らず、歩いただけだったし、
今度はゆっくり、美味しいものでも食べようね~。



毎日忙しく過ごしていながらも、
祇園祭、みたらし祭、そしてこのような新しい夏のイベントと、、、、
色々楽しめたことはありがたいです。
次にあるのは、大文字。
幸い、家から徒歩数分のところで見ることができます。
でも、今年見に行くことできるかな・・・?
なぜなら、さらにバタバタな生活になりそうなので。。。




c0049950_232579.jpg



さてさて、、、、こういうものを用意していることが、一体何を意味するのか・・・?





c0049950_1115174.jpg

                       (2009年8月2日)

「おかっしゃん。またまた楽しんで来たんかワン。
こむわんこさんといえば、私が眠る1か月ほど前に来てくれはって、
抱っこしてくれはった人やワン。
ma-saちゃんも、しょっちゅうこうしておかっしゃんを誘ってくれはるけど、
私も、色んなところへ車に乗せて連れてってくれはったり、
川の散歩も一緒に行ってくれはったワン。
最近おかっしゃん、ワタシと娘のリリィーに向かって、
『あんたら、おかあさんを見守って、ちゃんと躾けられるように応援してやぁ。』
とか言うてるけど、一体何のことやワン?
『しつけ』って何なんやワン? 美味しいもんなんかワン?」

サイちゃん。このお二人が一緒に来てくれはった日のこと、覚えてるかぁ?
あの時はまだ、ma-saちゃんちの翔ちゃんに向かって、歯をむき出してガウってたなぁ。
「躾け」って何かってか?
それはなぁ、、、そういう子にならんように、ちゃんと教育することやで。
あ、冗談冗談!
あんたみたいに、可愛い~、ええ子になるように、思い切り可愛がって、
そして時には、厳しく言って聞かせようと思ってるし、
リリィーちゃんと、見守っててやぁ。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2012-08-12 10:00 | Comments(12)

7月の風物詩

まだ7月ですが、
もう8月に入っていて、何日も暑い日と戦ってきた気がします。

「今年も暑くなる。」という予想通り、厳しい暑さが続いていますが、
皆さん、この暑さに負けておられませんか~?


上の4行だけで、実に4回も「」という漢字を使ってしまいました。
字を見ただけでも暑くなります。。。あ、また使ってしもた。。。


京都は観光地で、数々の神社仏閣があり、季節の移り変わりとともに色とりどりの自然も楽しめるのですが、
その反面、暑さ、寒さが厳しいところでもあります。
今の季節、いくら梅雨が明けたといっても、
浜風が吹くわけでなく、
実に、ムンムンとした、重苦し~い空気に包まれ、
かなりの忍耐力を要します。

なのに、各地からたくさんの観光客の方々が訪れます。
なぜなら、、、夏の行事も多いからですよね。

この7月に行われる、最も大きな行事と言えば、
日本三大祭のひとつである、祇園祭です。

祇園祭は、平安時代に疫病が流行したため、
朝廷が、御霊会を執り行い、無病息災を祈念したのが始まりと言われています。


今までの日記に、鉾建てが行われているところや、
宵山の晩の「あばれ観音」や、そして山鉾巡行も、
何回か書いてきました。
土砂降りの中行われた巡行を、
身体を張って動画を撮り(笑)アップしたこともありました。

一昨年は、巡行を見に行きました。

見に行った時はいつも、私の好きな観覧場所である御池新町通りの辺りで、
間近を通る鉾を満喫しました♪

去年は、休みの日だったので、人出を考え断念し、
今年はできれば、、、と思っていたのですが、
やっぱり断念(・・;)
あかん、もう年かなぁ・・・・?

それでもね。鉾建てが始まった頃に、
ちょっとだけ見てきたんです。

巡行が終わって日にちが経ってしまいましたが、
その時の様子、見てくださいね。


c0049950_15595838.jpg


まずこれは、函谷鉾。
中国の戦国時代、政治家の孟嘗君(もうしょうくん)が部下による鶏の鳴き声の真似によって函谷関を脱出でき、一命を取り留めた故事は鶏鳴狗盗(けいめいくとう)として知られているそうですが、
この故事に因んで「函谷鉾」と名付けられたそうです。


c0049950_21353060.jpg


これは、菊水鉾。
町内の金剛能楽堂内に古くからあった「菊水井」にちなんで名付けらたそうです。
鉾頭に、16弁の金色の菊花が付いていますが、
右上の写真の車輪の中央の菊花も、16弁ですよね。


c0049950_16194038.jpg


向かい側から見た月鉾。
山鉾32基の中でも最も大きく、重い鉾らしいです。
そして、鉾を飾る装飾の素晴らしさは、動く美術館と讃えられているそうです。
ごめんなさい。こんな写真しか撮ってなくて。

建てている最中の蟷螂山を見ようと、ちょっと急いでたんです。

あ~、建ててます、建ててます!♪o(^o^o)

c0049950_1832864.jpg


本当は、蟷螂を乗せる瞬間を見たかったんやけど。。。
遅かったです。

この蟷螂山町に住んでいる親友がいるので、
ちょっと呼び出し(笑)お茶をして、一息ついて、、、

さぁ、また見に回りますよ。

といっても、この頃から雲行きが怪しくなり、
時間もすでに夕方になっていて、
慌てて、私の一番好きな船鉾へ向かいました。


c0049950_1636127.jpg


途中、芦刈山を建てておられるのを見ました。
まだほとんど形ができていませんが、
こういうのを見ると、この作業の大変さを感じます。
快適な季節ならともかく、
あのムシムシした梅雨の真っ只中ですからね。



c0049950_16593020.jpg


はいっ、船鉾ですよ\(*T▽T*)/


見に行った翌日から、搭乗できたそうです。
惜しい!(ノ◇≦。)

c0049950_1781351.jpg


来年は、できたら乗ってみたいなぁ。

c0049950_17194220.jpg


c0049950_17195618.jpg


c0049950_172084.jpg


鉾町の人でしょうね。
若いお父さんが、それぞれ可愛い子供さんを抱えて乗って、
写真を撮ってもらっておられました。
微笑ましかったので、思わずパチリ。。。

船鉾と言えば、
大船鉾を復興させようという動きがあるそうです。

昔は、この祇園祭、「先の祭」と「後の祭」の2日あり、
船鉾は、神功皇后の海外遠征出船としての「出陣の船鉾」が先の祭に、
大船鉾は、勝利を収め帰陣する「凱旋の船鉾」で後の祭に、
2基それぞれ巡行したそうです。

しかし、鉾町一帯を焼き尽くした元治元年(1864年)の蛤御門の変によって、
大船鉾の船形の木組みや車輪等の構造部分を焼失してしまったらしいです。

幸いにも焼失を免れた御神体神功皇后の御尊面や装飾品などを祭期間中飾る居祭りとして、祭に参加してきたそうです。
でもその居祭りも平成7年に休止されました。
その後、復興準備がすすめられ、
焼失して150年の節目にあたる2014年に向けて、鉾の完成と巡行復帰を目指しているそうです。

船鉾でも十分大きいのに、
大船鉾って、いったい、、、どんなぐらいダイナミックなんでしょう?


今年は、「唐櫃(からびつ)巡行」の形で参加したのだそうです。
(神面を木製の唐櫃に納め、担いで都大路を進む。)


c0049950_21584555.jpg


取りあえずこの日は、これを撮ってきました。
右は、今年新調された神功皇后狩衣で、
左は、「大金幣」というもので、鉾の舳先に飾られていたと言われています。

再来年巡行する時は、是非見に行きたいですo(^o^)o

毎年祇園祭の時期が訪れ、
「吉符入り」から始まり、鉾建て、宵山などなど、、、行事や神事が進み、
最後に、神輿洗いや夏越祭も行われ、無事に祭の終わりを迎えると、
平安時代からずっと伝わってきた祈りの強さを感じます。

そして、この暑さの中、お祭に携わってこられた人達に、
「今年もお疲れ様でした。」と、心からお礼を言いたいです。


京都の夏の風物詩、もうひとつ紹介します。

これも、毎年日記に載せていますが、
下鴨神社で行われる「御手洗祭」です。

c0049950_2115567.jpg


今年も、ma-saちゃんと一緒に行って来ました。

御手洗祭。。。毎年書いてますが、
境内の御手洗池に足をつけ、無病息災を願う夏越しの祭りです。
毎年土用の丑の日に行われ、古来夏に流行することが多い「はやりやまい」を避けるため、厄払いしたことが起源らしいです。


例年よりも遅い時間に出かけたので、
そんなに混んではいないだろうと思いきや、
びっくりするほどのたくさんの人!

写真は無いけれど、
「えとの社」に入らざるを得ない状態になるよう(笑)
いっぱいの人が並んでました。

そして、靴を脱ぎ、初穂料を納めて、ロウソクをもらって、
いざ、足を浸けに~~ヽ(´▽`;)/=3


c0049950_22303087.jpg


まだここは、水が無いところで、スロープを下りて行きます。
ma-saちゃん、狙いを定めて写真撮ってますね。

c0049950_22332735.jpg


撮っていたのはこれ。
毎年同じ写真を載せているかも。。。

そして、いよいよ水に入っていきますよ~┗( ̄▽ ̄;)┓=3=3

ぎゃあ~~~! 冷たぁ~~~い。。゛(ノ><)ゝ

足が凍っていくような気がします。

c0049950_22393913.jpg


今年は、水に浸けた足を、うまいこと撮れへんかった。。。
尤も、鮮明に撮ると、醜い足をさらすことになるし、これでよかったかも(^▽^;)

しばらく浸かっていると、冷たい水に、段々足が慣れてきます。

c0049950_22433648.jpg


こうして火を付けたロウソクを供えます。

御手洗池から出て、ご神水をいただいてから、
足形祈祷木に、家族の名前を年齢を書きます。
「かぞえ年」ということで、
「えぇぇ~~? 私、〇才って書くんか?」
などと、ma-saちゃんとワイワイ言いながら。。。

c0049950_22482532.jpg


今年の夏も、元気で無事に過ごせますように(^人^)

c0049950_2327826.jpg


御手洗池から上がって撮った写真ですが、
水に浸かってるように見えないぐらいに、この混み様。。。
そう言えば、今年は浅かったなぁって、ma-saちゃんと話していました。

あっ。。。今年は「みたらし団子」を買ってない。
久しぶりに食べたいし、また買ってこよっかなぁ。


きょう載せたふたつの風物詩、
来年も楽しみたいと思います。



「楽しむ」と言えば、いよいよ、オリンピックが始まりました。
期待されている選手の皆さんには、
プレッシャーを跳ね除けて、
伸び伸びとプレイしてほしいなぁと思います。

がんばれ! 日本!


考えてみたら、4年前の北京オリンピックの時には、
ちょうど亡父が入院していて、
猛暑の中毎日自転車で通ってたなぁ。
ベッドから父の身体を起こして車椅子に移動させて、
院内をうろうろ連れて行ったあと、病室に戻り、
テレビを付けて、オリンピックを見せて、
できるだけ「早くベッドに寝かしてくれ~。」
って言わせないようにしてたことを思い出す。。。σ(^_^;)



c0049950_1233394.jpg

                     (2009年7月4日)

「おかっしゃん。この暑い季節、散歩がほんまにつらかったワン。
特に最後の夏、たまらん暑さで、へとへとやったワン。
おかっしゃんも、もう若くないんやし、
あまり無理して、色んなとこウロウロせえへん方がええワン。」

サイちゃん、ありがとう。
きょうもなぁ、「去年の今頃、リリィーちゃんが介護用サークルの中にいたなぁ。」
って、お父さんと話しててん。
あんたが本格的に弱ってきたのは、秋になってからやったけど、
どんな季節が訪れても、
「この季節にはサイちゃんが。。。。」
「この時期にはリリィー^ちゃんが。。。」
って、ずっとずっと永遠に、あんた達のことを考えることは続くと思うわ。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2012-07-29 21:29 | Comments(10)

宇治散策

c0049950_22215876.jpg




すっかりブログの更新が途絶えてしまいました。
これには、れっきとした(?)理由があります。

このPCを入院させていました。

ありがたや、延長保証 d=(´▽`)=b
来月までだったので、ギリギリセーフ!v(`皿´)ノ~

ということで、きょう書くのは、
今月の初めに出かけたことです。

メンバーは、前回の記事、「須磨へ」に登場している、京都組のみんなです。
つまり、ma-saちゃんRUNちゃんbeちゃんおば関ちゃんです。

そして今回もまた、ma-saちゃんには車を出してもらい、お世話になりました。

市内をちょっと飛び出し、南の方へ、、、

c0049950_22104318.jpg


宇治の平等院です。

この南門をくぐる前後からすでに、カメラのシャッター音をパシャパシャさせる私たち。

c0049950_23284612.jpg


蓮の花や葉は、しっかり雨水を受けて、
中には、こうやって、大きな葉っぱの上に、
まるで水銀みたいに表面張力を発揮して、
コロコロ転がるような状態になっているところもありました。

この平等院に向かう途中、すっごい土砂降りに遭いまして。。。
でも私たちは、ma-sa号に乗っていて、濡れずにすみましたv(*'-^*)b

平等院に着いた時には、すっかり小降りになっていて、
「私らの日頃の行いがええからやわぁ~ヾ(@^▽^@)ノ」
なぁんて、好き勝手なことを言ってました。


実は私、京都生まれの京都育ちで、どっぷり京都に浸かりきってるのにもかかわらず、
平等院を訪れたのは、なぁんと、この日が初めてでしたΣ(^∇^;)

平等院と言うと、昔歴史の時間に習った、「藤原頼通」という名前が出てくるのですが、
ウィキペディアを見てみると、、、、


「京都南郊の宇治の地は、『源氏物語』の「宇治十帖」の舞台であり、平安時代初期から貴族の別荘が営まれていた。現在の平等院の地は、9世紀末頃、光源氏のモデルとも言われる左大臣である嵯峨源氏の源融(みなもと の とおる)が営んだ別荘だったものが宇多天皇に渡り、天皇の孫である源重信を経て長徳4年(998年)、摂政藤原道長の別荘「宇治殿」となったものである。道長は万寿4年(1027年)に没し、その子の関白藤原頼通は永承7年(1052年)、宇治殿を寺院に改めた。これが平等院の始まりである。」


とあります。
そうかぁ、、、そういういきさつやったんかぁ。
え? 皆さんご存知でした?


c0049950_20473528.jpg


どんな花でも、蕾って可愛いですよね。
蓮の花の蕾って、特に存在感がしっかりあるような気がします。



c0049950_21362991.jpg


そして、同じく、存在感たっぷりな、可愛い~マダム達(*^^*)

c0049950_21441234.jpg


普段よくお世話になっている10円玉に描かれているのが、これですよね。
そして、RUNちゃんから教えてもらったのですが、
1万円札の鳳凰も、この鳳凰堂の鳳凰だそうです。
(関西のローカル番組で、話題にしてはったらしい。)


この日、修学旅行の生徒さん達も多く、
「やっぱり世界遺産だけのことはあるなぁ。」って思いながら、
初めての平等院鳳凰堂を見ることができました。


さて、次はお決まりの、、、、
時間的に、お腹がうるさいので、ランチのお店へ~ヘ(゚▽、゚*)ノ ♪


c0049950_22311280.jpg


前もって予約しておいた、「リストランテ ヴィコロ」というイタリアンのお店です。
ここは、前菜だけでも満腹になる、、、という口コミ通り、
写真のような、種類豊富な前菜を、しっかりいただきました。
メインのパスタも、デザートも、美味しかったです。


満腹になった私達が、次に向かったのは、三室戸寺。
ここは、この時期、紫陽花が綺麗なことで有名なのですが、
ちょっとその見頃が、過ぎつつある感じかも、、、と思っていました。

c0049950_2238741.jpg


三室戸寺は、宝亀元年(770年)に創建されたそうで、
ってことは、平安時代よりも少し前かぁ。。。
宝蔵庫には、平安の昔を偲ぶ五体の重要文化財の仏像が安置されているそうです。
で、現在の本堂は、江戸時代の文化2年に、建立されたらしい。。。
これ、すべて、この日お寺でもらった冊子からの情報です。


この三室戸寺も、、、はい、初めてでした。
(「ほんまに京都人?」って、どうぞ突っ込んでおくれやすぅ(;^◇^;)ゝ)

三室戸寺に着いた時には、雨はすっかり止んで、
うっすら日が差しているほどでした。

「どんだけ私ら、晴れオンナやねん!」って、自ら感心したりして。。。


c0049950_0381082.jpg


まだまだ見頃な紫陽花も多く、
どれもこれも、色が美しくて、充分楽しめましたヾ(@~▽~@)ノ

「楽しむ」と言えば、こんな子たちもいて、思わずパチリ(-p■)q☆

c0049950_1320325.jpg


カマキリは、何度か飼っていたこともあり、
動きが好きです。
トカゲは、、、ちょっと苦手ですが、頑張って「可愛い」と思うようにしようと、
最近努力してます(笑)


c0049950_14303859.jpg


こういう石段、もっと暑かったら、途中でヘタっていたかも。。。


そして、この石段を登って現れたのは。。。


c0049950_14375698.jpg


ちょっとキモいですが、これ、「狛蛇」という財運・金運の蛇神で、
頭は老翁、体は蛇で、蓮に乗っています。

この宇賀神を撫でると、財運(金運)・良運がつくと言われ、
来年は巳年なので、人気が出るかも、、、らしいです。

この宇賀神について、すごく興味深い言い伝えがあるので、
ここを読んでみてください。

この狛蛇だけでなく、三室戸寺には、「狛兎」「宝勝牛」というものがあります。

c0049950_14502087.jpg


これが狛兎です。
RUNちゃんとおば関ちゃんが手を突っ込んでいますね。
この穴の中に、卵型の石が置いてあるんですよ。
それが、ちゃんと立ったら、願いが通じると言われています。
みんな順番に、必死で立たせていましたヘ(^-^ )ィ

去年は兎年だったけど、人気があったんやろか・・・?


そしてこれが宝勝牛です。

c0049950_1457977.jpg


口の中には石の玉があり、これを撫でると勝運がつくらしい。。。

このお寺では、色んなものを撫でることになりますね(*゚▽゚)ノ

お腹の横に穴がありますよね。
この中を覗くと、胎内におさめられた牛の木像が見えます。
でも、ごめんなさい。写真を撮っていません。
RUNちゃんが載せてはるので、見てくださいね。


いっぱい撫で撫でしたり、触ったりしたあと、歩いていると、
中年のご夫婦が、ma-saちゃんにカメラのシャッターを押すように頼まれました。
快く引き受けて写したma-saちゃんに、ご主人が、「撮りましょうか?」って。。。

で、撮っていただいた写真がこれ。

c0049950_14254432.jpg


自分から撮ることを言い出してくださるなんて、
きっとご本人も、常にこうして、ご夫婦一緒に撮っておられるんだなぁって、
微笑ましく思えました。


c0049950_15242231.jpg


ここ最近、急に暑くなったりして、身体がだる~~い状態になってしまってますが、
この日は、今思えば、梅雨にしては、マシだったかもしれません。

c0049950_2336497.jpg



三室戸寺について、ちょっと調べているうちに、
こんな面白い記事を見つけました。

へぇ~、そんな行事を、やってはったんやぁw(*゚o゚*)w


お寺を拝観し、美味しいランチを食べ、季節の花を楽しみ、、、
さて、あと私達がするべき(?)こととして残っているのは、、、、

そうですよ。 スイーツ堪能です☆ヽ(▽⌒) 

今回私達が選んだのは、「伊藤久右衛門」です。

c0049950_23535670.jpg


さっすが宇治!
抹茶のチーズケーキです。
左のは、ほうじ茶ゼリーです。
もっちろん、美味しかったですσ(゚~゚*)

こうして、スイーツを食べている間、
外はなんと! 土砂降り!Σ( ̄ロ ̄lll)

お寺を見て回っている間は、大して降らなかったし、
本当に、タイミングが、ドンピシャ!でした。



先月の須磨行きに引き続き、
友達と色々楽しめました。
いつものことながら、今まで行ったことのない京都の名所へ、
こうして友達のお蔭で色々巡ることができて、感謝です。
みんな、ありがとうね~~( v^-゚)Thanks♪



c0049950_02277.jpg

                        (2009年7月14日)

「おかっしゃん。またまた友達と楽しんできたんかワン?
暑いのに、ほんま、元気なおばさんやワン。
ワタシは3年前の今頃、娘のリリィーは去年の今頃、
段々暑さに耐えられへんようになってきたんやワン。
おかっしゃんも、ええ年齢やし、あんまり無理したらあかんワン。」

サイちゃん、気遣ってくれてありがとう。
そやなぁ。まだ今は7月。
残暑を入れたら、これから約2か月の間、
厳しい暑さと戦わなあかん。
あんたとリリィーちゃんの弱っていく姿を思い浮かべたら悲しゅうなるけど、
いつも見守ってくれてると思って、
暑さに負けんと、頑張るでぇ~d(゚ー゚*)o
[PR]

# by sai-n.1020 | 2012-07-24 22:39 | Comments(4)

須磨へ

c0049950_2343526.jpg


いきなりの画像ですが、
これ、何だと思います?

バルーンアート?
お菓子?

(「そんな物には見えへん。」という声が聞こえてきそうですが。)

今月の初め、ちょっと遠くへ出かけた時に、こういう物を見て楽しみました。

3回連続、イヤになるほど長い日記が続いたけれど、
今回も、、、長いです。
ごめんなさい!

しかも、内容なんてほとんどなくて、
拙い写真ばっかりなので、
ざぁ~~~っとスクロールして見ていってくださ~い。


一緒に行ったのは、
ma-saちゃん、RUNちゃん、beちゃん、おば関ちゃんの京都組と、
chobiponちゃん、SasukeBooちゃんの神戸組です。


今回は、ma-saちゃん号にお世話になりました。
須磨から湊川付近の工事による渋滞にもさほど遭わず、
神戸組さんが待つ「須磨海浜水族園」に無事到着です。

もうわかりました?
上の写真は、珊瑚です。
え? 言われなくてもわかってた?


はっ。。。水族園の入り口の写真を撮り忘れてた。。。


c0049950_2356756.jpg


中に入って、「うわぁ~。見て見て~♪」と童心に帰って楽しむおばちゃん達は、
撮影もそこそこに、イルカのショーを目指して、
先へ先へと進みます。
水族館に来たからには、やっぱりショーは見ないとね!

c0049950_012896.jpg


この日、いくつかの幼稚園が見学に来ていて、
たくさんの園児達が、会場を埋め尽くしていました。
ショーが始まるまで、テーマソング(?)に合わせて、
振り付け有りの歌を歌って、徐々に盛り上がっていきます。
息子達が小さかった頃見に行った鳥羽の水族館も、こんな風にオープニングがあったかなぁ?


c0049950_420396.jpg


こうして勢いよく飛び上がる度に、
「うぉ~~~~!」と歓声が上がります。

c0049950_14294239.jpg


c0049950_14452695.jpg


c0049950_1522026.jpg


こんな巨体が、一体どうして水上へ飛び上がり、
美しく宙を舞うんやろ~?
それに、どうやって、みんなタイミングをうまく合わせることができるんやろ~?

聞こえているかどうかはわからないけれど、
「すご~~い!」という気持ちを、一生懸命拍手で伝え、
イルカのショーをあとにして、園内を見て廻ります。


こんな風にまったりしているアザラシ。

c0049950_1724444.jpg


おば関ちゃんとma-saちゃんも、このアザラシを撮っていました。

c0049950_17234862.jpg



c0049950_15203853.jpg


こういう場所って、まさに「水族館」って感じがしますよね。
chobiponちゃんの構え方は、さすが板に付いてます。

久しぶりの水族館ということで、嬉しくなり、
ペンギンとか色々撮ったのですが、
「没」が多くて。。。

まだまだ勉強不足ですが、並べていくので、見て下さい。

c0049950_15244126.jpg


c0049950_2126445.jpg


これ、カエルなんですけど、どこに目があるか、わかります?


c0049950_21275293.jpg


c0049950_2130309.jpg


c0049950_21332717.jpg


このタコ、体がどのような向きになってるか、さっぱり、、、


c0049950_21435386.jpg



水槽越しに撮るのは、やっぱり難しいです。

うちでもカメを2匹飼っているので、
水族園でカメを見ると、どうしてもたくさん撮ってしまいました。

c0049950_17145079.jpg


なかなかこっちを向いてくれない。。。

c0049950_17152868.jpg


カメの動きって、本当に面白い!



「海浜水族園」というからには、もちろんすぐ前に海が広がってるわけで。。。

c0049950_21584131.jpg


c0049950_14202465.jpg


でも暑くて暑くて、長い間砂浜に佇むことができず。。。
結局こうしてみんなで写真撮るだけで、この場を去り、
向かうは、ランチのお店です。

c0049950_22543936.jpg


c0049950_21593056.jpg


おっと~!
お店の名前を言い忘れてました。
「OTTO」といいます。
(ごめんね。古い笑いを取ろうとして。。。)

このお店が、雰囲気も、お料理も、両方なかなか良くて、
たっぷり食べて、全員かなりの満腹感を味わいました。


そして次に向かったのは、須磨離宮公園です。

c0049950_2213957.jpg


薔薇が一番美しい時期から少し過ぎてしまっていたけれど、
それでも色とりどりの薔薇が、まだまだ綺麗に咲き誇っていました。

c0049950_23124344.jpg


白い薔薇は清楚で、


c0049950_23134251.jpg


赤い薔薇は、やっぱり情熱的で、


c0049950_23144838.jpg


そしてピンクの薔薇は、その濃さや、周りの花や葉っぱの色によって、随分印象を変えて楽しませてくれました。


c0049950_23195895.jpg


その辺のお花屋さんではお目にかかれないような薔薇にも会えました。


c0049950_23421035.jpg


beちゃん独自のナイスショットを狙って、撮っています。


c0049950_022868.jpg


薔薇に負けないほど美しい関西のおばちゃんマダム達。

薔薇だけでなくて、

c0049950_23262720.jpg


こんな立派なくすのきがありました。

お日さまの光をいっぱい浴びた薔薇もいいけど、
こういう木陰に入ると、涼しげで、ほっとします。

「涼しげ」と言えば、、、

c0049950_2359192.jpg


薔薇が咲き並ぶ真ん中に、こうして噴水があると、
思わず入ってみたく、、、は、ならなかったけどね。

c0049950_045330.jpg


向こう側から、同じく噴水の水面を撮っているchobiponちゃん。


c0049950_0203667.jpg


これは、薔薇を見終わって休憩する前に、もう一度上から見下ろして撮っているRUNちゃん。


c0049950_0373217.jpg


「休憩」というのは、もちろんこういうお店に入ることです(笑)
私は、薔薇ジュース。
向こうに写っているのは、beちゃんのソフトクリーム。

こうして喉を潤し、涼を得た私達は、
ここから近くにあるという「鉄人28号」を見に行くことに~♪

といっても、私、鉄人28号って、知りません。
ほんまやし~~~!
それでも、でっかいらしいから、ワクワク。。。

というより、もうひとつ、ワクワクする理由があったのです。


実は車の中で、SasukeBooちゃんが、
「あそこをまっすぐ行って、、、、(中略)行くと、私の家で~す。」
なぁんて言ったんですよ。
その時私、密かに、
「いやぁ~ん。それならサスケくんに会いたい!
でも、自分から、お家にお邪魔したいなんて、厚かましゅうて言えへんし。。。」
って思ってました。

そしたらね。その願いが通じたのか、
SasukeBooちゃん、帰宅されているご主人に電話して、
鉄人がいるところまで、連れて来てくださるんやて~~~♪

もう全員、一気にテンション上がったよ~!

c0049950_14222124.jpg


こうして、鉄人28号を撮りながらも、
気持ちはもう、「サスケくぅ~~~ん♪」と心待ちで。

そこへ、、、、サスケくん登場~~!

c0049950_14235053.jpg


ありゃ~、なんて愛想のええ子やの~~!

c0049950_1424483.jpg


全員が「サスケく~ん!」「サスケ~~♪」と呼びまくるから、
サスケくん、可哀想に、どのおばちゃんに、どう反応したらいいかわからない様子。
それでも、こうして、おめめ生き生き、若さはつらつで、
きゃわいいぃぃ~~~魅力たっぷり、振りまいてくれました。

c0049950_1427451.jpg


SasukeBooちゃん、サスケくんに会わせてくれて、ありがとう~♪
感謝!



このあと、近くにあった、面白い食材のお店(沖縄産のものがいっぱい!)で買い物をして、
当初からの目的だった、お好み焼き屋さんに入り、
いっぱ~~い、、、、と言いたいけれど、
お昼に食べたイタリアンがまだしっかりお腹の中に居座っていたので、
ま、そこそこ、食べました。
美味しかったです。
写真、ありませんが。。。(ボケボケでしたぁ。)


ふぅ~~~~っ。長い日記にお付き合いをありがとうございました。

今回も、台北旅行に引き続き、
まだちっとも慣れてない一眼レフを持って行ったのですが、
もっともっと勉強しなければ。。。
といっても、もうこの年齢になると、
取説を読んで、じっくり、、、、という根気がありません。
なので、「一か八か」「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」「運任せ」「出たとこ勝負」
という姿勢丸出しの撮り方となってしまいました。
でも、、、、そんな私でも、、、こうしてみんなが撮ってくれていました。

c0049950_1434974.jpg


いつか、、、、
「こうして熱心に撮っただけあって、うまいこと写ってる!」
と、褒めてもらえるような写真を、
せめて、10枚中3枚は写せるようになりたいです。


そうそう、一眼レフをしっかり操るchobiponちゃんが、こんなに実物よりも美しく、撮ってくれてました。

c0049950_14363060.jpg


さっすがぁ~~~~!
まるで、カメラの撮り方のガイドブックの中によくある、
光の取り込み方とかの、「良い例」「悪い例」の、「良い例」に載せてあるような写真やわぁ。



今回も、みんなには色々お世話になりました。
初めての須磨、楽しかった~~♪
みんな~~、ありがとう~!


c0049950_1581819.jpg

                    (2007年11月6日)

「おかっしゃん。物には限度ってものがあるワン。
連続して、日記が長すぎるワン。
長すぎて、ワタシ、あくびが出てしもたワン。
ワタシのこと書いてくれてる頃、こんなに長い日記はなかったワン。
ええ加減にせえへんかったら、こんなして一緒に遊んでくれはる友達、
もう読んでくれはらへんようになるワン。」

サイちゃん、そのとおりやなぁ。
次回からは、簡潔に、短~い日記を目指すわ。
でも、すぐには無理かも。。。
どうしても、喋りだしたら止まらへん性分が出てしまうし。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2012-06-18 22:27 | 風景 | Comments(6)

台北旅行記 ~其ノ参~

なかなか旅行記の続きを更新できないまま、
いつの間にか6月になってしまいました。
考えてみたら、
快適な薫風を味わえるような、爽やかな天気の日、
先月のうちに何日あったでしょう?
あまりなかったですよね?
そしてそんな状態のまま、本日梅雨に突入してしまいました・・・。


「其ノ壱」「其ノ弐」に引き続き、
これから書く「其ノ参」も、
ダラダラ長くなり、読んでいただくのが苦痛かもしれませんが、
私自身の、貴重な海外旅行の記録として残しておきたいので、
ざぁ~~っと目を通していただければありがたいです。


3日目、そして4日目です。
といっても4日目は、早朝に出発だったので、実質台湾ではほとんど過ごしていません。
だから、主に3日目のことを書いていきます。


まずは、ホテルから徒歩で行ける「龍山寺」をめざして、Let's go~♪

c0049950_1575716.jpg


c0049950_1583876.jpg


ここは、「剥皮寮」(ポーピーリャオ)という一角で、
beちゃんが調べてくれたところによると、
清末から日本統治時代にかけての雰囲気を再現しようと整備され、
ギャラリーはイベント会場や歴史教育の場として利用されているらしいけど、
この時間は残念! まだ開いてなかったです。

c0049950_15125134.jpg


この素敵な街並みを撮る3人のマダム達。

そして私は、、、

c0049950_15163578.jpg


ウルトラマン世代としては、どうしてもこういう壁画(?)に敏感に反応してしまいました。


さて、ここからしばらく歩いていくと、たどり着きました。龍山寺に。

c0049950_23164367.jpg


ここは市内で最も歴史の古いお寺だそうで、
朝からたくさんの人が、お供えしたり参拝したりで、
活気あるというと変かもしれないけれど、
やっぱりパワースポットと言われる所以なのかと感じました。

「活気」と言えばこのおばあちゃん。

c0049950_23392972.jpg


ma-saちゃんに一生懸命、身振り手振りで、占いの仕方を教えてくれたんです。
あまりにも熱心に教えてくれたので、敢えておめめを隠していません。
お年は聞かなかったけれど、活気溢れるおばあちゃんでした。
右下の赤いのは、ma-saちゃんが手にしている聖杯です。
まず、ふたつの聖杯を持ち、願い事を唱え、
ぱっと下に落とします。
それが、表と裏になったら、願い事が叶う。。。
そんな感じやったよねぇ? ma-saちゃん。


c0049950_23555987.jpg


このような滝からマイナスイオンを浴びた気になり、
煌く炎を眺め、信仰心の深い台北の人達のように神聖な気持ちになり、
京都のお寺巡りとはひと味もふた味も違った雰囲気を、味わうことができました。


そして次に向かったのは、がらっと変わり、
おば関ちゃんが前もって調べてくれていた、パイナップルケーキで有名なお店。
(すみません。写真無いです。)
そのあと、念願の「小龍包」を食すべく、
最も有名なお店のひとつ、「鼎泰豊」へ~♪

c0049950_22271132.jpg


このお店は、「永康街」という、グルメや衣類・雑貨などの人気店が並ぶ町並みにありました。
列を成すほどの人気店と聞いていたので、
多分入るのは無理かも、、、と半ば諦めていたのですが、
とっても優しいタクシーのおっちゃんのおかげで、
早い目の時間に入店でき、
なぁ~~んにも待たず、しっかり食べることができました。

c0049950_13411215.jpg


最初空いていた店内が、みるみるうちに席が埋まっていったのにはビックリ!

そうそう、このお店のお姉さん達、みなさん綺麗でした。

c0049950_0221267.jpg


キビキビというか、キャピキャピとした対応で、気持ちよかったです。

お店の前でも記念撮影~。
c0049950_13455523.jpg



このあと周辺をブラブラ~♪

c0049950_22343653.jpg


この「圓融坊」というお店は、可愛い雑貨がいっぱい並んでいて、
私達全員、すごく気に入りました。
beちゃん、ガイドブックで、このお店見つけてくれて、ありがとう~♪

そして、そろそろ甘いものがほしくなった私達は。。。

c0049950_22413513.jpg


お店の名前はチェックしなかったけれど、
こういう物を注文できるお店(笑)に入り、
さっきの小龍包を食した時とはまた違った満足感を得たのでしたぁ。
(向こうにあるエッグタルトっぽいのは、ma-saちゃんと分けて食べました。)

で、、、満足感といえば、、、、
ここでちょっと、恥ずかしいお話を披露します。

ご存知の方も多いと思いますが、
台湾では、下水事情が良くなくて、
トイレットペーパーを流すことができません。
置いてあるゴミ箱に「ポイッ!」と捨てるのです。
もちろん、、、、抵抗ありましたよ。
最初の2回は、つい、流してしまったし、、、、(ナイショ!)

それでね。私は泊まりで出かけると、
第一日目は、ちゃんと、、、その、、、、大きい方が出ないことが多いんです。
まして、ペーパーを流せないとなると、
トイレに入った途端気分が凹み、(こういうところは繊細?)
余計にそういう状態がひどくなってしまって、非常に困っていました。

ところがね。このお店に入った途端。。。。
ごめんね。こんなお話して。
突如、トイレを探したくなったんです。
で、注文したあと即、場所を尋ねました(笑)
そしたら、客用のトイレはないようで、
「こっちこっち」みたいな手振りで、
厨房の中みたいなところへ案内され、
すご~~~く生活感溢れるトイレに入ったんです。

そして、そのトイレでホッとしたのか、無事、、、、(以下略)


爽快感た~っぷりな顔で出てきた私は、
その感想をみんなに話そうとしたけど、
上に載せた物を美味しそうに食べてるし、
さすがの私でも、、、それはできませんでした。
(それから1ヶ月以上経ってから、告白したよ~♪)

厨房の奥で、日本人観光客が、まさかこんな風に満足感に浸っていたとは、
お店の人も、気づいてなかったであろう。。。。いや、気づいたか?


はいっ、すみません。こんなネタで時間をとってしまい、恐縮です。


さてさて、これからいよいよ、
この日の最大の目的である、「九份」へ向かいます。

c0049950_23162883.jpg


台北駅から電車に乗って、、、と、この写真を撮った直後に、
今回の旅行最大のアクシデントが。。。

左端に写っているma-saちゃんが叫びました。

「あぁぁ~~~~っ! 切符を金庫に入れて出してくるのん忘れたあぁぁぁ~~~!」

それを聞いた私も、
「うわぁぁぁ~~~~~っ! えらいこっちゃあぁぁぁ~~~!」と反応。

そうです。私達ふたり、ホテルの部屋の金庫に、
大事にしまっていたんです。
1日目に購入した切符を。。。
それを出すのを、すっこ~~んと忘れていた私達。

あまりのショックに、何も考えず、ただ取りに戻ることだけ考え、
ふたりでタクシーに乗り込み、ホテルへ向かいました。
「なんちゅうことやぁ。」
「おふたりに申し訳ないわぁ。」
「気づかんでごめんなぁ。」などと嘆きながら。。。

ところがしばらくして、
冷静なおば関ちゃんが電話してきてくれて、
「電車賃のこと考えたら、時間変えて買い直してもさほど変わらへんから、
すぐ戻っておいでぇ~~。」って言ってくれました。

はぁ~~~。申し訳ないっ。

こんな迷惑をかけたのに、おば関ちゃんもbeちゃんも、決して私達を責めず、
このあとも普通に接してくれたこと、
心から感謝します。
おば関ちゃん、beちゃん、あの時はほんまにごめんね!

「其ノ壱」で、前もって切符を買いに行ったことを、赤い文字で書いた意味、
わかってもらえたでしょうか・・・?

迷惑をかけたことに後悔が残ったけど、
これも、、、残りました。

c0049950_20322561.jpg


使わなかった切符。
記念に残してあります。

教訓その4・・・金庫にしまった物は、必要な時には忘れずに出すこと。



さて、ようやく電車に乗りこみます。

c0049950_22135414.jpg


後ろに写っているのは、車窓から見た風景です。
古めかしいビルですが。


c0049950_23394892.jpg


瑞芳駅に到着です。

ここからまたまたタクシーに乗り、九份方面へ。

c0049950_23511089.jpg


山の斜面にへばりつくような街、九份。
細い路地に入るまでに、クロネコのトラックや、黒いわんこや、
本来の目的物でないものを、まずパシャパシャ撮りました。

c0049950_085059.jpg


ここ、まるで京都の錦市場のような狭さですが、
平気でこんな風に車が通るんですよ。
怖い怖い!

c0049950_14365275.jpg


何か作っていたり、わんこがいたりすると、カメラを向けます。
真ん中の、お店の看板の写真、
よ~~く見たら、私達4人が写ってますよ。
そうそう、この近辺にいたわんこ達、実に自由奔放というか、
気ままに過ごしてる感に満ちていました。

この九份に来たら食べようと言っていた「芋圓」のお店を探し当て、
奥の方にある席に座って、
段々暗くなってくる外を眺めながら食べました。

c0049950_14512463.jpg


量が多すぎて、かなり残してしまった。。。


さて、暗くなっていくにつれ、提灯が灯され、
いよいよ、ここ九份で、目的としていた雰囲気が楽しめる時間になってきました。

さっきから何度も書いている「九份」は、
かつてゴールドラッシュで不夜城になったあと、
金が掘り尽くされるとうち捨てられるという時期を隔てて、
近年、台湾映画「悲情城市」のロケ地となったのをきっかけに、
観光地として復活したそうです。
そしてそして! 日本人にとっては、なんといっても、
「千と千尋の神隠し」のイメージの舞台となったことで、親しまれているところなんです。

慣れないカメラで、頑張って撮ろうと思っていたら、、、
なんと! 無情にも雷雨に遭ってしまいました。

c0049950_2132640.jpg


c0049950_214610.jpg


う~~ん。全然うまいこと撮れへん。。。
こうなったら、見たかった風景を、自分の目にしっかり焼き付けておくしかない?!

そう思った私は、
千尋の姿を目に浮かべながら、
激しい雷雨の中、この独特な雰囲気の坂道をじっと眺め続けていました。


台北最後の夜。
前日の夜市と違って、この日はちゃんと座って食べようということで、
台北駅からほど近いところにある、ショッピングモールのようなビルの中のお店に入りました。

なかなか感じはよかったのですが、
時間が遅かったせいか、注文しようとするもの、品切れが多くて。。。

それでも、頼んだお料理はすべて美味しくて、みんな満足でした。

c0049950_21352046.jpg



このあとホテルに戻り、荷物の整理をして。。。

「目が覚めたら、もう帰らなあかんのやなぁ。」
という、たまらなく寂しい思いをしながら短時間眠ったあと、
あっという間に起きました(笑)

もっといたいけど、真っ暗のうちにホテルを出発~。


c0049950_21492925.jpg


空港に着き、最後のお買い物、「自販機で飲み物」を済ませた3人さん。


そして飛行機に乗り込み、帰路についたのでした。

c0049950_2212105.jpg



滑走路が見えてきて、無事着陸し、
今回の旅行が、大きな事故もなく楽しめたことに、感謝、感謝です。

感謝といえば、、、、
行く前から、向こうの天気がすごく気になっていた私達。
予報を見ると、、、ずっと雨マークが並んでいました。

そこでっ!
おば関ちゃんは、てるてる坊主を作ってくれ、
そしてma-saちゃんは、、、、

c0049950_22241195.jpg


スーツケースに、こんなでっかいてるてる坊主をぶら下げてくれていたのです。
あ、隣りに写ってる翔ちゃんは、残念ながら、お留守番でしたが、、、、

それで、このてるてる坊主のおかげで、
着いた日の雨は大したことがなく、
2日目も曇ってたけど降らず、
3日目は、昼間は晴れ間が出てきた!
九份では、上に書いたように、雷雨だったけどね。

おば関ちゃん、ma-saちゃん、効き目の強いてるてる坊主をありがとう!

てるてる坊主のことだけ、お礼を言っていてはいけません。
ma-saちゃん、おば関ちゃん、beちゃん、
向こうでは大変お世話になりました。
感謝してます。ありがとう!
思い切って行って、本当によかったねぇ~♪




そして、こんな長ったらしい日記を、連続3つ最後まで読んでいただき、
本当にありがとうございました。



c0049950_22515177.jpg

                (2009年4月8日)

「おかっしゃん。やっとこさ、長かった旅行記を全部書き上げたワン。
ワタシやリリィーが行けなくても、
こうしてわん友さん達と楽しんで、、、、って、今回は遠いところまで行ったんかワン?
一緒に行った人に迷惑をかけないなら、
またどこか出かけること、ワタシ許すワン。」

サイちゃん。またまたあんたに感謝しなあかん。
あんたのお蔭で、とうとう海外まで行ってきたで。
あんたを通じて、仲の良いお友達ができて、
その上こうして旅行まで行けたなんて、夢のような話やわ。
ほんまに、ほんまに、ありがとうね~。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2012-06-08 18:46 | Comments(6)

台北旅行記 ~其ノ弐~

GWが明けてしばらくしてから、
まさかの「寒の戻り」(ちょっと大袈裟かも?)が到来しました。
毎年GW中に、ファンヒーターを片付け、
と同時に、扇風機を出す我が家。
でも、この時には、まだ片付けてなかったんです。
忙しいのと、「まだ寒ぅなるんとちゃうやろか?」と思ったのとで。。。
この寒かった日、もちろん使いました。
片付けてなくてよかった~。
あ、流石にもう片付けましたよ。
昨日に。。。(遅すぎ?)


でも、こんな初夏であっても、
夏になったら、しっかり厳暑になるんやろなぁ。



さてさて、今となっては、「遠い昔 夢の世界」になりつつある「台湾旅行」の続きです。
「其ノ壱」が、内容のわりに、ダラダラと単に長いだけ、、、となってしまったので、
今回は簡潔に。。。とは、いかんやろな。
喋りだしたら止まらへん性分なので、
またまた長~い旅行記になりそうです。
イヤになったら、どんどんスルーしてくださいませ。


2日目は、旅費に最初から含まれている「市内観光」で、バスに乗って連れて行ってもらいます。
(どう考えても、これが付いていて、あの旅費は安い~~♪)
この日もどんより曇り空。
でも、なんとか降らずにいてくれるかな?


車内から見て、2日目のこの日もまず驚いたのは、バイクの多さとその運転の荒っぽさ。

c0049950_2358065.jpg


「あんな運転の仕方で、事故ったり、捕まったりしはらへんのやろか?」と思ってた矢先、
おまわりさんに止められているのを発見したのが、左下の写真です。

台湾のみなさま、日本では最近痛ましい事故が多発していますので、
くれぐれも気をつけて運転しておくれやすぅ~。


まずバスを降りたところは、保安宮。
(最初、「保安官」と見えた私。)
医学の神様「保生大帝」が祀られているらしいです。


それにしても、派手~~。

c0049950_0253021.jpg


c0049950_026061.jpg


ここで、長いお線香を持ち、
家族の名前、住所、生年月日、願い事、、、などを心の中で唱え、お祈りします。

c0049950_0273414.jpg


この中に、「ぽとんっ!」って落とす感じで入れます。
熱心にお祈りしている、3人のマダムたち。

このあと、すぐ横にある「台北孔子廟」へ向かいました。

c0049950_0345461.jpg


ここは、学問の神様、孔子を祀ったところで、
京都の「北野天満宮」にあたるのかな?
台湾には、いくつか孔子廟があるらしけれど、
唯一政府が管理しているのは、ここだそうです。

・・・・・と説明ばかり長いのには理由が・・・。

実は私ここで、「しまったぁ~~~。」と焦ったのです。

前日の夜、ホテルでカメラの電池残量を見て、
まだ「FULL」だったから、安心していた私はおバカでした。
上で載せたバイクの写真を撮っているうちに、もう半分に、、、、

この日は、いっぱい撮る場所があるはずなのに、
このままでは、このままでは、、、

そんなことを考えていると、シャッターを押す勇気がなくなり、(意外と小心な面もあり。)
押したとしても消極的で、(「どんな押し方や?」ってか?)
あとで見てみたら、ろくな写真もなく。。。

はい、すみません。そんなわけで、ここの写真は上の1枚だけ・・・(涙)

あ、その代わりに、保安宮で4人揃って写っている写真をどうぞ。

c0049950_124450.jpg


え? そんな写真は要らんって?
今回4人揃って写したのは、これと、あと後ほどのせるもう一枚だけなので、
我慢して見てくださ~い。
ちなみにこれは、ガイドさんと一緒にバスに乗ってはったおばさん女性が撮ってくださった写真です。
「修正してあるん?」と友達に言われたほど、
確かにみんな、綺麗~に写っております(笑)


ささ、気を取り直して次へ行きます。


教訓その3・・・電池はしっかり充電しておくこと。(基本中の基本やん!)


次に向かったのは、お茶セミナー。

c0049950_0503447.jpg


上に載せたお菓子、なんていう名前やったっけ~?
何種類かの烏龍茶をいただきました。
ちょうど喉が乾いてきたので、潤すのにはよかったけど、
次から次と注いでくれはるので、
最後には、お腹がタップンタップンに。。。

そんな状態で次に向かったのは、中正紀念堂。

c0049950_1010869.jpg


「中正」とは蒋介石のことで、
死後、国民の哀悼の意を表すために建設が決まったものだそうです。

銅像や、着用してはった礼服や、愛用車や、、、
いろ~んなものが展示してあったけど、
「ふぅ~~~ん。へぇ~~~。」って感じの反応の4人。

見学を終えて出てきたら、
この日ガイドをしてくださった淑恵さん(日本語上手やった。)がおられたので、
ma-saちゃんのカメラで撮ってもらいました。


さてさて、そろそろお腹がすいてきました。
ってことで、バスは、お昼ご飯を食するお店へ、Let’s go ~ ♪

「梅子餐廳」というお店です。
この日の昼食は、旅費に含まれているので、
自分でメニューを見て、選んで、、、じゃなく、
椅子に座ったら、もうちゃんと、次から次と運ばれてきます。

c0049950_9342424.jpg


ゆっくり味わうというよりも、
ちょっと慌ただしい食事になってしまったけど、
日本人客が多いと言うだけあって、
食べていても、何も抵抗のない、というか、
日本でもよく味わうようなお料理で、どれも美味しかったです。
(慌ただしいゆえ、写真をゆっくり撮ることができなかった。)

ただねぇ。。。

私達は4人で行ったのですが、バスで移動したのはもちろんもっとたくさんの人。
その人達はこの日初対面だったけど、
ここでは、中華料理ならではの、丸いテーブルで回しながら食べる形式(何て言うの?)で食したんですよ。
これって、、、日本ならあり得る?
結婚披露宴とか宴会で、初対面の人とこういうお料理を食べた経験がなく、
友達と一緒にしか食べたことないし、「え?」と思ったけど、
今回は仕方ないよね。
みなさん、ご経験ある?

そうそう、「初対面」といえば、上に載せた、撮ってもらった写真やけど、
本当は2枚組でした。
もう1枚は、バスに乗ってはった人全員で撮ったやつ。
バスの中で隣り合わせで座ってたma-saちゃんと私は、一様に、
「これ、要らんよなぁ?」と同じ気持ち。
で、「こっちの1枚だけでいいです。」と、初対面の人達と撮った集合写真を拒否(笑)
しか~し、beちゃんとおば関ちゃんは、2枚とも買ったらしいです。
・・・・これは何を物語っているのでしょう・・・・?

でも、「なんでこうして食べなあかんの?」って、文句を言ったわけではないですよ~~。
美味しかったから、気持ちよくいただきました!


さて、満腹になった私達が向かったのは、漢方薬店。

そこで、beちゃんは講習を受けたのですが、
他の3人は、足裏マッサージをしてもらいました。

c0049950_2111452.jpg


こんな椅子に座ります。

経験ある方は、あの痛さ、というか気持ちよさがわかると思いますが、
どうやってマッサージしてもらったかは、ここに画像を載せることはできないので、
乙女ちゃんとおば関ちゃんのブログをご覧下さい。
顔は隠してあるけれど、
まさに「痛ぁ~~~~い!」という表情している写真が載せてあります。

私は、「痛い」よりも、「気持ちいい」という気持ちの方が強かったなぁ。
できたら、もっとしてもらいたかったほど。

ちなみに私、「膀胱が弱い。」って言われました。
長男がお腹にいた頃、膀胱炎になったことあるけど、
今も弱いのかなぁ・・・?


足が元気になったところで、
次に向かうのは、忠烈祠です。

c0049950_22221937.jpg


ここには、戦争で亡くなった英霊を祀ってあります。
忠烈祠といえば、衛兵交代が有名です。
なぁんて書いてますが、chobiponちゃんのブログで初めて知ったんやけどね。

c0049950_1425379.jpg



交代兵4人と引率兵1人の計5人が、1時間おきに交代します。
「カチャッ、カチャッ」と軍靴の音が響き、厳粛な雰囲気に包まれます。

c0049950_14552275.jpg


交代の儀式が終わると、これから次の交代までの1時間の間、
このように全く動かず、直立します。
彼らは、厳しい条件をクリアした、エリート中のエリートらしいけれど、
まばたきもできず、こうやってじっと立っていなければならないって、
私の息子が万が一選ばれても(んなわけないけどっ)
なんか可哀想になってしまうわぁ。


この忠烈祠をあとにして、向かったのは、故宮博物院です。

ここは、おば関ちゃんが行く前から、
「母が、『翡翠の白菜』を絶対見るべきやって言うててん。」と言うてはったので、
絶対外せない目的地でした。
ところが。。。。

おば関ちゃんもすでに書いておられるように、
人。人。人。人。。。。。
なぁんと、1日10万人の人が訪れるらしいですよ~。
その「翡翠の白菜」に到達するまで、どんだけ並んだことか~。
万博や(古い話やけど)TDLで並んだことを思い出した。。。

で、ようやくその「白菜」に到達するも、
小さすぎて、人の頭の間からかろうじて見れた程度!

そうそう、ここは撮影禁止なので、
どんなものかわからなくて、イライラするでしょう?

特別にお見せしましょう。。。

c0049950_15174090.jpg


もちろんこれ、本物じゃないですよ。
いつもお世話になっている近所のおばあちゃんに買ったお土産のスプーンです。
先に、こんな風に白菜が付いてました。

こういうお土産物をもうちょっとゆっくり見たかったけど、
もうバスが出る時間に!
さぁ、走るよ~~~~!

もともと付いている観光というのは、
行くべきスポットをちゃんと押さえてくれるのはありがたいけど、
時間に急かされ、やっぱり慌ただしかったかも~。

それでもなんとか無事にすみ、
最後はお土産屋さんで降ろしてもらって、解散です。

この日の市内観光は、慌ただしいとはいえ、色々廻っていただいたことに感謝して、、、

と、のんびりしてはいられません。
まだまだ夜はこれから。
これからが、パワフルなおばさん連中が本領発揮するところ!


c0049950_154342.jpg


ここは、台湾最大の夜市、士林夜市です。
吉田神社の節分や、祇園祭宵山の夜店どころではありません。

c0049950_15221735.jpg


おっ、3人のマダムが、何かいいお店を見つけたようです。

そのお店で、こんな風にお姉さんが作っておられました。

c0049950_152684.jpg


ちょっとドギツイ色に見えますが、これがなかなか美味しかったんです。

c0049950_1531239.jpg


ほらね。美味しそうに食べてるでしょ?


他にも食べた物があるけれど、うまく写ってなくて。。。


その代わりに、こんな可愛い子、写せました!


c0049950_23331958.jpg


今回、わんこを見かけると、「あっ! わんこや!」と、敏感に反応していた私達。
それは、日本を離れても一緒でした。
この子は、ポメちゃんかな?
そうそう、この翌日には、もっとたくさんのわんこに遭遇したので、
次の日記に載せます♪

さて、夜市の次に向かったのは、昼間体験した足裏マッサージに引き続き、
今度は全身マッサージへ。。。

そのお店の名前がすごい!
「豪門世家理容名店」といいます。
「豪門?えっ?拷問?」と、同じことを思った私達。

ここのお店、あの志村けんが、かなり貢献している様子。
なぜなら、店内の何箇所かに、バカ殿のステッカーとか貼ってあったからです。
来店した時の写真も、もちろん貼ってありました。
バカ殿のステッカーの写真を撮り忘れてしまってたけど、
かろうじて、こんな写真見っけ~~♪

c0049950_05133.jpg



私達ひとりにひとりずつ担当のお姉さんが付いて案内してもらい、
部屋に連れて行かれて、、、
いや、本当に「連れて行かれた。」って感じでした。
しかも、「???」な雰囲気の廊下を通って。

でも、入った部屋には、ちゃんといくつかベッドが並べてあり、
安心した~~(笑)

昼にしてもらった足裏マッサージも気持ちよかったけど、
やっぱり全身マッサージは効く!
もうねぇ、めっちゃ痛気持ちよかったぁ~~♪

ここでは、なんと! 「足踏みマッサージ」というのもやってもらいました。
みんなが一斉にやってもらっている様子が見たかったから、
うつぶせになりながら、横をちょいと見上げると、、、
コンタクトレンズを外していたから、あまり鮮明には見えなかったけど、
お姉さんがみんな、私達それぞれの身体の上に乗っかっていて、
ちょっと異様な感じなのが、よくわかった。。。
写真撮りたかったけれど、不可能でした。

ここでは私、「寝不足でしょう?」「右足がちょっと悪い。」って言われました。
当ったり~~~!
って、喜んでる場合じゃないけどね。
確かに、ずっと寝不足。
右足が時々痛む。
なんでわかるんやろ~~~?


すっかり気持ちよくなり、もうあとはホテルに戻って寝るだけ。。。
というような表情の写真がこれです。

c0049950_083973.jpg



といっても、おめめを隠してたらわからんよね?
本当は隠したくなかった。
めっちゃ、満足そうな顔してますよ、みんな。



さて、これで2日目の日程は終了。
あくる日は、どんな楽しいことが待ってるのでしょう。。。



                               To be continued ・・・

念願の
[PR]

# by sai-n.1020 | 2012-05-20 22:41 | Comments(10)

台北旅行記 ~其ノ壱~

やっと咲いたかと思ったら、あっさりと桜は散ってしまい、
気がつくともう5月です。
順調に初夏へ向かうと思いきや、
今年は「春の嵐」の多いこと多いこと!
雨が降ると、もれなく、台風のような強風が付いてくる、、、といった感じ。
何かおかしいですね。この気候。
夏になったら、またゲリラ豪雨に見舞われたり、
次から次と台風が襲ってきたりするのかなぁ。

そして相変わらずバタバタと過ごしている中、
ちょっと現実逃避して一息ついて、
久々の旅行をしてまいりました。

旅行。。。。ほんまに久しく行ってへんかった。。。
息子達を最後にどこかへ連れて行ったのが、いつのことやら・・・。
かれこれ、15年ほど前のことやろか?

行った先は、、、なんと! 台湾。
海外ですよ、海外!
新婚旅行以来の、空の旅!
(えっと、、、28年ぶりになるわ。)

といってもね。
今回選んだのは、HISの台北3泊4日の旅。
(これが実際、「3泊3日」同様だったことには爆笑~。詳しくはまた。。。)
1日市内観光が付いて、(その日の昼食も)
2日朝食付き、燃油サーチャージ込で、
びっくり!34,800円!
こんな安くで行けるんかぁ?と驚きながらも、
「こんな値段やから行けるんや。」と、自分に言い聞かせ(笑)、
毎日の忙しさで「ほんまに行けるんやろか?」と不安を抱き、
PCの「世界の天気」を見ては、ずっと雨マークになっていることに愕然としつつ、
4月18日、出発の日がやってきました。

一緒に行ったのは、いつも仲良くしてくれてる、
ma-saちゃんbeちゃんおば関ちゃんです。


c0049950_18462798.jpg


お名前をこうして記すのは、この写真だけにしておくので、
お顔とお名前、しっかり覚えておいてくださいね。
すでによくご存知の方々は、「何を今さら。。。」って感じかもしれんけど。

c0049950_1683016.jpg


この時点で、わいわい、がやがやなおばちゃん4人。
下の、おひとりで写っているbeちゃんの写真、
評判がよく、褒められたので、(めったにないこと)
載せました~。
ええ笑顔してはるし、隠しとぅなかってんけど。


関空へ行くのは初めてで、
この「はるか」に乗るのも、初めてでした。


さて、ここでちょっとご説明を。。。

今回の旅行に際しては、
すでに2回台湾旅行経験済みのchobiponちゃんに、何かと教えてもらっただけでなく、
海外旅行の達人、おば関ちゃんには、
行く前から(旅費の支払いとか)色々とお世話になり、
本当に、本当に、、、、(ずっと続けたい)助かりました。
もちろん、しっかり者のma-saちゃんや、
何かと私と共通点の多いbeちゃんにもお世話になりっぱなしだったのですが、
特に、おば関ちゃんには、甘えっぱなしでした。

関空に着いて、搭乗手続きのカウンターを探すところから、
早速、ツアコンおば関ちゃんに着いていく私達。。。

搭乗時間まで、免税店内を見て回ったあと、
さぁ、いよいよ乗り込むよ~~~♪

c0049950_16192166.jpg


滑走路が見えてきただけで、興奮状態の私。
「きゃあ~。あの飛行機に乗るんかぁ~~!」ってね。
ところが、旅慣れてるおば関ちゃんは、一言、
「小さっ。あんな小さい飛行機に乗るんかいな~~。」って。

今回利用したのは、ジェットスター。
機内に入ると、確かに狭い。
私の数少ない搭乗経験のうち、ほとんどがジャンボだったし、
第一印象は、「バ、、、バスに毛が生えたみたいな感じやん。」でした。
それでも、滑走路をゆっくりと走り出し、
次第に加速が加わり、離陸した瞬間は、
「あぁ~、やっぱりこの感覚は、バスでは味わえへんわ。」
と思ったのでした。
当たり前やっちゅうねん。

c0049950_16271026.jpg


Vサインは、ma-saちゃんのおてて。
機内から見えた雲の写真は、
帰りの方が面白いのが撮れたので、
また改めて、見てもらいますね。


「こんなでっかいのが、よぅまぁ空を飛ぶもんやわ。」
と、昭和初期の人間みたいなこと思って3時間ほど過ごし、
無事、台湾桃園国際空港に着きました。

空港で出迎えてくださっていた、HISの現地係員のお兄さんが、バス乗り場まで連れて行ってくださって、
他のツアー客の皆さんと一緒に、乗り込みます。

雨は確かに降っていたけど、さほどきつくなく、
この時には外を歩くこともないので、傘を出す必要はありませんでした。
ふぅ~、助かったぁ。


バスの中から初めて見る、台北の街。
まず驚いたのは、バイクの多さ。

c0049950_16455710.jpg


ここには1台しか写ってないけれど、
バスや車の間を、しっかりスピードあげて、
うま~~く通り抜けて突っ走って行きます。
その様子は、翌日撮った写真で、また見てもらいますね。

まず免税店に寄り、
そしてそのあと、何箇所かホテルを回って、
私達が泊まる、「新仕界大飯店」(ニューワールド ホテル)に到着。

なんせ、上に書いたような旅費なので、
デラックスなホテルは望めません。
ビジネスホテルって感じやったけど、清潔感はしっかりあったし、
寝泊りするだけなら、全くOKです。

ホテルのエントランスにも、特に何も感じなかったせいか、
全く写真を撮り忘れてました。
考えてみたら、ホテル全体を、外からしっかり見てへんかった。
あっ、でもこれがありました。

c0049950_20414445.jpg


パンフレットです。
へぇ~。こんなんやったんか。
古めかしい外観で、ちょっとびっくり。。。


さて、この日の予定を決めるのに、お部屋で相談です。

c0049950_16534940.jpg


ここは、beちゃんとおば関ちゃんのお部屋。
ma-saちゃんと私がお邪魔したよ。


しばらくこうやって話し合って、
さぁ、ホテルを出ますよ~。
のんびりしすぎていたら、あっという間に時間は過ぎていってしまいます。


さて、今回のこの旅行には、2日目に市内観光が付いていて、
「九份」へは、3日目に行く予定をしていました。
「九份」が、どういうところなのかは、また後日説明することにして・・・。
で、そこへ行くのには、前もって指定券付きの切符を買っておいた方がよいと、
chobiponちゃんからのアドバイスがあったので、
この日はまずそうしようということで、台北駅に向かいました。
(なぜ、赤い字なのか、、、それは今の時点では「?」のままにしておいて下さい。)

おっと、その前に、ちょっと乾いた喉を潤すべく、
ちょうど目の前にあったお店に立ち寄った私達。

c0049950_17344557.jpg


こんなものを飲みました。
えっと、、、なんちゅう飲み物やったっけ? 忘れた、、、

そして駅へ向かいます。

c0049950_17225363.jpg


なかなか賑やかな街並みで、
そうかと思ったら、、、、

c0049950_17372295.jpg


こんな洋風の赤煉瓦の建物が。
これは、「西門紅楼」といって、
1908年に公営市場として建築された建物らしいです。
リニューアル後は、展示や喫茶、ブティックなどに利用されていて、
劇場も入ってるそうですよ。


c0049950_1849435.jpg


ホテルから最寄り駅である、MRT「西門駅」から乗るところです。

このMRTを利用するには、
「トークン」という、青いプラスチックの切符を買います。
それには、ICが組み込まれていて、
改札を通る時にはセンサーにタッチし、
出る時には、投入口に入れます。

・・・・って、その「トークン」の写真を撮り忘れた。
そんなんばっかりやん。


MRTの台北駅から、台湾国鉄の台北駅まで、
これがなかなか辿り着けなくて。。。

ツアコンのおば関ちゃんと、一番若いma-saちゃんがさっさと前方を歩くあとを、
beちゃんと私が、「金魚のフン」のようにして付いて行きます。


あの~、おば関ちゃんとma-saちゃん、
途中「後ろの二人、どこへ向かってるか、わかって着いて来てるんやろか?」
ってヒソヒソ言うてたのを、聞き逃してへんでぇ~。
それに、ちゃんとわかってたでぇ~。



とにかく、駅構内が広かった!

c0049950_22215636.jpg


京都駅や、えっと、、、東京駅(そんなに知らんけど)とか、
比べものにならんほど、ダーッとどこまでも続いてる感じです。
それでもようやく切符売り場に到着!

c0049950_22245242.jpg


こんな風に3人を撮っているということは、、、
そうです。私はすっかり任せてました~。
おば関ちゃんは、この時切符を買うために、
行き先、枚数など、ちゃ~んとメモに書き、渡すように、準備してくれてたんです!
ほんま、行き届いたお姉さまやわぁ~。


こうして無事に購入した切符(自力じゃないけど)をしっかりバッグに納め
(またもやこの部分、赤い字ですね。)
次に向かうは、台北101です。


MRTが安いのはわかっていたのですが、
タクシーもまた、日本に比べてすごく安いので、
「4人で割ったら、もっと安ぅなるやん!」
と、迷わずタクシーを拾う私達。
どれだけ安いかというと、
初乗り料金が、70元。
日本円にして、約210円!
あり得へんでしょう~?

安いってことで、タクシーはありがたい交通手段だったのですが、
問題は、、、
上にも書いたけど、危険な思いをしなければならないこと。
バイクが素早く駆け抜ける中、
車も、そのバイクに負けないようにと、
意地になってスピードいっぱい出して、走るんです。
毎回助手席に座ってくれたおば関ちゃん、
私達よりも怖い思いさせて、ほんまにごめんね。


さぁ、台北101に着いて、、、
あ、しもた。また全景を写すの忘れた。。。
というのは、入り口を探すのに、ちょっとばかり時間がかかってしまったので。
それに、まん前でタクシーを降りて、
101階もの超高層ビルを下から見上げて(しかも夜に)撮るのは、かなり困難。
なぁんて、言い訳していてはいけません。
どんな状況であれ、ちゃんと撮るべきでした。

3日目に、タクシーの中から撮ったのがあるので、
見てもらおうっかなぁ。

c0049950_22381784.jpg


あ、あかんわ。
ガラス越しなので、変な物が写ってるし。
それに、この写真では、
どれだけ超高層なのか、ちぃ~~~~っとも伝わってこない。

この写真、全く意味がなかったです。
でも、こういう感じの建物だったということだけ、見ておいてくださいね。

展望台から夜景を見る前に、まずは腹ごしらえです。
ってことで、ここでまたchobiponちゃんの行動を参考に(笑)
このビルの4階に、美味しいお店があるということなので、
それを探す、、、、が、、、、
無い!
エレベーターに乗り、「ここやろか?」と回っても、
「あれ? ここって、さっき来たとこやん。」と、
まるで迷路の中にいるみたいな私達。

挙句の果てに、案内嬢のお姉さまに聞いてみたけど、
その案内に従って辿り着いたお店は、高級店。。。(汗)
どうやら、chobiponちゃんが行かはったお店は、
もう今はないのだろうということで。
「京都でも、ちょっと見ない間に、お店が変わってるしなぁ。」
なぁんて、私なりの納得をして、
結局落ち着いたのは、地下のフードコート。

あ、こんなんで、ええねんええねん。
安いし、美味しそうや~ん。

と、散々色々迷って選んだのが、こんな料理。

c0049950_2323687.jpg


えっと、、、、なんていうお料理やったっけ~?
野菜たっぷりで、ひとつひとつ、美味しかったのですが、
なんせ量が多すぎ!
スープなんて、「底が無いんか?」って思うぐらい、
飲んでも飲んでも減らへんかったし。。。
もったいないけれど、残させていただきました。

実は私、このあたりから、すっごい睡魔に襲われてきて、、、、

考えたら、家でいつも「うたた寝」をする時間だったのです。

「へっ? 海外にまで来て、普段通りうたた寝するんかいっ?」
って、お叱りを受けそうですが、
旅行の準備を、前日の夜遅くギリギリまでかかってやっていたので、
どうしても、睡魔に勝てず。。。

それでも、超高速のエレベーターに乗り、展望台から夜景を見ると、
少しは目が冴えてまいりました。

c0049950_23261131.jpg


この日は天気がよくなかったので、
残念ながら86階まで。
(おば関ちゃんは、「89階」って書いてはる。どっちやろ?!)
下に見えているのが、普通の高層ビルです。
それが、こんなに下に見えるってことは、
やっぱりこのビル、とてつもなく高いということになりますよね。
この夜景、実際はもっと綺麗なんですよ~。
カメラの腕が悪くて、ごめんなさい。

そうそう、今回、ちょっと訳あって、
大きいカメラを持って行ったんです。
めったに使わない、不慣れなカメラを。

即席で、説明書とか見てたのですが、
もともと理解力に欠ける私は、すぐに使いこなすのは無理~。
大きいカメラを持って行くからには、
ちゃんと勉強しておかないとね。

これ、今回の旅行で得た、教訓その1です。

さてさて、私を襲ってた睡魔ですが、
再び悪さをしだしてきて、
私以外の3人が、何やら冷たいものを買って食している間、
椅子に座ったまま、じっと目を閉じて、休んでおりましたzzz…


c0049950_23334555.jpg


そして、家でうたた寝をしている時と同様、
「はっ。」と目覚めてからは復活し、
ホテルへ戻ったのでした。



c0049950_1724720.jpg


自分の泊まった部屋の写真を、うっかり撮り忘れていたのですが、
こうやって、ma-saちゃんがしっかり撮ってくれてました。
ma-saちゃん、謝謝!


翌日は、市内観光が待ってるし、早く寝ないと~~~。

なぁんて思いながら、ベッドに横になった途端、
まさに、「バタンキュー」状態で、眠りについた私でした。


あ、そうそう。
きょうの日記で、「撮るの忘れてた!」というのが多すぎますね。

教訓その2・・・目に入ってきた、珍しいもの、興味のあるものは、とにかく何でも撮る。

この教訓、ちゃんと生かさないとね。



最後にいつも、サイちゃんがつぶやくのですが、
「旅行記最後につぶやくワン。」と申しております。



                             To be continued ・・・

昨日は
[PR]

# by sai-n.1020 | 2012-05-04 07:27 | Comments(12)