夏の終わりに

ブログを始めた頃は、ほとんど毎日、サイのことを書いていた私が、
最近すっかりサボり癖がついてしまっています。
ところが、 先月に続いて、かろうじて2回目の更新ができそうです。

前回の記事にも、今年の夏の激しい天候のことを書きましたが、
今までとはスケールの違う被害を及ぼす、とんでもない豪雨が、全国を襲っています。

特に広島の惨状を見ていると、震災の時のごとく、
自分達が普通に生活していることのありがたさ、
被災者の人達に何もしてあげられないもどかしさを感じてしまいます。
救助作業にあたっておられる人達も、本当に大変だと痛感します。

少しでも作業が進み、避難されている方々の生活が、すぐに元どおりとはいかなくても、少しずつ改善していくよう、ただひたすら祈るのみです。



もう2週間も前のことですが、今年も、大文字送り火が無事行われました。

この日、ちょうどその1週間前に台風が接近した時と同じように、
ひどい豪雨に見舞われました。

c0049950_11585620.jpg


これ、前回の記事に載せた写真と同じ日に撮ったのではありません。
送り火の日、ちょっと雨が止んだ時に、急いで散歩に出かけた時の写真です。

c0049950_17131625.jpg


毎日散歩中に見る「法」の山。
火床が準備されているのが見えます。
この時点で、まだ大雨警報が出ていたので、
本当に行われるんやろか?と、半信半疑でした。

でも! 送り火に携われている人達の「絶対にきょうやるんや!」という強い願いが天まで届き、点火時間には、ほとんど雨が止んでいました。

c0049950_125743.jpg


すべてスマホで撮り、ブレブレですが。。。

あれほど悪天候だったのにもかかわらず、こうして無事に点火されたのです。
関係者の方々と、ご先祖の御霊(みたま)の思いがひとつになったありがたさを強く感じ、例年よりも今年の送り火は、特に感慨深いものとなりました。

送り火が終わったあと、しばらく蒸し暑い日が続いたので、
また梅雨に逆戻りかと思っていましたが、
月末になり、急に秋めいてきました。
来月になれば、また暑の戻り(?)が来るものの、
去年よりかは、秋の訪れは早いそうです。
もう今年の夏も、終わりですね。



さて、全く話は変わりますが。

最近知人が、相次いで介護認定を受け、
サービスを受けるようになっておられるんです。
また身内でも、以前よりも「老い」を感じるようになったり、
病院で診察を受ける機会が増えたりするので、
自分自身の老い先を考えるようになってきました。
数年前までは、こんなこと考えもしませんでした。
約8年前に母が亡くなり、そのあと父や、サイやリリィーや、親戚など、
次々と見送っていくうちに、
私は一体、どんな風に老いぼれて最期を迎えるんだろう。。。なぁんて、思い巡らしてしまうのです。
普段アホなこと言って笑ったりしていても、ふと我に返ると、
色々考えてしまうんです。

両親みたいに、オムツの世話をしてもらったり、
車椅子や、訪問入浴のお世話になるんやろか?
将来の息子のお嫁さん(一生来てもらえないかも?)の世話になんて、なりたくないなぁ。
それなら、いっそのこと、心筋梗塞とかで、ぽっくり逝った方がいいのかなぁ。
誰にもお世話になりたくないし。

かなり暗い話題ですが、
こんなこと考え出すと、身の回りをそろそろ片づけなあかんやろか?とか、
そんなことにまで飛躍してしまいます。

でもその反面、リリィーちゃんが縁で、ずっとお世話になっているおばあちゃんを見れば、こんな甘いこと言ってられない!と自分に言い聞かせ、活を入れたくなります。
そのおばあちゃんは、なんと今年の夏に90歳になられたというのに、
お独り暮らしで、何の介護サービスも受けず、
ご自分のこと全てご自分でされていて、
(それどころか、お手製のおかずをくださったりする!)
余裕たっぷり、ゆったりと過ごしておられます。
ご主人に先立たれ、多分30年ほど経ってると思うのですが、
実に、人生を楽しんでおられるという印象です。
「〇△さん、憧れやわぁ。」って、いつも話しています。

人生何事も、前向きでなければなりません。
将来のことを心配することも大切だけれど、
一日一日を大事に過ごし、次の日を迎えらえることに感謝すれば、
自然とポジティブに生きていくことができる!

頭の中で、考えが、こんな風に行ったり来たりするけれど、
最終的には、プラス思考にたどり着ければいいなぁと、
そんな自分でありたいと、日々祈りながら過ごしています。


c0049950_1346454.jpg


ここには書けないけれど、悩み事はてんこ盛り!
でも、璃子のこんな様子を見ると、
自然と笑顔になれるし、気持ちは明るくなります。
璃子の存在に、感謝しないと!


あっ、この子がいたから、今私には璃子がいるんやわ。
c0049950_13484147.jpg

              (2007年8月)
 

「おかっしゃん。もともと気楽な考え方しかせえへんのに、時々考えんでもええことまで悩んでしまうのが、悪い癖やワン。
ワタシも、あのでっかかった子も見守ってるんやし、
おかっしゃんは、今のこと考えて、人生楽しんでいったらええんやワン。」

サイちゃん。悩んでも解決せえへんことってたくさんあるわ。
解決するように念じて、プラス思考でいくね!
[PR]

# by sai-n.1020 | 2014-08-31 13:50 | 風景 | Comments(6)

残暑お見舞い申し上げます。

体温を軽く上回るほどまで、最高気温を記録したかと思ったら、
台風が列島を横断し、暴風雨が襲ったりと、
今年の夏もなかなかの激しさを発揮し、
ますます亜熱帯に近づいてきたなぁと感じるきょうこの頃です。

しかし実際は立秋もすんだし、少しでもいいから、秋に近づいてほしいものです。


前回の日記では、祇園祭を記事にしましたが、
先月末の、こちらでの風物詩を、やはり載せておきたいと思います。

ここ数年必ず参加している神事です。

c0049950_15452489.jpg



毎年お馴染み、下鴨神社での「みたらし祭」です。
またまた、ma-saちゃんと行って来ました。

今年はねぇ。。。ちょっと最初しくじったというか。
土曜日に、まず行ったんです。
そしたらね。
混んでることは想像していたけど、想像以上で。。。(-_-;)
それはそれは、すっごい行列で。
遠くから来ている人なら、そのまま並んでおられたと思うけれど、
なんせ私達は地元民。
「出直そっか。。。」と、この日はそのまま帰宅。

そして、最終日に再び行ってまいりました。


c0049950_15482932.jpg



みたらし祭について、今更ですが、一応説明を。

下鴨神社の御手洗池の湧き水に足を浸け、罪、けがれを祓い、無病息災を祈る神事。
平安時代の貴族が、季節の変わり目に禊をして、罪や穢れを 祓っていたものがはじまりと言われています。

浸かる直前、前の方の人が一斉に、「うぉ~~~! 冷たい!」と叫びます。
そんな声を聞き、覚悟をしながら恐る恐る浸かると、やっぱり冷たい!
足の感覚がなくなるような、しびれのような、そんな感じを味わっているうち、
次第に足が慣れてきます。
すごく気持ちがいいので、この季節には絶対おすすめの神事です。


祇園祭や、みたらし祭がすみ、
いよいよ大文字送り火の日が近づいてきたなぁと思っていたところ、
台風11号が、直撃に近い状態で、襲って来ました。

台風って、わりと夜中のうちに通り過ぎることが多いのですが、
今回は、日曜の早朝から昼過ぎ頃に、一番接近しました。
かなりの風雨に見舞われましたが、夕方になると雨が止み、
なんとか川原へ散歩に出ることができました。

c0049950_1503530.jpg


c0049950_1511926.jpg


こんな川を見ると、去年の渡月橋周辺の被害を思い出します。
今回も、避難勧告が出た地域があります。

私達は、日常の中で、自分の健康や家族のことなど、
あらゆる所で、神様に手を合わせ、祈願する機会があるけれど、
自然は、時には人間の心に反して、思いのままに動き、暴れ出したりします。
そんな自然に逆らうことはできませんが、
少しでも、被害が少なくてすむように、
これからまた台風が発生、接近しても、そう願いたいものです。


台風が来る少し前に、いつもの散歩道である川原で、
なんと!3頭の鹿に遭遇しました。

c0049950_16154963.jpg



以前日記に載せたことのある、璃子の第2のボーイフレンド(笑)のライちゃんのお母さんが、夜遅くに散歩させておられた時に、な、な、なんと、、、、

12頭の鹿が歩いていたそうです!

いやぁ、見たかったわぁ。



c0049950_1619564.jpg



璃子、間もなく我が家の娘になって、2年が経とうとしています。
まだまだやんちゃもするけれど、
かなり落ち着いてきたかな?


c0049950_16223525.jpg

             (2006年8月)
「おかっしゃん。今年も、Jyollyくん&翔ちゃんのママと、足を浸けに行ってきたんかワン。
ワタシ、夏になると、こんな風にサル顔になること多かって、
いつもおかっしゃん、笑って写真撮って、失礼やったワン。
そのやんちゃな子は、サル顔にはならへんのかワン?
もしなったら、ワタシ思い切り笑ってやるワン。」

サイ子~。あんたのサル顔、ほんま面白かったなぁ。
璃子は、あんたみたいに、ゴソッと抜けたりせんと、
年中ふわふわ抜けるねん。
あんたの背中が地図みたいに禿げてたん、めっちゃ懐かしいわ。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2014-08-11 14:44 | 風景 | Comments(4)

祇園祭

厳暑、酷暑お見舞い申し上げます。

最高気温が、体温を上回るということが、日常茶飯事になってきています。
でも、まだ8月になっていません。
これから1か月以上、この暑さと戦わなくてはなりません。
水分補給に気を配って、熱中症対策につとめ、
今年の夏も乗り越えていきたいものです。


さて、京都では、三大祭のひとつ、「祇園祭」が催されています。
祇園祭は、平安時代に流行した疫病退散を祈願した祇園御霊会(ごりょうえ)が始まりだと言われています。
クライマックスである「山鉾巡行」はすみましたが、
すべてが終わるのは、今月末です。

今年の祇園祭は、大きく変化しました。
49年ぶりに、後祭が復活し、幕末の蛤御門の変で焼けて失われた大船鉾が、150年ぶりに巡行に復帰したのです。

今まで何度か巡行を見に行っていましたが、
今年はその「大船鉾」を絶対見たい!と思っていて、
まず、後祭の宵山の23日に出かけました。
とはいっても、昼間でなく、夜の10時半頃を目指して。

なぜかというと、、、

南観音山で行われる「あばれ観音」を久しぶりに見に行くのが、最大の目的だったからです。
これが始まるのが11時過ぎ頃。
それまでに、まず大船鉾を見に行きました。

c0049950_153238.jpg


さすがに遅い時間だったので、大勢の人がごった返すという感じではありませんでした。
それでも大船鉾の回りは、そこそこの人だかり。
しかも、南行きの一方通行で歩かなければなりません。
写真を撮ろうと立ち止まろうとすると、
「後ろからどんどん歩いてこられるので、立ち止まらないように!」
と警備の人の声が。。。
う~~ん、これではブレて、ちゃんと撮れへんやん。

c0049950_154435.jpg


なんとかこれだけ撮りました。
装飾品はまだ未完成で、白木のままですが、
寄付を募って、金箔や漆で装飾を施した完全復興を目指しておられるそうです。
確かに、もともとある「船鉾」の方が、豪華絢爛という印象ですね。
これから年々装飾品が加わっていくのも楽しみです。


さて、南観音山へ向かいます。
その手前に、北観音山がありました。
c0049950_846425.jpg


ちょうど、日和神楽がお囃子を響かせながら、回っているところでした。

北観音山の日和神楽 

何度か宵山に来ているけれど、こういうものに遭遇したのは初めてでした。

さてさて、いよいよ南観音山へ。

c0049950_8471933.jpg


やっぱりたくさんの人が集まっています。
しばらく待っていると、ようやく中から観音様が出て来ました。

c0049950_8481524.jpg


御神体の楊柳観音像が、布を被せられ、紐でぐるぐるに巻きつけられています。

さぁ、始まりました!

c0049950_848542.jpg


何年か前に見に行き、ここにもupしたのですが、
エキサイトさん、当時の動画ツールを止めてしまわれて、、、
今は見ることができません。

あまり綺麗に撮れてないけれど、見て下さいね。

南観音山のあばれ観音

担ぎ上げられる観音様


山鉾の、荘厳で雅な雰囲気とは違い、
ちょっと手荒で迫力あるこの神事。
見ていると、なぜか笑ってしまう~。

このあばれ観音の由来、以前も書いたかもしれないけれど、
いくつか説があり、そのうちのひとつが面白い!

「南観音は北観音が好きで好きでたまらない。そのまま巡行を迎えると、暴走してしまうかもしれない。そこで、前日の夜にあばれさせて、心を静めさせ、巡行の間は静かに座って頂く。」

こういうことだそうで。。。
ね? 面白いでしょ?
それで私、てっきり、南観音山が男性だと思っていました。
そしたら逆!
南が女性、北が男性。
びっくり!(@_@。
南観音山って、情熱的やったんやなあ。

以前、このあばれ観音を見に行った翌日の巡行も、見に出かけたことがあります。

最近、身内を含め、知人など周りで老いていく姿に直面し、
私自身も、どんどん老けていくんやろなぁと実感するきょうこの頃、
来年行けるかどうかわからないし、
この日の翌日の24日、後祭の巡行も、見に行って来ました~。

しかも、このくそ暑い中チャリで。。。

復活した大船鉾を含め、10基のみの巡行です。
烏丸御池を出発し、前祭と逆方向に進みます。
選んだ観覧場所は、河原町御池。
ここは広々としていて見やすいのですが、
すでにたくさんの人が見に来られていて、近くまでは行けません。
角にある駐輪スタンドに登って、
10×20ほどの小さい上部に、でっかいお尻を乗せて、
何とか撮影できる体勢に。。。

でも、持ってたのはスマホのみ。
そんなにでっかくは拡大できないし、巡行してくる山の細部までは撮れません。

c0049950_1043317.jpg


下の写真は、報道カメラマンのためのスタンド。
いいなぁ。あんなところで撮れるなんて。


ラストを飾るのは、大船鉾。
ほ~ら、やって来たよ!

c0049950_10441811.jpg



上にも書いたように、まだ未完成とはいえ、
堂々たる姿です。


またまた見にくいけれど、動画も見てください。


大船鉾辻回し



あとでわかったことですが、
鉾の前に乗り、扇子を振り回しておられる方のおひとりが、
なぁんと、知人でした。
こういう歴史ある伝統行事に関われるって、いいなぁ。
もし私が男なら、曳き手のボランティアとして、絶対参加していたと思う!

祇園祭って、知れば知るほど、奥の深さを感じることになりそうです。
たとえば、山のひとつひとつにも意味があったり、
巡行以外にも、色々行事があったり、、、


来月には、大文字の送り火があります。
暑い中、行事が続きます。
始った頃に比べ、暑さの厳しさは年々増し、
亜熱帯での行事のようになりつつあります。
携われる方も、見物される方も、
くれぐれも、熱中症に気をつけていただきたいものです。


c0049950_1052233.jpg


この暑さで、すっかりダウン気味の璃子。
時々吐くことがあるほど。
昼間は、ほとんど寝ているようです。


c0049950_111898.jpg

             (2006年7月)

「おかっしゃん。今年は頑張って見に行ってきたんやワン。
行事を楽しむのは、ええことやけど、
もう若くないんやし、無理はせえへん方がええと思うワン。」

サイちゃん。ありがとう。
こういう行事に接するとなぁ。
あんたがいた頃のこの季節は、どんな感じやったやろうとか、
ついつい考えてしまうわ。
今、クーラーのきいた部屋で璃子が寝てる姿見てると、
あんたに悪いことしたなぁって、思ってしまう。
サイちゃん、外飼いやったしなぁ。
あの頃の暑さは、今ほど厳しくなかったけど、
あんたも部屋で飼ってたら、もっともっと心を通わせることができたんやろなぁ。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2014-07-27 23:46 | 風景 | Comments(8)

梅雨の日に遠出

あっという間に7月に入りました。
7月と言えば、祇園祭。
今年は後祭もあり、大船鉾が復活し、
今までとは違った巡行になりそうです。


さて、私がこのブログを始めて、なんと9年が経ったのですが、
ブログを通じて知り合いになったわん友さん達やわんこ達に、何度か会う機会がありました。
そして先月の末に、この子に新しいお友達を紹介してもらって(笑)、
すごく楽しいひと時を過ごすことができました。

c0049950_0443915.jpg


毎度お馴染み、翔ちゃんです。
またまたma-saちゃんの車に乗せてもらって、向かった先は、奈良県にある「大和民俗公園」です。
この民俗公園は、わんこOKなんです。

そして、「はじめまして~!」の可愛い子が、こんな感じで登場!

c0049950_0474015.jpg


黒柴くまちゃんです。
通称くーちゃん。めっちゃ可愛いでしょ?

飼い主さんは、落ち着きの無さを嘆いておられたけれど、
璃子に手を焼いていた頃に比べたら、問題なし!大丈夫!

c0049950_051813.jpg


3匹は、ちゃんとこうして喧嘩もせず、仲良く過ごしていました。


この公園内には、「古民家」というのがありまして、
そこを目指してテクテク歩いて行きました。


c0049950_0582282.jpg



c0049950_12345.jpg



3匹がきちんと並んだところを撮るのは、至難の業!
これが精一杯?


c0049950_0513382.jpg


この写真の上の方の部分、なんて書いてあるか、わかります?
「柴置き場」やて!
本当の意味はわからないけれど、
ここで愛犬と一緒に撮らないわけにはいきません!


この日の天気予報では、昼過ぎから雨。。。
でも、私達がこの公園を歩いている間は降らず、
太陽が少し顔を出したかと思ったらまた雲に隠れ、
耐えられないほどの暑さではなかったので、
この時期としては、わんこと飼い主にとっては、ラッキーなお散歩日和となりました。

ma-saちゃん、車に乗せてくれてありがとう~♪
くーちゃんの飼い主さん、今度は京都まで来て下さいね!


c0049950_2146813.jpg

             (2006年6月)
「おかっしゃん。ワタシも翔ちゃんのお母さんの車に、何度か乗せてもろたワン。
ワタシは、おとなしゅうしてたけど、
そのやんちゃな子、落ち着きがなかったんと違うかワン?
でも、ワタシとちごて、誰とでも仲良ぅできるのは、褒めるべきやワン。
ワタシやったら、初対面の子には絶対ガウガウしてしまうワン。
それだけは、ワタシよりもその子の方がお利口やワン。」

サイちゃん、思い出すわ。
翔ちゃんの車に、あんたも乗せてもろて、
御所やら連れて行ってもろたなぁ。
これから、璃子と色々出かけて、思い出つくっていくけど、
あんたと楽しんだこと、絶対忘れへんしなぁ。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2014-07-08 22:03 | 璃子 | Comments(5)

6月と言えば~♪

またまた久しぶりの投稿です。

梅雨に入っていますが、こちらでは空梅雨です。
今のところ、降っても少し。
昨晩からは、ちょっとまとまって降ったかなぁ。
でも、関東など、大雨に見舞われている地域もあるようです。
全般的に、量もまんべんなく、適度に降ってくれるといいのですが……。



昨夏には、散歩道の川原で、何度も鹿に遭遇しました。
先日、今年初めて見かけました。

c0049950_1201115.jpg


向こう岸のちょっと手前だったので、離れていて、
少し見にくいかな?
昨年には、親子をよく見かけたけど、この子も小さくて子供ですね。

「小さい」と言えば、この間、すごく小さい動物に遭遇しました。
すばしっこく、弾むように走っていました。
あの子、何ものやったんやろう?
イタチかなぁと思って調べたけれど、尻尾はそんなに下がってなくて、リスのように上を向いてました。
そう、まるでリスみたいだったけれど、まさかねぇ。。。
写真を撮りたかったけれど、あまりにも動きが早くて、
カメラを構えるのに間に合わなかったです。
今度遭遇したら、絶対に撮るぞ!


さて、梅雨に似合うお花と言えば、やはり紫陽花が思い浮かびますが、
この間、今まで見たことのない、「紫陽花畑」のようなスポットへ行って来ました。

市内の西の方にある、「善峯寺」です。
ma-saちゃんの車に乗せてもらって、RUNちゃんとbeちゃんに案内してもらいました。

c0049950_1334255.jpg


小さく写っているブルーやピンクのお花が紫陽花です。
この写真では、なかなか伝わらないですが、
本当に、紫陽花だらけ~な状態でした。

c0049950_1352749.jpg


c0049950_1403642.jpg


この日は、時折小雨が降っていましたが、
いつも傘を差さなくてはならないという程ではなく、
それになんといっても涼しくて、
紫陽花鑑賞には、もってこいの天気でした。

このお寺へ行く前に、一度は行ってみたかった所へ、RUNちゃんの案内で寄って来ました。

大原野荘です。
ここは、RUNちゃんちの舞ちゃんと、我が家初代のわんこ、サイの犬舎。
「開いてへんと思うし、前から見るだけになると思うわぁ。」と、RUNちゃんが言ってたけれど、ラッキーなことに、開いてたんですよっ!

c0049950_1453710.jpg


かなりワイルドに飼われていました(笑)
どの子も可愛くて、「一匹ぐらい連れて帰っても、わからへんやん。」って思ったけれど、さすがにできませんでした。

こんな犬舎に行くと、コロスケさんのところへ、璃子を連れて行ってみたくなりました。
もし連れて行ったら、璃子は思い出すんやろか?
蓮華母さんと熊五郎父さんを見て、どんな反応を示すのかなぁ?


そうそう、この日食べたランチとスイーツの写真も載せておきます。

c0049950_14965.jpg


「カフェ・ルージュ」っていう、家庭的なフランス料理屋さんでした。
右下のスイーツは、あとで行った「小倉山荘」で食べたものです。
このランチがねぇ。。。めっちゃ美味しかった!
下は前菜。載せてないけど、スープと食後の飲物、そしてバケットも付いてました。
これがアツアツで美味しかったんです。
もちろんお料理も!
これで、なぁんと、税込みで1080円!
このお値段で、すごく値打ちがありました。


最後に柳谷観音へも紫陽花を見に行き(時間がなく、スマホの電池もなく、写真は省略!)充実した1日でした。
ma-saちゃん、車の運転ありがとう!
そして、RUNちゃんとbeちゃん、案内してくれてありがとう!

この6月で、忘れてはならないのが、昨日の21日という日。
璃子の2歳の誕生日でした。

相変わらずバタバタと慌ただしく過ごしている私を、
いつも笑わせてくれたり、癒してくれたりしている璃子に、
その感謝の気持ちを込めてプレゼント!

c0049950_1573480.jpg


あ、もちろん、私の手作りではありません!

最近、めっきりお姉ちゃんらしくなってきた璃子。
家の中ではいたずらもするけれど、
外ではすっかり落ち着いていて、他のわんこの飼い主さん達からは、
「大人しくなったなぁ。」とよく言われます。
今までなら、出会うどんなわんこにも、
「アタチと遊んで!遊んで!」と、行け行け状態だったけど、
この頃は、相手を選ぶ感じです。

c0049950_214099.jpg


この二匹は、選ばれた子(笑)
上はおなじみ翔ちゃん。
下は、最近よく会うルークくん。
アメリカンピットブルと、トイプードルとのmix犬です。
この写真は、ちょっと怖い顔しているけれど、
実際はすごくフレンドリーで可愛いんですよ!


このムシムシした梅雨が明けると、猛暑と戦わなければなりません。
去年のように、厳しい暑さが続くのかなぁ?
璃子との散歩は、うまく時間を選んで行くようにして、
なんとか元気に暑さを乗り越えていかないと!


c0049950_1016657.jpg

              (2006年6月)

「おかっしゃん。ワタシの犬舎へ行って来たんかワン。
仔犬の頃はみ~んな可愛いもんやワン。
それが段々おじいさんやおばあさんになって、動きにくくなってくると、
可愛がってくれてる飼い主さんに、申し訳ないなぁって思ってしまうワン。
おかっしゃんのそばにいるそのやんちゃな子、まだ2歳なんやワン。
いつかおかっしゃんに迷惑かけるかもしれんけど、
ワタシと、ワタシの娘を介護してた『ケイケン』を生かして、
まぁ大事にしてやってワン。」

サイちゃん。申し訳ないなんて、思う必要ないねんで。
ずっと私ら飼い主を癒してくれてきたんやから、
老犬介護するのは当然のことやし。
璃子はまだ2歳になったところやけど、
10年以上経って、介護が必要になったら、
あんたに買ったカートやサークルを使って、
大事に面倒看るつもりやし、安心してやぁ。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2014-06-22 10:41 | 璃子 | Comments(6)

エリカラ取れて、ちょっとお姉ちゃんに?

璃子の目の傷のその後の様子を、ここにずっと書かないまま、
日にちはどんどん経ってしまい、
心配してくださった方には申し訳ありませんでした。

お蔭様で、GW明けに病院へ連れて行った時に、エリカラを外してもらい、
そのまま様子を見ようということになりました。
本当は、前々回にしてもらった検査をしようとされたのですが、
暴れて暴れて。。。
先生、諦められました(笑)
でも、見た目大丈夫だからということで、外してもらえたのです。
実際エリカラを取ったあと、目をこすったりせず、
普通に過ごしていたので、
これで、治ったようです!

よかったぁ~!

c0049950_19495754.jpg

これは、診察の受付をすませたあと、順番が来るまで、
近くの川原で待っていた時です。
いつもの散歩道の川原よりも、さらに南の方なのですが、
川の幅も、川沿いの道の幅も、かなり広いです。
そしてこの日はとても良いお天気だったので、
エリカラを取ってもらって、気持ちも晴れ晴れしたらいいのになぁって思ってました。
その期待通り、取ってもらって、スッキリ!

c0049950_19541981.jpg

この嬉しそうな顔を見てやって下さい!

家に帰ったら、、、

c0049950_1955892.jpg

(かなりボケた写真で失礼します。)
しばらくできなかった、「耳掻き掻き~。」や、「カーペットスリスリ~。」を思い切りやっていました。


今まで自由がきかなかった分、溜まっていたストレスを発散させるかのように、
思い切り暴れるのではないかと、ちょっと心配していましたが、
意外とそんな様子もなく、
少しお姉さんになったのかなぁって思うほどです。

c0049950_19574957.jpg

というわけで、姉さん座りをしています。
って、そんなわけないっか?



さてさて、バタバタな日常の合間を縫って、
今年初のライブへ行って来ました♪

「矢野顕子 『飛ばしていくよツアー2014』」です。

「飛ばしていくよ」というのは、new albumのタイトルで、
中に、このタイトルの楽曲が入っています。

c0049950_2285074.jpg

おっと! 
璃子がCDを咥えようとしてるやん!


矢野顕子さんを初めて聴いたのは、高校生の頃。
個性的な声とメロディーが織りなす独特の世界に衝撃を受けました。

すべての曲を知っているわけではないけれど、
40年近く、ファンであることになります。

かなり前のブログに、「自転車でおいで」のピアノの弾き語りを、
下手なくせに、恐れ多くも載せたこともあります。

4年前には、森山良子さんとのユニット、「やもり」のライブに行き、
全く違うタイプのアーティストであるはずが、
息がピッタリ! 声も不思議にマッチしていて、すごく感動しました。

今回の会場は、梅田クラブクワトロ。
ずっとずっと前から、名前は知っていたけれど、行ったことはありませんでした。

c0049950_2295082.jpg


スタンディングだったので、足が「もつ」かどうか、ちょっと心配やったけど、
まぁ~~ったく大丈夫でした。

それは、ライブが、すごくすごく魅力的なものだったから♪

あっこちゃん独特の声に魅了され、
お喋りもとても楽しく、
そして、ピアノを弾きながら全身で感情を表現するパワーに圧倒される、
そんなライブでした。

アンコールがまたユニークで。。。

2回目のアンコールで、あっこちゃん、スマホを観客を背にして自分の顔が前に写るように構え、記念撮影されました。
そのあとは、「芋虫ゴロゴロ ひょうたんぽっくりこ♪」をみんなで歌っている間、
自分は独自のメロディをピアノで奏でたり歌ったりして、
それはそれは、今まで経験したことのない、アーティストと観客との一体感を味わうことができました。

ゲストアクトとして、独特の音造りをしておられた、sasakure.UKっていうアーティストさんも素敵でしたが、
私、ドラムの神谷洵平さんっていう方が、すごく気になりました。
単にパワフルなだけでなく、身体の奥の方から、自分の情熱や哀愁といった様々な感情を、表情豊かに表そうとされている演奏だなぁって感じました。
小柄なのに、大きく見えたなぁ。


終わってからも、毎日アルバムを流しているほど、
まだライブの余韻に浸っております。

「飛ばしていくよ」


このアルバムのページです。
試聴もできるし、「movie」をクリックすると、メイキング映像も見られますよ。


実は、、、、愛しの松本さんのライブが、
この土日行われているのですが、
諸事情により、チケットを入手できませんでした。
でも、これがかえってよかったかも。。。

松本さんのギターを聴いてしまうと、
あっこちゃんと松本さん両方の魅力が、私の中で衝突してしまい、
しばらくめちゃくちゃになっていたかもしれないからです。

来年は、きっとB’zとしてのライブがあるはずだし、
それを楽しみにすることにして、
今しばらくは、あっこちゃんのライブの余韻を楽しもうと思います。


それにしても、音楽はやっぱり私の日常に欠かせません。
璃子も、もちろん欠かせない存在だけれど、
落ち込んだり、心配なことがあったりした時に、
私の心の中に、すぅ~~っと入っていって、
傷んだ部分を治そうと癒してくれる力が、
どちらが勝っているかというと、、、
う~ん、軍配をどちらに上げるか、めっちゃ難しい!
でも、こんなこと考えるほど、
頼りになるものがあるということは、ありがたいです。


c0049950_2322425.jpg

           (2008年5月 卵巣嚢腫と乳腺炎の手術後)
「おかっしゃん、その子のエリカラ、無事に取れてよかったワン。
ワタシもこうやって、我慢しながら散歩に行ってたワン。
取ってもらった解放感は、そりゃもう、ただ吠えるだけでは伝えられへんかったワン。
ワタシが元気やった時も、おかっしゃん、色々ライブへ行ってたけど、
どんどん身体が衰えていっても、そうやって若い人と同じように楽しむって、
なかなかええことやと思うワン。」

サイちゃん。。。身体が衰えてるって。。。
まぁ確かに、以前に比べたら、色々あちこちガタが来てるけどな。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2014-05-18 15:48 | 璃子 | Comments(8)

5月になって

すっかり「月1」のペースになっている私のブログ。。。

過ごしやすい季節となっていますが、
皆さん、健やかにお過ごしでしょうか?

元気いっぱいの璃子ですが、
今、久しぶりに病院通いをしています。

先月末に、右目を閉じることが多くなり、連れて行ったところ、
角膜に傷がついていて、
結膜炎も起こしているとのこと。

「点眼とエリカラを」と言われ、こんな感じで帰って来ました。

c0049950_2335145.jpg


この日、病院から結構長い距離を歩いて帰って来たのですが、
おしっこもウンチもせず。。。
でも、次第に慣れてきて、今ではちゃんとしてくれます。

それどころか、家でも取ろうとせず、何の抵抗も感じてないようで。

c0049950_237154.jpg


すっかりこんな感じで、馴染んで(❓)います。
昨年の4月に避妊手術をした時には、
病院では、このエリカラを嫌がって取ってしまったそうなので、
てっきり今回も絶対無理やり取ろうとするだろうと思ってたけれど、
案外順応性があるようで、いい子です!

でも、点眼は絶対嫌がってしまう!
半端じゃない嫌がり方で、拒否します。
その勢いで、エリカラが外れてしまい。。。(>_<)
でもまた付けようとしても、なぜか嫌がらない。
「よしよし、賢いなぁ。」と言って付けてしまったら、
またそのままの状態、そんな感じです。
だから、見た目、治ってそうでも、エリカラは心を鬼にして外さず、
次に病院へ行くまで、我慢させなければなりません。

ただ、耳とか掻きたくても掻けないのが可哀想なので、
掻きたそうな時は、
「カキカキしてあげよか~?」と言ってやります。
そうすると、尻尾降って駆け寄ってくるんですよ。
普段名前を呼んでも来ないのに。。。
この調子だと、エリカラ取っても、
「カキカキ~。」って声かけたら、寄ってくるかも?
そう呼び続けているうちに、
自分の名前が「璃子」でなく「カキカキ」だと思うようになる・・・
なわけないいか?(*´з`)

連休明けに、病院へ連れて行き、
また検査をしてもらう予定です。
もし良くなっていて、晴れてエリカラを外せた暁には、
ひょっとしたら、溜まっていたストレスを発散するかのごとく、
またやんちゃやいたずらを、今まで以上にやりたい放題になるかも~((+_+))


さてさて、毎年この時期、
「見に行こうかなぁ。でも人がきっといっぱいやしなぁ。」
と迷った挙句、忙しさも手伝って、見に行くことを断念していたことがあります。

それは、下鴨神社の「流鏑馬」です。

これは、今月の葵祭が無事に行われるようにとお祓いをする神事です。
6年前に初めて見に行き、HPの「京都の風景」のページにupして以来、
ずっと見に行ってません。

今もバタバタしてはいるけれど、
来年行けるかどうかわからないので、
今年は思い切って、行ってきました!
・・・といっても、自転車ですぐ行ける距離なんやけどね。


c0049950_2491210.jpg



案の定、それはそれはたくさんの見物客で、
かなり早く行ったのにもかかわらず、
思い通りの撮影場所が見つからず。

確保した場所は、報道関係者の後ろということで、
良い場所ではあるけれど、
脚立やハシゴで高くして撮られるので、
(一番前というのに。。。泣)
撮るのに本当に苦労しました。
6年前は、一眼を持って必死で撮ったけど、
今回は、簡単にすませようと、スマホだけ(笑)

馬車が近づいてきたので、
「市長か知事、どっちが乗ってはるんやろ?」と思いながら撮っていたら、、、

c0049950_2531541.jpg


なんと、前原さんでした(@_@。


長~~~いこと待った後、やっと始まりました。

でも、やっぱり撮りにくい!


c0049950_2541213.jpg


的の木の板が割れているのがわかりますか?

ブレブレの写真ですみません!

動画も撮っておこうと思ったけれど、
これまた、前方に報道関係の方がおられて、
思うように撮れない(ーー;)
まぁ、仕事で撮影されているんやし、怒ったらあかんよね。


ほんの一瞬なので、見にくいけれど、よかったら見て下さい。


流鏑馬2014(短いけれど)

「前の方にスペースがあるのでは?」
と思われたかもしれませんが、
竹の棒で仕切ってあって、報道関係の人しか入れなくなってるんですよ。
でもそのうちの一人のカメラマンが、後ろの一般の観客の人に、
「ここ、空きすぎですよね。また言っておきます。」
って言っておられました。
是非実行してくださ~い!


葵祭に先駆けて、まだまだ神事は続きます。
色々見に行きたいけど、ちょっと無理かな?

それぞれ、天候に恵まれて、無事行われますように!



c0049950_259957.jpg

             (2008年5月)

「おかっしゃん。ワタシが元気やった頃は、色々見に行って、
ここで報告してたの覚えてるワン。
どうせ報告するなら、もっとしっかり準備して、
その『報道関係者』って人に負けんように場所を確保して、
ちゃんと見せられる写真を撮るべきやワン。」

サイちゃん、もっともなんやけどなぁ。
それはなかなか難しいわ。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2014-05-05 16:24 | 璃子 | Comments(6)

さくら~♪

c0049950_943133.jpg



3月は、結局一度もブログを書かずに過ぎ去ってしまいました。
この写真は、3月の下旬、ようやく春らしくなってきた頃のものです。
めっちゃ元気に走っています。

このまま暖かくなると思いきや、そうはいかず、
何度か寒の戻りを繰り返しながら、やっと今年の桜も、見頃を迎えました。

c0049950_973795.jpg


c0049950_975836.jpg


c0049950_982122.jpg


必死で、おやつを片手に、「璃子~♪」と呼んでも、
なかなかこっちを向いてくれません。
きっとうんざりなんでしょうね。
あくびをしているのは、そんな気持ちの表われかも?

朝の散歩では、翔ちゃんと仲良く(?)歩いています。

c0049950_9124262.jpg


璃子の方から仕掛けて、翔ちゃんに叱られるから、
こんな風に、ma-saちゃんにおやつをもらおうとしたら、
翔ちゃんにしてみれば、腹立つんやろなぁ。
それでも、結構仲良く歩いていますよ。

「歩く」といえば、最近時間のある時には、
ちょっと足を延ばして散歩に行きます。
最初の、ダッシュしている写真は、宝ヶ池の方ですが、
私にとっても、ちょっとしたウォーキングになります。

c0049950_9162885.jpg


これも宝ヶ池です。
ひとりだったら、こんなところまで歩いて来ないけれど、
璃子と一緒だから、歩けるんでしょうね。
璃子に感謝!

最初に、「寒の戻りを繰り返しながら」と書きましたが、
今年は、満開になってからも、びっくりするような寒さに見舞われました。
おまけに、風が強かった!

晴れたかと思ったら、時雨れたり、、、
そんな日があったのですが、
そのお蔭で、散歩中、虹を見ることができました。

c0049950_9202843.jpg


左は比叡山、右は大文字山。
どちらもうまく撮れてないけれど、
山に虹がかかっているの、わかりますか?

桜満開の時期とはいえ、
璃子と散歩していたから、こんな虹にも遭遇できたんやなぁ。
またまた璃子に感謝!

c0049950_9265274.jpg


c0049950_927725.jpg


しょっちゅう見ている、大文字山と「法」の山。
この時期には、やっぱり桜と一緒に撮らないと!


こんな綺麗な桜も、間もなく散っていきます。
寒い時期が長かった今年の早春、
きっとこれから急に暑くなり、
あっという間に、初夏から真夏に向かうんやろなぁ。

でも、季節を感じながら、
日一日、無事に過ごすことができていることに、
本当に感謝しなければなりません。

生きていれば、色んなことにぶち当たりますよね。
それでも、どんな些細なことでも感謝する気持ちを大切にしていれば、
自然と活気が湧いてきて、
前に進もうという気持ちになれます。

・・・なぁんて、偉そうなこと言ってる私ですが、
もちろん落ち込むこともありますが。


前回の日記で、ソチオリンピックのことを書きましたが、
その感動が薄れないように、というわけではないけれど、
初めてこんなところへ行って来ました!

c0049950_10263653.jpg


「世界フィギュア2014 大阪エキシビジョン」を見に行って来たんですよっ!

高橋くん、怪我が治って出て来てくれはらへんやろか・・・?

って、かすかな期待を抱いていましたが、
やっぱりそれは無理でした。

真央ちゃんも、残念ながら出場せず。。。

でも!
羽生選手、町田選手、小塚選手、鈴木選手、村上選手という、
ソチ出場組の演技を生で見られて、よかったです!

パトリック・チャンや、ソトニコワももちろんよかったけれど、
大好きなコストナーの演技を見られて、大感動でした!
なんと! SPの「アヴェマリア」を滑ってくれたんですよ~。
長身の彼女の演技、やっぱり圧巻でした。

そうそう、織田選手の演技も見られてよかったし、
フェルナンデスのコミカルさ、可愛らしさに、
新しくファンになってしまいました。

今回「トリ」は羽生選手だったけれど、
(アンコールでは、SPの「パリの散歩道」を演技してくれて、
例の「あのポーズ」も決めてくれた!)
もし真央ちゃんが出ていたら、どうなってたのかな?
進退について、迷ってるから、出なかったのかなぁとか、
金メダルのソトニコワに気を遣ったのかなぁとか、
勝手に考えてしまいました。

なかなか無理だとは思うけれど、
今度は、エキシビジョンじゃなく、公式戦を見てみたいです。

それと、、、高橋くんの、あの大好きな芸術的な演技を見てみたい!


c0049950_945336.jpg

             (2007年4月)

「おかっしゃん。ワタシも、何回もカメラ構えられて、
結構うんざりしてたワン。
でもこうして見たら、桜をバックに撮ってくれて、
やっぱり嬉しいもんやワン。
そのやんちゃな子、もしカメラの前であくびしたら、
ワタシが蹴っ飛ばしてやるワン。
それにしてもおかっしゃん、音楽とか演技とか見に行って、
すぐ感動して。。。
単純な性格やし、あきれるけど、
それだけ元気なんやから、ちょっと安心したワン。」

サイちゃん。今年も桜を見ながら璃子と散歩して、
やっぱりあんたのこと思い出してたでぇ。
あんたにとって最後に撮ったあの桜の前で、
璃子も撮ろうとしたんやけど、
残念ながら、木の枝の先が傷んでて、
綺麗に満開になってへんかったわ。
そやから、あの写真は、貴重かもなぁ。


「あの写真」とは、何度も載せてますが、これです。

c0049950_9523089.jpg

[PR]

# by sai-n.1020 | 2014-04-06 10:02 | 風景 | Comments(12)

ソチ五輪、終わりました。

数々のドラマを生んだソチ五輪が、幕を閉じました。

なぁんて、テレビの情報番組風に、
偉そうに言ってみました。

選手の皆さん、本当にお疲れ様でした!
きょうは一日バタバタしていたので、
帰国された様子を見れてないのですが、
きっとすがすがしい表情をされているのだろうと想像しています。

競技を見ていて、「「素晴らしい!」と感動したり、「わぁ、惜しい!」と残念に思ったり、
ますます顔に皺が増えてしまいました。
でも、夏季オリンピックも含めて、いつも思うのは、
「『メダル!メダル!』って、過度に騒ぐの、やめてあげて!」
ということです。
期待をするのは、選手にとって励みになるとは思うけれど、
「予想メダル獲得数」なんて、「プレッシャーをそんなにかけてどうするねん?」って怒りたくなるようなこと、平気でやってましたからねぇ。

でも、そんな中、とても人間技とは思えないような演技、戦いをこなしてきた選手には、脱帽してしまいます。


爆笑問題の太田さんが、「あんな真夜中に競技をする選手ってすごい。」
なんて真顔で言ってたのを見て、笑ってしまったけれど、
うたた寝常習犯(?)の私が、夜中に目が覚め見入ってしまったのは、
やはり大好きなフィギュアスケートでした。

でもね。。。女子ショートは、なんだか怖くて見れなかった。
朝になって、スマホで見て、愕然として。。。

そしてフリー。
またもやうたた寝して、復活した時間が、ちょうどまさに「その」時間。
恐る恐る、テレビをつけて見たら、、、

うわぁ~~! すごい真央ちゃん!



ショートで、awayの重圧感に惜しくも結果を残せなかった悔しさをバネに、見事に素晴らしい演技を魅せてくれました!


まだ辞めてほしくないなぁ。
世界フィギュアは出るらしいけど、そのあとも、4年後も、
まだイケるんと違う?
と思うのは、私だけではないと思います。
でも、ここでさっと辞めてしまう方が、引き際が美しいかなぁ?
って、私が悩むことないですね。


磨いてきた技術をしっかり生かしながら、どんな状況においても、
自分の力を100%、いやそれ以上発揮できる強い精神力が、勝利に繋がるんだなぁと、改めて思いました。

次のオリンピックを目指して日々努力している若い選手の皆さんには、
そんな力を身につけてほしいなぁって思います。
羽生くん、追われる立場になって、しんどいかもしれないけど、
頑張ってね~!

個人的には、高橋選手の演技が芸術的で大好きなので、
もう見られないと思うと、すごく寂しいけれど、
何らかの形で、時々あの吸い込まれるような美しい演技を披露してほしいです。

c0049950_2131961.jpg

はいはい。璃子の言うとおりやなぁ。


余談ですが、、、
フィギュアスケートで用いられる曲って、
案外ピアノ曲が多いですよね。
今までのオリンピックで、「あっ、これ弾きたい!」と思って即楽譜を入手して、
ここにアップしたこともありました。
荒川選手と高橋選手が、かつてエキシビションで使った曲の楽譜をネットでgetし、
拙い演奏をここで披露してしまいました。

今回高橋選手が使った、あの話題の曲を、ソロのピアノ曲としてアレンジされたのがあれば、、、と探したけれど、残念ながら、やっぱりないですね。

ついでに、余談のまた余談ですが、
真央ちゃんがショートで使った、ショパンのノクターンと、
パトリック・チャンが同じくショートで使った、ラフマニノフのエレジーは、
私が発表会で演奏させてもらった曲です。
こういうのって、何だかめっちゃ嬉しいものなんですよ。


普段私は、特にスポーツはしないけれど、
何かにつけ、やっぱり精神的な強さって大事だと思うので、
選手たちを見習って、粘り強く生きていかねばと改めて思いました。


c0049950_217536.jpg


1歳8か月を過ぎた璃子。
1年前に比べたら、若干、少しだけ、ちょっとばかり、
おとなしくなってきたかな・・・?



c0049950_227244.jpg

                 (2009年2月)
「おかっしゃん。夜更かししたり、うたた寝のあと目覚めて夜中起きてたり、
泣いたり笑ったり、それ以上肌をいじめたらあかんワン。
せっかく、そのやんちゃな子がちゃんと早く寝るんやし、
早い目に寝た方が、肌にも身体にも絶対いいワン。」

サイちゃん、あんたの言うとおりやわ。
もう少し、規則正しい生活しないと、
どんどん衰えていっているこの身体、
ますます動きが鈍ぅなってしまうなぁ。
璃子と元気に散歩できるように、
規則正しい生活送るわ。
と言いつつ、こんな時間にブログアップしようとしてるし。。。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2014-02-26 02:15 | Comments(4)

この日は暖かかった!

昨晩寝る時に、
「明日起きたら、きっと積もってるやろなぁ。」
って覚悟してたけれど、
目が覚めたら、大して積もってない。

予報、今回は外れたようです。

みぞれ混じりの雪だったせいか、道路はびちょびちょ。
朝の散歩には最悪。。。なんて言ってられない。
長靴履いて出かけました。

今冬、あとどれぐらい雪が積もる日があるんでしょうね。


とまぁ、今朝の様子を書くことからスタートしたけれど、
今年の冬は本当に寒い!
みなさん、風邪をひいておられませんか?
私のわん友さんは、すでにインフルエンザにかかったり、
ノロウイルスに悩まされたりしてはります。
(くしゃみさせて、ごめんやでぇ。)

寒さは、これからまだまだ続きます。
くれぐれも、体調管理をしっかりなさってくださいね。


さて、ちょうど1週間前は、きょうとは正反対の天気でした。
晴れていて、暖かくて、季節が違うのかと思うほど。

そんな土曜日、こむわんこさんに誘われて、
ma-saちゃんんと一緒に、大徳寺の中にある「皐蘆庵茶舗」さんというところへ行って来ました。

お茶会だったのですが、決して堅苦しくなく、
「マカロン」を食べるお茶会でした。
詳しくはこちら。。。


c0049950_1428766.jpg



若かりし頃、茶道を習っていたけれど、お作法なんて、どこか遠いところへ飛んで行ってます。
そんな私でも、気軽に参加できるお茶会でした。
店主さんや、その方に関わっておられる陶芸の先生や、
マカロンをプロデュースされた方、そのお祖母様などなど、
楽しいお話も聞かせていただいて、
今まで味わったことのない雰囲気で、参加してよかったです。

こむわんこさん、いつも色々と楽しいイベントとかに誘ってくれはって、
どうもありがとう!

c0049950_1431239.jpg


床の間の前での私たち。


c0049950_14331975.jpg


お茶会が終わって外に出て、ぽかぽか陽気の下、写真を撮る私たち。

ごめんなさい。私、いつの間にかスマホを何かに設定していて、
本当の色調で撮れてません。


いつもなら、ご飯を食べてからスイーツ、という順ですが、
この日は、先に甘いものがお腹に入ってる。。。
というのに、しっかりランチを食べに行きました。

c0049950_14412436.jpg



c0049950_14464991.jpg


このお2人は少しずつ残してはったけど、
私は完食!
そやから、痩せられへんのやろなぁ。


上着が要らないほどの陽気だったけれど、
帰ってから散歩に出かけ、しばらくすると、
やっぱりひんやりしてきました。

この日の散歩は、宝ヶ池まで足を延ばしました。
ma-saちゃんの翔ちゃんも一緒に♪

c0049950_14564658.jpg


ma-saちゃんが撮ってくれた写真なんですけど、
これ、すごくラブラブな感じでしょ?
しかし、、、実態は、、、
毎朝一緒に散歩している2匹。
璃子が「おにいちゃ~ん!」って寄って行っても、
「またお前かぁ。関わるのはやめとこ。。。」
って、翔ちゃんは避けてしまいます。
ほんまに笑えます。

でも、この子たちのお蔭で、
寒い朝も、6時前の暗いうちから散歩に出かけ、
元気に1日をスタートできるわけです。


c0049950_1523852.jpg


相変わらず、暴れるだけ暴れ、食べるだけ食べ、
そのあと、嘘のように寝入ってしまう璃子。
まだまだお子ちゃまです。


c0049950_1534245.jpg

                 (2009年2月)

「おかっしゃん。ワタシも寒い朝はつらかったワン。
ほんまは、こんなん着てまで外に出とぅなかったワン。
そやけど、外でしか、おしっこもうんちもせえへんかったし、
仕方なく散歩に行ってたワン。
そのやんちゃな子、相変わらず他のわんこに会うと、
必ず『あちょんで! あちょんで!』って迫っていくけど、
そんな若さ、ほんまに懐かしいもんやワン。」

サイちゃん、あんたはめったに自分から「遊んで~♪」って寄っていかへんかったなぁ。
ちょっとプライド高い感じやったもんな。
璃子には、プライドも何もあらへんわ。
誰にでも迫っていくで。
このお尻の軽さ、誰に似たのやら・・・?
[PR]

# by sai-n.1020 | 2014-02-08 15:15 | Comments(4)