初めての~♪

毎年、夏の暑さが厳しくなってくるような気がするのですが、
今年の暑さは格別です。

今月の初め、なんと! 39度を超えました。

もう今は、そんな暑さのピークはすんで、
少~しずつではありますが、秋に向かってきているようです。
どんな風にかと言うと、
昼間の暑さは相変わらずですが、
朝晩は涼しくなってきたし、夜に鳴く虫の音が、秋の気配を感じさせてくれます。

さて、そんな暑さの中、璃子を迎えて、3年が経ちました。

前回のブログに、3歳になったことを書きましたが、
我が家に璃子がやってきたのは、生後約50日のこと。

c0049950_2224318.jpg


確か当時のブログにも載せたと思いますが、
璃子の実家である、コロスケさん犬舎で、
初めて璃子に会った時、コロスケさんに抱かれている写真です。
コアラみたい!

前回にも書きましたが、今ではすっかりお姉ちゃんになった璃子。
そんな璃子を迎えて3年になるちょっと前の休日に、初めて1泊の旅行に連れて行って来ました。

c0049950_22423540.jpg


私自身、明石海峡大橋を渡るのは、初めてでした。

そうです。向かったのは、淡路島!
暑い時期、決して避暑にはならなかったけれど、
初めての遠出なので、いきなり遠い所へ行くのも、、、
ということで、今回は、比較的早く行くことができる淡路島を選びました。

まずは、淡路SAの、わんこOKのゴンドラのある観覧車に乗りました。

c0049950_2246192.jpg


特に怖がることなく、ちゃんと乗っていました。


時候が良いなら、お花畑散策、、、というところでしたが、
なんせ、暑い!
でも、「ここだけは外せない!」と、予定に入れていたところがありました。

それは、「南あわじドッグラン」です。

これについての情報は、ma-saちゃん発信によるものです。
カメラマンさんが、走っているわんこを連写し、
それが、宙に浮いているように撮れることから、
「飛行犬」と称し、各地で撮った写真を本にされているのです。
璃子は南あわじで撮ってもらいましたが、他にも各地で撮影が行われているようです。
少し前には、NHKで取り上げられられたそうですよ。

2日目の朝に予約を入れておいたのですが、
幸い、その時間は、さほど日差しが強くなくて、
「走るやろか?」と心配していた璃子が、
主人の投げたボールを追いかけてちゃんと走って行き、
それをカメラマンさんが撮ってくださいました。

c0049950_1111521.jpg


100枚以上撮り終えて、PC画面で見せてもらっているところです。

そしてこれが、そのうちの一部です。


c0049950_2252340.jpg


c0049950_22522392.jpg


c0049950_22523811.jpg


かっこいぃ~~~! 璃子~~~~!


決めるべき時には、ちゃんと決めてくれる璃子でした。


他にも回ったところはありましたが、省略(笑)

とにかく、この写真を載せたかった!


淡路島は、小学生の時に一度行って以来だったのですが、
とてものどかで、ゆったりした気分に浸れるところでした。



先月やってしまった「ぎっくり腰」も、ほとんど治っていましたが、
今回長時間車に乗っていたため、また少し痛みが復活してしまったけれど、
今はほとんど大丈夫!

なんとか、今年も元気で夏を越せそうです。

「夏を越す」と言えば、京都の夏の最後の風物詩。
「五山の送り火」が行われました。

c0049950_1202529.jpg


今年は、いつも散歩中立ち寄る、お友達わんこのお家の屋上で見せてもらうことができました。
「左大文字」と「鳥居形」以外は、ほとんど遮るものなく見られるという特等席!
左上の写真は、この日の夕方の散歩中、
「法」の火床をバックに撮ったものですが、見えますか?

今年の夏は、「みたらし祭」と「山鉾巡行」を楽しむことができなかったけれど、
こうして、過ぎ去る夏を元気に実感でき、
帰ってきたご先祖様に感謝し、これからの私達を見守ってくださることを願いました。


厳しい夏も、もうすぐ終わります。
皆様、あとひといき! 頑張って乗り越えましょう!


c0049950_1264876.jpg

           (2005年8月)

「おかっしゃん。ワタシは牛窓ってところへ連れてもらったけれど、
そのヤンチャな子は、もうちょっと近いところへ行ってきたんかワン。
車に乗ることも、問題なかったみたいやし、
今度はもう少し涼しいところへ連れて行ってやってワン。」

ありがとう。サイちゃん。
できればそうしてやりたいなぁ。
あんたは牛窓しか連れて行ってやれへんかったけどなぁ。
それにしても、そのメガホン、懐かしい。
甲子園へ応援に行ったこと思い出す。
今年の高校野球も、熱い戦いが繰り広げられてるでぇ。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2015-08-18 15:17 | 璃子 | Comments(2)

もう7月 しかも下旬

ここのところ、こんなタイトルでの更新が続いてしまって、、、

先月、璃子が3歳になりました。

c0049950_2251593.jpg


ブレてましてすみません。
鼻に皺をよせてますが、決して怒ってるのではありません。
璃子は、食べ方によっては、こんな風に皺をよせてしまうんです。
そこがまた可愛い~!(←飼い主ばか)

やんちゃすぎて、私を困らせすぎて、育犬ノイローゼになりかけてた頃がウソのように、ここ最近、めっきりお姉さんらしくなってきた璃子。
暴れることももちろんあるけど、というか、それも無いと頼りないし、
メリハリをちゃんとつけて、お利口になってきました。

c0049950_22104215.jpg


逆光になっていて、璃子が真っ暗ですけど、
夕焼け空があまりにも綺麗だったので・・・。
橋の上から、「鹿さん、いないりすかぁ?」って覗き込んでます(笑)

c0049950_22125781.jpg


相変わらず、この川でよく鹿に遭遇します。
この間台風が来た時、どうしてたのか気になってました。
山で過ごしたのかなぁ?


ところで、7月といえば、祇園祭。
昨年は、後祭の宵山を見に行き、久々「あばれ観音」を楽しみましたが、
今年は、先祭の鉾建ての時に、ちょうど近くに寄ったので、
こんな写真が撮れました。

c0049950_22171518.jpg


「これ何?」って感じでしょう?
長刀鉾の鉾建ての、まだ最初の段階です。
こんなの見たのは初めてです。
これが、あの豪華絢爛な、「動く美術館」になっていくんですよね。
しかも、釘をひとつも使わず。

今年の梅雨は、比較的暑さがマシかと思ってた矢先、
こうして鉾建てが始まった頃には、示し合わせたように、
それはそれは、蒸し暑かった!

そして、予定では、後祭の鉾が建ってから、見に行くつもりだったのですが、、、

私、人生初のギックリ腰になってしまったんですよ。

もうとんでもなく、つらくてつらくて、、、

実はちょっとお楽しみなことを予定していたのですが、それももちろんキャンセル。
しばらく安静の日々が続き、
少~しずつ少~しずつ動かして、何とかかなり動かせるように回復しました。

今回のことで、改めて、
何不自由なく普段身体を動かせていることのありがたさを感じました。


c0049950_22242854.jpg


これだけ暑いと、大抵身体を伸ばしきって寝てることが多いのですが、
この時は、なぜかこんな風にコンパクトに丸めてました。
どんな格好しても、可愛すぎ~!(←飼い主大ばか)



c0049950_22353874.jpg

              (2008年7月)
「おかっしゃん。今からしばらくの間、わんこにとって一番つらい時期やワン。
ワタシも散歩の時、ハァハァ言うてたん、覚えてるワン。
その若い子、かなり落ち着いてきたみたいやけど、ワタシみたいにどっしりはしてへんワン。
でも、そのぐらいの方が、これからどんどんおばあさんになっていくおかっしゃんのためにはいいかもしれんワン。
腰を痛めて大変やったみたいやけど、雨の日も、風の日も、気をつけて散歩してやってワン。」
 
サイちゃ~ん。あんたがいた頃は、暑いといっても今ほどではなかった気がする。
なんせ、あんたいつも、ガレージで寝てたもんなぁ。
あまりにも暑い日は、玄関に入れて、凍らせたペットボトルを転がしたりしてた。
それでも、クーラーのきいた家の中には入れてへんかったよなぁ。
璃子を見て、羨ましいと思うかもしれんけど、堪忍してやぁ。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2015-07-29 17:19 | 璃子 | Comments(4)

もう6月

お~~っと!
気が付いたら、もう6月も中旬になっています。

すっかりサボり癖がついてしまい、反省、反省……。

今年の梅雨は、今のところ比較的過ごしやすいです。
蒸し暑さが、耐えられる範囲内です。
日中暑くても、朝晩は気温が下がってくれます。
でも、いつまでもこんな状態は絶対続きません。
ジメジメ、ムシムシ、身体がダル~くなる日が必ずやって来ます。
蒸し暑さに負けないように頑張らなければ!


さてさて、慌ただしい毎日を過ごしておりますが、
そんな中、ちゃっかり楽しむことも忘れてはいません。

一番古い友達と、年一回恒例の、誕生日カラオケに行ったり、
久しぶりに、高校時代の友達に会ったり、
ネットで知り合ったわん友さんとも久々会ったり、
その時、「はじめまして~。」な友達とも会えたし、
気分をリフレッシュさせてます。

そしてそして、ちょっと足を延ばして、
日帰りだけれど、プチ旅行した気持ちになれました。

c0049950_22265298.jpg

駅前に、こんなやかんがあるところへ行って来ました。
わかる人、いるかな?


それから、遠方ではないけれど、

c0049950_22304737.jpg

鞍馬寺まで行って来ました。
この日は、梅雨とは思えないほど爽やかで、
気持ちの良い、プチハイキングとなりました。


なんだか。。。
長いこと更新していなかった分、近況報告のようなブログになってますねぇ。

それなら、これも報告しとこうっと。

c0049950_22431353.jpg


またまた、川原に鹿が下りて来る時期がやって来ました!
この日は3頭と遭遇~♪
1頭が、可哀想に足を痛めています。
罠にかかったのか、ビッコをひいて歩いてるんです。
この川原の上に、最近診てもらっている獣医さんがあるんですけど、
まさか、連れて行くわけにはいかへんし。。。


そうそう、先月ひとつ歳をとりまして(笑)
ますます身体のあちこちに衰えを感じております。
それでも、何事も前向きに考えようと徹底して、
老体に鞭打って、おばさん頑張ってます。

自分がどんな老後を過ごすか、考えるだけで不安になるけれど、
いつも書いていることですけど、
日一日無事に過ごせることに感謝して、
年齢的には、無理なことには挑戦できなくても、
前を向いて元気に進んで行きますっ!

c0049950_2253886.jpg

この可愛い璃子に支えてもらってね。

c0049950_17322017.jpg

最近、家の中ではかなり大人しくなってきた璃子。
たまに悪さはするけれど、大抵こんな風にのんびり寝てます。


c0049950_22544764.jpg

              (2009年6月)

「おかっしゃん。梅雨の時期、ワタシ散歩行くの、イヤやったワン。
そのやんちゃな子も、ワタシと同じで、外でしかトイレせえへんし、
おかっしゃん大変やけれど、
濡れた道で滑らんように気をつけて散歩してワン。」

サイちゃん、璃子はシャンプーが大嫌いなくせに、
雨の日も、頑張ってトイレのために外に出るねん。
これから、ゲリラ豪雨に遭うのが、恐怖やわ。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2015-06-10 23:07 | Comments(4)

もう3月

ちょっと忙しくしていて、ブログの更新が滞ってしまいました。

・・・・というような弁解から始まる記事を、
今まで何度書いてきたことか。

とうとう2月は一度も書かずに、3月を迎えてしまいました。

今冬は、元旦から2日連続の猛烈な積雪をはじめとして、
雪の多い、厳しい寒さに見舞われました。
それだけに、「3月」と聞くだけで、
長い冬眠から目覚めるような、ウキウキした気分になります。
実際は、きっとまだまだ寒の戻りがあると思いますが、
あと一か月もすれば、その辺がピンク一色に染まるようになるし、
もう少し! 寒さの「最後のあがき」と戦って、
春が来るのを楽しみに待つことにしましょう。


年月が経つにつれ、時の過ぎるのが早い!
年々加速がついて、あっという間に、1か月、2か月がすんでいきます。

加齢からくる、身体のあちこちの衰えはあるものの、
今のところ、一応自由自在に動かせています。

とはいえ、明日何が起こるかわかりません。
元気なうちに、できることはちゃんとこなして、
楽しめることは思い切りenjoyして、
将来は、明るいおばあちゃんを目指したいと思うきょうこの頃。。。

そのためには、毎日小さなことにでも感謝することを忘れず、
どんな時も、前向きに考えて対処できる強さを持ち続けなければ!


c0049950_21595787.jpg


まぁ、なんて態度のでかいこと!

c0049950_2213578.jpg


いまだにやんちゃ娘な璃子ですが、
ちょっぴりおねえちゃんになってきました。
3か月半ほどすれば、3歳になります。

この子がいるから、私も元気を保てます。
もう少ししたら、桜の下での散歩が楽しめます。



c0049950_2274833.jpg

               (2009年3月)

「おかっしゃん。今年もまた、ピンク色になった木の下で、
必死になって写真を撮るんかワン?
そのやんちゃな子、きっと嫌がるワン。」

サイちゃん。あんたと桜も、いっぱい撮ったよなぁ。
あんたが眠ってから2か月ちょっと経って咲いた桜の木の下を、
リリィーさんと散歩しながら、涙出たこと思い出すわ。
璃子と一緒に散歩できるのは、
いつも言うように、あんたと過ごした日が楽しかったからやで。
ありがとうね~。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2015-03-01 22:14 | Comments(6)

行って来ました~♪

予想に反して、今月二回目の日記です。

それは、、、

c0049950_22192063.jpg



ここへ行って来たことを伝えようと思ったから!

右の写真に写っている、そう、これ!

c0049950_22215131.jpg


「STARS ON ICE」ですよ~。

高価なチケットを、清水の舞台から何度も飛び降りて買ったのは、
あの、大好きな、高橋大輔選手(もう引退しはったけど)、大ちゃんに逢えるからです!

その「高価な」というのは、大ちゃん見たさに、アリーナ席を選んだんですよっ。
ところが、、、

開演ギリギリに席についたのですが、これがびっくり!
全くアリーナ席っぽくないんですよ。
「東アリーナ席」だったんだけど、北、南、西のアリーナ席は、「ふむふむ。アリーナ席。」って思える席なのに比べて、この東側は。。。
最前列の席が、リンクのすぐそばではな~い!
よく見てへんけど、何か機材が置いてある席があって、その上が最前列。
そこから12列目だったので、はっきり言って、まるでスタンド席。

「え?え?うっそぉ~~!」って思ってるうちに、演技が始まりました。

その演技がまた「???」な状態。
去年見に行った「大阪エキシビジョン」と違い、
何のアナウンスもなく、淡々と演技が進みます。
だから、誰が演技しているのか、前の席の人にしか、すぐにはわかりません。
電光掲示板に名前が出るんやけど、
それがまた、天井から出てる機材か何かで、字がよく見えへん!
名前が出ると、皆一斉に、頭を上に伸ばしたり、左右に寄せたりして、必死で見ようとします。

周りのほとんどの人が、そんな不満を持っているような雰囲気の中、
次々と演技は続きます。

海外からのスケーター達も、もちろん素敵だったけど、
やっぱり日本の選手が出ると、一段と湧きます。

無良崇人くん、村上佳菜子ちゃん、鈴木明子ちゃん。。。
かなり湧きあがったけれど、
やっぱり人気があるんやぁって思ったのは、織田信成くん、そして小塚崇彦くん。
拍手が一段と大きく感じました。
ふたりとも、めっちゃよかったです!

そしてそして、、、、待ってました! 大ちゃあ~~ん!

ずっとずっと、双眼鏡で追いながら見てました。
うっとりと。。。

羽生くんはもちろん素晴らしいけれど、
大ちゃんは、さらに別格だと思うんです。
芸術性が豊かで、ステップの力強さにはしびれてしまうし、
全身からあふれ出る、男性の色気というか、
う~~ん。うまいこと表現できひん!
とにかく全てに魅了されます。
ラストが近づき、動きが段々止まっていっても、
ただ立ちすくみ、遠くを見つめるようなポーズになっても、
「きゃあ~~~! かっこいい!」って叫びたくなる。
あ、すみません。完全に冷静を失ってますね。

演技が終わって中へ引っ込んで行こうとする大ちゃんに向かって、
「大ちゃあ~~ん!」って叫んだけど、
マスクしてたし、聞こえてへんやろな。
(B’zのライブで「松本さぁ~~ん!」と呼ぶ私なので、そのノリでやってしまいました。)

途中25分の休憩があったのですが、(なんで25分?って感じやけど)
私の後ろに座ってた女性が、私と同じ感想を隣の人に話してました。

こんなアリーナ席、あり得ない!
北、南、西の席なら、アリーナ席と言える。
アリーナ席の料金を払った甲斐がない!

などなど・・・。
私、心の中でうなづいてました。

そして2部が始まり、バンクーバー五輪金メダルのライサチェクは、やっぱりかっこよかった。
1部でも思ったけど、ペアとかアイスダンスも、テレビで見るより、
2人の心と身体がひとつになった演技の素晴らしさを実感できました。
いよいよ終わりに近づき、トリは、、、もうあの人しかいない、、、
そんな雰囲気に包まれ、ついに登場、真央ちゃん!

エキシビジョンでよく着用している、ゴールドのコスチュームの上に、
透き通った緑のストールのようなものを掛けて滑り出し、
途中それを取って、いよいよ一回目のジャンプ!
と思って、みんな集中して見ようとしたら、
あれ? 回転不足?
それでも、真央ちゃんはやっぱりスターですね。
普通に滑っているだけでも、華があるんです。


全てが終わり、私達観客は、もっちろんアンコールを熱望!
みんな一斉に「アンコール」への拍手!


と・こ・ろ・が・・・・・

明るくなって、終了を知らせるアナウンスが。

上にも書いた「大阪エキシビジョン」では、
それぞれの選手の演技のあとに、必ずアンコールがあったんですよ。
どうしても、それと比較してしまう。。。

席を立ち、退場する時にも、
「なんか、淡々と演技が進んだよねぇ。」
「高橋くんと真央ちゃんが、何か挨拶するって思ってた。」
「ふたりで何かやってくれると思ってた。」
などと、話しておられる声が聞こえました。
やっぱり、みんなそう思ってはるんやぁ。


そんなわけで、高いお金を払ったわりには満足度100%とは言えなかったけど、
大ちゃんに逢えたことには大満足でした。

それと、もうひとつ思ったのは、、、

点数を競う試合じゃなかったので、
当然出演者は、リラックスして滑っておられるんやけど、
難易度の高いジャンプがなくても、伸び伸びと表情豊かに繰り広げられる芸術性豊かな演技って、本当に魅力的だと、改めて思いました。
4回転などのジャンプを決めるには、かなりの練習が必要だし、
それをこなして結果を出せる演技は当然評価されるべきだけど、
練習だけでは身につかない表現力豊かな選手に、
これから先も、ますます活躍してほしいなぁって、
ちょっと偉そうな言い方して申し訳ないけれど、
そんなこと、考えてました。

c0049950_233852100.jpg


はいはい。。。
確かにそうですね。お璃子さん。


c0049950_23395247.jpg

           (2010年1月6日)

「おかっしゃん。その子が言うように、ちょっと上から目線すぎるワン。
まず、大ちゃんや真央ちゃん達の演技を生で見れただけでもすごいことやワン。
それに、おかっしゃん、ちぃ~~っともスケートできひんくせに、
そんな偉そうなこと、言うたらあかんワン。」

サイちゃん。そうそう、自慢じゃないけど、私は全然滑れへん。
そんな私が、偉そうに言いすぎて、失礼こきましたぁ。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2015-01-11 23:55 | Comments(4)

あっという間に

明けましておめでとうございます。

c0049950_2105911.jpg


またまた更新が滞っているうちに、
2014年が終わってしまい、
あっという間に新年が明けました。
時々しか更新できませんが、細々と続けていくつもりなので、
今年もよろしくお願いいたします。


毎年、年末年始になると、
5年前の今頃のことが思い出されます。

サイちゃん。。。
必死で、年を越そうとしていたのかなぁ。

飼い主に反抗的だったのに、
晩年は、思い通りに動けなくなった身体を私に委ね、
年が明け、ゆるゆると過ごし、最期は私の腕の中で眠ったサイちゃん。

サイちゃんがいなくなって、しばらくずぅ~~っと、毎日目を腫らすほど泣いてたけれど、
今は、やんちゃ娘璃子がいるから、サイ子も安心してくれてると思います。


不安や心配事満載な日常だけれど、
こうして毎日が無事にすみ、日が暮れ、朝がやってくることに感謝し、
一日ひとつでもいいから、何か些細なことにありがたみを見い出せたらいいなぁ。


ここ数年、永遠の別れを何度も経験するたびに、
自分自身も、日一日、最期に向かっているのだと寂しく思う反面、
だからこそ、気持ちはずっと若々しく、常に前向きに、
心の中も笑顔を絶やさず、過ごしていかなければと思います。


c0049950_11212222.jpg


今年のお正月は、記録的な大雪となり、
元日、2日と、積雪が続きました。
2日とも、びっくりするぐらい、あっという間に積もりました。

春と秋を除き、夏と冬は、真夏日やゲリラ豪雨、爆弾低気圧など、これからもますます気性が激しい気象(シャレのつもりじゃないけど)に見舞われることになりそうですが、
気持ちはいつも穏やかに、、、とモットーに、
今年も頑張ります!


c0049950_254291.jpg

              (2009年12月)

「おかっしゃん。前向きって言うんやったら、ワタシのことはもうええ加減に忘れて、今のその子の可愛らしさを大事にしてやってワン。」

サイちゃん、あんたのこと忘れるなんてこと、できひん。
あんたと過ごした年月を思い出しながら、
璃子に癒され、時にはやんちゃさに悩まされ、
「犬のいる生活」を楽しんでいくからね。
時の流れの速さにはいつもびっくりしているし、
今まだ2歳半の璃子も、あっという間にシニア犬になっていくんやろなぁ。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2015-01-03 11:51 | 璃子 | Comments(8)

晩秋に

c0049950_20542820.jpg


c0049950_20544778.jpg


                             曼殊院にて


いきなり、紅葉にしっとり馴染んでいる(?)璃子でスタートしましたが、
随分ブログをさぼってしまっていました。

3か月近く。。。こんなに書かなかったこと、おそらく初めてです。

具合が悪くて寝込んでいたわけではありません。
何かとバタバタしておりました。
少し緊急事態があったり、
ちょっとした行事があったり、
多忙な状態は、まだまだ継続中です。


そんな中、9月末には、久しぶりに「柴母の会」の集まりがあって、
ちゃっかりと参加してまいりました。

遠方組は、chobiponちゃんとすもも母ちゃん。
京都組は、RUNちゃん、beちゃん、おば関ちゃん、乙女ちゃん。

前回は2年前だったけれど、私は不参加で、
璃子を見に来てもらうだけでした。
その前はいつだったかなぁ?
とにかく久々だったので、ずっと楽しみにしていました。

c0049950_21551666.jpg


というのに、画像アップするのは、この1枚だけ?
と、突っ込まれそうですが、ごめんなさい。
どんなところへ行き、どんな風に楽しんだのかは、
みんなのブログで確認してくだ・・・
と言いたいんやけど、今のところ更新しているのは、すもも母ちゃんのみ(笑)

多分後ほど更新するのは、やはり遠方組のchobiponちゃんぐらいかなぁ?
あ、京都組のみなさん、失礼!
「私は、いつになるかわからんけど、絶対更新するでぇ~!」
って言いそうなのは誰かなぁ?(誰もいいひんってか?)


忙しいと言いながらも、こうして楽しい時間も過ごし、
そして気が付けば、今年もあと1か月と少し。
信じられん!((+_+))

この11月というのは、そんな気忙しい時期であるとともに、
母がどんどん弱っていった月、
父が亡くなった月、
サイが瀕死の状態に陥った月、
叔母が亡くなった月、、、、
と、どうしてもしんみりしてしまう月でもあります。
でもその反面、もうすぐ私達夫婦が結婚した日が近づくんやけど、
今年でなぁんと30年!
よくまぁ、ここまで「もった」ものだと、めでたいと言うべきかも?


c0049950_17298.jpg



c0049950_172393.jpg



いつも言うことですが、
心配事、悩み事が、エンドレスに続くけれど、
この子がいてくれるから、表情は明るくなれます。
2歳と5か月になりました。

サイちゃんやリリィーさんに感謝し、
璃子と楽しく過ごす。。。

年末年始、乗り越えなくては!



サイちゃんやリリィーさんといえば、
最愛なる愛犬との別れは、本当につらかった。
そんなつらさを、何人かのわん友さんが、最近味わうことになってしまわれました。

たぬ吉くんを亡くされたロジーナ隊長。
サスケくんを亡くされたSasukebooちゃん。
アンちゃんを亡くされたけんたのねぇさん。

これからの寒さが身に染みるかもしれないけれど、
それぞれの愛犬が、見守ってくれているので、
心の中にポッカリあいた穴を、少しずつ、少しずつ、埋めていってほしいです。


c0049950_115527.jpg

            (2009年11月)
「おかっしゃん。そんな偉そうなこと言うてるけど、
ワタシが眠ってからずっと、毎晩寝る時泣いてばっかりで、
枕をビショビショにして、朝起きたら目が腫れてしもて、
しばらくずっとメガネかけてたワン。
今のおかっしゃんのような気持ちになるには、ちょっと時間が必要やワン。」

サイちゃん、確かにそうやな。
無理に立ち直ろうとせんでも、時間が、穏やかな気持ちに変化させてくれるんかなぁ。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2014-11-21 23:54 | 璃子 | Comments(4)

夏の終わりに

ブログを始めた頃は、ほとんど毎日、サイのことを書いていた私が、
最近すっかりサボり癖がついてしまっています。
ところが、 先月に続いて、かろうじて2回目の更新ができそうです。

前回の記事にも、今年の夏の激しい天候のことを書きましたが、
今までとはスケールの違う被害を及ぼす、とんでもない豪雨が、全国を襲っています。

特に広島の惨状を見ていると、震災の時のごとく、
自分達が普通に生活していることのありがたさ、
被災者の人達に何もしてあげられないもどかしさを感じてしまいます。
救助作業にあたっておられる人達も、本当に大変だと痛感します。

少しでも作業が進み、避難されている方々の生活が、すぐに元どおりとはいかなくても、少しずつ改善していくよう、ただひたすら祈るのみです。



もう2週間も前のことですが、今年も、大文字送り火が無事行われました。

この日、ちょうどその1週間前に台風が接近した時と同じように、
ひどい豪雨に見舞われました。

c0049950_11585620.jpg


これ、前回の記事に載せた写真と同じ日に撮ったのではありません。
送り火の日、ちょっと雨が止んだ時に、急いで散歩に出かけた時の写真です。

c0049950_17131625.jpg


毎日散歩中に見る「法」の山。
火床が準備されているのが見えます。
この時点で、まだ大雨警報が出ていたので、
本当に行われるんやろか?と、半信半疑でした。

でも! 送り火に携われている人達の「絶対にきょうやるんや!」という強い願いが天まで届き、点火時間には、ほとんど雨が止んでいました。

c0049950_125743.jpg


すべてスマホで撮り、ブレブレですが。。。

あれほど悪天候だったのにもかかわらず、こうして無事に点火されたのです。
関係者の方々と、ご先祖の御霊(みたま)の思いがひとつになったありがたさを強く感じ、例年よりも今年の送り火は、特に感慨深いものとなりました。

送り火が終わったあと、しばらく蒸し暑い日が続いたので、
また梅雨に逆戻りかと思っていましたが、
月末になり、急に秋めいてきました。
来月になれば、また暑の戻り(?)が来るものの、
去年よりかは、秋の訪れは早いそうです。
もう今年の夏も、終わりですね。



さて、全く話は変わりますが。

最近知人が、相次いで介護認定を受け、
サービスを受けるようになっておられるんです。
また身内でも、以前よりも「老い」を感じるようになったり、
病院で診察を受ける機会が増えたりするので、
自分自身の老い先を考えるようになってきました。
数年前までは、こんなこと考えもしませんでした。
約8年前に母が亡くなり、そのあと父や、サイやリリィーや、親戚など、
次々と見送っていくうちに、
私は一体、どんな風に老いぼれて最期を迎えるんだろう。。。なぁんて、思い巡らしてしまうのです。
普段アホなこと言って笑ったりしていても、ふと我に返ると、
色々考えてしまうんです。

両親みたいに、オムツの世話をしてもらったり、
車椅子や、訪問入浴のお世話になるんやろか?
将来の息子のお嫁さん(一生来てもらえないかも?)の世話になんて、なりたくないなぁ。
それなら、いっそのこと、心筋梗塞とかで、ぽっくり逝った方がいいのかなぁ。
誰にもお世話になりたくないし。

かなり暗い話題ですが、
こんなこと考え出すと、身の回りをそろそろ片づけなあかんやろか?とか、
そんなことにまで飛躍してしまいます。

でもその反面、リリィーちゃんが縁で、ずっとお世話になっているおばあちゃんを見れば、こんな甘いこと言ってられない!と自分に言い聞かせ、活を入れたくなります。
そのおばあちゃんは、なんと今年の夏に90歳になられたというのに、
お独り暮らしで、何の介護サービスも受けず、
ご自分のこと全てご自分でされていて、
(それどころか、お手製のおかずをくださったりする!)
余裕たっぷり、ゆったりと過ごしておられます。
ご主人に先立たれ、多分30年ほど経ってると思うのですが、
実に、人生を楽しんでおられるという印象です。
「〇△さん、憧れやわぁ。」って、いつも話しています。

人生何事も、前向きでなければなりません。
将来のことを心配することも大切だけれど、
一日一日を大事に過ごし、次の日を迎えらえることに感謝すれば、
自然とポジティブに生きていくことができる!

頭の中で、考えが、こんな風に行ったり来たりするけれど、
最終的には、プラス思考にたどり着ければいいなぁと、
そんな自分でありたいと、日々祈りながら過ごしています。


c0049950_1346454.jpg


ここには書けないけれど、悩み事はてんこ盛り!
でも、璃子のこんな様子を見ると、
自然と笑顔になれるし、気持ちは明るくなります。
璃子の存在に、感謝しないと!


あっ、この子がいたから、今私には璃子がいるんやわ。
c0049950_13484147.jpg

              (2007年8月)
 

「おかっしゃん。もともと気楽な考え方しかせえへんのに、時々考えんでもええことまで悩んでしまうのが、悪い癖やワン。
ワタシも、あのでっかかった子も見守ってるんやし、
おかっしゃんは、今のこと考えて、人生楽しんでいったらええんやワン。」

サイちゃん。悩んでも解決せえへんことってたくさんあるわ。
解決するように念じて、プラス思考でいくね!
[PR]

# by sai-n.1020 | 2014-08-31 13:50 | 風景 | Comments(6)

残暑お見舞い申し上げます。

体温を軽く上回るほどまで、最高気温を記録したかと思ったら、
台風が列島を横断し、暴風雨が襲ったりと、
今年の夏もなかなかの激しさを発揮し、
ますます亜熱帯に近づいてきたなぁと感じるきょうこの頃です。

しかし実際は立秋もすんだし、少しでもいいから、秋に近づいてほしいものです。


前回の日記では、祇園祭を記事にしましたが、
先月末の、こちらでの風物詩を、やはり載せておきたいと思います。

ここ数年必ず参加している神事です。

c0049950_15452489.jpg



毎年お馴染み、下鴨神社での「みたらし祭」です。
またまた、ma-saちゃんと行って来ました。

今年はねぇ。。。ちょっと最初しくじったというか。
土曜日に、まず行ったんです。
そしたらね。
混んでることは想像していたけど、想像以上で。。。(-_-;)
それはそれは、すっごい行列で。
遠くから来ている人なら、そのまま並んでおられたと思うけれど、
なんせ私達は地元民。
「出直そっか。。。」と、この日はそのまま帰宅。

そして、最終日に再び行ってまいりました。


c0049950_15482932.jpg



みたらし祭について、今更ですが、一応説明を。

下鴨神社の御手洗池の湧き水に足を浸け、罪、けがれを祓い、無病息災を祈る神事。
平安時代の貴族が、季節の変わり目に禊をして、罪や穢れを 祓っていたものがはじまりと言われています。

浸かる直前、前の方の人が一斉に、「うぉ~~~! 冷たい!」と叫びます。
そんな声を聞き、覚悟をしながら恐る恐る浸かると、やっぱり冷たい!
足の感覚がなくなるような、しびれのような、そんな感じを味わっているうち、
次第に足が慣れてきます。
すごく気持ちがいいので、この季節には絶対おすすめの神事です。


祇園祭や、みたらし祭がすみ、
いよいよ大文字送り火の日が近づいてきたなぁと思っていたところ、
台風11号が、直撃に近い状態で、襲って来ました。

台風って、わりと夜中のうちに通り過ぎることが多いのですが、
今回は、日曜の早朝から昼過ぎ頃に、一番接近しました。
かなりの風雨に見舞われましたが、夕方になると雨が止み、
なんとか川原へ散歩に出ることができました。

c0049950_1503530.jpg


c0049950_1511926.jpg


こんな川を見ると、去年の渡月橋周辺の被害を思い出します。
今回も、避難勧告が出た地域があります。

私達は、日常の中で、自分の健康や家族のことなど、
あらゆる所で、神様に手を合わせ、祈願する機会があるけれど、
自然は、時には人間の心に反して、思いのままに動き、暴れ出したりします。
そんな自然に逆らうことはできませんが、
少しでも、被害が少なくてすむように、
これからまた台風が発生、接近しても、そう願いたいものです。


台風が来る少し前に、いつもの散歩道である川原で、
なんと!3頭の鹿に遭遇しました。

c0049950_16154963.jpg



以前日記に載せたことのある、璃子の第2のボーイフレンド(笑)のライちゃんのお母さんが、夜遅くに散歩させておられた時に、な、な、なんと、、、、

12頭の鹿が歩いていたそうです!

いやぁ、見たかったわぁ。



c0049950_1619564.jpg



璃子、間もなく我が家の娘になって、2年が経とうとしています。
まだまだやんちゃもするけれど、
かなり落ち着いてきたかな?


c0049950_16223525.jpg

             (2006年8月)
「おかっしゃん。今年も、Jyollyくん&翔ちゃんのママと、足を浸けに行ってきたんかワン。
ワタシ、夏になると、こんな風にサル顔になること多かって、
いつもおかっしゃん、笑って写真撮って、失礼やったワン。
そのやんちゃな子は、サル顔にはならへんのかワン?
もしなったら、ワタシ思い切り笑ってやるワン。」

サイ子~。あんたのサル顔、ほんま面白かったなぁ。
璃子は、あんたみたいに、ゴソッと抜けたりせんと、
年中ふわふわ抜けるねん。
あんたの背中が地図みたいに禿げてたん、めっちゃ懐かしいわ。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2014-08-11 14:44 | 風景 | Comments(4)

祇園祭

厳暑、酷暑お見舞い申し上げます。

最高気温が、体温を上回るということが、日常茶飯事になってきています。
でも、まだ8月になっていません。
これから1か月以上、この暑さと戦わなくてはなりません。
水分補給に気を配って、熱中症対策につとめ、
今年の夏も乗り越えていきたいものです。


さて、京都では、三大祭のひとつ、「祇園祭」が催されています。
祇園祭は、平安時代に流行した疫病退散を祈願した祇園御霊会(ごりょうえ)が始まりだと言われています。
クライマックスである「山鉾巡行」はすみましたが、
すべてが終わるのは、今月末です。

今年の祇園祭は、大きく変化しました。
49年ぶりに、後祭が復活し、幕末の蛤御門の変で焼けて失われた大船鉾が、150年ぶりに巡行に復帰したのです。

今まで何度か巡行を見に行っていましたが、
今年はその「大船鉾」を絶対見たい!と思っていて、
まず、後祭の宵山の23日に出かけました。
とはいっても、昼間でなく、夜の10時半頃を目指して。

なぜかというと、、、

南観音山で行われる「あばれ観音」を久しぶりに見に行くのが、最大の目的だったからです。
これが始まるのが11時過ぎ頃。
それまでに、まず大船鉾を見に行きました。

c0049950_153238.jpg


さすがに遅い時間だったので、大勢の人がごった返すという感じではありませんでした。
それでも大船鉾の回りは、そこそこの人だかり。
しかも、南行きの一方通行で歩かなければなりません。
写真を撮ろうと立ち止まろうとすると、
「後ろからどんどん歩いてこられるので、立ち止まらないように!」
と警備の人の声が。。。
う~~ん、これではブレて、ちゃんと撮れへんやん。

c0049950_154435.jpg


なんとかこれだけ撮りました。
装飾品はまだ未完成で、白木のままですが、
寄付を募って、金箔や漆で装飾を施した完全復興を目指しておられるそうです。
確かに、もともとある「船鉾」の方が、豪華絢爛という印象ですね。
これから年々装飾品が加わっていくのも楽しみです。


さて、南観音山へ向かいます。
その手前に、北観音山がありました。
c0049950_846425.jpg


ちょうど、日和神楽がお囃子を響かせながら、回っているところでした。

北観音山の日和神楽 

何度か宵山に来ているけれど、こういうものに遭遇したのは初めてでした。

さてさて、いよいよ南観音山へ。

c0049950_8471933.jpg


やっぱりたくさんの人が集まっています。
しばらく待っていると、ようやく中から観音様が出て来ました。

c0049950_8481524.jpg


御神体の楊柳観音像が、布を被せられ、紐でぐるぐるに巻きつけられています。

さぁ、始まりました!

c0049950_848542.jpg


何年か前に見に行き、ここにもupしたのですが、
エキサイトさん、当時の動画ツールを止めてしまわれて、、、
今は見ることができません。

あまり綺麗に撮れてないけれど、見て下さいね。

南観音山のあばれ観音

担ぎ上げられる観音様


山鉾の、荘厳で雅な雰囲気とは違い、
ちょっと手荒で迫力あるこの神事。
見ていると、なぜか笑ってしまう~。

このあばれ観音の由来、以前も書いたかもしれないけれど、
いくつか説があり、そのうちのひとつが面白い!

「南観音は北観音が好きで好きでたまらない。そのまま巡行を迎えると、暴走してしまうかもしれない。そこで、前日の夜にあばれさせて、心を静めさせ、巡行の間は静かに座って頂く。」

こういうことだそうで。。。
ね? 面白いでしょ?
それで私、てっきり、南観音山が男性だと思っていました。
そしたら逆!
南が女性、北が男性。
びっくり!(@_@。
南観音山って、情熱的やったんやなあ。

以前、このあばれ観音を見に行った翌日の巡行も、見に出かけたことがあります。

最近、身内を含め、知人など周りで老いていく姿に直面し、
私自身も、どんどん老けていくんやろなぁと実感するきょうこの頃、
来年行けるかどうかわからないし、
この日の翌日の24日、後祭の巡行も、見に行って来ました~。

しかも、このくそ暑い中チャリで。。。

復活した大船鉾を含め、10基のみの巡行です。
烏丸御池を出発し、前祭と逆方向に進みます。
選んだ観覧場所は、河原町御池。
ここは広々としていて見やすいのですが、
すでにたくさんの人が見に来られていて、近くまでは行けません。
角にある駐輪スタンドに登って、
10×20ほどの小さい上部に、でっかいお尻を乗せて、
何とか撮影できる体勢に。。。

でも、持ってたのはスマホのみ。
そんなにでっかくは拡大できないし、巡行してくる山の細部までは撮れません。

c0049950_1043317.jpg


下の写真は、報道カメラマンのためのスタンド。
いいなぁ。あんなところで撮れるなんて。


ラストを飾るのは、大船鉾。
ほ~ら、やって来たよ!

c0049950_10441811.jpg



上にも書いたように、まだ未完成とはいえ、
堂々たる姿です。


またまた見にくいけれど、動画も見てください。


大船鉾辻回し



あとでわかったことですが、
鉾の前に乗り、扇子を振り回しておられる方のおひとりが、
なぁんと、知人でした。
こういう歴史ある伝統行事に関われるって、いいなぁ。
もし私が男なら、曳き手のボランティアとして、絶対参加していたと思う!

祇園祭って、知れば知るほど、奥の深さを感じることになりそうです。
たとえば、山のひとつひとつにも意味があったり、
巡行以外にも、色々行事があったり、、、


来月には、大文字の送り火があります。
暑い中、行事が続きます。
始った頃に比べ、暑さの厳しさは年々増し、
亜熱帯での行事のようになりつつあります。
携われる方も、見物される方も、
くれぐれも、熱中症に気をつけていただきたいものです。


c0049950_1052233.jpg


この暑さで、すっかりダウン気味の璃子。
時々吐くことがあるほど。
昼間は、ほとんど寝ているようです。


c0049950_111898.jpg

             (2006年7月)

「おかっしゃん。今年は頑張って見に行ってきたんやワン。
行事を楽しむのは、ええことやけど、
もう若くないんやし、無理はせえへん方がええと思うワン。」

サイちゃん。ありがとう。
こういう行事に接するとなぁ。
あんたがいた頃のこの季節は、どんな感じやったやろうとか、
ついつい考えてしまうわ。
今、クーラーのきいた部屋で璃子が寝てる姿見てると、
あんたに悪いことしたなぁって、思ってしまう。
サイちゃん、外飼いやったしなぁ。
あの頃の暑さは、今ほど厳しくなかったけど、
あんたも部屋で飼ってたら、もっともっと心を通わせることができたんやろなぁ。
[PR]

# by sai-n.1020 | 2014-07-27 23:46 | 風景 | Comments(8)