<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夏の終わりに

ブログを始めた頃は、ほとんど毎日、サイのことを書いていた私が、
最近すっかりサボり癖がついてしまっています。
ところが、 先月に続いて、かろうじて2回目の更新ができそうです。

前回の記事にも、今年の夏の激しい天候のことを書きましたが、
今までとはスケールの違う被害を及ぼす、とんでもない豪雨が、全国を襲っています。

特に広島の惨状を見ていると、震災の時のごとく、
自分達が普通に生活していることのありがたさ、
被災者の人達に何もしてあげられないもどかしさを感じてしまいます。
救助作業にあたっておられる人達も、本当に大変だと痛感します。

少しでも作業が進み、避難されている方々の生活が、すぐに元どおりとはいかなくても、少しずつ改善していくよう、ただひたすら祈るのみです。



もう2週間も前のことですが、今年も、大文字送り火が無事行われました。

この日、ちょうどその1週間前に台風が接近した時と同じように、
ひどい豪雨に見舞われました。

c0049950_11585620.jpg


これ、前回の記事に載せた写真と同じ日に撮ったのではありません。
送り火の日、ちょっと雨が止んだ時に、急いで散歩に出かけた時の写真です。

c0049950_17131625.jpg


毎日散歩中に見る「法」の山。
火床が準備されているのが見えます。
この時点で、まだ大雨警報が出ていたので、
本当に行われるんやろか?と、半信半疑でした。

でも! 送り火に携われている人達の「絶対にきょうやるんや!」という強い願いが天まで届き、点火時間には、ほとんど雨が止んでいました。

c0049950_125743.jpg


すべてスマホで撮り、ブレブレですが。。。

あれほど悪天候だったのにもかかわらず、こうして無事に点火されたのです。
関係者の方々と、ご先祖の御霊(みたま)の思いがひとつになったありがたさを強く感じ、例年よりも今年の送り火は、特に感慨深いものとなりました。

送り火が終わったあと、しばらく蒸し暑い日が続いたので、
また梅雨に逆戻りかと思っていましたが、
月末になり、急に秋めいてきました。
来月になれば、また暑の戻り(?)が来るものの、
去年よりかは、秋の訪れは早いそうです。
もう今年の夏も、終わりですね。



さて、全く話は変わりますが。

最近知人が、相次いで介護認定を受け、
サービスを受けるようになっておられるんです。
また身内でも、以前よりも「老い」を感じるようになったり、
病院で診察を受ける機会が増えたりするので、
自分自身の老い先を考えるようになってきました。
数年前までは、こんなこと考えもしませんでした。
約8年前に母が亡くなり、そのあと父や、サイやリリィーや、親戚など、
次々と見送っていくうちに、
私は一体、どんな風に老いぼれて最期を迎えるんだろう。。。なぁんて、思い巡らしてしまうのです。
普段アホなこと言って笑ったりしていても、ふと我に返ると、
色々考えてしまうんです。

両親みたいに、オムツの世話をしてもらったり、
車椅子や、訪問入浴のお世話になるんやろか?
将来の息子のお嫁さん(一生来てもらえないかも?)の世話になんて、なりたくないなぁ。
それなら、いっそのこと、心筋梗塞とかで、ぽっくり逝った方がいいのかなぁ。
誰にもお世話になりたくないし。

かなり暗い話題ですが、
こんなこと考え出すと、身の回りをそろそろ片づけなあかんやろか?とか、
そんなことにまで飛躍してしまいます。

でもその反面、リリィーちゃんが縁で、ずっとお世話になっているおばあちゃんを見れば、こんな甘いこと言ってられない!と自分に言い聞かせ、活を入れたくなります。
そのおばあちゃんは、なんと今年の夏に90歳になられたというのに、
お独り暮らしで、何の介護サービスも受けず、
ご自分のこと全てご自分でされていて、
(それどころか、お手製のおかずをくださったりする!)
余裕たっぷり、ゆったりと過ごしておられます。
ご主人に先立たれ、多分30年ほど経ってると思うのですが、
実に、人生を楽しんでおられるという印象です。
「〇△さん、憧れやわぁ。」って、いつも話しています。

人生何事も、前向きでなければなりません。
将来のことを心配することも大切だけれど、
一日一日を大事に過ごし、次の日を迎えらえることに感謝すれば、
自然とポジティブに生きていくことができる!

頭の中で、考えが、こんな風に行ったり来たりするけれど、
最終的には、プラス思考にたどり着ければいいなぁと、
そんな自分でありたいと、日々祈りながら過ごしています。


c0049950_1346454.jpg


ここには書けないけれど、悩み事はてんこ盛り!
でも、璃子のこんな様子を見ると、
自然と笑顔になれるし、気持ちは明るくなります。
璃子の存在に、感謝しないと!


あっ、この子がいたから、今私には璃子がいるんやわ。
c0049950_13484147.jpg

              (2007年8月)
 

「おかっしゃん。もともと気楽な考え方しかせえへんのに、時々考えんでもええことまで悩んでしまうのが、悪い癖やワン。
ワタシも、あのでっかかった子も見守ってるんやし、
おかっしゃんは、今のこと考えて、人生楽しんでいったらええんやワン。」

サイちゃん。悩んでも解決せえへんことってたくさんあるわ。
解決するように念じて、プラス思考でいくね!
[PR]

by sai-n.1020 | 2014-08-31 13:50 | 風景 | Comments(6)

残暑お見舞い申し上げます。

体温を軽く上回るほどまで、最高気温を記録したかと思ったら、
台風が列島を横断し、暴風雨が襲ったりと、
今年の夏もなかなかの激しさを発揮し、
ますます亜熱帯に近づいてきたなぁと感じるきょうこの頃です。

しかし実際は立秋もすんだし、少しでもいいから、秋に近づいてほしいものです。


前回の日記では、祇園祭を記事にしましたが、
先月末の、こちらでの風物詩を、やはり載せておきたいと思います。

ここ数年必ず参加している神事です。

c0049950_15452489.jpg



毎年お馴染み、下鴨神社での「みたらし祭」です。
またまた、ma-saちゃんと行って来ました。

今年はねぇ。。。ちょっと最初しくじったというか。
土曜日に、まず行ったんです。
そしたらね。
混んでることは想像していたけど、想像以上で。。。(-_-;)
それはそれは、すっごい行列で。
遠くから来ている人なら、そのまま並んでおられたと思うけれど、
なんせ私達は地元民。
「出直そっか。。。」と、この日はそのまま帰宅。

そして、最終日に再び行ってまいりました。


c0049950_15482932.jpg



みたらし祭について、今更ですが、一応説明を。

下鴨神社の御手洗池の湧き水に足を浸け、罪、けがれを祓い、無病息災を祈る神事。
平安時代の貴族が、季節の変わり目に禊をして、罪や穢れを 祓っていたものがはじまりと言われています。

浸かる直前、前の方の人が一斉に、「うぉ~~~! 冷たい!」と叫びます。
そんな声を聞き、覚悟をしながら恐る恐る浸かると、やっぱり冷たい!
足の感覚がなくなるような、しびれのような、そんな感じを味わっているうち、
次第に足が慣れてきます。
すごく気持ちがいいので、この季節には絶対おすすめの神事です。


祇園祭や、みたらし祭がすみ、
いよいよ大文字送り火の日が近づいてきたなぁと思っていたところ、
台風11号が、直撃に近い状態で、襲って来ました。

台風って、わりと夜中のうちに通り過ぎることが多いのですが、
今回は、日曜の早朝から昼過ぎ頃に、一番接近しました。
かなりの風雨に見舞われましたが、夕方になると雨が止み、
なんとか川原へ散歩に出ることができました。

c0049950_1503530.jpg


c0049950_1511926.jpg


こんな川を見ると、去年の渡月橋周辺の被害を思い出します。
今回も、避難勧告が出た地域があります。

私達は、日常の中で、自分の健康や家族のことなど、
あらゆる所で、神様に手を合わせ、祈願する機会があるけれど、
自然は、時には人間の心に反して、思いのままに動き、暴れ出したりします。
そんな自然に逆らうことはできませんが、
少しでも、被害が少なくてすむように、
これからまた台風が発生、接近しても、そう願いたいものです。


台風が来る少し前に、いつもの散歩道である川原で、
なんと!3頭の鹿に遭遇しました。

c0049950_16154963.jpg



以前日記に載せたことのある、璃子の第2のボーイフレンド(笑)のライちゃんのお母さんが、夜遅くに散歩させておられた時に、な、な、なんと、、、、

12頭の鹿が歩いていたそうです!

いやぁ、見たかったわぁ。



c0049950_1619564.jpg



璃子、間もなく我が家の娘になって、2年が経とうとしています。
まだまだやんちゃもするけれど、
かなり落ち着いてきたかな?


c0049950_16223525.jpg

             (2006年8月)
「おかっしゃん。今年も、Jyollyくん&翔ちゃんのママと、足を浸けに行ってきたんかワン。
ワタシ、夏になると、こんな風にサル顔になること多かって、
いつもおかっしゃん、笑って写真撮って、失礼やったワン。
そのやんちゃな子は、サル顔にはならへんのかワン?
もしなったら、ワタシ思い切り笑ってやるワン。」

サイ子~。あんたのサル顔、ほんま面白かったなぁ。
璃子は、あんたみたいに、ゴソッと抜けたりせんと、
年中ふわふわ抜けるねん。
あんたの背中が地図みたいに禿げてたん、めっちゃ懐かしいわ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2014-08-11 14:44 | 風景 | Comments(4)