<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

寒さが堪えます。

おっ!
なんと! 今月2回目の投稿です。

といっても、短い日記になりそうですが。



1月も中頃を過ぎると、やはり特別な想いになります。
18日。。。最愛の1代目わんこ、サイが永眠した日。
早いもので、4年が経ちました。

あの瞬間のことは、まだ鮮明に覚えています。

サイが眠って直後は、どうしようもなく悲しくて悲しくて、
ちょっとしたことを思い出しては泣き、
目が腫れてしまって恥ずかしいので、
コンタクトじゃなく、メガネを使ったりしてました。


あの寂しい気持ちが、次第にサイに対する感謝の気持ちに変化し、今では、この子を迎えたきっかけにもなったということ、
改めて、「ありがとう。」と言いたいです。

c0049950_21165498.jpg


この桜の木の下で、満開の頃に、サイといっぱい写真撮ったなぁ。


先月の12月は、母が永眠した月。
2か月続いて、しみじみした気持ちになるけれど、
母にも、サイにも、心から感謝です。

そして17日に、阪神大震災から19年が経ちました。
ここ最近のように寒い時期、被災者の皆さんが乗り越えてこられたご苦労を、今更ながら、感じます。


それにしても毎日寒いっ!
今朝起きたら、予報通り雪が積もっていました。
夜中の3時頃には積もってなかったし、
おそらく明け方に一気に降り、積もったようです。


c0049950_2156297.jpg

「法」の山の文字、わかりますか?


c0049950_21545627.jpg


c0049950_21552139.jpg


さすが若さいっぱいの璃子!
冷たかろうが、全然平気です。

いっぱい積もっている川原を歩いていたら、翔ちゃんに遭遇!

c0049950_2156118.jpg



この雪が、昨日から降り続いていて、朝の冷え込みで凍っていたら、滑りまくって大変なことになってたやろなぁ。

日中は、少しは舞ってたけれど、日も差してたので、
夕方の散歩には、なんとか川原を歩くことができました。

最近時間がある時には、ちょっと足を延ばして、こんなところまで行ってます。

c0049950_2205924.jpg


ふたつの川が合流するところ。
璃子の顔の向こうに写っているのは、大文字山の「大」です。

今年の冬は、きょうみたいに何度も雪が降り積もるかも・・・?
寒さに負けず、璃子の散歩に出かけ、健康管理につとめなければ。



c0049950_21222638.jpg

              (2010年1月)

「おかっしゃん。ワタシが眠った時より、今年は寒いみたいやワン。
ワタシ、あの頃夜中に何回も泣いて起きたけど、
今年みたいに寒かったら、おかっしゃんきっと、起きてくれへんかったやろワン。」

サイちゃん。そういえば、あんた、夜中に何回か泣いたなぁ。
ジャーキーやって、撫で撫でしてやったら、また寝たもんなぁ。
でもあの日、あの時、撫で撫でしても、
あんた落ち着かんと、シーツを咥えてグイグイ引っ張って、
ほんで、そのあと、、、、
[PR]

by sai-n.1020 | 2014-01-19 22:08 | サイ | Comments(4)

今年もよろしく!

昨年の12月、とうとう一日もブログを更新しないまま、
年が明けてしまいました。

なかなか更新できないブログですが、
今年もよろしくお願いいたします。


猛暑のあとは、厳寒がやってくると聞きますが、
確かに、先月かなり厳しい寒波が到来しました。
ただでさえ、動きが鈍くなっている私、
ますますゆっくりしか動けなくなります。
でも、どっちかというと、夏よりも冬が好きなので、
寒さに負けず、おばさん、頑張ります!


昨年から多忙な状態が続いていますが、
今年初めにまず行われた、この行事を、
久しぶりに見に行って来ました。

c0049950_11315296.jpg


下鴨神社の「蹴鞠初め」です。
も~のすごい人、人、人でした。
始まる少し前に着きましたが、すでに大きな人垣が、鞠庭を取り囲んでいました。

後ろから見ても、何も見えない!
もうあきらめて帰ろうかとも思ったけれど、
来年行けるかどうかわからないし、粘り強くスマホを構えているうちに、前で見ている人達が退散され、
気が付いたら、一番前に来ていました。

c0049950_14463241.jpg


最初見ていた場所を離れて、移動してからも、
頑張って前の方へ進んで撮りました。


動画も撮ったので、見てくださいね。


スマホで撮った蹴鞠初め


蹴鞠初めは、飛鳥時代に日本に伝わり、平安時代に貴族の間で流行したそうです。
今年はW杯の年です。
最後の方で、大会公式球を使って蹴り合ったらしいけど、
残念ながら、私が帰ったあとでした。

伝統的な行事の典雅さと、今の時代を代表するスポーツの熱さが融合して。。。
当時の貴族が見たら、どう思うだろうなんて考えてしまいました。


見に行ったのは、今回二度目です。
初めて見に行ったのがいつなのか、ブログをさかのぼって調べたら、3年前でした。
あの時は、一眼で必死で撮っていました。
よかったら見てください。

3年前のブログ


この下鴨神社では、様々な伝統行事、神事が行われます。
以前はよく見に行って、ブログにアップしていました。
最近は、「みたらし祭」ぐらいしか行けてません。
今年は、久しぶりにできればいくつか見に行きたいです。


この日、夕方の散歩で、再び下鴨神社に立ち寄りました。
わんこは、鳥居より中は禁止です。
それで、こんな風に撮っていたら、、、

c0049950_15334355.jpg


駐車場の警備員さんが、璃子のことを「コロちゃ~ん。」って呼んで、撫で撫でしてくださったんです。
「ここより中は、入れませんからねぇ。」って言ったら、
「いやぁ、結構連れて入ってはりますよ。大丈夫なんと違うかなぁ?」って。

え? ほんまにええの?(いや、本当はダメです。)
抱っこして入ってみよか?(あかんって!)
もし「だめですよ。」って言われたら、潔く出ればいいし。(おいおい。本当に連れて入る気か?)

と自問自答しながら、璃子を抱っこして中へ。。。
干支の社で、璃子の「辰」の前で手を合わせ、
そして、さっきまで蹴鞠をしていた鞠庭へ。

c0049950_15385137.jpg


こうして、ほんの一瞬だけ璃子をおろして写真を撮って、
そそくさと出て行きました~。

ごめんね。神社の宮司さん。


ひとつひとつ行事が行われ、季節がどんどん進み、
今年もきっと、あっという間に月日が過ぎていくことでしょう。
一日無事に終えられたら感謝し、
毎日元気に過ごしていきたいものです。


c0049950_15491475.jpg

              (2009年撮影)

「おかっしゃん。ワタシはあの神社の前で写真撮ったことあるけど、中に入ったことないワン。
この図々しい子、そんなことしたら、ますます厚かましい子になるワン。
おかっしゃん、甘すぎるワン。
というか、おかっしゃん、ちゃんときまりを守るべきやワン。」

そやなぁ。サイちゃん。
あんたの言うとおりやわ。
大好きな下鴨神社の神様に叱られたら大変。
大いに反省します!
[PR]

by sai-n.1020 | 2014-01-05 23:48 | 風景 | Comments(12)