<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

急激に

厳しかった残暑がようやくおさまったかと思ったら、
急激に季節が動きました。
朝晩、寒く感じるほど冷え込み、
段々、お布団から出るのが嫌になってきそうです。

その反面、朝晩の冷え込みに比べ、
晴天時には、昼間は汗ばむほど暑くなり、
朝、昼、晩と、気温が急激に上がったり下がったりします。

どうぞみなさん、体調をくずされませんように。


さて、前回の日記で、
食欲旺盛なリリィーちゃんを見ていただいたのですが、
ここ数日で、急激に弱ってきています。


23日にシャンプーして以来、
今度は逆に食欲が減退し、
この3日間、全く口から物を食べていません。

シャンプーして2日ほどは、
喉をゴロゴロ言わせて、風邪のような症状も出ていました。

月曜日に病院へ行き、そんな様子を説明しました。
熱を測ってもらったら、特に異常がみられるような熱ではありませんでした。
ただ、肛門に体温計を入れている間に、、、
うわぁ、先生ごめんなさい!
脱糞してしまい、先生の手を汚してしまいました。

シャンプーしたのが悪かったのかも、、、と思い聞いたところ、
確かにシャンプーは負担になったかもしれないけれど、
それが原因とは言い切れない。
昨日までよく食べていた子が、急に食べなくなるということはよくあることだ。
そう言われましたが、
シャンプーした直後に、急に食べなくなったことを考えると、
どうしても、それが引き金になったのでは?と、
後悔と、自責の念と、そういう気持ちがあふれてきて、、、

ごめん、リリィーちゃん。
あの時、無理に、お風呂に入ってるお父さんに頼んで、
シャンプーしてもらわへんかったら、
今頃、あの調子で、ちゃんと食べてたかもしれんのに。

そんなことを考えながら、
診察台に黙って乗っているリリィーちゃんをさすっていました。
(サイちゃんなら、考えられない状態です。エリカラ無しなんて~。)

消炎剤と抗生剤の注射をしてもらい、
食欲を増進させる薬をもらって帰ってきたのですが、
その薬を飲ませるのが一苦労!
今まで、フードに混ぜて、色々な薬を抵抗なく飲んできたリリィーちゃん。
でもそのフードを食べないから、投薬することは不可能です。
それでも、なんとかこの日の晩は、無理に口に放りこみました。

しかし、その後も、何も食べようとしません。
大好きなジャーキーでさえ、口を閉ざしたまま、全く食べる気無しなんです。


この状態を、「病気」としてとらえるか、
穏やかに老衰が進んでいきていると考えるか、
それは、飼い主さんの判断で、、、と言われました。
延命治療的なことを希望される飼い主さん、
自然に任せて、その子の負担にならないよう様子をみようとする飼い主さん、
様々だということも話されました。

さて、私達はリリィーちゃんに、どうしてあげるのがベストなのか・・・・?


私自身としては、1日でも長く生きていてほしいと思っています。
でも、治療がリリィーちゃんにとって負担になるのは、もちろん可哀想です。

もし今リリィーちゃんが、どこか痛いところがあったり、
すでに床ずれができていたり、
手の施しようのない苦痛を伴うところがあるなら、
長いこと苦しまないように、
無理な治療はしないと思います。
でもリリィーちゃんは、特にどこか痛がる様子はなく、
穏やかな顔をして、サークルの中で、じっと寝たままなのです。
なので、この状態でいられるなら、
少しでも長いこと一緒にいたい。

そんな気持ちを、昨日病院に電話して伝えました。

「わかりました。点滴しましょう。」と先生が言われ、
またもやカートに乗せて、病院へ行って来ました。

点滴といっても、静脈に入れるのではなく、皮下点滴で、
時間も、さほど長くかかりませんでした。

診察台に上がることも、
注射針をさすことも、
何にも嫌がらず、
じっと点滴を耐えていたリリィーちゃん。
ところが、終了して台から降りてすぐ、
おしっこを構えるポーズをとったかと思ったら、、、
やってくれました。

リリィーちゃん、2日連続病院で、う〇ちもおしっこも。。。。


帰ってからも、そのあと夜になっても、
リリィーちゃんの食欲は復活しません。

そしてきょう。
やはり食べてくれません。
まるで食べること自体、忘れたかのように、
フードを口元に持っていっても、口を閉ざしたままです。

その様子を病院に電話して伝えました。
すると、今晩か明日の朝、連れて来るようにとのこと。

きょうは仕事がないので、
夜主人の帰りを待ち、車に乗せて連れて行って来ました。


昨日と同様、おとなしく点滴してもらうリリィーちゃん。
その間、先生に色々と聞きました。
一番私が気にしている、シャンプーの件です。

きょうも、昨日と同じように、
決して、シャンプーだけが、こんな風に急激に弱りだした原因ではないと言われました。
ちゃんと食べていたのに食欲が急に落ちて、
2,3日で逝く子もいるそうです。
これが、老化現象のひとつらしいです。

特に苦しんでいるわけではなく、
飄々とした感じのリリィーちゃん。
そんなリリィーちゃんが、このまま逝くなんて、考えたくない。。。

リリィーちゃん、なんとか復活して~。
必死で語りかけるのですが、
悲しいことに、耳はほとんど聞こえないようです。


とにかく、こうして点滴をしているうちに、
再び食べることを思い出し、
元気を取り戻してほしいと、祈るばかりです。



c0049950_1884817.jpg


可愛い可愛いリリィーおばあちゃん。
この尻尾も、愛しく思えます。
これ、どんな状態かというと。。。




c0049950_1810160.jpg


こんな風に、サークルからはみ出ているんです。


そして、これも、、、、


c0049950_1811479.jpg


肉球って、なぜか愛嬌ありますよね。
見ていて、癒されます。



c0049950_18123840.jpg



リリィーちゃん、あんた、サークルの隅っこに寝るから、こんな風にはみ出るんやで。






c0049950_18142485.jpg


これは、シャンプーした日の翌日、
7月以来、久々に川原まで連れて行った時写したものです。

久しぶりに、何人かのわんこの飼い主さんに会い、
「わぁ、リリィーちゃん、頑張ってるやん。」
って声をかけられました。
聞こえてないけどね。

でも、今思えば、
ああして無理に連れて行ったのが、
逆に負担になったんやろか・・・・?




c0049950_21434961.jpg

                          (2009年9月11日撮影)

「おかっしゃん。ワタシの娘、ワタシよりもずっと食欲があったのに、
いつの間にか、ワタシよりも食べへんようになったんかワン?
その気持ち、わかるような気がするワン。
なんか、食べる気が急になくなってくるんやワン。
でも、また急に食べたくなることもあるし、
ワタシもそれを祈ってるワン。」

サイちゃん、頼むわぁ。
リリィーちゃん、どこか痛いとこがあるわけでもないから、
できたら、もっと頑張ってほしいねん。
でも、、、、「頑張って」っていう言葉、
リリィーちゃんには聞こえへんかもしれんけど、
実際は負担になるんかなぁ・・・?
[PR]

by sai-n.1020 | 2011-09-28 22:16 | Comments(8)

暑さを乗り越えた!

9月も半ばに差し掛かっているというのに、
この暑さのぶり返しは、一体どうなっているのでしょう?

ちょっと頼まれた用事で、
きょうは自転車で30分のところまで向かったけれど、
それはもう、バテバテになってしまいました。

途中までは、3年前に父が入院していた病院へ行く道を通ったのですが、
あれも、ちょうど8月から10月にかけてでした。
あんな暑い時期に、よく毎日自転車で通ったものだと、
今さらながら、ちょっと自分に感心しています。


それにしても、ここ数日の暑さは、まさに真夏のようです。
その反面、10日ほど前に、台風12号が日本列島を横切った時には、
長い間、強い風と雨が続き、極端でしたよね。
そして、同じ近畿圏内で、半年前の震災の時のような甚大な被害が出て、
「自然が日本に何か恨みがあるのか?」と疑いたくなるような気持ちになりました。

来週になれば、少しは季節が動くらしいけれど、
きっと快適な時候はあっという間に過ぎ去り、
今度は、毎日「寒い寒い。。。」と背中を丸めて歩くようになるんやろなぁ。


ずいぶん、ブログをさぼってしまいました。
その間、相変わらずリリィーちゃんは、マイペースな生活を送っています。
この暑い夏を、何とか乗り越えられそうです。


サークルの中で、ほとんど寝ている状態で、
「しんどいのかなぁ?」と思ったり、
「きっとこの中の居心地がよくて、安心しきっているんや。」と思い込んだり、
その時によって、勝手な解釈をしています。


前回のブログに、えさの食べ方のことを書きましたが、
きょうは実際にその様子を見ていただきます。


この時も、初めはなかなか食べようとせず、
しばらくしたら、このように積極的にガツガツと食べてくれました。

c0049950_2339037.jpg



嗅覚が鈍っているので、
「良いにおいがするから、食らいつく。」という感じではありません。
何かにとりつかれたように、無我夢中で餌皿に顔を突っ込むといった感じです。

その様子、動画で見てもらえたら、わかりやすいと思います。

「こんな格好で食べてるのよ~。」(←クリックしてね。)


途中、変な声が入っていることをお詫びします。
(テレビをつけていることに気づいたので、あんなことを口走ってます。)

足の力が、かなり弱っているので、
こうして伏せて食べることが多いです。

「いらないわぁ。」って感じで、全く食べなかったり、
しばらくしたら、こうしてちゃんと食べたり、
どういう気持ちの変化が生じて、食べ方が変わるのかなぁ?


食べ終わっても、しばらくこの格好のままでした。

c0049950_23485760.jpg



この画像ではわかりにくいけれど、
実はリリィーさん、鼻の上が、ポッコリ膨らんでいます。

c0049950_0464878.jpg


それで、きょう病院へ連れて行ってきました。

まず、体重は先月と同じく、8.1キロ。
なんとかキープできていました。


この鼻の上の膨らみは、どこかでぶっつけて腫れているのか、
単なる脂肪のかたまりである可能性が高い。
もしも、他に何か疑われるとしても、お腹にできている腫瘍と同じで、
これを病理検査に出すことは、年齢を考えると無理。
家で充分介護しているから、これ以上のことをする必要はない。

そういう意味合いのことを言われました。

それから、次から次と膿皮症の症状が現れ、
毛が抜けて、皮膚のかさぶたがボロボロはがれ、痛々しいけれど、
引き続き、ゲンタシンとベスタゾンを塗って対応するようにとのこと。

この暑さのせいで、こういう症状が出ているわんこが多いそうです。


なぁリリィーちゃん、あんたすっかりこの家に馴染んできて、
安心しているように私には思えるし、
これから涼しくなって、もう少し楽になるから、
あんたのペースで、ゆったり過ごしていってやぁ。

しかし、、、早速リリィーちゃんのペースで、
病院の帰りに、やらかしてくれたよなぁ。

気づかなかったけれど、なんとカートの中で、
う〇ちをたれてたのです!
帰宅した時にはすでに暗く、よく見えなかったので、
明日の朝、綺麗に洗わねば。。。



最初に、亡父のことをちょっと書きましたが、
先日、5年前に亡くなった叔父(母の弟)の法事がありました。
当時ブログにも書いたような、色々な思い出がよみがえったと同時に、
叔父が亡くなって2ヵ月後に逝ってしまった母のことも、
またまた色々思い出しました。

祭主の先生が、
「ご先祖様のことを思い出し、大切にすること。」
ということを、改めて仰いました。
今年の12月には、父の3年、母の5年の法事を、同時に行います。
今ここに私が生きていることを、改めて両親に感謝して、
これから先、私の身の回りで起こり来るどんな困難にも、
前向きに立ち向かえるよう見守ってくれることを祈りたいです。


あ、、、そうそう、この子にも見守ってもらいたい。


c0049950_0316100.jpg

                 (2009年9月6日 最初で最後の琵琶湖にて) 

「おかっしゃん。ワタシの娘、ワタシよりも早く弱ってしまってるけど、
食欲があるだけマシやワン。
ワタシ、同じ時期、そんなに食べられへんかったワン。
それに、そのサークルの中で、結構くつろいでるし、
まだまだ頑張ってほしいもんやワン。」

サイちゃん、そやねん。
このサークル、あんたは1か月とちょっとしか使わへんかったけど、
リリィーちゃんはすでに、2か月使ってるで。
カートも、病院行く時に、役立ってるし、
これから涼しくなったら、時々川原まで連れて行くつもりやねん。
来月は、あんたの誕生日の月。
17歳かぁ。。。
[PR]

by sai-n.1020 | 2011-09-14 23:58 | Comments(20)