<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

またまたさかのぼって

ようやく、5月らしい天気がしばらく続きました。
・・・・が、
きょうは朝から土砂降り。
でも、昼前には止んで、
昨日までしばらく続いた、かなりの暑さから解放されて、
少しほっとした感じがします。

1週間前に、この天気だったら大変でした。
なぜかと言うと、
この間の日記に書いたように、葵祭だったからです。



去年の今頃の日記に、
葵祭を、賀茂街道まで見に行ったことと、
12日の御蔭祭を見に行ったことを合わせて、
非常~~~~~に長~~~~い記事を書きました。
もし、長くてももう一度見ておこう、、、と思われたら、
ここをご覧下さい。
(多分おられないやろなぁ。)


今年は、御蔭祭を見に行くことができず、
葵祭当日も、決してゆっくりと見物したわけではありません。
この間も書いたように、
行列が最後に到着する上賀茂神社へ、慌てて自転車をこいで行き、
すでにいっぱいおられた見物客の間をぬって、
すっごく慌ただしく少しだけ写真を撮っただけです。

なので、ちょっと「舞台裏的」な写真ですが、
(そんな、かっこいいものじゃないけど)
ざぁ~~~っと載せていくので、よかったら見てくださいね。

おっと! その前に、
ちょっとご説明を。。。

葵祭の起源は、
「約1400年前の欽明天皇の頃凶作が続いたため、
賀茂皇大神の崇敬者だった卜部伊吉若日子(うらべいきわかひこ)を勅使として、
馬に鈴をつけ、人に猪頭をかぶらせ、走らせて祭礼を行ったところ、
風雨はやんで、五穀は豊かに実り、国民も安泰になった。」
というところからきているそうです。
その後、嵯峨天皇の弘仁10年(819年)に中祀に準ぜられ、
盛観を極めたらしいです。
そして、時代と共に盛衰はあったものの、
明治17年旧儀に再興され、
祭日も5月15日と定められたそうです。


では、今度こそ、見ていただきますね。


c0049950_15111727.jpg


これは、何枚か撮ってから到着した、斎王代です。
遠くから写したので、斎王代がどっちを向いておられるのかも確かめられず、
とりあえず撮った1枚です。

c0049950_16263637.jpg


そしてこれは、腰輿(およよ)から降りた斎王代が、何人かの可愛い童女を従えて鳥居をくぐり、「社頭の儀」へ向かうところです。
これ、、、めっちゃ遠くから撮ったんですよ。
ご覧のように、間近で撮っておられる方がたくさんおられるけど。。。



さて、ここからは、上賀茂神社に着いてから撮った順に、載せていきますね。


c0049950_16303967.jpg


行列が終わり、人も馬も、ホッとしている雰囲気たっぷり(笑)です。


c0049950_16493762.jpg


この神馬、御蔭祭の時に登場するのと、同一馬?
なぁんて、考えてしまうけど、違うんやろねぇ。


c0049950_16512231.jpg


この風流傘の造花、毎年取り替えられるそうです。
(正直、同じものを使われていると思ってたし。。。)


c0049950_172116.jpg


牛さんも、お疲れ様!

って声をかけていたら、
「ここに牛車が入りますので、どいてくださ~い!」
って言われて、少し移動しました。

c0049950_18284425.jpg


確かに、目の前に華やかな牛車が!

そこで、片付けられる様子を何枚か撮ったので、順を追って見てくださいね。

c0049950_1751310.jpg


こういう瞬間を見たのは、もちろん初めてでした。



さて、次から次と、行列が到着します。

c0049950_1764314.jpg


騎女(むなのりおんな)も、お疲れ様!

c0049950_1775524.jpg


何年か前のブログに、こうして馬から降りる騎女の動画を載せたのですが、
その動画サービスが終了し、今は見られません。
いつか、また撮りたいなぁ。


c0049950_17131167.jpg


女人も、馬も、牛車も、もう終わりということで、
かなり乱れた感じの写真になってますが、
(右の男性、交通整理みたいなのをしてはるし。)
これはこれで、面白い写真ということで。。。


c0049950_17214224.jpg


上の方に載せた、斎王代が社頭の儀へ向かって歩いておられる間、
たくさんの見物客の皆さんは、
楢の小川のせせらぎで、涼をとっておられました。


c0049950_17281913.jpg


そして、行列に参加した人達の何人かは、
こうして、川で、道具を洗っておられました。

本当にお疲れ様でした!


駐輪場へ向かおうとしたら、、、

c0049950_1737381.jpg


トラックに収納された腰輿。
斎王代が乗っていないと、なぁんか虚しいなぁ。
単なる道具にしか見えないのは、私だけ?


さてさて、この日こうして葵祭を楽しまれた方の多くが、
このあと向かわれるところがあります。

以前も向かったのですが、大田神社です。
ちょうど、かきつばたが、綺麗に咲いているんですよ。


c0049950_17365436.jpg


大田神社へ向かう時に通る、社家町を流れる明神川。
小学生の頃、ここから近くのところへ通うことがあった時から、
この辺りの雰囲気が大好きです。


大田神社に着くと、やっぱりたくさんの人が、見に来られてました。

c0049950_17425723.jpg


c0049950_1745213.jpg





このかきつばたを見ている間も、
上賀茂神社では、社頭の儀が行われていたわけですが、
そのあとの走馬の儀が、なかなか見応えがあるそうです。
馬が走る迫力がすごいらしいのですが、
今年はなんと! 一頭の馬が暴れだして、乗尻が落馬されたそうです。(怖っ!)

そんな、何が起るかわからないような緊迫した雰囲気、
味わいたい気もするので、
来年は、走馬の儀目当てで、行ってみよっかなぁ~。
あっ、5月の初めに行われる「競馬」(くらべうま)も、見てみたいなぁって思ってたんやったわ。
絶対、どちらか見に行こうっと!



c0049950_18311432.jpg

                     (2007年5月27日撮影)

「おかっしゃん。ワタシは、その葵祭って見たことないけど、
『およよ』っていう乗り物に、乗ってみたい気がするワン。
もしワタシが、『じゅうにひとえ』着て『およよ』に乗ったら、
みんな見てくれると思うワン。」

サイちゃん、、、
あんた、「サイ」だけに、「サイ王代」ってか?
[PR]

by sai-n.1020 | 2011-05-22 21:30 | 風景 | Comments(12)

話題はさかのぼり

ちょっと間があいてしまい、
その間、本来の5月らしくない気候に、悩まされました。

ムシムシした暑さのあとの、
あの、激しい大雨!
まるで、梅雨末期でした。


そして、何事もなかったように、
昨日、きょうと、ようやく5月らしい、爽やかな晴天が続いています。

そんな爽快な天候に恵まれ、
きょう、葵祭が執り行われました。

昨年は、賀茂街道でゆっくりと堪能したのですが、
今年は、最終地点(?)の上賀茂神社へ急いで自転車をこいで行き、
日曜ということもあり、すでにたくさんの見物客がごった返す中、
慌ただしく写真を撮ってきました。

そんな感じで撮った写真なので、
きっと、いつも以上に上手く撮れてないと思います。
まだPCに取り込んでいないから、見てないけれど、
見たら、がっかりするかも。。。

それでも、そのうちにアップしますので、しばらくお待ちくださいね。


で、話題はかなりさかのぼりますが、
いつの間にか終わったGWに、
長男のところへ行ってきました。
ごめんなさい! 古い話で。


長男の休みの日に、次男が休みなのかが一番の問題でしたが、
4月に新しい職場に移ったきり、休みが全くなかった次男が、
やっと、今月3日と4日、休めるということがわかり、
4日に行くことに決定~~!

写真を全く撮っていないので、載せる画像はありません(笑)

お正月2日間だけ帰って来て、慌ただしく戻って行った長男。
仕事は相変わらず大変そうだけど、
なんとか元気そうにしている姿を、
心の中のカメラで、しっかり撮ってきました。

今度帰って来るのはいつかなぁ・・・?


この長男から、この間の母の日に、
こんな可愛いプレゼントが届きました。
これまた、古い話やけどね。


c0049950_2515433.jpg


見にくいけれど、クマちゃんのぬいぐるみと、プリザードフラワーが入っています。

c0049950_2531435.jpg


お礼の電話をしたら、
「安いもんやでぇ~。」って。
いやいや、値段の高い低いは関係なく、
その気持ちが嬉しいんやで。


あ、そうそう、プレゼントといえば、
2日に、主人と次男が、揃ってこんなものを買ってきてくれました。
そうなんですよ~。
2日は、私の誕生日でした!
どんどん、話題が古くなってしまって、ごめんなさい!


c0049950_2564252.jpg


主人が買ってきてくれた、「KAMANARIYA」の濃茶ロールケーキ。
これがねぇ、すっごく美味しかったんですよ!

c0049950_258086.jpg


これは、次男が、仕事の帰りに買ってきてくれたケーキ。

長男から、母の日のプレゼントが届いたのを見て、次男が、
「ワシもケーキ買ってこな!」と言ったのですが、
「ええよええよ~。気持ちだけもらっとくわぁ。」
と辞退しました。
なぜなら。。。

かなりヤバいから。
お腹周りが。体重が。
ほんま、かなりヤバいんですよ。

と言いつつ、甘いもんやら、好きなあられとか、
それに1日3食、しっかりと!
いっぱ~い食べてるんやけどね・・・(汗)



4月から5月にかけて、
本来の季節の変わり目を実感できなかったけれど、
5月最初の、私にとってのちょっとしたイベント(?)には、
こうして、嬉しいプレゼントをもらったし、
お腹も気持ちも満足できて、感謝、感謝です。




さて、リリゴンのお話。

最近、散歩中の足取りが、ますます重くなってきています。

最初は軽やかなのですが、出すもの出したら、
「早く帰りたいわぁ。でもなかなか進まないわ。」
って感じの表情をします。

そこで!

仕事のない日の夕方の散歩には、
カートを引いて行くことにしました。


おしっこも、う〇ちもしたら、
あとは、ダ~ラダラのリリィーさん
なので、抱っこして、カートに乗せてみます。

c0049950_0505688.jpg


なんか、落ち着かない様子。
これは、昨日の写真です。

それで、きょうも乗せてみたところ、、、

c0049950_233058.jpg


昨日よりかは、馴染んできたように思います。

あ、そうそう、このタンク、可愛いでしょ?
師匠みきちゃんのお店、「ぽち★スカ」で注文しました。

c0049950_235454.jpg

背中には、「prqy for Japan」の文字が。
これ、チャリティタンクなんですよ。

リリィーちゃんに初めて飼った洋服です。



今年の夏が、去年と同じく厳しい暑さになったら、
ますます散歩に行くのが、億劫になってしまいます。
このカートを使って、無理のないよう、散歩に連れていき、
気分転換してくれたらいいなぁ。

c0049950_23214498.jpg

   (2008年5月30日 卵巣嚢腫と乳腺の手術後、エリザベス着用中)

「おかっしゃん。ワタシが乗ってた、あのカート、
とうとうあの子が使うことになったんかワン?
確かあれを買う時おかっしゃん、
『いつかリリィーちゃんを乗せるし、重い子も乗せられるのを選ぼか~。』
って言ってたワン。
そやのに、あのでかっかい子が、こんなにほっそりした子になったワン。」

サイちゃん。そやねん。
リリィーちゃんのことを見越して、25キロまでOKなカートを選んだのに、
今リリィーちゃん、8.3キロやねん。
[PR]

by sai-n.1020 | 2011-05-15 23:58 | Comments(12)

その後

五月晴れとはほど遠い曇天で、小雨も降り、
「爽やかな新緑の季節」とは決して言えないような天気の下、
新しい月のスタートとなりました。

例年だと、このGW中に、気温がぐ~~んと上がり、
「そろそろファンヒーターを片付けて、扇風機出そかぁ。」
ということになるのですが、
今年は、全然そういう気持ちになりません。

いつになったら、本物の春が来るんでしょう?
ひょっとしたら、このまま快適な陽気が続かないまま、
「梅雨入り」ってことになるかもしれません。



さて、タイトルの「その後」というのは、
最近の日記の中でよく触れていますが、
皆さんに心配していただいていることについてです。


まず、リリゴンのことです。
ひたすら老犬街道を突っ走っています。

といっても、決して病的に衰えているというわけではありません。
確かに、ますます痩せてきてはいますが、
内臓は決して悪くないと思います。

「食べても太らない。」
これも、認知症のひとつらしいですが、
まさにそんな感じです。

サイちゃんは、晩年、あまり食べなかったけれど、
リリゴンは、与えたフードを、しっかり完食してくれます。
その反面、サイちゃんがリリゴンの年齢だった頃は、
まだポッチャリしていたけれど、
よく食べているリリゴンの方が、はるかに痩せ細っています。

それに、サイちゃんは、14歳半の頃でも、
散歩の後半はさっさと歩き、
家が近くなると、ダッシュしていました。
リリゴンは、反対に、散歩の前半だけ軽やかで、
あとになるほど、元気がなくなり、尻尾は垂れ下がり、
足取りがどんどん重くなります。


はっ!
こんな風に「サイちゃんは~」って比較してはいけませんね。
リリゴンはリリゴンなりの年のとり方をしてるのだから、
それを受けとめてやって、
穏やかな余生を過ごせるように、見守ってやらなければ!

それに、かなり弱ってから、抱っこも嫌がらなくなったサイちゃんに比べ、
リリゴンは、今でも何をしてもちっとも怒らない、温和な子です。
そういう可愛らしさも、リリゴンと接しながら感じ取って、
一緒に楽しく過ごせたらと思っています。


でもね。。。
「破壊魔リリゴン」は、まだ勢いが衰えず、、、


この間、ケージの上にこうしてタオルを置いて出かけていたのですが、

c0049950_15123015.jpg

(実際は、あとで撮ったものですが。)


帰宅したら、ケージの中にタオルの端っこを引きずり込んでいたんです。
見てみると、破れています。

広げてみたら、、、

c0049950_15144244.jpg


ボロボロです。

c0049950_15151874.jpg


反省してる・・・わけないっか?

そうそう、かなり前に、水入れについて皆さんからアドバイスを色々いただきました。

ケージにひっかけるタイプのものも壊したこと、お伝えしましたよね?
あのあと、ステンレス製のを購入して取り付けましたが、、、
ダメでした。
ボールの部分を、すぐに外してしまいました~。

なので、今は、ケージの中には水入れを入れず、
外に出した時、飲ませるようにしています。
でも、これから真夏になったら、そういうわけにはいかないし、
う~~ん。どうしたものか・・・?

時々ケージから出して、飲ませるしかないかな?




さて、もうひとつ、変化をお知らせしたいのが、
私の左手です。


おかげさまで、当初に比べると、少しずつではありますが、マシになってきています。
しばらくできなかったことが、ちょっとずつできるようになり、
握力も、「14」まで回復してきました。
日常生活では、左手に力を入れる必要のあることはできないけれど、
ごく普通の家事などは、なんとかこなせています。

でも、肌寒くなると、途端に堅くなり、
右手に比べると、見事に冷たくなってしまいます。

それと、「あ~、やっぱりまだあかんなぁ。」と、がっかりするのが、
ピアノを弾いた時です。

この間から、ほんの時々ですが、弾いてみるのですが、
4の指と5の指が、まだ思うように動きません。
特に、5の指は、自分でも情けないほど、鍵盤をしっかり押さえられないんです。
正直、、、、ちょっと泣けてきます。

でも、やっぱり弾きたいし、
3月末の日記に楽譜を載せた、ショパンのワルツを、
5の指をほとんど使わずに、少し練習してみました。


左手の和音をちゃんと弾けてなかったり、
思い切って5の指を使って弾いては、となりの鍵盤まで押さえてしまい、
音が濁って汚かったり、
いっぱい問題のある演奏ですが、
よかったら聴いてください。

あ、リピートを1部、省いてあります。









左手の5の指が、もっと力を入れて押さえることができ、
思い通りに弾けるようになりますように!




c0049950_20433728.jpg

                       (2007年4月27日)

「おかっしゃん。ワタシが14歳になった頃は、
まだまだぽっちゃりしてたし、それにもっと元気やったワン。
ワタシの娘、今からそんな様子なら、
この夏どんなして過ごすか、めっちゃ不安やワン。」

サイちゃん。リリゴン、元気ないやろ~?
でも、あんたよりも、よぅ食べるねんで。
便の調子も全然悪くないし、
ゆったり、まったりと過ごさせるし、心配せんといてやぁ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2011-05-01 22:16 | Comments(14)