<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

見て、聴いて、楽しむ♪

気がつけば、4月も下旬に差し掛かっているというのに、
春らしいポカポカ陽気が長続きせず、
いまだに、肌寒い日が戻ってきたりします。

きょうも寒~い1日で、
晴れてきたかと思いきや、いきなり雲行きが怪しくなり、
昼過ぎには雷が鳴りました。

一体、どうなってるんでしょう?
GWに入ったら、急に夏みたいに暑くなったりするんやろか?



きょうの日記のタイトル、以前にも使ったような・・・?


桜を見て、音楽を聴いて、
「目」と「耳」の両方、楽しんできたんです。
あ、別々の日にですよ。

先に謝っておきますが、
写真がめっちゃ多いです。
そんな大した写真じゃないのに、申し訳ありません!



まず、どこの桜を見てきたかと言うと、、、、


今まで見に行ったことがなく、
毎年、散歩道の川原の桜が散る頃、
「今年こそ、見に行きたいなぁ。」と思いつつ、
タイミングが合わなかったりして、行けなかった、、、

仁和寺の御室桜です。

ここは、遅咲きの桜として知られていて、
その桜には、特徴があるんです。

さぁ、どんな特徴でしょう?



c0049950_1814197.jpg



行った日も、午前中冷たい雨が降り、
すっごく寒い1日でした。
これは、京福電車、御室仁和寺駅。
趣きがありますね。


c0049950_18162064.jpg


駅を出ると、すぐに見えてくる仁和寺。
午前中、しばらく雨が降り続いていたせいか、そんなにたくさんの人出ではなかったです。

石段の下から、まず目に入ったのは、
桜ではなく、、、、
この子だったんですよ!


c0049950_181899.jpg


可愛い白柴ちゃん。
ぽっちゃりしていて、近づくと寄ってきて、
すごく人懐っこい子でした。
でも、カメラを向けると、横を向いてしまって。。。。


もっと触っていたかったけど、この日の目的は、わんこと戯れることじゃないし、
中へ入って行きます。

c0049950_18174953.jpg


見えてきたよ! 桜さぁ~~ん♪


c0049950_18215778.jpg


さて、先に述べた「特徴」が何か、わかります?
そう! ここの桜、このようにすごく低いんですよ。

なぜこんな風に低いのか・・・?
伝えられているのは、
「桜の下に硬い岩盤があるために、根を地中深く伸ばせなかった。」
ということらしいですが、
最近になって、岩盤でなく、粘土質だということがわかったそうです。
でも、そうであっても、土中に酸素や栄養分が少ないから、伸ばせないらしいです。
ということで、今も調査中らしいですよ。



c0049950_1827317.jpg


こうして、頭のすぐ上に咲く桜の間を、通り抜けながら、楽しめるわけです。




c0049950_1828060.jpg


こんな風に、根元から枝分かれして、
木全体に花がつくのも特徴です。

ふんわりした淡い色のドレスを着た女の子が出てくるような、
メルヘンチックな雰囲気ですね。


この御室桜、色んなところで詠われているそうですが、
鼻の低いお多福さんを使った、こんな都々逸があります。


あたしゃお多福 御室の桜 鼻(花)は低いが 人が好く


「鼻」と「花」が、かけてあるんですね。

この句、もともとは知らなかったのですが、
歩いていたら、ある男性が口ずさんでおられて、ちょっと気になったので、
帰ってから調べようと思っていました。
そしたら、ちょっとしたきっかけがあって、おば関さんに教えてもらいました。
ありがとう! おば関さん!



しばらく歩いていたら、、、、

c0049950_183061.jpg


向こうの方に五重塔が。
その方向に向かって、カメラを構える人がたくさんおられる場所があって、
私も、そのちょっと高くなっているところから、
同じように構えて撮ってみました。

c0049950_18315471.jpg


撮るのが下手なのと、
天気がいまいちなのとで、
桜の美しさを全然わかってもらえない写真になってしまった。。。
かといって、晴れすぎると、白くなりすぎるんですよね。
でも、もうちょっと晴れてほしかったなぁ。
ちなみに、翌日は、ぱぁ~~っと晴天でした(笑)


c0049950_183446.jpg


この仁和寺には、桜だけでなく、この「ミツバツツジ」が、すごく綺麗に咲いているところがあります。

c0049950_18352679.jpg


すごく可愛いお花です。

c0049950_20514814.jpg


ちゃんと写せてなくて申し訳ないけれど、
葉が枝先に3つずつ付くことから、「ミツバツツジ」と言うそうです。
(「もっとしっかり撮れ~~!」って感じやわ。反省。。。)

上の方のミツバツツジのバックに写っているのは、
さっき遠くから見た、五重塔です。

c0049950_18364714.jpg


c0049950_18375470.jpg


普通、五重塔の屋根は、上へ行くほど小さいのですが、
仁和寺の五重塔は、各層の屋根の大きさに大差がないのが特徴らしいです。



c0049950_18403370.jpg


再び、桜に注目~。
低いところに咲いていると、目の前に迫ってくる気がして、
可愛いお花にもかかわらず、なかなか迫力があります。

c0049950_18413477.jpg





ゆっくり境内を歩いていたら、変わった色の桜が!


c0049950_18421382.jpg


「御衣黄」という、薄い緑色の桜です。
ちょうど、数日前テレビで話題にされていて、
中心部から段々赤みが増してきて、
散る頃には、かなり赤くなってくると言ってました。
この御衣桜、江戸時代に、ここ仁和寺で栽培されたのがはじまりだそうです。


c0049950_18425711.jpg


これは、「楊貴妃」という桜。
桜にも、色々な種類があるんやなぁ。



c0049950_1874857.jpg


桜を、地面に向かって見下ろすなんて、めったにないことです。



この仁和寺の御室桜が満開になると、
京都の桜も見納め、、、シーズンの終わりと言われています。



c0049950_1845513.jpg



我が家から最寄りの駅を通る叡山電車とは、違った感じの電車です。
料金が、一律200円。。。というのも、大きな違いです。



天気には恵まれなかったけど、
念願叶って、御室桜を見ることができました。

来年は、もう少し足を伸ばして、どこか見に行こうっかなぁ?





さてさて、今度は「耳」で楽しんだ話題ですが。。。

去年は、まさに「ライブ年」だったのですが、
今年に入っても、今のところ「月1」の割合で、楽しめてます♪
で、、、今月も行って来ました~。

今回は、「→Pia-no-Jac←」というインストゥルメンタルユニットのライブ。

どんなユニットかは、↑をクリックしてくださればわかるのですが、
簡単にご紹介を。。。

この「→Pia-no-Jac←」という名前、
前の「Piano」は、もちろん「ピアノ」のこと。
で、後ろから読んでみてください。
「Cajon」(カホン)ですよね?
このカホンっていうのは、ペルーの民族打楽器のことなんです。
この名前に、
「ピアノとカホンの二つの楽器でライブ空間をジャックする」
という意味が込められているそうです。
かっこいい~~♪


数年前に買ったアルバムから、
ジャズのような歯切れの良さ、
どこか哀愁を帯びたようなしっとり感、
そしてなおかつ「和」の雰囲気も兼ね備えている、
今まで聴いたことのない、不思議な魅力を感じていました。


今回のライブは、先月の小山実稚恵さんのリサイタルと同じ、
京都コンサートホール「ムラタ」だったのですが、
クラシックのコンサートしか行かなかったこのホールで、
信じられないような展開となりました。


普段、B’zで鍛えられているような、客席との一体感が、すごかった!
二人の、それぞれの「手」の動きに、目が釘付けになったほど、
それはそれは、すごく迫力のある演奏でした。

「カホン」という楽器は、もちろん初めて見たので、興味津々だったけど、
私としては、やっぱりピアノ担当の「HAYATO」さんの演奏には、
ノックアウトされました。

ほんまに、すごいんやもん。

よくまぁ、あんだけパワフルに、かつ繊細に、
長い時間弾き続けることができるものだと、
ただただ感心。。。


あんなに私達自身踊れるライブとは知らなかったし、
普通の服装。。。というか、この日寒かったし、
薄手のタートルを着ていたのですが、、、、
見事に汗びっしょりになりました。



全都道府県を回るライブをするそうなので、
もし聴かれる機会があれば、是非体験してみてください♪



c0049950_18101550.jpg


この「ピースバンド」の売り上げの収益金は、
義援金として、寄付されるそうです。




c0049950_18121768.jpg

                 (2008年4月12日 鴨川の河川敷にて)

「おかっしゃん。念願叶って、低い桜を見に行って来たんかワン?
もしそこが、わんこOKやったら、絶対ワタシを連れて行って、一緒に撮りたかったんやろワン?」

サイちゃん、そのとおりやねん。
これだけ背が低いと、一緒に撮りやすいし、
うまいこと写すことできると思うわ。
でも、、、もちろんここは、わんこはNGやったわ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2011-04-24 21:03 | 風景 | Comments(12)

散っていくけれど

この間の日記に、
満開になった、散歩道の川原の桜をお見せしましたが、
このところの強風で、かなり散ってしまいました。


c0049950_2153615.jpg



咲き始めたのが遅かったので、
散るまでの間、楽しめた期間が、去年よりも短かったような・・・?



桜の花びらの向こうに、サイちゃんを覗かせて、
写真を撮ったことを思い出し、
今朝の散歩で、リリゴンに試みたのですが、、、


c0049950_2183630.jpg


こんな感じでへたりこみ、うまくいきません。

これ、どんな体勢かというと、、、、


c0049950_2194695.jpg


ここが少し坂になっているので、しっかり踏ん張れない様子。。。
表情にも、余裕がありません。



この散歩のあと、久しぶりにシャンプーしました。

洗ったのは主人。
お風呂場から出てきたリリゴンを見て、びっくり!

それはそれは、すっごい痩せ様で。。。
背骨のところが、しっかり見えてるような状態です。
太ってた頃は、ちゃぶ台みたいな背中やったのに。。。


このリリゴン、先週狂犬病の予防接種をしてもらいに、病院へ連れて行ってきたのですが、
体重を量ってもらってびっくり!

なぁんと、8.3キロ!

とうとう、9キロを切ってしまいました。
ちゃんと食べてるんやけど。。。
もしもあまり食べられなくて、どんどん痩せていくようなら、
どこか悪いところがある、、、と考えられるけれど、
そうではなさそうだ、、、と言われました。

1日病院で預かって、
食べ方などの様子を見ながら、検査をしてもいいけれど、
特にそれが絶対必要というわけではないので、
こうやって、ゆっくりと様子をみていけばいい、、、
とのことでした。


c0049950_21114116.jpg


リリゴン、今からしばらくの間の、比較的過ごしやすい時期が過ぎれば、
またまたつらい夏の暑さが待っているけど、
あんたのお母さんに負けんように、
頑張って乗り越えてや!




この間の日記に書いたように、
散歩道の桜しか、見に行こうとはしませんでしたが、
数日前、実家へ行った時、
「やっぱりあそこの桜だけは、見ておこう!」と思い、
ちょっとだけ写真を撮ってきたので、見て下さいね。


c0049950_21554119.jpg


この日は快晴で、平日でも、やっぱりたくさんの人で賑わっていました。


c0049950_21572744.jpg


場所柄、こういう枝垂桜が、すごく似合いますよね。

c0049950_21581295.jpg



c0049950_21594897.jpg


人が通らない間をぬって、慌ただしく撮りました。


c0049950_220579.jpg


これは、わざと「人」も入れて撮りました。
打ち掛け姿の花嫁さん。
前撮りかと思ったけれど、そうではなく、モデルさんだったようです。

それと、ちょうど通られたお坊さんをパチリ!


ここは、いつも書いているように、
ドラマのロケによく使われているところ。
今年も、この桜の満開の時期に、
何かロケが行われたのかなぁ・・・?




満開の時期があっという間に去り、
このままどんどん暖かくなるかと思いきや、
きょうは、風がきつく、寒く感じる1日でした。

季節がなかなか、順調に前に進みません。

でも、震災後のあらゆることの回復、
原発問題の解決や、経済状態の回復も含めて、
なんとか順調に、前に進んでほしいものです。


桜の季節が終わろうとしているきょうの日記の最後は、
去年も、そして去年おととしも載せた、
サイちゃんのこの写真で締めくくりたいと思います。

サイちゃんが見た、最後の桜です。

c0049950_22104422.jpg

                   (2009年4月8日撮影)

「おかっしゃん。去年は確か、長いこと桜を楽しめたと思うけど、
今年はあっけなかったワン。
すっかり痩せてしもたワタシの娘、
モデルとしては、ちょっと失格やワン。
ワタシは、おかっしゃんが呼んだら、
大抵ちゃんとおかっしゃんの方を向いたワン。」

サイちゃん。そやねん。。。
リリゴンは、もうあまり耳が聞こえへんし、
「リリィーちゃん!」って呼んでも、こっちを向いてくれへん。
体重も、こんなに落ちてしもて、
あんたよりも、早ぅ老いてきてるわぁ。。。
[PR]

by sai-n.1020 | 2011-04-16 22:27 | 風景 | Comments(10)

やっと満開に

例年よりもかなり遅くなりましたが、
お待ちかね、桜が満開です!

c0049950_12322088.jpg


いつもの朝の散歩道、やっとこんな風にピンク色に。


c0049950_12373191.jpg



桜自身、「早く開きた~い♪」って思ってたかも。


c0049950_12385326.jpg


上の写真のうち、右下に写っている「雪やなぎ」に主役になってもらいました。



c0049950_12395831.jpg



今日本中が、ややもすると、常にふさぎ込みがちになってしまうけど、
桜はこうやって、ちゃんと暖かさに反応して、
健気に私達に元気を与えてくれます。

被災地に、桜の満開って、、、、
木が根こそぎ流されたところも、きっとたくさんあるんやろなぁ。
この綺麗な桜を、見せてあげたいなぁ。
東北地方がもっと暖かくなって、満開の時期になったら、
被災地の人達も、なんとかして、桜の咲く場所へ行って、
桜から、さらなる元気をもらってほしいです。
それにしても、余震が頻繁すぎる。。。
一生懸命、前向きに、元気になろうと頑張っておられる被災地の人にとって、
あまりにも酷すぎます。
復興までの道はまだまだ遠いかもしれないけど、
せめて、余震は、もうええ加減に収束してほしい!



さて、「元気」というと、リリィーさんですが、
最近歩き方に活気がありません。

用を足すまでは、そこそこ、さっさと歩くのですが、
しばらくすると、「出すもん出したし、もう歩きたくないわぁ。」って感じの顔をします。


今朝、こうやって桜を撮って、
「そやそや! リリィーちゃんも一緒に撮ろう!」と構えても。。。

c0049950_138236.jpg


これ、笑ってるんじゃなくて、単に眼を閉じてるだけ。。。



c0049950_1384555.jpg


耳が遠いので、「リリィーちゃん!」と呼んでも、こっちを向いてくれへんし。
尻尾は下がってるし。

14歳と2ヶ月。。。
う~~ん。
サイ子がこの年齢の頃は、
まだまだ元気で、怒りっぽくて、それに、ぽっちゃりしてたのになぁ。

昨日も、久々リリィーちゃんを見られた方が、
「えっ?! これがリリィーちゃん?!」って、びっくりされました。

食欲はあるけれど、この痩せ様。。。

リリゴン、頑張ってや。
今年の夏も、暑さが厳しいかもしれんけど、
しっかり乗り越えるんやでぇ~~。



c0049950_13125053.jpg



これは昨日撮った写真。
この子供たちに、「あ、ワンワン!」と言われても、
なぁ~んの反応も無しでした。


そうそう、毎年撮る、比叡山をバックにした桜ですが、
昨日撮りました。

c0049950_1314491.jpg


1日の違いで、この時は、「しっかりしたピンク」ではありませんね。


去年の今頃は、
「来年は、ちょっと足を伸ばして、遠いとこまで見に行こか~?」
と言ってたのですが、
なぁんか、そういう気になれず。。。
ひとつには、この左手のこともあるけれど、、、、


実際、遠くまで行かなくても、
これだけ綺麗な桜が楽しめるし、、、、
と思うのは、年齢のせいかなぁ・・・?


あ、その「左手」ですが、
ほ~~~んの少しずつ、回復してきています。
が、、、あれから、また別の病院で、
腕の神経の伝導速度をはかってもらう検査や、
手のMRI検査をしてもらったのですが、
いまいち、原因を特定することができず。。。
やっぱり頚椎かなぁ?と言われましたが。
その時の左手の握力が、なんと「5」!
物が入ったお鍋を、軽々持つことができないはずです。

それでも、最初に比べれば、若干マシなので、
最初に診てもらった病院の先生が言われたように、
GWぐらいには、ほぼ元どおりに回復してくれたらと、思っています。
(でも、3ヶ月で治らないなら、年単位になるかも、、、と言われました、、、汗)





さて、ここでひとつ、紹介したいことがあります。


私の友人が、人形作家をしておられるんですが、
今月、東京で、初個展を開催されることになりました。


「岸上奈生さん」という方です。
何度か彼女の作品を見たことがありますが、
すごく不思議な世界でありながら、
なぜか、心落ち着く、素晴らしい作品です。

先月届いたDMが、これです。

c0049950_2152498.jpg


ちょっとわかりづらいので、
左上の作品を、少し大きくして見てもらいますね。

c0049950_2154268.jpg


この作品もそうですが、
それぞれ、岸上さんの気持ちが、心が、魂が、
人形の身体の、頭のてっぺんから、足の先まで、
しっかりと入り込んでいるような感じがします。


会場のことが書いてある部分も、大きくしますね。

c0049950_2157553.jpg



この個展のことは、昨年から決まっていたのですが、
震災のことがあって、色々考えられたそうです。
でも、何か励ましになったら、、、と思い、
予定通り開催されることになったのです。

「遠いので、お知らせまで」と、この葉書に書いてあって、
残念ながら、見に行くことができないけれど、
もしこの方面にお出かけのご予定のある方がおられたら、
是非是非、のぞいてみてくださいね。
「サイママから聞いた。」と言ってくだされば、
岸上さん、きっと可愛らしいお声で、話してくれると思います。
(めっちゃ可愛い喋り方しはるねん。)

いつかこちらでも、個展開いてほしいって頼んでおいたし、
実現したら、絶対見に行くつもりです。


岸上さんの作品などについては、
こちらをご覧ください。
染色作家のご主人の作品も載っている、素敵なページです。





c0049950_2273875.jpg

                       (2008年4月3日撮影)


「おかっしゃん。ワタシが毎日歩いたあの川原の桜、
今年も綺麗に咲いたらしいなワン。
ワタシが歩いてた頃よりも、たくさんの人が楽しんではるワン。
最後に見た、2年前、、、、あの頃ワタシ、
ちょっとしんどかったワン。」

サイちゃん。。。
そやなぁ。あんた、2年前の今頃から、
少しずつ弱っていったよなぁ。
あの頃桜見ながら、
「来年も一緒に見られますように!」
って思ってたんやけど、
その願いが叶わへんかったんやなぁ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2011-04-10 23:56 | 風景 | Comments(10)