<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

少しずつ

地震が発生して、2週間以上経ちました。

依然として、避難生活を続けておられる被災地の皆さん、
原発事故の影響で、不自由な生活を強いられている皆さん、
トンネルの出口は、まだまだ先かもしれないけれど、
決してふさがってはいません!
出口の向こうに、絶対明るい光が差し込んでくる!
そう信じて、
今はまず、肉体的、精神的疲労が、なんとか少しでも和らぐよう、
明るい材料を探して、進んでいってほしいと思います。



気がつけば、3月もあとわずか。
というのに、週末のあの寒さには、まいりました。
昨日は雪も降りました。
きょうは、もう少し暖かくなると思いきや、
まだまだ寒い1日で、
不自由な左手が、再び固まったような気さえしました。



c0049950_2229406.jpg


桜の蕾も、膨らむタイミングを掴みにくそう。。。



そんな中、昨日、心の中がぽっかぽかになる時間を過ごすことができました。


小山実稚恵さんのピアノリサイタルに行って来たんです。


以前から、小山さんのファンだった私。
生演奏を、いつか聴いてみたいと、ずっと思っていました。
ありがたいことに、自転車で10分あまりのところにある、コンサートホールでのリサイタルでした。

c0049950_2256736.jpg

 
こんな盛り沢山なプログラム!
しかも、なんと、前から2列目という、
今までのどんなコンサートやライブでも、味わったことのない、
至近距離の座席!


「あのノクターンから始まるんやなぁ。」と思いながら、
出て来られるのを待っていたら、
小山さん、なんと、マイクを持ってのご登場です。

震災のことで、何か話されるのだろうと思っていたら、
やはりそうでした。
この時初めて知ったのですが、
小山さんは、仙台でお生まれになり、盛岡で過ごされたそうです。
さぞ、今回の地震に対する感情は、
言葉では言い表せないものだったのに、違いありません。


「祈りと追悼の気持ちを込めて、まずノクターンを演奏いたします。」
とおっしゃった小山さん。

一旦マイクを舞台の袖に返され、
再びピアノの方に向かわれ、
最初に演奏されたのは、、、、

プログラムには予定されてなかった、「ノクターン 嬰ハ短調 (遺作)」でした。

小山さんが冒頭で述べられたように、
被災地に対する思いが、祈りが、
ずし~~んと曲全体にしみ込んでいくのが感じられ、
自然と涙が溢れてきました。

20年以上前、初めて開いた発表会で、
最後に講師演奏として弾いた曲でもあったので、
なおさら、色々な思いが、この時どっと一気にこみ上げ、
1曲目から、私はとんでもない状態でした。

もし、「どんな曲?」って思われたら、、、
  
ここから聴けます。

ずっと下までスクロールしていただいて、
「9. 夜想曲第20番(遺作)嬰ハ短調 」の右にある、
「試聴する」をクリックしてください。
曲のほんの最初だけしか再生されませんが。。。
静かな曲なので、ボリュームを上げて聴いていただいた方がいいかもしれません。

大好きな曲をいくつか演奏され、すごく感激し、
その他のどの曲も、「さすが、、、」と思える、素晴らしい演奏でした。
手の動きがはっきりと見え、
「耳」と共に、「目」でも楽しめる、感動的な体験となりました。

アンコールは2曲。
やはり、ショパンのワルツでした。

そしてそして、、、

演奏後、CDを購入し、
「サイン会」に参加(?)してきました。

「申し訳ありませんが、サインをしていただかれるだけになさってください!」
と、係員の人が言っておられたけど、
自分の順番になり、
「お疲れのところ、ありがとうございます!」と、まず挨拶し、
「これだけは言おう!」と、心に決めていたことを、
ちゃんと伝えました。

「小山さんの生演奏を聴くのが夢でした。
小山さんの『祈り』が、ずっしりと感じられる、素晴らしい演奏でした。」
と必死で話すと、「ありがとう。」とにっこりされ、、、、
ここからは、私らしく、個人的なことを、、、、
「左手を痛めてまして、しばらく弾いていないんですが、
また頑張って弾こうと思います。」
と、さらに必死で話しました。
「まぁ大変。。。」というようなお顔をされましたが、
次の人が待っておられたので、
「ありがとうございます!」と言って、
その場を去りました。


購入したCDが、これで。。。

c0049950_23495764.jpg



そして、書いていただいたサインが、これです。

c0049950_23511570.jpg



宝物ですね。これ。。。



このリサイタルで演奏された曲の中で、
ちょっと気になったのがありました。

ショパンのワルツで、「イ短調 遺作」というものです。

ちょっと聴いたことはあったけど、
私の持っているワルツ集の楽譜は古いので、
この楽譜が載っていないのです。

そこで!

「困った時のネット頼り」ということで、
早速ダウンロードして、getしました!


c0049950_23573968.jpg


右手に比べ、左手の動きはおとなしめのなので、
リハビリだと思って、
ぼちぼち、頑張って練習します!



小山さん、感動をありがとございました。
そして、今の私にちょうど良い曲を教えてくださって、
本当に感謝です。



c0049950_0122212.jpg

                       (2009年3月29日撮影)

「おかっしゃん。今年の桜は、ちょっと遅いのかワン?
毎年、ワタシと桜、よく写真撮ってたワン。
被災地の人にとったら、桜を楽しむどころじゃないけど、
それに、咲くのはまだまだ先やけど、
おかっしゃんは、ワタシの娘と一緒に、
綺麗な桜を楽しんでワン。」

サイちゃん、被災地の人も、なんとか桜を見ることができたらいいのになぁ。
その頃、私の手も、少しはましになってるかもしれん。
少しずつ、少しずつ、、、、
被災地の状態も、良くなってくれたら、、、、
[PR]

by sai-n.1020 | 2011-03-28 00:23 | Comments(12)

巨大地震が襲って

この度の東日本大震災に遭われた方、
心からお見舞申しあげます。


「大変やなぁ。」とか、
「不安やろなぁ、」とか思っても、
被災者の皆さんの、実際の今のお気持ちというのは、
それをはるかに上回る深刻なものだとお察しします。
いや、、、察するといっても、
本当のところ、わかっていないのが現実だと思います。
それに、そんなことを言いながら、
普通に食事し、毎日の生活を送っていることが、
なんだか申し訳なくさえ、思ってしまいます。


今も、毎日テレビで映し出される、
地震が起ったあとの、信じられないあの津波の様子。
スマトラ沖地震の時に、
「こんなことは、日本では起らへんやろなぁ。」
と思っていたのに、、、、

あの映像で流れていた、「津波が押し寄せてきました。直ちに避難を。。。」
という放送をされていた女性も、
不幸にも流されてしまわれたと、きょうテレビで言っておられました。
本当に、嘆かわしいです。

そして、今、原発の問題が。。。

汚染区域扱いされているところに住んでおられる方たち、
気がおかしくなったりしないか、
非常に心配です。


「復興」という言葉なんて、
今のところ、全く考えられる状態じゃないと言っておられましたが、
どうか、希望の光をずっと灯し続け、
この状況を乗り越えられるように、祈るばかりです。




前回の日記で、リリィーちゃんの水入れのことで、
色々皆さんからアドバイスをいただきました。
ありがとうございます。


c0049950_226071.jpg

このような水入れを購入し、取り付けました。

すっかり、ケージの中での生活が板についたリリ子さん。

でも、、、、よぉ~く見たら、、、



c0049950_227488.jpg


い、いつの間に、ケージをこんなになるまで、カジカジしてたんやろ~?

そして、このあと数日後、
リリゴン、またもや、やってくれました。

仕事から帰ってきたら、取り付けておいた水入れが落ちていて、
そして、その取り付け口というか、ケージに挟んで締めておいた部分が。。。



c0049950_22422557.jpg



う~~ん。。。
どうも、怪獣リリゴンは、突如スイッチが入ると、
破壊魔に変貌してしまうようです。

今月初めに、獣医さんへ連れて行った時に、
水入れのことを尋ねてみたら、
「飲む量は、トータルで考えればよいから、随時置いておく必要はなく、
散歩から帰った時などに、与えればよい。」
と言っておられました。
でも、暑い時期になると、やはりしょっちゅう飲みたくなるから、
その時のためにも、取り付けるタイプの水入れを用意するべきかなぁと、
言っておられました。

今度行った時に、またこのことを報告しなくては。。。。




そして、私の手ですが、
ほ~んの少し、ちょっとだけ、
当初の状態に比べてマシになってきました。

でも、まだまだ動かしにくい状態なので、
それを詳しく先生に伝えたところ、
「MRIを撮ってもらってきてください。」
と言われ、きょう早速、紹介状を持って、行ってきました。

そしたら、、、、

やはり、頚椎にかなりの問題が、、、

軽いヘルニアになっているそうで、
「頚椎狭窄症」とか言うそうです。

ひょっとしたら、半年ほどかかるようです。

トホホ。。。。
左手の不自由な生活、まだしばらく続くようです。


それと、この間から、
花粉症の症状が、本格的になってきました。
鼻水もひどいけれど、
今つらいのは、目のかゆみ。

すぐこすってしまうので、
アイシャドウ、アイラインは、意味を成しません。


これも、長期戦になるかなぁ・・・?




でも、
こんなつらさ、
被災地の方のご苦労を思うと、
どうってことないです。

両手が普通に動かせることのありがたさを、
この間から痛感していたのに引き続き、
普通に電気が流れ、
ガスを使って暖をとったり、物を炊いたり、
水道の蛇口をひねって温かいお湯を使ったり、
そういうことが普通にできることが、
どれだけありがたいことなのか、
被災地の皆さんのご苦労をもって、実感するなんて、
非常に申し訳ないのですが、
実際、そうなんです。




被災地の皆さん、
いつか、再び、「普通に過ごせる喜び」を実感する日が、
必ずやってきます!
つらいでしょうが、どうか後ろ向きでなく、前をしっかり向いて、
今の困難を乗り越えてください!





c0049950_2317883.jpg

                      (2009年3月17日撮影)

「おかっしゃん。ワタシがおかっしゃんの家にやって来て、
しばらくした日の朝、急にゆらゆらした、あの怖いやつ、
またどこかであったのかワン?
もしおかっしゃんの家があんなに揺れて、壊れそうになったら、
あのワタシの娘、どうするのかワン?」

サイちゃん、そやねん。
もし避難しなあかんことになったら、リリゴンどうしよう~?
避難場所になんて、連れて行けへんし、、、
というか、避難できるような状態じゃないほどの、
巨大地震がこっちでも起ったら、どうしよう!
その時は、もう覚悟して、
あんたに会えることを楽しみに、
長いこと苦しまずに、楽に、、、、
[PR]

by sai-n.1020 | 2011-03-16 23:34 | Comments(16)

リリゴンのその後、そして、、、

ちょっと間があいてしまっているうちに、3月になってしまいました。
と同時に、予想通り、寒の戻りです。
あのまま、暖かくなるはずがないし、
この寒暖の差に、しっかり付いていかねば~~!



さてさて、リリゴンのその後ですが。。。


玄関の状態が、笑ってすませられないようになってしまいました。
前回のブログに載せた棚は、大型ゴミとして出してしまったし。。。

かといって、2階にあげて、サイちゃんが使っていたサークルに入れるほど弱ってない。
それに、あの破壊力やと、サークルを齧って破ってしまいそう。。。

でも、ケージに入れたら、余計ストレスがたまってしまいそうで、可哀想。。。

と、すっごく悩んだんやけど、
先月のある日、実家から帰ってきた時の、リリゴンの状態を見て、
仕方なく決心!

どんな状態やったかというと、
後ろ足に、グルグルとリードが、何重にも巻きついてたんです!
(サイちゃんの、あの忌まわしい事件を思い出してしもたけど。。。涙)
身動きできず、パニクってたし!

またこんなことにならないとも限らない。
リードで繋がれるよりも、
狭くても、ケージの中に入れている方がいいかもしれない。

でも、ケージに入れたら、きっと、泣き喚くやろなぁ。
枠を齧って、血だらけになるやろなぁ。
夜中も吠えたらどないしよう~~。

と、色々悩み抜いた末、この間の日曜日に決行~~!

中に入れたら、案の定、想像通り。。。

c0049950_18483175.jpg


しばらく「ほぇ~~! うぉ~ん!」って泣き喚いて、
思った通り、血がその辺に。。。(汗)

「あぁ、やっぱり可哀想やなぁ。」って、少々「罪の意識」に苛まれてました。

でも、夜遅くなってくるにしたがって、おとなしくなり、

c0049950_18485923.jpg

あれ? もう慣れた?


ひょっとしたら、
「ここ、なぁんか懐かしい気がするわぁ。」って、
このケージの中で誕生し、サイ母さんと、2匹の兄弟と一緒に過ごしたこと、思い出したんやろか・・・?
って、そんなわけないっか?

c0049950_19122262.jpg


HP本館にも載せている、サイお母さんの育児真っ只中の写真です。
このケージで過ごした記憶が甦ってきたなんて、
そんなこと、あり得へんよね?


きょうで3日め。
今のところ、なんとか、中でおとなしくしてくれています。

ところがっ!
今朝のことです。
散歩から帰って、洗濯など、朝の用事をしながら、ふとケージを見ると。。。


c0049950_18563944.jpg


行儀よく座ってるやん、リリィーさん。
え? 座ってるけど、、、、あんた、それ、、、、


c0049950_18575548.jpg


こらぁ~~~!
どこにお尻突っ込んでるんやなぁ!
しかも、紙おむつ付けたお尻を!

立たせてみたら、案の定おむつはビショビショ。
おまけに、水入れの中が。。。

c0049950_1913547.jpg


「ポリマー」っていうのかなぁ?
ポロポロと中に落ちて入ってるし!
即、おむつを取り替え~~!

あ、ちなみに、きょうもう1回やってくれました。
これも、痴呆症のひとつ?

う~~ん。。。予想もできないことに、色々と手のかかるおばあちゃんやなぁ。


でも、思ったよりも、ケージの中でおとなしく寛いでくれているし、
このぐらいのこと、「良し」としな、あかんかな?




ところで、、、、全く話は変わりますが、、、、

今、私の左手が、悲惨な状態になってるんです。

先週、うたた寝をしてしまい、
その時の寝方が悪かったのか、
神経が圧迫されて麻痺してしまい、
指を思い通りに動かすことができません。

上腕神経叢、尺骨神経の麻痺、椎間板症、
伸筋腱の損傷。。。などと、色々考えられる要因はあるようです。

c0049950_19273577.jpg


これは、最初に整形外科へ行った時の状態。
ギブスではないけど、固定されています。

そして今は。。。

c0049950_19292627.jpg


テーピング固定してあります。

親指は少し力が入るけど、人差し指から薬指までは、ちょっとしか入らず、
小指にいたっては、感覚もあまりないんです。
非常~~~に動かしづらいです。

今こうして書いているのも、
左手は、1,2本の指しか使ってません。
だから、すごく時間がかかります。
きょうのこの記事、
何日か前から書いては保存。。。を繰り返してきました。


治るのに、早くて3ヶ月、、、、
半年から1年かかるかもしれないそうです。

「あの、、、段々治ってきたら、ピアノを弾くこと、できるようになりますよね?」
って、心の中、半泣き状態で聞きました。
そしたら、
「はい。それが、リハビリにもなりますよ。」と先生。
はぁ~~、よかった!
なかなか弾ける状態にはならないって言われたら、
その場で泣いてたかも。


それにしても、こんなことになるなんて。。。

でもね。
RUNちゃんや、すもも母ちゃんも経験あるらしい。
RUNちゃんも手、すもも母ちゃんは足で。。。

ビタミン剤飲んで、リハビリ通って、
頑張って治します!



c0049950_20561734.jpg

                     (2009年3月3日撮影)

「おかっしゃん、私の娘、とうとうあの中に入れられてしもたんかワン?
でも、おとなしくしてるみたいやし、安心したワン。
それにしても、おかっしゃんって、忘れた頃に、何か怪我とかしてしまうワン。
今度は長いことかかりそうやけど、根気よく通って治してワン。」

サイちゃん、あんたの娘のおむつをする時も、
左手がなかなか動かへんし、めっちゃやりにくいねん。
少しでも早く治るように、祈っててなぁ。

今年2発め~♪
[PR]

by sai-n.1020 | 2011-03-02 22:10 | Comments(19)