<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

14歳、15歳という年齢って。。。

c0049950_15232054.jpg


これは、散歩の途中に通る、とある施設の時計です。
日が長くなってきました。
ついこの間まで、5時を過ぎると暗くなってきたのに。。。


散歩をしている間、
色んなことを考えますが、
やっぱり必ず毎日考えるのは、
いまだにサイちゃんのこと。。。


先月の17日までは、
「去年の今頃は、サイちゃん、こんなことしてたなぁ。」
って思い出していたのが、
18日が過ぎてからは、
「去年の今頃、、、、泣いてばっかりやったなぁ。」
と、思い出すのは、涙を流していた自分ばかり。


すでに書いていることですが、
あの日以来、ご近所のわんこや、ネットでお友達になったわんこ達が、
まるでサイ子が連れて行くかのように、
次から次と虹の橋を渡って行きました。


そして、この間のバレンタインデーの14日、
私がブログを書く前から、
長~いお付き合いをさせていただいている、あんずさんちのコロちゃんが、
15歳と5ヶ月という天寿を全うし、
永遠の眠りにつきました。

c0049950_15304081.jpg


これは、あんずさんのHP解説5周年のプレゼント企画でいただいた、
可愛いコロちゃんのマウスパッドです。

初めてコロちゃんのHPを見たとき、
あまりにもサイちゃんに似ているのにびっくりしました。
大きさは違うけれど、
コロコロっとした、女の子らしい体型と、
愛くるしいおめめなど、、、
本当にそっくりでした。
ただ違うのは、、、性格。
サイ子は、束縛されたり、自由を奪われるのが大嫌いな、気のきつい子だったけど、
コロちゃんは、「されるがまま~~」な、素直なわんこでした。


2匹がよく似ているので、あんずさんと、
「サイコロコンビ」と呼び合っていました。


c0049950_15344746.jpg


残念ながら、私はコロちゃんに会ったことがなかったけれど、
長男が1度、あんずさんのお店へ行き、お世話になったことがあり、
これはその時撮った写真を、メールで送ってくれたものです。

「めっちゃ可愛かった~~。」
と、長男はその時言ってました。


コロちゃんは9月生まれ、サイ子は10月生まれ、
サイちゃんが亡くなったのは1月。。。
と、そういうところまで、2匹はよく似ています。

コロちゃん、私達、コロちゃんファンを、
今までいっぱい癒してくれてありがとう。
そして、お疲れ様。
もう、ガミガミおばあさんのサイ子に、会ってくれたやろか~?
最初、ちょっと歯をむき出して、怖いかもしれんけど、
ほんまは甘えたで、可愛い子やから、
仲良くしてやってねぇ。
きっと、いっぱいお友達がいると思うから、
みんなで楽しく過ごしてね。




さてさて、、、

c0049950_16142750.jpg


そやなぁ。リリィーちゃん。
あんた、昨日で14歳になったんや。


この間の日記で、リリゴンの破壊っぷりを披露(?)しましたが、
きょうもこれを、見ていただきましょう。


c0049950_16195046.jpg


これは、次男が大学生だった時に、食料品を入れるのに使っていた棚ですが、
持って帰って来てからは、こうして玄関で、
リリィーちゃんの洋服とか、リードとか入れて使っていました。

もう少し寄ってみましょか?(笑)

c0049950_16224476.jpg


引き出し部分を持って開けようとすると、
トゲが刺さりそうで怖~い。。。

それから数日前なんですが、
なんと、、、う〇ちを、漏らしたんです。

まず朝。
なんと、私の靴の中で。。。(汗)
しかも、私は全然気づかず、ちゃんと履きました(涙)

そしてその日の晩に、仕事から帰って来たら、
玄関が、う〇ちまみれ~(大汗)

これはおかしい、、、と思い、
翌日、病院へ行って来ました。

ただ、この状態には、思い当たることがひとつあって。。。

前回病院へ行った時にいただいた、試供品のフードを、食べさせていたんです。
それからしばらく経ってからだったんですよ。量と回数が多くなったのは。。。


フードを変えたことをまず伝え、
それから、母のサイ子が膵炎を患っていて、遺伝は考えられないかと聞きました。
すると先生は、それもあり得るかもしれないし、
血液検査をすれば、何かわかるかもしれないけれど、
まず、もとのフードに戻し、
消化をよくするために、お湯でふやかしてやってみて、
それでも続くなら、一旦絶食して、様子をみて、、、
と、そういう指導をされました。

「目を見ていると、やっぱり痴呆症が現れている気がするなぁ。」と先生。
前回も、同じようなことを言われました。


この日帰ってから、早速、以前からやっているフードをふやかして食べさせました。


すると、今のところ、便の量、回数は、少し落ち着いているようです。
漏らすことも、しばらくありません。
ところが・・・・。

オシッコを、時々漏らすんですよ。

でも、これを買ったので、その辺を汚すことは防げています。


c0049950_16424199.jpg


最初、サイちゃんに買ったのが余っていたのを使っていました。
でも、わんこ用のは、はるかに割高なので、
人間の赤ちゃん用のを買ってきました。

サイちゃんは、あれだけ身体が弱っていたのに、
付けても、一晩寝たら、しっかり外していました。
ところが、リリゴンは、外しません。

c0049950_16444288.jpg


両方「M」サイズで、ちょうど同じぐらいなんですよ。

濡れたオムツの重み。。。
この感覚って、私にとって、20年以上前のことのはずやのに、
なぁんか、ついこの間味わってたなぁって、よく考えたら、、、、
そうそう、両親の介護で使ってたんやぁ~。


今は外さないけれど、
もうちょっとしたら外すようになるかもしれないし、
また、再びう〇ちも漏らすようになるかもしれないし、
このまま、一気に介護生活突入~~ってことになるかもしれない。
あるいは、ふやかしたフードをしっかり食べて、
また少し太って、
ちゃんと復活してくれるかなぁ?

サイちゃんが使っていたサークルを、いつ出すか、、、、
本当に必要な時期を見極めて、
サイちゃんが安心してくれるように、
リリゴンに、穏やかな老後生活を送らせてやりたいと思います。

c0049950_17115046.jpg


もともと、キャピキャピとしたところがなく、
あまり覇気のない子のリリゴン。
でも、玄関をあれだけ破壊する横暴なおばあさんに豹変するって、
やっぱり痴呆症・・・?




c0049950_17103221.jpg

       (2008年10月20日 サイちゃん14歳の誕生日の日。)

「おかっしゃん。この間のジローくんに続いて、
ワタシによく似た、コロちゃんって子が、挨拶に来たワン。
なんか、どんどんワタシの周りがにぎやかになっていくワン。
ところで、そのワタシのムスメ、困ったもんやワン。
ワタシの弱り方とは、ちょっと違うワン。
でも、もっと手のかかるのは、まだまだこれからやワン。」

サイちゃん、やっぱり14歳から15歳っていうのが、
ひとつの「節目」なんやろねぇ。
それぐらいの年齢のわんこに向かって、
「こっちは面白いから、おいで~。」って誘わんといてね。

遠い存在に・・・?
[PR]

by sai-n.1020 | 2011-02-18 23:58 | Comments(12)

老怪獣リリゴン?

しばらく寒さが柔らいでいましたが、
昨日あたりから、またまたぶり返してきました。
今、ちょっと雪が混じった感じで、時雨れています。
これからどんどん雪が降って、
明日になったら、積もっているかなぁ・・・?
ちょっとぐらいなら、積もってもいいけど、
すぐに溶けてくれないと、
明くる朝の散歩が怖い!


さて、きょうの日記は、久々、怪獣リリゴン、いや、リリィーちゃんについて書きます。

ここ最近のリリィーちゃんに、変化が現れているんです。


えっと、、、もともとリリィーちゃんは、
(元の飼い主さんが飼っておられた頃です。)
言うまでもなく、巨柴でした。

それが、一昨年の4月末に、おとうさんが入院され、
ご厚意で預かってくださっていたおばあちゃんのお家で暮らすようになってから、
少~しずつ体重が減り、
昨年の1月末に、我が家に出戻ってから、
「おから」と「ゆでキャベツ」をトッピングした食事にした効果からか、
さらに順調に減っていき、
夏には、10数キロまで落ちてきました。
ここにも書いていたように、
散歩中、久々出会った方は、
「え?! これが『あの』リリィーちゃん?!」
「見違えたわぁ~~。」
「相撲取りみたいやったのに、軽やかになったねぇ。」
などと、一様にびっくりされました。


痩せていくのが、このあたりで止まってくれたらよかったのですが、
今年に入ってからは、さらに、
「痩せる」どころか、「激痩せ」という感じになってきたんです。
食欲はどうかと言うと、
今までは、一気に全部平らげてたのが、
昨年の暮れあたりから、よく残すようになってきています。
サイちゃんは、よく残していたけれど、
リリィーちゃんは、いつもすぐ完食していたので、
ちょっと心配。。。


c0049950_18122460.jpg

この間の日曜日に、
散歩道で、ma-saちゃんちの翔くんと一緒になったので、
携帯で撮った写真です。
ほとんど同じような大きさです。
いや、ひょっとしたら、リリィーちゃんの方が痩せてるかも~。




これは、「見た目」の変化ですが、
行動にも変化が現れてきています。


このことも、以前日記に書きましたが、
散歩からの帰り道、家が近くなってきた時と、
前の公園でおしっこをした直後などに、
私の足首に噛み付くようになってきたんです。
決してきつく噛むわけでなく、
ちょっと歯を当てて、軽く噛む程度なのですが、、、

まぁこれは、私になついてきたのかなぁと、
楽観視してました。
子犬の頃に、ガレージに放した時に、
しつこく私の足首を噛んでいた子が、
ひょっとして、リリィーちゃんだったかも、、、
と思ったりもしました。

こんな「甘噛み」程度なら、可愛いのですが、
問題は、先月の終わり頃からの変化です。


なんと、玄関の壁の端の出っ張りや、
階段の降り口の柱などを激しく噛んで、
とんでもない状態にするようになってきたんです。

最初発見したのは、
夜に、仕事から帰って来た時でした。

玄関を開けて、目に入ってきたその光景に、
一瞬、「?!」となり、唖然。。。

去年から鼻炎のために、激しく鼻血を出すこともあり、
靴を汚してしまうので、
階段の下に、小さな棚を置き、
そこに靴を置くようにしていたのですが、
その靴をひっくり返したり、
階段に飾っておいた、サイちゃんの写真や、小さな花瓶も、
倒してあったり、、、
おまけに、敷いてある毛布や、土間が、
鼻血だらけ~~。
「何があったん?!」と、目を疑いたくなるような状態だったんです。

齧ってあるところをお見せしたいのですが、
あまりにもひどいので、やめておきます。

c0049950_1865577.jpg

                        (2007年1月28日撮影)

そやねん。サイちゃん。。。
あんたの娘になぁ、最近ちょっと困ってるねん。


このままでは、玄関が壊される、、、、
そう思った主人は、
「サイ子に使ったサークルに入れろ!」
と提案しました。

「えっ? もう入れるん?」
と私はびっくり!

玄関を守るためにはいいかもしれないけれど、
サイちゃんほど、まだ弱ってないうちから入れるのは。。。
それに第一、ただでさえ狭い部屋が、ますます狭くなる。。。

しばらく、ちょっと深刻な話し合い(?)が続いた末、
とりあえず、よく齧るところを厚紙で覆い、
養生テープを貼って、様子をみることにしました。


そしてついこの間、
同じく夜に帰宅し、玄関を開けると、、、

c0049950_184457.jpg

実際これを撮ったのは、昼間なんですが、、、、
生活感たっぷりな画像ですみません。

次男のビニール傘が、見事にやられてます。
ちょっとわかりにくいかな?

c0049950_1853696.jpg


どんな風にして、こんな状態にしたのか・・・?
最近話題になっているカメラを設置したい気分。。。

c0049950_1882711.jpg

                        (2007年2月10日撮影)

そやなぁ、サイちゃん。
こうやって、しょっちゅうお父さんに反抗してたけど、
その辺齧ったりは、せえへんかったよなぁ。


で、この奇怪な行動と、
食欲と、
激痩せと、
鼻血と、、、
気になることが結構あるので、
久しぶりに獣医さんに連れて行ってきました。


まず、リリィーちゃんをご覧になった先生が言われたこと。。。

「足の動き、目のあたり、、、どう見ても、老犬になってきましたねぇ。」

って。。。


そうなんかぁ。
歩き方が軽やかになったし、
みんなから、「若返った!」ってよく言われるし、
まだまだこれから、長生きしてくれると思っているのに、
先生の目には、リリィーちゃんは、かなりの「お年寄り」に見えるんです。

体重を量ってもらったら、、、
なぁんと、9.3キロ!
とうとう、10キロを切ってしまったわけです。

食欲との関係を聞いたところ、
もうこれだけの年齢になると、
食べても太らないとのこと。。。

これも、サイ子とは違うなぁ。
リリィーちゃんぐらいの年齢の頃は、
まだまだぽっちゃり太ってたしなぁ。


そして、玄関のことを話すと、
「何かを訴えてるのかもしれないけれど、
痴呆症ってことが考えられますねぇ。」
と言われました。

へぇぇぇ~~~?
サイちゃんは、この年齢では、まだそんな風に衰えてなかったのに。。。

母犬がこうだったから、その子も同じだとは言えないそうです。
サークルに入れた方がいいか、聞いてみましたが、
それは難しい問題だと。。。



結局、鼻血を止血するいつもの薬と、
抗ヒスタミン剤と、
それから、「オメガ3,6,9」というサプリメントを飲ませることになりました。
これ、もともと皮膚病の子に飲ませるらしいのですが、
青魚から精製された油で、痴呆症になるのを防ぐ脂肪酸を含むらしいです。
ま、サプリメントだから、
飲んだらすぐに効き目が現れるということではないけれど、、、、


c0049950_21533619.jpg

                         (2007年2月17日撮影)

サイちゃん、あんたの場合は、
リリィーちゃんみたいな行動は、せえへんかったけど、
15歳になるちょっと前頃からは、グルグル回ってたなぁ。



リリィーちゃん。。。
玄関をあんな風にしたのは、どんな気持ちからなんやろ~?

聞いても、もちろん答えてくれず。。。


きょうちょっと出かける前に、こんな風にしておきました。
c0049950_2138320.jpg

ぬいぐるみを置いても、全然起きません。
(サイちゃんは、警戒心の塊みたいな子やったし、すぐ起きたなぁ。)


帰って来たら、寝方が変わってたので、
ぬいぐるみも置き方を変えました。
c0049950_21395947.jpg

変えても、やっぱり起きません。

リリィーちゃんは、目、鼻、耳、すべて、
かなりその機能を失っています。
だから、寝ている間にこんな風なことをしても、
ちっとも気づかず、寝たままなのかなぁ?


病院の先生が言われたように、
老い方も、サイ母さんと同じようにはいかないのかも。。。
だから、介護の仕方も、当然変わってくるやろなぁ。


サイちゃんが使ったサークルやカートは、
いつかリリィーちゃんにも活用するつもりで、
思い切って購入したものです。
近い将来、使うことになると思うけれど、
サイちゃんの娘なんだから、
サイちゃんと同じように、
できる限りの世話をしてやろうと、
サイちゃんの、あのクニャクニャとした身体の感触を思い出しながら、
リリィーちゃんに、そう話しかけています。



c0049950_21361833.jpg

気持ちよさそうに寝ているリリィーちゃん、
今月17日に、14歳になります。


c0049950_21583049.jpg

                      (2007年2月28日撮影)
「おかっしゃん。あの子の不思議な行動、困ったものやけど、
ワタシに免じて、大目に見てやってワン。
部屋が狭くなるかもしれんけど、
あのサークル、なかなか居心地よかったし、
あの子もきっと喜んで寛ぐと思うワン。
もうちょっと、ほんまに弱ってきたら、入れてやってワン。
それから、あのカートも、ちょっと恥ずかしかったけど、
いつもの散歩道まで行けるのがよかったし、
是非あの子にも使ってやってワン。」

サイちゃん、わかったでぇ。
今すぐ、急に介護が必要にはならへんと思うけど、
ちゃんと看てやるつもりやから、
安心してやぁ。
でも、、、
あんたの姿を思い出して、
また泣いてしまうかもしれん。。。
[PR]

by sai-n.1020 | 2011-02-10 23:56 | Comments(16)

真冬の集い

ちょっと間があいてしまいました。
その間、非常~に厳しい寒さに耐えてきました。
でも、何とかその峠も越えたようです。
朝晩の冷え込みは厳しいものの、
「立春」という言葉を待ち構えていたように、
きょうは一気に、昼間、ポカポカ陽気となりました。
もちろんまだまだ、何回も寒の戻りがあると思いますが、
それを繰り返しながら、少しずつ春が近づいてくることを期待しましょう。


さて、先月末のとある日、仲の良いお友達と楽しい時間を過ごしました。

1年に2回みんなで会うことが、いつの間にか恒例化してきた(笑)、すごく賑やかな集まりですよ~~♪

今回のメンバーは。。。
まず京都組は、ma-saちゃんRUNちゃんbeちゃんマックママさんおば関さん、私、
神戸組は、今回は単独ですが、chobiponちゃん
SasukeBooちゃんは、残念ながら欠席です。)
そして、ご遠方から、すもも母ちゃん
の総勢8名で、京都1日観光を楽しんでまいりました。

といっても、そんなにあっちこっちウロウロするのではなく、

「何箇所か回るけど、美味しいもん食べて、ゆっくり喋ろう♪」

をテーマ(?)として、今回のコースは、、、

三十三間堂 → ランチ → 岡崎神社 → スイーツ

プラス、行けたらお気に入りのお店でショッピング、、、

ということでまとまりました。

さて、まず三十三間堂ですよ。


実は私、今回行ったのが初めて。。。(恥)
近くに何年も通学していたというのに、
なんちゅう京都人やろ・・・?

c0049950_1582526.jpg


行ったことのある方ならおわかりだと思いますが、
中は一切撮影禁止!
千体の千手観音に圧倒されながらも、
中は冷え冷えで寒かったぁ~~~。

風神・雷神像や、
五つの眼を持ち、琵琶をかまえる音楽の神の仏像や、
(名前がわからなくて、あとで調べたら、「摩喉羅王像(まごらおうぞう)」でした。)
その他それぞれ意味のある仏像が、
観音像の前に安置されていました。
「静粛に」と注意書きがあるにもかかわらず、
私達おばちゃん軍団は、
「ひやぁ~、これ、すごいやん。」とか、
「この人、(←「人」って。。。)優しい顔してはるなぁ。」とか、
口々にヒソヒソ声で、「お笑い」を交えた感想を述べながら、
楽しく見学させていただきました。
たくさんの仏像を目の前にして、凛とした緊張感をもちろん味わったけれど、
おばちゃんならではの反応を見て、
観音様達、どう思ってはったやろ~?



カメラを持っているというのに、撮ることができなくてウズウズしていた私達は、
外に出て、一斉にカメラを構えます。

c0049950_22272962.jpg



そしてみんなで記念撮影~~。

c0049950_15102767.jpg


これは、私が撮った写真ですが、
みんな、順番に自分のカメラで撮りました。
同じ人物を撮ったのにも関わらず、
微妙に、動きや表情などが違っていて、
それがすごく面白いので、見てくださ~い。

まずは、双子の姉妹、chobiponちゃん&すもも母ちゃんが撮られた写真。
(注:ご存知ない方に。。。このお二人、生年月日が同じ、お好みやら何から何までまるで双子のように同じなんです。)

c0049950_15142030.jpg


左上がchobiponちゃん、右下がすもも母ちゃん撮影。

そして、、、

c0049950_15144244.jpg


右上がbeちゃん、右下がRUNちゃん、左下がma-saちゃん撮影。


ね? 面白いでしょう?
みんなの顔を見せられなくて残念なほど、
いい笑顔、いい表情なんですよ~。




みんな、朝ご飯をちゃんと食べているはずなのに、
「お腹すいたなぁ。」という声が。。。

全員の腹時計が、ちょっと進んでたかもしれません。
しかし、ランチのお店に向かう前に寄ったのが、
昨夏、みんながすごく気に入った、「シサム工房」というお店。
それぞれ、もともと買うつもりだったものや、
その場で気に入ったものや、
思い思いのものを買っておられました。
このお店、商品も雰囲気も、めっちゃ素敵なんやけど、
衣類がちょっと、、、お高め、、、
在庫一掃セールとかないかなぁ?(笑)



今回のランチのお店について、
色々前もってみんなで考えたのですが、
次に向かう岡崎神社に近いお店を、
ma-saちゃんが知っていました。
住宅街に、「ポツン」とある感じだけど、
味には自信あり、、、ということで決定!

「USAGI」というお店です。
(HPはないので、口コミサイトに飛びます。)

c0049950_13444324.jpg


予約時間よりかなり遅く着いたというのに、
シェフも、もうひとりのお兄さんも、
快く私達おばさん達を迎えてくださいました。

「USAGI」というお店だけあって、、、

c0049950_1352321.jpg


窓際に、こんな可愛いうさぎの置物がいっぱい!


さてさて、お料理が運ばれてきましたよ~~。

c0049950_13551392.jpg


ma-saちゃんが太鼓判押していただけあって、
全部上品な味で、とっても美味しかった!
ちょっと調べたら、
シェフが、かつて「日本のシェフ100人」に選ばれていたとか、
日本料理も勉強されていたとか、
そんなことが書いてありました。
納得できます。


ところで私、うっかりして料理しか撮ってなくて、
みんなの様子を撮り忘れてました。
それで、撮った友達から拝借~~。

c0049950_1473733.jpg


うんうん、こういう写真を撮りたかったんやけど、、、(笑)
上の2枚はchobiponちゃん撮影、下のはRUNちゃん撮影による写真です。


ゆっくりし過ぎると、あとの予定が圧してくるので、
満腹になったお腹を「ヨッコラショ!」と持ち上げるように立ち上がった私達。。。

c0049950_21163193.jpg


beちゃん、ほんまは、何て言うてはったんやろう?

このお店、隠れた名店って感じなので、オススメです!


次に私達が向かったのは、、、


c0049950_21284764.jpg


「USAGI」から歩いて10分ほどのところにある、「岡崎神社」です。

お正月に、車でこの前を通った時、
すごく沢山の人が参拝されていて、
「なんでやろ~?」と疑問に思っていました。
で、あとでわかったのですが、
この神社、子授け、厄除けのご利益があるということで、
「うさぎ神社」と言われているらしいのです。

なぁ~るほど。。。
だから、あれだけの人がお参りしてはったんやぁ。
(住んでいる区内にあるというのに、何も知らなかった無知な私。。。)

c0049950_21395172.jpg


全員をカメラに収めるのって、難しい~~~。


c0049950_2142198.jpg

こんな風に可愛らしく、たくさんのうさぎが飾ってありました。
この写真、chobipon先生のアドバイスで撮りました。

c0049950_21464853.jpg

そのchobiponちゃん(激写中!)の横にいるこのうさぎさん、
しっかりカメラ目線ですね。


c0049950_21482649.jpg

                       (ma-saちゃんが撮ってくれた、chobiponちゃんと私)

絵馬の間から、カメラで狙っているのは、、、

c0049950_21494027.jpg

この、子授けうさぎ像です。

といっても、私達には関係ないけどね。

c0049950_2152971.jpg


今年は卯年、行ったランチのお店は「USAGI」、
そしてここは「うさぎ神社」。
何もかも、うさぎづくし~♪
しかし残念ながら、卯年生まれの女性は、この中におらず。。。


少し前に、関西のローカル番組で、ここ岡崎神社が映っていて、
うさぎのおみくじが紹介されてました。
(ちなみにそれは、チュートリアルの番組で、その次の週は、我が家から至近距離の「ラーメン屋さん巡り」という内容でした。)
それがすごく可愛くて、
ひいてみようかと思っていたのですが、
人気があるのか、もうなくて。。。

せめて写真だけでも、、と思い、撮っておきました。
c0049950_21581998.jpg




あ、、、そういえば、
最初に訪れた三十三間堂と、この岡崎神社について、
今回説明は省かせていただきます。
どこかから引用して書いていってもいいんやけど、
長くなりすぎるし。。。



次に向かったのは、
この岡崎神社からまた歩いてすぐのところにある、
「京都生ショコラ」です。
ここも、昨夏にみんなで行って、
大きなケーキをシェアして食した私達。
今回は、ひとりひとつずつ、しっかり食するつもりで行ったのですが、、、、


c0049950_2210147.jpg

こうして、看板犬のジャッキーちゃんの大歓迎を受け、
全員どっしりと座り込み、
頭の中に美味しそうなケーキを思い描いて、
注文しようとしていた私達を、
無情にも、がっかりさせることがぁ~。

バレンタインが近くて、シェフがお忙しいため、
今は、生チョコと飲み物のセットしか、注文できないとのこと。。。

めっちゃ残念やけど、仕方ないよね。

c0049950_21132126.jpg


でもこの生ショコラが、美味しかった~~。


ジャッキーちゃんは、派手に歓迎してくれましたが、
にゃんこのミャオミャオちゃんは、
ゴ~ロゴロ寝転んでいる、その姿を見せてくれるだけで、
私達をすごく癒してくれました。

c0049950_15802.jpg


「うるさいおばさん達が入って来たにゃあ~。」
と思いながらも、スヤスヤzzz...

そんなミャオミャオちゃんを、、、

c0049950_3195794.jpg

畳にへばり付いて激写するすもも母ちゃん。
お姉さまのchobiponちゃんも、同じポーズで撮ってはったけど、
撮り損ねた~~。
撮り方までそっくりでしたよ。

「コンデジと違って、こうしないと撮れないから。。。」
とお二人は言ってましたが、
確かにそうかもしれません。

c0049950_325261.jpg

私は寝転ばず、カメラを寝転ばせて撮っていました。
(beちゃん撮影。)


c0049950_3255977.jpg

これは、この日唯一全員で撮った、というか、撮ってもらった写真。
私達おばさん連中がこのお店に入る前から、
おひとりで、ゆ~~ったりと、
ジャッキーちゃんとミャオミャオちゃんと戯れながら、
過ごしておられた先客のお姉ちゃんに、
図々しくも、beちゃんのカメラで撮ってもらったんです。
このお姉ちゃん、にこやかに、快く撮ってくださったけど、
「せっかく私ひとりで、ゆっくりしてたのに、、、」
って思ってはったかも~。
すまんことどすぅ~~。

まだまだこうして、ゆったりまったりと、このお店で過ごしたいところですが、
すもも母ちゃんが新幹線に乗るのが、遅くなってしまう~~。

で、この生ショコラをあとにして向かったのは、
これまた以前に、みんなで2度買い物して、
すごぉ~~く気に入ったお漬物屋さんの「大こう」さんです。

ところが、、、

うぅ~~~ん! 残念! 無念!
お休みでしたぁ。

なので、そのまま京都駅へ。。。


「お土産買わなくっちゃ~~。」
と言いながら、まず新幹線のチケットを買いに行ったすもも母ちゃん。
そしたら、乗りたい新幹線が、もうすぐ来る~~~!

ということで、改札に入ってからおひとりで購入することに。。。


「きょうは楽しかった。。。」
「ほんまやねぇ。ありがとう。」
「今度、、、いつ会えるかなぁ。それまで、元気にしていてねぇ。」
「まだ別れたくないねぇ。」
「いっそのこと、きょう泊まったら・・・?」

と、、、実に名残惜しく、
まるで遠距離恋愛の恋人同士のように、
涙、涙のお別れに、、、


ぜ~~んぜんならなくて!(爆)


「ほんじゃ、またね~~~♪」
「うん、気をつけてね~~♪」
「ばいばぁ~~い♪」

と、非常~~にあっさり、カラッと、あっけなく(笑)手を振って。。。

それはきっと、
また半年後ぐらいに、必ず再会することを確信していたからだと思います。

一人、二人、、、と、順番にそれぞれ乗る電車の乗り場へ別れ、
私達京都組も、必要な買い物をすませ、
無事、今回の集いは「お開き」となりました~。

おっと~~。
私、この日記の中で、
「次向かったのは、、、」「◎△をあとにして、、、」
と、移動に関して、あたかもお抱え運転手がいるかのごとく書いてきましたが、
実は、今回も、
ma-saちゃんにすべてお任せしました。
(プラス、タクシーのおっちゃん)
ma-saちゃん、いっつもありがとね~~~♪

さてさて、次回はまた夏かな?
「春の桜の季節は?」
と、来たくなる気持ちにさせようと、誘ってみたけれど、
「過ごしやすい春や秋の季節は混む!」
という理由で、おそらくまたまた、クソ暑い夏に再会。。。
ということになるでしょう。

あ、、、それまで、京都組だけで、
こっそり美味しいもん食べて、季節の移り変わりを楽しんどこかぁ~~?



みんな~、あの日はほんまにありがとう!




愛犬を通じて、こうして楽しい時間を過ごせることに、
いつも感謝、感謝、、、なのですが、
その反面、
友達の愛犬が、永遠の眠りにつくと、
自分の愛犬のことのように思えてしまいます。
特に1年前にサイ子を失った私にとって、
あれ以来、次々と友達の愛犬が旅立っていくことが、
まるでサイ子が連れて行っているような気がして、
非常に嘆かわしいです。

サイちゃんの命日の約1週間前の12日、
甲斐犬ジローさんが、
15歳9ヶ月という天寿を全うし、
その瞬間を誰にも見せずに、かっこよく、旅立って行きました。

ジロ母さんとは、東京で2回、京都で1回お会いしていますが、
昨年の後半からは、ジローさんの手厚い介護をされていました。
私のサイに対するそれとは、比べ物になりません。

ジローさん、本当にお疲れ様。
よく頑張ったね。

ガミガミおばあさんのサイに、もう会ったかな?
もし他のわんこに対して、
ガウガウ吠えてばっかりいたら、
ジローさんの威厳たっぷりなかっこよさで、
一喝してやってねぇ。


c0049950_15043.jpg

ジローさん、安らかに眠ってね。


普段、散歩道の川原でよく出会うミニチュア・シュナウザーのジャッキーくんも、
ついこの間亡くなったそう。。。

この時期、虹の橋を渡る子が、なんて多いことでしょう。




c0049950_15113861.jpg

                    (2007年1月28日撮影)


「おかっしゃん。またまた、『サイママの子か?』ってワタシのところに、
ちょっと怖そうな黒い子が挨拶に来たワン。
でも見た感じとは全然ちごて、めっちゃ優しい子やワン。
おかっしゃんが、ワタシを通じて仲良くなったお友達に会っているのと同じで、
ワタシもいっぱいこっちで、仲良くなった子がいるから、
安心してワン。」

サイちゃん、ガウガウしてへんかぁ?
あ、、、ひょっとして、、、あんた、
猫かぶって、イケメンのわんこと仲良ぅしようとしてるんと違うかぁ?
[PR]

by sai-n.1020 | 2011-02-04 23:49 | Comments(18)