<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2010年という年は

c0049950_22114240.jpg

今朝、寝坊したので、
朝の散歩中、川で何羽ものユリカモメさんに会えました。



さて、もう今年も残りわずか。
ほんまにわずか。あと1日。

2010年は、私にとって、本当につらい年となったのですが、
月日の経つのが、今までで一番早く感じた年でもありました。
年々、加速がついてくるようですが、
今年は特に、その加速度が一気に増した気がします。

それは、サイが眠って、もうすぐ1年経つという異常なまでの早さを感じるからです。


年が明けて2週間あまり経った18日の未明に、
私の腕の中で眠って以来、
しばらくは泣きはらして過ごしました。

やがて春が来て、桜の木の下をリリィーちゃんと歩いてはまた泣き、
猛暑の中、散歩道を流れる川を見ては、水遊びを思い出し、
待望の秋がやって来ても、物悲しい想いが先に立ち、
紅葉を楽しみながらも、
「この季節が終わったら、いよいよサイちゃんとお別れした時が近づいてくる。。。」
と思うと、胸がつまってきて。。。


そんな、寂しくつらい気持ちを、まるで無理に消し去ろうとするかのごとく、
下半期からは、ライブに行きまくりました。
サイちゃん、呆れてたかも~。


そして、サイちゃんが眠ってから、
あらゆることを改めて感謝する1年でもありました。

逝く時期を考えてくれたこと、
忘れ形見のリリィーちゃんを残してくれたこと、
そして、私達家族に、
いっぱい思い出を残してくれたこと、、、
これからもずっとずっと感謝し続けると思います。

また、このブログの中で、
たくさんの人に助けられました。
あたたかなコメントをいっぱいいただいたり、
心から励ましてくださったりと、
みなさんには、本当に感謝しております。
本来なら、みなさんのところへ行って、
ちゃんとお礼のあいさつをするべきなのですが、
ここで言わせてもらいますね。

今年も1年間、どうもありがとうございました。


こうして考えると、
この2010年という年は、
泣いたり笑ったり楽しんだり、そして時には怒ったり、、、
喜怒哀楽の激しい1年になってしまいました。

そんなことを思っていた2日前、
「駆け込み」という感じで、喪中葉書が届きました。

差出人のお名前を見て、、、思わず絶句してしまいました。


Mさん。。。

サイちゃんの生家からです。
ご主人がお亡くなりになったのです。


昔から、柴犬と秋田犬を繁殖されていて、
以前は、時代劇にも出演させておられて、
お家には、俳優さんと一緒に写った、
従順そうで、可愛い柴犬の写真が、
壁に何枚も飾ってありました。

16年前の12月、Mさんのお宅へ行き、その写真を見ていると、
「さぁ、この子達から選んでください。」
と、3匹の黒マスクの子柴を連れて来られたご主人。
まだ小学生だった2人の息子達が、「可愛い!」と、きゃっきゃ騒いでいる中で、
主人と私は、じっと3匹を見つめ、
「・・・・この子やなぁ。この子にしよう!」と、珍しく意見が一致し、
選んだのが、緋桜姫号、サイでした。

「帰って、今夜は泣くかもしれんなぁ。」
って、Mさんがおっしゃたのを覚えています。
確かに少しだけ泣いたサイ。

「子供さんの情操教育にもなるから。」と、
交配されることを薦めてくださって、
私達は、このMさん宅の雄柴に、
「一夜限りの花嫁」として、サイを連れて行ったのでした。


交配させるのをすご~く嫌がるサイを、
「こんな雌、今までいいひんかったわ。」と嘆きながらも、
優しい雄柴をサイに導いてくださったご主人。
2度の交配で失敗。。。
3度目の正直で、やっとお腹に赤ちゃんが宿ったのでした。


背筋がピンと伸び、凛とされていて、
お身体が衰えるなんてこと、考えられないような方でした。

ここ数年お目にかからなかったのですが、
サイが亡くなってしまったことを知らせる電話をした時は、
奥さんが電話に出られて、
ご主人がちょっと弱っておられるということをおっしゃっていましたが、
まさか、、、今年にこんなことになるなんて、、、

亡くなったのが、この間の18日。
なんと、サイが眠った1月18日の、ちょうど11か月後。
変な言い方ではありますが、不思議な縁を感じました。
そして、「人間の生みの親」であったMさんが亡くなったことによって、
なんだか、サイちゃんの「源」を失ったような、
すごく虚しい、寂しい気持ちになり、
自然と涙が出てしまいました。

今年は、サイちゃんを筆頭に、
ご近所のわんこ、ネットで知り合ったわんこが、
実に何匹も虹の橋を渡っていってしまい、
また、ジャーキーのおじいちゃんもお亡くなりになり、
そして、そして、、、
こうして年末に、またまたサイにゆかりのあるお方が亡くなって、
「なんという一年になってしまったのだろう。」
と、嘆く年末になってしまいました。


でも、、、サイちゃんにとっては、
寂しくない・・・かな?



c0049950_22125722.jpg


この子にも、今年は救われました。
最近、散歩中、おしっこをした直後や、
もう少しで家に着くという時に、
ふざけて、後ろから私の足首に噛み付いてくるんです。
決してきつくでなく、「ガッ」って歯を当ててくる感じで。。。
子犬の頃、ガレージで遊ばせていた時、
よく私の足首に噛み付いてきた子がいたのですが、
あれが、リリィーちゃんだったのかも・・・?




c0049950_2221484.jpg
                    (2009年12月27日 サークルの中で)

去年の今頃、、、、こうやってサークルの中のサイちゃんを見るのが、
つらいような、でも、自由に抱っこさせてくれることが嬉しいような、
すごく複雑な気持ちでした。


c0049950_22235320.jpg
                        (2009年12月31日撮影)

「おかっしゃん。ワタシもこの1年の早さにはびっくりしてるワン。
こっちへ来て、はじめはちょっと戸惑ったけれど、
次から次と、わんこがやって来るから、
ワタシも挨拶に忙しい1年になったワン。
そしてこの間は、私のこと知ってるらしいおじさんが撫でてくれたワン。
ワタシ、思い出せへんけど、なぁんとなく懐かしい気持ちになったワン。」

サイちゃん。
年が明けてしばらくしたら、あんたが眠って1年経つねん。
まだずっといてほしかったって、今も思うけど、
明日から雪が降って、ひどい天気になるらしいし、
もしあんたがまだいててくれても、
散歩の時可哀想やなぁ、、、ってことも思ってしまうわ。
もし雪が積もったら、
雪道を散歩したこと、また思い出して、泣くかもしれんなぁ。。。



みなさん、来年が、穏やかな1年でありますように。
どうぞ、良いお年をお迎えください。
[PR]

by sai-n.1020 | 2010-12-30 22:52 | Comments(8)

クリスマス、、、去って行きました。

c0049950_19295344.jpg



なぁんて、こんなカードを貼っても、
今こんな時間やし、
見てもらう時には、すでにクリスマスも去ってますが。。。

これ、コスちゃんが送ってくださった贈り物のひとつの、
お菓子の包み紙で、
あまりにも可愛らしかったので、カードに使わせてもらいました。
コスちゃん、お心遣いをありがとう。


さて、今年我が家で食べたクリスマスケーキは、
これです。


c0049950_1933744.jpg


近所の、「むしやしない」さんの、「昔モンブラン」というケーキです。
美味しかった~~~♪


クリスマスだからといって、我が家では何の催しもなく、
このケーキを食べただけ。。。
ツリーもなし。オーナメントもなし。


でも、イブの前々日に、
友達と忘年会(またかいっ?)を楽しんできました。


顔ぶれは、ma-saちゃんRUNちゃんbeちゃんの、
お馴染み「京都支部」の面々です。


待ち合わせは、クリスマスイルミネーションが綺麗な、
新風館です。

c0049950_19374721.jpg

なんとなく、メリーゴーランド風ですね。

ここのイルミネーションを見たのは、この日が初めてでした。

c0049950_19383726.jpg

着いた時には、
このステージで行われるライブ、、、といっても、インストゥルメンタルですが、
その準備をされているところでした。

c0049950_2313972.jpg

ささ、、、この階段を上がって、2階からも見てみましょう♪

c0049950_23142048.jpg


このイルミネーションを見るだけでなく、
ショップをいくつかのぞいて、
「これ、可愛いやん。」とか、
「色がええなぁ。」とか、
「なかなか面白いグッズやわぁ。」とか言いながらも、
全員、何も買わず(笑)
予約してある時間が近づき、お腹もすいてきたので、
お店に向かいました。

c0049950_23195361.jpg

3人のレディー達の後姿です。

今回選んだお店は、ma-saちゃんが行ったことのある、
「うしのほね あなざ」

c0049950_23273550.jpg


通された席に着くと、
予約を入れてくれたma-saちゃん宛てに、
こんな挨拶文が書いてある紙が。。。

c0049950_23321446.jpg


コース料理じゃなく、
何品か適当に好きなものを選んでシェアする、、、、
という食べ方をしたので、
写真を一気に載せます。

c0049950_23335492.jpg


どれも美味でございました。

食べて喋って、、、みんな、口が忙しくて、、、


ここで、、、今回私達、
お互い1年の感謝として、
それにクリスマスも近かったので、
プレゼント交換なるものをしました~~♪

私がgetしたのは、beちゃんからのプレゼント。

c0049950_23365125.jpg


「ロクシタン」の、シャンプー、コンディショナー、ソープのセットです。
beちゃん、ありがとう!
普段は、ドラッグストアでセールしてある安いのしか使わへんし、
こういうの、自分ではなかなか買えへんから、嬉しいわ。
大事に使うね!

プレゼント交換なんて、何年ぶりやろ~?
たまにはこういうの、いいもんやねぇ。


いっぱい喋って、食べて、満腹になったはずやのに、
「甘いもん」が食べたくなるのが、私達おばさんの習性。。。

そこで、向かったのは、
これまたma-saちゃんご提案(前を通ったことがあるらしい。)のお店、
「Cafe Bibliotic Hello♪」です。

c0049950_23461685.jpg

なんか、ジャングルみたい・・・?

ところが中に入ると、そこは素敵な空間でした。

c0049950_09268.jpg


本がいっぱい並べてあり、ゆっくり過ごすことができます。

かなり遅い時間だったのにもかかわらず、
まだたくさんのお客さんがおられたのですが、
決して「酔いつぶれた」という感じでなく、
「語り合っている」という、知的な夜の過ごし方をされている雰囲気でした。

洒落た食器やアクセサリー、そしてパンなども置いてあって、
注文したものが運ばれてくるまで、キョロキョロ。。。

さて、来ましたよ~。

c0049950_0144442.jpg

「baked apple のクリームチーズ添え」です。

これが、美味しかったんですよ。

先日行ったグルニエドールもですが、
ここも、また行きたいお店です。
今度は明るい時間に行って、どんな風に雰囲気が違うかも、感じ取ってみたいです。


どんだけ喋っても、話題は尽きませんでしたが、
いつまでも喋っているわけにはいかず、
可愛い子達も待ってるので、
そろそろ帰ることに。。。

c0049950_0202143.jpg

地下鉄に乗るため、下りる階段へ向かうお3人さん達。


ma-saちゃん、RUNちゃん、beちゃん、
あの日は、ほんまにありがとう!
みんなそれぞれ忙しいのに、
無事元気な姿で集まれてよかったね。
次回は新年会?(笑)





それにしても、、、、今年もあともう少し、、、、
こんなことをしていていいのだろうか、、、、

大掃除しなくても、新年は迎えられる?(爆)
でも、年賀状は書かなければ、、、(まだ作れてへんけど)


そんな、押し迫った日に、
こんなものが届きました!


c0049950_050790.jpg


忘年会にもしも誘ってたら、
ひょっとしたら、「どうしよ~。行こかなぁ。でもちょっと遠いなぁ。それに忙しいしなぁ。」
って、悩んだかもしれない(笑)chobiponちゃんが、
雑貨のお店を立ち上げはったんですよ。

以前、デジカメのストラップも、頼んで作ってもらったことがありますが、
chobionちゃんは、ご存知の方も多いでしょうけど、
とにかく、「衣食住」すべてにおいて、めっちゃ達人!
で、今回新しく始められたのは、そのうちの「衣」と「住」にあたるかな?
素敵な雑貨のショップなので、
よかったら覗いてみてくださいね。

「手作り雑貨工房 オリーブ」です。





c0049950_0272272.jpg

これは、去年の12月20日に、ma-saちゃんちの翔くんと一緒に、
川沿いのカフェに入った時に、
サイちゃんが翔くんに、一喝しているところ。

ついこの間のことのようです。




c0049950_0315394.jpg

              (同じく、2009年12月20日 高野川にて)

「おかっしゃん。やらなあかんこと、いっぱいあるらしいけど、
とりあえず、忘年会を楽しんできたんかワン?
去年は、ワタシのことが大変やったし、
掃除はほとんどできひんかって、申し訳なかったけど、
今年はちゃんとした方がいいワン。」

サイちゃん、、、するどいご指摘やけど、
今年もどうやら、「小掃除」程度で終わりそうやわ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2010-12-25 23:59 | Comments(10)

押し迫ってきても

きょうは若干マシでしたが、
ここ最近、寒い日が続いています。

「去年の今頃は、サイちゃんのために、
ホームセンターでいっぱい洋服買って、
頭から被る洋服でも嫌がらんと着てたなぁ。。。」
って考えているうちに、、、、

「そうそう、リリィーちゃんもきっと寒いやろなぁ。」と思い、
サイちゃんに着せていた洋服を出してきて、着せてみました。

c0049950_15563939.jpg


今朝はちょっと寝坊したので、
散歩の時間には、しっかり明るくなっていました。

お馴染み、RUNちゃん製のこの洋服、全然小さくないでしょう?

ちなみに、3週間前に病院で量ってもらった体重は、、、、
10.4キロ!
夏よりも、またまた痩せました。
痩せすぎではないかと、逆に心配。。。
無理に、食べさせていないのではないんですよ。
暑かった夏が過ぎたあたりから、
歩き方がすごく軽やかになり、
ちゃんと全身使ってるからかなぁ・・・?


さて、「今年もあと。。。」と、数えるのがイヤになるほど、
どんどん加速がついて、日にちが経っていきます。

掃除も全然してないし、
年賀状も書いてないし、(やっときょう、買ってきた。)
気持ちは、全然年末モードじゃありません。

でもっ!

「忘年会」っぽいランチを楽しんできました(笑)。

次男の友達のお母さん達と、
といっても、今回は、
カーリーちゃん、H子ちゃんと私の3人だけでしたが、
久しぶりの集まりで、
美味しいものを食べ、ぺちゃくちゃと喋ってまいりました。

まずランチを食したのは、「左近太郎」というお店。
c0049950_1675274.jpg



初めて行ったお店でしたが、
昔お宿だった古い町家をうまく使ってある造りで、、、

c0049950_1682772.jpg


お料理も、創作和食、プラスちょっと洋食が混じったような、
いわゆる、和洋折衷の、なかなか面白いメニューでした。

といっても、それぞれのお料理の名前、
聞いたけれど、覚えていません。

えっと、まずこれは、先付。
c0049950_1610525.jpg


このあと、次々と一品ずつ運ばれてきたのを、
一気に(笑)見ていただきますね。

c0049950_1611217.jpg


右下のは、貝柱の炊き込みご飯で、
これをお茶碗に取り分けたものをアップで~~。
c0049950_16122166.jpg


どのお料理も、美味しかったです。

そして最後にやってきたデザート。
c0049950_1613152.jpg

これだけは、今でも正確に紹介できます。
左から、アーモンド・ブラウニー、わらび餅、豆乳プリン。


もともとこのお店は、
H子ちゃんが新聞の広告で見つけたもので、
私が電話予約した時お願いしたお値段は、
そこに載っていたもので、2500円のはずでした。

ところが。。。

お会計の時に、なぜか店員さん、
「お3人さんで、6000円です。」って。

へ? ひとり2000円? なんで?

何か割引クーポンを使ったわけでもなく、
「???」のまま、
でも安いに越したことはないので(爆)、
「ごちそうさまでしたぁ~。」
と言って出てきました。

そして外からこのお店を撮ろうとしたら、
あいにく、何か直しておられるらしくて、
そのためのトラックが店の前を陣取り、
めっちゃ邪魔~~~。

c0049950_16184361.jpg



お店構えと、中の様子のギャップが云々。。。
ってことが、どこかに書いてありました。
直接HPに飛んで、覗いてみてくださいね。


満腹になった私達が向かったのは、
やっぱり、スイーツのお店(笑)。
10月に、ma-saちゃん、RUNちゃん、beちゃんとランチした時に、
行こうと思ったけれど、定休日だったので、行けなかったお店。

そうです。
「サロン・ド・テ オ・グルニエ・ドール」という、
すごく人気のあるお店です。

9月に以前のお店から左隣に移転されたそうで、
ちょうど、「左近太郎」から近いところだったので、
迷わず、向かいました。

お店に入った途端、私達口を揃えて、
「わぁ、ええ感じや~ん。」って。

c0049950_16293458.jpg


全体に黒でシックにまとめられていて、素敵な雰囲気です。
でも、奥には坪庭があるんですよ。

c0049950_16304258.jpg


入ってすぐに注文するのですが、
美味しそうなタルトが並んでいて、
め~っちゃ迷ったけれど、
私が選んだのはこれ!

c0049950_1631396.jpg

グレープフルーツ・ガリエです。

注文した時は、
「みんなで分け合おなぁ~。」って言ってましたが、
いざ切ろうとすると、じじむさくなりそうだったし、
それにこの時点で私達、このお店にはまた来たい気持ち満々だったので、
「今度来る時の楽しみにしとこ~♪」
ってことで、それぞれ自分の注文したケーキだけ食しました。

ものすごぉ~~~く美味しかったです!

このお店のHPを探したのですが、
まだ移転して間もないからか、見つからず。。。
ただ、このお店の斜め向かいに、
テイクアウト専門の、「パティスリー オ ・ グルニエドール」というのがあって、
その口コミサイトなら、これがありました。



H子ちゃんの息子さんとは、
小学校高学年の頃からの友達。
カーリーちゃんの息子さんとは、
中学生の頃からの友達。
だから、私達は、もう10年ぐらいのお付き合いです。

知り合って最初の頃の悩みと、今の悩みは、
質というか、大変さというか、そういうものが異なってきています。
そしてこうやって、お互いに喋って、
「ええなぁ。◎くんって。」とか、「偉いなぁ、△くんって。」とか、
羨ましいと思うことがいっぱいありました。
これから先、息子達が、どんな「おっさん」になっていくか、
楽しみなような、不安なような、両方の気持ちが混じっているけれど、
何かと難しいことの多いこれからの時代を生きていく息子達のことで、
ちょっとやそっとのことにびっくりしないように、
普段から身も心も、鍛えておかなければ。。。
と思うのでした。



帰ってから次男に、
この二人の友達に会ったことを話すと、
「おかん。ワシのこと、要らんことまで喋ってきたんとちゃうやろなぁ。」って。

いえいえ。何も申しておりませんよ~。
「いっぱい不安なことがある。」ってことは言ったけどね。


これから先、またこの顔ぶれで会って喋る機会がありそうですが、
上に書いたように、
うちの息子の身の周りで、びっくりするようなことが起っても、
できるだけ平常心でいられるように、
カーリーちゃん、H子ちゃん、その時は私を支えてね~。



ところで、カーリーちゃんから、こんな物をいただきました。

まずひとつめ。

c0049950_19165.jpg

岡山産の「あたご梨」です。
ずっしりと重たくて、大きいんです。

最近、大きさを比べるのに重宝するのが携帯。

c0049950_1105519.jpg


これを見て、ピンとこないかもしれませんね。
ご自分の携帯を見て、大きさを思い描いてみてください。

甘くて美味しかったです!

それともうひとつ。

今載せた携帯に関係しますが、
ストラップです。
でも、それが、ちょっとやそっとのストラップではないんですよ。


これです!


c0049950_1132766.jpg

カーリーちゃんのブログで見かけたことがありますが、
お友達のお手製なんです。
もっと小さいのかと思いきや、わりと大きかったのでびっくり!

またまた大きさを比較します。

c0049950_1145292.jpg


これも携帯に付けようかと思ったのですが、
もしも白い部分が汚れたら、、、、と思うと、
ちょっと躊躇してしまいます。
ところでカーリーちゃん、これ、どんなして付けられる?
やってみたんやけど、身体が紐(糸?)の部分に入ってくれない!

どこかにぶら下げて、飾っとこかなぁ。




さて、そろそろ大掃除でも、、、と思いつつ、
結局きょうの日曜日も、何もできひんかった、、、
でも毎年、年末だからって、特に大掃除をするわけでもないし、
例年のペースでいくことにするかぁ~~。(←投げやり)



c0049950_202831.jpg

                   (2009年12月16日 カートに乗せて高野川を散歩。)


昨日は、12月18日でした。
去年のこの日、まさか1ヶ月後に、サイちゃんが眠ってしまうなんてこと、
全然思ってもみませんでした。
それは当然のことだけど、
まだまだずぅ~~っと、こうやってカートに乗せて散歩し、
まだまだずぅ~~っと、サークルの中のサイちゃんを介護する、
そんな風に考えていました。

そしてきょうは19日。
早いもので、母が眠って4年経ちました。
その日、母にもらったカーディガンを何故か選んで着て実家へ行き、
「これ、お母ちゃんにもらったやつやで。」って言ったら、
「ふぅ~ん。ええやん。」なぁんて言ってた母が、
それから数時間後に息絶えるなんて、、、

これから、毎年12月の18、19日になると、
ずっとずっといつまでも、こういうことばっかり考えて、
物悲しい想いをし続けながら、
年末を過ごしていくんやろなぁ。

c0049950_1624020.jpg

今朝、このハボタンを買って、実家へ持って行ってきました。

c0049950_1633495.jpg

これ、「光子」といって、新種だそうです。
普通のハボタンと違って、ツヤツヤと光っています。

最近、色々考えることが多いので、
久しぶりに母に会いたくなりました。



c0049950_281234.jpg

                      (2009年12月16日 サークル内で熟睡。)

「おかっしゃん。ワタシも去年の今頃、そんなこと思いもせえへんかったワン。
あのカートっていう乗り物、ちょっと恥ずかしかったけど、
川原まで行くのには楽やったし、
まだまだずっと使いたいって思ってたワン。
でも、、、、どんどん力が入らへんようになって、
ワタシ、このままどうなっていくか、かなり不安やったワン。」

サイちゃん。
リリィーちゃんに、あんたの洋服着せて歩いてると、
ますますあんたと歩いてる気持ちになるねん。
昨日なんてなぁ、2回も、「可愛い~~!」って言うてくれはる人があってん。
おかあさん、「ありがとうございます。」って言いながらも、
心の中で、「この子の母は、もっともっと可愛かったんです!」
って言うてたんやでぇ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2010-12-19 23:44 | Comments(8)

またもや観賞~♪

この間から、この晩秋、紅葉や絵画を楽しんできたことを書いてきましたが、
きょう、またまた「見て楽しむ」という目と心の保養をしてまいりました~。


今回は、「おばはんは言いたい放題」という、
非常に楽しく、また、共鳴できたり、考えさせられたりするブログを書いておられるおば関さんと、
そのお母様による「親子展」です。

おば関さんとは、去年の秋、
百万遍の知恩寺での手作り市で、一度お目にかかっただけ。
beちゃんと一緒に出店されてました。)
でも、ネット内では、何度もお話していました。


ちょっとしたきっかけがあって、
この展覧会が行われている場所を、
beちゃんから教えてもらって知ったのが昨日。
偶然にもそこは、
ちょうどきょう私が叔母に付いて行く眼科クリニックから、非常に近いところでした。
beちゃんも他の友達も、きょうはそれぞれ忙しいので、
今回、私がひとり、代表して(頼りないけど)行くことに~~♪

場所は、寺町御池下がったところにある、「ギャラリエ ヤマシタ」。

その画廊に入ると、
おば関さんが、「どうぞ~。」って、何にも気づかれない様子。。。
で、私が、
「こんにちは~。わかります? サイママですぅ。」って言ったら、
びぃ~~っくりされました。
へへへ、、、1度会っただけでは、この私、記憶に残ってなかった模様、、、(笑)

c0049950_22383631.jpg


「親子展」。。。そうです。お母様と共に開かれているという、
素晴らしい展覧会です。
いいですよね。母娘で一緒に展覧会って。
まず、そこに感動。

c0049950_22403648.jpg

手作り市でも見せていただいたけれど、
おば関さん作のアクセサリー達。
お洒落で、でも極端に気取ってなくて、自然で、
でもそれぞれ何か主張しているような、
センスあふれるものばかりです。

c0049950_22425519.jpg


c0049950_22432052.jpg

亡母の誕生石のアメジストを使ってある指輪を、
思わずアップで撮らせてもらいました。

c0049950_22443046.jpg

こういうペンダントって、フォーマルにもカジュアルにも使えそうですよね。


おば関さんの作品は、このようなアクセサリーだけでなく、
ガラス製品(えっと、、、もっと違った言い方してはったような?)もありました。

c0049950_22492990.jpg


そうそう、このギャラリーは、寺町商店街の画廊の2階なので、
このように窓の下には、歩いている人が見えます。


c0049950_22524289.jpg


ガラスの瓶など、一旦粉々に砕いて、
そしてお皿の形をつくり、
その段階で色をところどころに付け、
80度の窯で焼く。。。と、こういう味わいのあるお皿ができあがるそうです。
(おば関さん、作り方の説明がアバウトすぎて、ごめんちゃいっ。)

こういうお皿、お店ではあまり見かけないですよね。
透明感があって、使うのがもったいなくて飾っておきたいけど、
でも、やっぱりちょっとしたお菓子とか、お客さんに出す時とか、
こんなお皿だと、威張れますよね。


そしてお母様の作品なのですが。

c0049950_2301949.jpg

左上のは、絵画ですが、
右下のは、一見、織物のようですよね。
でも実はこれ、刺繍してあるんです。

お母様、おいくつなのか知りたかったので、おば関さんに聞きました。
(来られてなかったし。)

そしたら、なぁんと、81才!

お目にかかれなくて、残念だったけれど、
きっと若々しくて、お洒落な方であろうと、想像します。

絵の中で、私がすごく気に入ったのが、、、

c0049950_238257.jpg

おふたりとも、ご旅行へよく行かれるようですが、
これは、おば関さんが行かれたところらしいです。
う~~ん、、、何ていうところなのか、ど忘れしてしもた。
おば関さん、これを読まれたら、
「もぉ~、忘れやすい人やなぁ。◎△×でっせ~。」
と、突っ込んでおくれやすぅ。

ところでこれ、何で描かれていると思います?
私、絵のこと全くわからないので、聞いたんですよ。
そしたらね。なぁ~~んと!
「色鉛筆」らしい~~。

それはそれは、色の種類をいくつも揃えておられるらしいですよ。
同じ赤でも、メーカーが違ったり、作られたお国が違ったりすると、
色合いが微妙に違ってくるらしいです。

確かに。。。。同系色でも、実に何色も使われてますねぇ。


c0049950_23182568.jpg

このピキたん、実在するにゃんこらしいですよ。
わんこを描いた絵もあるらしいです。
おば関さん、いつかブログで見せてくださいっ。

それにしても、このおば関さん。
去年手作り市でお目にかかった時は、
なんか、バタバタしていて、じっくり見なかったのですが、
きょう改めて感じたのは、
ご自分の趣味である素晴らしい作品を、
たくさんの方に魅せておられるという達成感から、
なんて素敵な雰囲気を醸し出しておられるのだろうということです。
やっぱり、自信や満足感というものは、
人を輝かせるものなんですね~~。


ひとつひとつの作品について、
もっと色々聞けばよかったのに、
私達、まだ2回目とは思えないほど、
色々なこと盛り上がって談笑し、
気がついたら、外は薄暗くなってきました。

心が豊かになるようなひとときを過ごすことができて、感謝してます。
(19日まで開いておられます。)

ありがとう! おば関さん!



c0049950_23371360.jpg

                 (2009年12月14日 高野川にて)
 

「おかっしゃん。今度はお友達の作品を見に行ってきたのかワン?
そのお友達も、3年ほど前に、ワタシと同じ柴犬を見送らはったらしいワン。
まだワタシ、こっちでその子に会ってへんけど、
他のいっぱいの子と色々喋って、
その飼い主さんが、おかっしゃんと知り合いってこと知って、
びっくりしてるんやワン。
今度このおば関さんの飼ってはった子に会ったら、
ワタシ、最初は歯をむき出してガウるかもしれんけど、
できるだけお友達になれるよう、努力してみるワン。」

サイちゃん。。。
おかあさんが、あんたを通じて、いっぱい友達ができたのと同じで、
あんたは、そっちへ行って、いっぱい繋がりのあるわんこに出会ってるんやなぁ。
「去年の今頃は、カートに乗せて川まで行ってた。。。」って思い出しては、
またまた涙流してるおかあさんやけど、
きょうみたいに、あんたのお蔭で、楽しむことができること、
これからもきっとあるやろし、
泣くばかりとちごて、いっぱい感謝していくしなぁ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2010-12-16 00:44 | Comments(8)

もう1回紅葉を楽しんで

気がついたら、今年もあと3週間足らず。
信じられない速さで、月日が経っていきます。

毎年こんなこと言ってますが、
今年は特に、そう思います。

なぜかと言うと、、、、

毎回毎回、同じこと書いて申し訳ないけれど、
「去年の今頃は、、、」と思ってしまうから。

c0049950_15441959.jpg

      (2009年12月8、9日 帰って来ていた長男と。)


当時のサイちゃんの写真を改めて見てみると、
本当に弱っていました。
その時は、そう思わなかった、というか、そう思いたくなかった、
こんな状態でも、まだまだ頑張ってくれる、、、
と信じていた私は、馬鹿だったのかなぁ。
確実に弱っていることを認めて、
片時でもサイちゃんのそばを離れず(実際は無理やけど。)
できるだけ抱っこしてやればよかった、、、

そんなことを毎日思ってしまいます。
実は、まだ年賀状を買うことさえしていません。
「喪中葉書」にしたい気持ち満々なので。
いや、送ってくださる年賀状は、すごくありがたいんです。
私自身が出す気になれなくて。。。

皆さん、「サイママのそんな気持ち聞くの、もううんざり~。」って思われたら、
ごめんなさい!
でもね。ペットを飼っている者は、
誰しも必ずこういう想いをすることになるんです。


むっちゃんの今の気持ちを考えると、
今年1月の、私の気持ちとだぶってしまい、
とてもとても、胸が痛みます。

なぜなら、むっちゃんと、ご主人のchikaちゃんが大切に飼われていたシロちゃんが。。。

今月3日に、永遠の眠りについたからです。

9月に、シロちゃんに会いに行ったときは、
今だから話せますが、
むっちゃん、かなり覚悟を決めている様子でした。
でも、それから2ヶ月以上頑張ったシロちゃん!
むっちゃんも、一生懸命介護されました。

シロちゃんも、むっちゃんも、chikaちゃんも、ほんまにお疲れ様!
シロちゃん、向こうでサイ子に近づいたら、きっと歯をむき出して怒ると思うけど、ごめんね。
そんな時は、つまさんちのぶうこちゃんのところへ行って、
慰めてもらってねぇ。
ぶうこちゃんは優しいから、サイ子みたいに怒らへんと思うわ。

c0049950_23275395.jpg
                   (9月20日、シロちゃんのお家へお邪魔した日。)

シロちゃん、安らかに眠ってね。



去年は、サイちゃんのサークルが、
狭い居間の大半を占めていたし、
それにサイちゃんの介護を優先していたし、
年末の大掃除は、思い切り手抜きでした。

今年は、、、特に理由はないけど、やっぱり手抜きになりそうです。




さてさて、季節はどんどん冬らしくなっていってますが、
前回の日記に書いた、絵画展を見に行った翌日、
これまた近場の紅葉を見に行って来ました。
2週間も前のことで、季節の逆戻りのようですが、見てください。


テクテク歩いて向かった先は、「赤山禅院」です。

赤山禅院は比叡山延暦寺の末社でありながら、
陰陽道の守護神である泰山 府君(たいざんふくん)が赤山明神として祀られているという、
神仏習合の珍しい寺院で、
古来より、もみじ寺として親しまれています。


・・・と、あたかも前もって調べたように書いてますが、
実はそうじゃないんです。
ここに書くにあたって、急いで調べたわけですが、
そのため、あとで、すご~~く後悔することになります。。。



c0049950_15313069.jpg

平安神宮の、あの大鳥居とは全く対照的ですね。
「え? お寺やのに鳥居?」って思ったけど、
上に書いたように、「神仏習合」ということなんですねぇ。


かなり前に、ここを車で通った時に見た、
鮮やかな「紅色」の紅葉がすごく印象的だったので、
前から見に行きたいと思ってたんです。
でも、、、あれぇ~~? 
ここにはないやん。
この鳥居の中へ、当時は車が入っていったのかなぁ?

ま、とにかく中に入って行きましょう。


c0049950_15342452.jpg

山門のこっち側にもあっち側にも、紅葉が広がっていますね。


c0049950_15352436.jpg

門をくぐって歩いていくと、こんな灯籠が。
ここにも、さっき載せた石の鳥居と同じく、「赤山大明神」って記されています。


c0049950_1522674.jpg

へぇ~、もみじ祭かぁ。
この日は、最終日に近いせいか、露店もあまりなく、
お茶をいただける所があったぐらいでした。
来年、もっと賑わう頃に、行ってみよっかなぁ。


c0049950_2333658.jpg

御神水のそばにも、美しい紅葉が。。。


c0049950_233445100.jpg

この小さな女の子の目には、紅葉が、どのように映っていたんでしょう?
いったい何歳ぐらいを機に、葉っぱや花の彩りを通して、季節の移り変わりを、
しみじみと感じるようになるのかなぁ・・・・・?
そうそう、ぶら下がっている手拭いに、「赤山禅院」って書いてあったのには、ちょっとびっくりしました。


ふと前を見ると、こんなものが。。。

c0049950_3583476.jpg

「還念珠」というものです。
これに関しては、立て札に説明書きがあったので、見て下さい。

c0049950_14555522.jpg



c0049950_3444226.jpg

発願文を唱えなかったけれど、くぐってみました。


c0049950_1028769.jpg

もう一箇所、還念珠がありました。


では、境内の中の紅葉を、曇り空の下、ちょっと暗いですが、見てくださいね。


c0049950_1534617.jpg



c0049950_1542493.jpg



c0049950_1537498.jpg



c0049950_1565774.jpg



c0049950_1572873.jpg

寒桜が咲いていたので、紅葉をバックに。。。


c0049950_1582015.jpg

今度は椿と一緒に。


c0049950_1591611.jpg

派手さはないけれど、どこか趣きのあるこの赤山禅院、
この間の永観堂や南禅寺のように、さほど人が多くなくて、穴場かもしれませんね。


で、さっき書いた「後悔」というのは、、、

調べている時にわかったことがあるんですよ。

延暦寺は平安京・京都御所の鬼門の方角(東北)にあり、
鬼門除けとして建てられたお寺だそうですが、
この赤山禅院も鬼門除けとして、拝殿には「皇城表鬼門」と書かれていて、
屋根の上に、御幣と鈴を持ったお猿さんがいるらしい。。。

えぇぇぇ~~~? お猿さん?!
そんなん、気づかへんかったし!

近いんやし、いつか行って、確かめようと思います。


ここでちょっと、調べたことを紹介。。。

まず、創建された始まりについてですが。

天台宗の歴史において、大きな役割を果たした祖師のひとり、慈覚大師円仁が、
遣唐使団とともに入唐し、困難な留学を終え、その帰路の途中、
登州(現在の山東省)の赤山という地で下船し、
赤山の山中にある赤山法華院に滞留したそうです。
そこで、赤山の神々に五台山巡礼を願い、
成就すれば日本に赤山禅院を建てることを誓ったそうなのですが、
その願いを果たせず、
病床で、弟子である安慧たちに遺言の中で命じたらしいです。

この慈覚大師円仁が、唐からの帰りに嵐で船が転覆しそうになった時、
赤山明神に助けられたので、赤山明神をお祀りしているらしですよ。


また、この赤山禅院は、
天台宗比叡山延暦寺の千日回峰(せんにちかいほう)という荒行に、
深く関わりがあるらしいです。
「千日回峰」というのは、7年かけて、比叡山の峰々を廻って礼拝する修行で、
比叡山から赤山禅院の赤山大明神に花を供えに下り、ふたたび比叡山へと上るということで、
「赤山苦行」の場となるわけです。


なぁんか、毎度毎度のことですが、
調べれば調べるほど、奥が深いことに気づきますが、
まだまだ調べ足らないので、
詳しくお知りになりたい方は、
こちらをご覧くださいね。



今年は、近場ながらも、何箇所か紅葉を楽しむことができました。
来年は、もう少し足を伸ばしてみよっかなぁ。
そういえば、東福寺の紅葉って、見たことない。
(というより、東福寺自体、行ったことがない!)
来年こそ、すっごい人出を覚悟で、行ってみよっかなぁ?


この冬、次に風景をここに載せるとしたら、
雪景色かなぁ・・・?




c0049950_15454091.jpg

「おかっしゃん。ワタシに何度か会いに来てくれはったむっちゃんとchikaちゃんとこのシロちゃん、
もうこの間から会ってるワン。
なかなか大人しい子やワン。
ワタシがここに来てから、次から次と、
おかっしゃんのこと知ってる子がやって来るワン。
ワタシは今まで見たことないのに、みんなおかっしゃんのこと知ってるし、
安心して遊んでるワン。
でも、あんまりしつこぅ寄ってくる子には、
ワタシ、歯をむき出して怒ってやってるワン。
そんな感じで、元気にしてるし、安心してワン。」

サイちゃん。。。
あんた、やっぱり向こうでも、歯むき出して怒ってるんかいなぁ~~。
あんまり怒りっぽかったら、嫌われるでぇ~。
でも、たくさんの友達と過ごしてるなら、
おかあさんも安心やわ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2010-12-12 23:35 | 風景 | Comments(12)

お知らせ


   ~本館を、久しぶりに更新しました!~




実際に更新したのは、10月だったのですが、
しばらくこのお知らせを、ブログの最新記事として、一番上に上げていました。
でも、もうそろそろ、ここに置いておこうと思います。


恐らく、本館の更新は、これが最後になるかと。。。

(ひょひょっとしたら、「京都の風景」をupすることが、かなり低い確率であるかもですが。)




このブログで、サイが眠った直後のことを、

必死で書いていたのですが、

いざ本館に残すとなると、なかなか気がすすみませんでした。

「これが最後なのか、、、」という気持ちが先に立ってしまって。。。


ページの中にも書きましたが、

「2009年」の方は、途中まで、サイが衰えながらも頑張っている時に書いたものです。

なので、文章がちょっとちぐはぐですが、

どのあたりから、サイが眠ったあとに書いたものなのか、

ちょっと考えたりしながら、

読んでくださればありがたいです。


c0049950_1573972.jpg



このページから、upしたところへ飛んで、サイの16歳の誕生日にアップしたページを、どうぞご覧になってくださいね。
[PR]

by sai-n.1020 | 2010-12-02 22:57 | サイ

またまた「見て」楽しむ

c0049950_14254756.jpg


いきなり、こんな上から写した平安神宮の鳥居をお見せしましたが、
これ、どこから撮ったのでしょう?

これから書く日記で、すぐにわかると思います。


先週の土曜日に、こむわんこさんと、
「上村松園展」を見に行ってきました。

私、自慢じゃないけど、
絵画に関して、めっちゃ造詣が浅いんですよ。
そんな私でも、「上村松園」というお方の名前は、聞いたことがあります。

この絵画展、
和服で行けば、ちょっとした特典があるんです。
私も、ひとりでチャチャッと着れるといいのですが、無理、、、
その点、こむわんこさんは、OK~~♪
なので、ちゃんと着てきはりましたよ。

国立近代美術館へ行くのに、この時期、バスは絶対時間がかかるので、
やっぱり自転車で向かいました。
遅れたけど。。。(ごめん! こむわんこさん!)

c0049950_14352038.jpg

これが入場券ですが、
入った時と、コレクション・ギャラリーへ見に入った時に、
上の部分と下の部分を切り離されたので、
残ったのは、これだけです。


えっと、、、
もちろん、美術館の中は撮影禁止なので、
私の「見た感想」が問われるわけですが、
最初に書いたように、絵に関しては全くわからない私。。。
でも、感じたのは、
まず、「色」がとても美しいということ。
渋い色なのに、柄や着物の「はらり」とした動きでもって、
艶やかな華やかさを醸し出していました。

そして、髪や目元、口元、襟足、手首、指、足、、、、
その隅々まで、
見事に女性の色っぽさが描かれてるなぁってこと。

そして驚くのは、
10代の若い頃から、逝去する74歳まで、描き続けたということ。
あの色っぽさを、10代で、なんで出せるんやろ~?
亡くなった年まで描き続けた情熱、なんてすごいんやろ~。


ため息つきながら見て回り、
そのあと4階にある、コレクション・ギャラリーへ向かいました。

その入り口の窓で撮ったのが、
最初に載せた写真です。
まさに紅葉狩りにふさわしい晴天だったので、
思わずカメラを向けました。


すべて見終わって、外に出て記念撮影~。

c0049950_15111741.jpg


c0049950_15114176.jpg


ね?ね?
こむわんこさん、素敵に着こなしておられるでしょう?


この「焔」(ほのお)は、
源氏物語の六条御息所の生霊を描いたものだそうです。
葵の上を悩ませた、女の恐ろしさ、情念の深さが、
こういう淡い色合いにも関わらず、にじみ出てくるのがすごいです。



このあと、たまたま通りがかったお店で、遅いお昼ご飯を食べ、
「せっかくこんないいお天気に、ここまで来たんやしぃ~。」と、
最寄りで紅葉を楽しめる、南禅寺へ向かいました。
人がいっぱいだということを覚悟で。。。

そしたら、案の定、すっごい人、人、人、、、、
団体さんもおられました。

c0049950_2054295.jpg


といっても、そのたくさんの人を写してないけど。

c0049950_1921081.jpg


c0049950_19213888.jpg



こむわんこさんは、私よりもずっとカメラを使いこなしておられ、
和服であろうが、この構え方で激写!

c0049950_1922584.jpg


c0049950_19232158.jpg



すみません。
私、この時、カメラの設定を全然考えずに撮っていたので、
ひどい暗さで写っています。

それに対してこむわんこさんは、私が撮っているところを、綺麗に撮ってくださっていました。
c0049950_21324829.jpg



去年撮った水路閣の方へは、今回は行きませんでした。
なぜなら。。。

c0049950_2239279.jpg


まさか、こむわんこさん、着物の裾を捲り上げてまたぐわけには、いかんもんねぇ。

なので、ここで、紅葉をバックに撮ったのですが。。。

c0049950_21335259.jpg

うぅ~~~っ。ごめんなさい。こむわんこさん。
せっかくのシテュエーションなのに、
やっぱり暗いまま撮ってました。
(すべて明るく編集したけど、限度があります。。。汗)

お詫びに、人力車と撮ったのも載せさせてね。

c0049950_2263227.jpg



このあと向かったのが、
すぐそばにあった、「大安苑」の2階にある「杏こ庵」というカフェ。

こむわんこさんが、どなたかのブログで見られたことがあるそうで、
南禅寺に入る前に、「あ~、これこれ!」と見つけられ、
「あとで入ろう!」って決めてたんです。

c0049950_22113124.jpg


ここに、こんなお店があるなんて、ちっとも知りませんでした。

中に入って、ちょっとの間、「待ち合い」で過ごしたあと、
2階へ上がり、部屋に入ると、
ほぉ~~、なかなかええ感じです。

c0049950_18285544.jpg

席に座って、すぐカメラを構えるこむわんこさん。
なぜなら、この窓の外には、、、

c0049950_1830513.jpg


このような美しい紅葉が広がっているのですから!

木々を上から見るというのも、なかなか経験できないことかも。。。


c0049950_18321475.jpg


お部屋の中も、ちょっと撮らせてもらいました。
こむわんこさんの後姿とともに。。。

しばらくしたら、注文した飲み物が来ましたよ~。

c0049950_18341476.jpg


私は「ゆず茶」を頼みました。
プチ菓子が付いてます。


美しい絵画を見て、紅葉を見て、
そして思いがけずこんな素敵なカフェで寛ぎ、
なんて有意義な、土曜の午後を過ごしているんやろうって思ってたのですが、
ここで、もうひとつ、すごく「いいもの」を拝見いたしました~。

これです!

c0049950_18372176.jpg


ハンカチじゃないですよ~(笑)
こむわんこさんの、長襦袢の袖の柄が、
こんな可愛い柴わんこなんですよ。

「実はねぇ。。。」って言って、見せてくれはったんですぅ。

普段から、手作り市や、様々なお店で、
わんこグッズを、うまぁ~く見つけて、購入されるこむわんこさん。
うまいこと、こんな素敵な生地の襦袢を、見つけはったもんやわぁ~。
こむわんこさんのお家には、
いったい、どんだけ~の、柴わんこグッズが揃ってるんやろねぇ。


色んなことに話が盛り上がってたけれど、
気がつくと、辺りは薄暗くなり、
(日が暮れるのが早いっ!)
お店の方が言っておられたように、お庭がライトアップされました。


c0049950_18414533.jpg


窓から、下に向かってライトアップされた紅葉を撮るなんてこと、
初めての経験でした。


もうそろそろ、帰る時間になってきました。
下へ下りて、お庭をもう一度撮影~。

c0049950_18445756.jpg



1階でいただくようなお料理は、、、、無縁かな?(苦笑)


こむわんこさんは、ここから地下鉄に乗って、帰られます。
こんな素敵な土曜日を過ごせて、
すっごく嬉しかったです。
本当にありがとう~~。


で、、、私は自転車に乗り、北へ向かったのですが、
相変わらず、辺りは人、人、人、、、、
それもそのはず、ここからすぐのところにある永観堂のライトアップへ行かれる人で、
ごった返しているんですよ。

人だけじゃないです。
団体さんを乗せたバスも!
狭い道を、大きな顔して(笑)通ります。


この日の前日の「報道ステーション」で、
古館伊知郎さんとか、あの番組の出演者みなさんが、
この永観堂の紅葉を、満喫されていたことを思い出しました。


「ちょっと見てみよっかなぁ。」と、
門をくぐって入ってみると、
そこは、昼間とは違った幽玄の世界。。。
と言いたいところですが、人がいっぱいで、雑踏と化してしまってました。
拝観料を払って、中へ入れば、
もっとそういう世界を満喫できたかもしれません。


c0049950_18501077.jpg


c0049950_18504032.jpg



息子たちが、ここの幼稚園に通っていた頃は、
子育てが大変で、
この時期紅葉を堪能するという心の余裕がなかったなぁ。
ちょうど園の行事がこの頃にあって、
しっかり見ていたはず。
なのに、あまり記憶にないって。。。
第一、写真を撮ろうともしなかったし。

あの頃に比べて、格別気持ちの余裕があるわけではないけれど、
やっぱりこれは、年齢のせいかなぁ。
季節の移り変わりって、
若い頃は、あまり深く感じようとしないのかも。
それとも、私自身、「冷めた」考え方してたのかなぁ?



こむわんこさんにしても、
他のわん友さんにしても、
カメラの「正しい使い方」でもって、ちゃ~~んと写されるのに比べ、
私は、何の知識もないまま、
おっさん主人のカメラを持ち、
ただパチパチ撮っただけで、、、(恥)
「うまいこと、写せへんかったわぁ~。」
とブツブツ言うてる私に、主人は、
いつものごとく、でも、「確かに言うとおり。。。」と思えるようなことを、
バッサリ言ってのけたのは、言うまでもありません。




ところで、私よりも早く、この日のことを日記に書かれたこむわんこさん。
その時点で私は、
ほんの最初だけ書いて、保存していたのですが、
見に行ってびっくり!

書き始めの写真が、同じ~~~!

変えようかなぁって思ったけれど、
同じ考え方で、写真を選んだことが面白いので、
結局変えませんでした。

なので、パクッたわけではありませんから~。



さてさて、いつのまにか12月になり、
あっという間に、今年も残すところ、あとわずかになってしまいました。

悪い風邪とか、流行り出しているし、
皆さん、体調をくずさずに、
この気忙しい年末を、せめて気持ちだけでもゆったりとお過ごしください。


c0049950_19592396.jpg
                            (2009年12月2日撮影)

去年の今頃、注文したサークルが届いて、
その中で、サイちゃんは、ゆったりまったりと過ごしてたなぁって、
そんなことを思い出しています。



c0049950_200656.jpg
                              (2009年11月30日撮影)

「おかっしゃん。去年の今頃、ワタシを抱っこしてくれはったこむわんこさんと、
紅葉やら見てきたんかワン?
そういえば、ワタシがまだ元気やった頃に、『まんしゅいん』ってところまで、
歩かされたおぼえがあるワン。
人がいっぱいやったん、思い出すワン。」

サイちゃん。
そやねん。こむわんこさんが来はって、あんたのこと抱っこしてくれはったのが、
ちょうど去年の今頃やわ。
このサークル、1年も2年も使おうと思ってたんやけどなぁ。。。
曼殊院へ、今年はリリィーちゃん連れて行こかと思ったんやけど、
やめた。。。(笑)
この日の翌日に、曼殊院よりももうちょっと向こうまで、
ひとりで紅葉見に行ってきたんやで。
きょうの日記は、ここまでですでにめっちゃ長いし、
また次回に書くことにするわ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2010-12-02 22:56 | 風景 | Comments(12)