<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ちょっくら…

c0049950_105816100.jpg

携帯から失礼します(^O^)/

次男のところへ向かっています。4年間の大学生活を終え明け渡すマンションの片付けと荷造り、頑張って来ます!ちょっと事情があって、予定より早くに向かいます。


こうして新幹線に乗って初めて向かったのが、2005年12月でした。次男と二人で、不動産屋さん巡りをしたのが、ついこの間のことのようです。

年が明けて春になり、荷物を入れに行くだけにとどまらず、ちゃっかり東京マダム達と楽しいひと時を過ごせたのは、紛れも無くサイが取り持つ縁のお蔭でした。

その年の晩秋に、原付に乗っていた次男が転倒し、慌てて夜行バスで向かったことも、今ではひとつの思い出。数日居て、帰ってきて一ヶ月後に母との別れがありました。

それからは、父の介護があったりで、次男のところへは全く行かないまま2年経った2008年、父が母のもとへ行き…。


そして…「オレが向こうに行ってる間に、サイちゃん死なんといてや!」と入学当初言った次男に、「そんなことあるはずないやろ!」 と言ってたのに、現実になってしまいました。


今こんな風に、この4年間のことを思いながら、窓から景色を眺めています。サイの姿が常にチラチラ現れます。


土曜日に帰ります。今回はこの間みたいなことはないだろうし、予定通り帰れるはずです。でも、帰宅しても、またまた用事がテンコ盛りです。しばらくブログ更新は無理かもしれません。


よくよく考えたら、サイが逝ったあとも、なんとか途絶えることなく書き続けてこれました。それは、皆さんの温かいコメントがあったからこそです。そして、サイが見守ってくれて、リリィーちゃんが戻ってきたからです。でも、ちょっくらこのあたりで、しばらく休もうかなぁって思っています。


と言いつつ、リリィーちゃんとの桜の下での散歩も報告したいし、できるだけ早く戻ってきたいと思います。


それでは皆様、ゆっくりお花見を楽しんでくださいね。でもこの悪天候…(>_<)満開はまだ先?今年の桜は綺麗かなぁ?

では、行ってきます!\^o^/
[PR]

by sai-n.1020 | 2010-03-24 10:58 | Comments(16)

何度でも・・・サイを想う

ちょっと間が空いてしまいました。

何かと次から次とありまして~~。

天候がずっと不安定でしたが、
きょうは「待ってました!」って感じの晴天の1日でした。
でも、花粉症の症状も、それと共にやってきました。
今のところ、まだ軽いけれど、
これ以上ひどくなったら困るなぁ。


困るといえば、最近、無性~~~~に、サイに会いたくなるんです。
亡くなったことを認めようとしているはずが、
「なんでサイちゃん、いいひんの?」と思ったり、
「あの時、AED使ったら、蘇生できたんとちゃうやろか?」ってバカなこと考えたり、、、
ちょっと私、変ですね。
まるで、山火事の火が完全に消えたと思いきや、
くすぶっていた木の葉の下の残り火が周りに燃え移り、
次第に炎の勢いがまた増してくるかのごとく、
私の、どうしようもなく寂しい気持ちが、再びじわじわと湧いてきたような気がします。

あ、、、ちょっとこういう湿っぽい話題はあとからにして、
きょうはまず、お笑い系のリリィーちゃんのことから書きます。


先月次男が帰って来ていた時、
重いにもかかわらず、時々抱っこして2階に連れて上がってきてました。
そして、ウインナーとか、ちょっとしたおやつをやっていたんです。

その味をしめたのか・・・?

次男が向こうへ行ったあと、勝手に2階へ上がってくるようになったんです!

それまでは、自分から階段を上がろうとしなかったので、
何かガードを置くなんてこと、考えなかったのですが、
「上に行けば、美味しいものがあるんやわ。」っていう一心で、
決して軽やかではないけれど、一生懸命上がってくるんです。

自由に上がらせると、その辺のものを食べそうなのと、
先月、自分から階段を下りた時、下から3段目ぐらいから、足を踏み外したのか、落ちたことがあり、危険なのと、それと、、、

サイには、そういう自由を与えてなかったから、
サイに申し訳ないという思いがあるので、
何とか上に上がるのを阻止しようと。。。

ということで、サイの介護用サークルの中に敷いていた、保温用のマットを階段の下に立てたのですが、、、

それは、硬い素材ではないので、平気で乗り越えて、上がってきたんです!
これにはビックリ!

そこで、、、、

今度は、またまたサイに使っていた、クールボード!
これは硬いので、くにゃ~~と曲がったりしません。
さすがのリリィーちゃんも、諦めの境地に立たされて。。。

c0049950_2340574.jpg


リリィーちゃん、ごめんなぁ。
あんたのお母さんが見張ってるし、我慢してや。


そのリリィーちゃん、実はずっと鼻炎に悩まされ、
2月に出戻ってきて以来、1週間から10日に1度は、病院へ連れて行ってます。
薬を飲ませていますが、あまり良くならない。。。
なんでやろ~~?
でも、嬉しいことに、体重が順調に減ってまして、
この間測ってもらったら、
おぉ~~~! 15.7キロ!
夢の15キロ台に突入です!
でも、「もう、これぐらいかなぁ。」と先生。
あまり急に減らすのも、、、とおっしゃってました。

私は、一気に13キロ台まで落としたいんやけど。。。

ところで病院でのリリィーちゃんですが、
サイとは違い、めっちゃ大人しいんです。
私が抱っこして(重いっ!)診察台に上げても、
先生が聴診器を当てられても、
ぜ~~んぜん平気!
この点では、すごく助かっています。

c0049950_143587.jpg

「アタシは自分の重さ、これぐらいでええねん。」って言いたそうなリリィーちゃん。



さて、、、サイの話に戻ります。


この間の、なおなお母さんからに引き続いて、
49日にと、ma-saちゃんと、かなぽんさんから、
すごぉ~~く綺麗なお花をいただきました。

ma-saちゃん、亡くなった日にもお花持って来てくれたのに、またまたほんまにありがとう。
そしてかなぽんさん、お忙しいのに、お心遣いを本当にありがとう。

前にたくさんのお友達からいただいていたお花達が、
随分長いこと頑張っていてくれたのですが、
さすがにどんどんその役目を終えてしまい、
サイの祭壇がちょっと寂しくなったなぁって思っていたところだったので、
本当にありがたいです。

サイちゃん、、、あんた、どんだけ徳があるんや?

c0049950_2354597.jpg


この写真の下に並べた2枚は、ma-saちゃんと、かなぽんさんからのお花の一部をでっかく撮ったものです。
両方とも、本当の色は、もっともっと美しくて、
最後まで、最期まで、、、綺麗だったサイにぴったりなんです。(まだまだ飼い主バカが続いてます。)

そして、なおなお母さんが送ってくださっていたお花の中の蕾が、開きました。
c0049950_23592428.jpg


サイの名前に因んで、百合の花を入れてくださるように頼んでくださっていたらしいんです。
届いた時には蕾だったのが、こんなに立派に開いたんです。

ちょうどその頃、なおなお母さんが、お手紙と、
それと、、、、
こんな写真を3枚送ってきてくださいました。

c0049950_02871.jpg


去年の11月に来られた時、撮ってくださったのをプリントしてくださったものです。
封を開けて、これが目に入った途端、、、
一気に涙が溢れ出しました。


きょうの日記の最初に書いたように、
無性にサイに会いたくなっている私にとって、この写真は、
本当に、本当に、ありがたかったんです!

c0049950_06266.jpg
カートを押している私の顔、
自分で言うのも何ですが、
実に「いい表情」をしているんですよ。
こうやって、カートに乗せて、桜を見せてやりたかった、、、
冨にこの頃そう思うので、この写真は私の涙腺を激しく刺激しました。
(なおなお母さん、罪な人やわぁ・・・。)

それから、巻紙状になったお手紙に書かれていた内容が、
またまた心打つものだったんです。

すべてをここに載せるわけにはいきませんが、
なおなお母さんに了承も得ず、この部分だけ、紹介させていただきたいと思います。
(ごめんなさいっ! なおなお母さん!)


「サイママさんがサイちゃんに接されている言葉の響きや それに対するサイちゃんの反応は
愛想をむやみにふりまかないけれど 心の底から信頼し切っている飼い主と飼い犬のほのぼのとした気持ちの交流を感じたものです」



何度も書いているように、サイはクールな犬でした。
飼い主に全く忠実でなく、私が帰宅しても、飛び跳ねて喜ぶなんてこと、子犬の時以外は、したことがなかったです。

でも、私とサイの心が、そんな風に通じ合っているように、なおなお母さんの目には映っていたのかと思うと、今まで以上に、サイのことが愛しくなってきました。


c0049950_1562158.jpg

昨年11月23日、なおなお母さんがサイに会いにやって来てくださった時、
一緒にカフェへ行き、なおなお母さんの足の間から、顔を出しているサイです。
あぁ~、こっちからサイの顔を撫で撫でしたいっ!


そういえば、なおなお母さんが来られた1か月以上前に、
柴母の会ご一行様が来られた時のことを思い出します。

皆さんが我が家に寄ってくださったところへ、お仕事を終えられたbeさんが来られるので、駅まで向かえに私が出ていた時のことです。
あとで、皆さんに聞いたところ、、、、
出かけようとする私を、サイがずっと目で追い、
自分が残されていることを、不安そうにしていたらしいんです。


サイちゃんって、、、そんなに私のこと慕ってくれてたん?
もしあんたがここにいたら、めっちゃ本心を聞いてみたい!

なおなお母さんにも、柴母の会ご一行様にも、
私とサイの絆の深さを認められた気がして、
改めて、サイのこと、「大好き!」って、今心から思うんです。


そんなことばっかり考えていると、
そういう気持ちに当てはまる色々な歌が思い浮かび、口ずさんだりします。

普段聴いているB’zの楽曲にも、今の私の気持ちに合うものがいっぱいありますが、
ドリカムなんですけれど、最近、自然と口から出てくる歌があります。

「何度でも」という曲です。

歌詞の中のほんの一部を紹介します。


   何度でも何度でも何度でも立ち上がり呼ぶよ
   きみの名前声が涸れるまで
   悔しくて苦しくてがんばっても
   どうしようもない時もきみを思い出すよ



今の私の気持ちに、ぴったりです。

歌詞全体をご覧になりたい方は、こちらをどうぞ。。。



で、、、早速楽譜を入手しました。

c0049950_0211157.jpg

去年こうして楽譜を紹介した、ラフマニノフの「ヴォカリーズ」は、ネットでダウンロードしましたが、これは、コンビニで購入しました。(そういうこともできるんですよ♪)

久しくピアノから遠ざかっていた私にでも、比較的弾きやすい楽譜だったので、
ちょっぴり速度などをアレンジして弾いてみたので、
よろしければ、聴いてもらえますか~♪

途中から始めて、最後までの一部だけ弾いています。




またまたオソマツさまでした。
もっと弾きこなせていればいいのですが。。。

私が弾くピアノを、サイが黙って聴いてくれてる時がありました。
これも、聴いてくれているかなぁ。。。


「サイちゃんに会いたいっ!」って泣き叫んでいると、
「下にでっかいオンナがいるやろっ!」と主人が言います。

確かに、でっかい子がいます。
リリィーちゃんの後ろに、サイを見ようとするのですが、
やっぱりサイちゃんはサイちゃん。リリィーちゃんはリリィーちゃん。
それぞれの個性を認め、リリィーちゃんにサイを求めてはいけないと、
最近思うようになりました。

サイに、いっぱい愛情を注いだように、
リリィーちゃんにも、決してサイを求めようとせず、
リリィーちゃんへの愛情をしっかり注いでやりたい。。。
そう思いながら、最近リリィーちゃんを撫でたり抱きしめたりすると、
すごく穏やかな表情をして、私に身体を委ねてくるようになってきました。
「ここがアタシの住み家。。。」って思うようになってきたんやろか?
それとも、「この人が、アタシの給仕係♪」って思ってるだけ?(笑)



c0049950_1595725.jpg

祭壇のみならず、棚の周辺もサイちゃんコーナーに。。。
サイちゃん、あんたのことを、ずぅ~~~~っと想い、
何度でも呼びかけながら、
リリィーちゃんを大事にしていくから、
いつもそばで見守っててやぁ~~。


c0049950_3203288.jpg

(なおなお母さんが送ってくださった写真を、そのまま撮ったものです。)

「おかっしゃん。いつまでもワタシのこと思ってくれるのは嬉しいけれど、
そのでっかい子を大事にしてくれることが、ワタシも嬉しいんやから、
いっぱい可愛がってやってワン。」

サイちゃん。わかった。。。
桜が咲いて、リリィーちゃんと見ながら歩いていたら、また泣いてしまうかもしれんけれど、
あんたもそばで一緒に見てくれてると思って歩くし、
春の散歩、サイちゃんも楽しんでや~♪



   ※ これからしばらく、ちょっと忙しくなります。
      更新が滞るかもしれませんが、申し訳ありません。

サイちゃん、こんなん来たで。
[PR]

by sai-n.1020 | 2010-03-14 21:39 | サイ | Comments(19)

親子と言えどもこの違い

いつの間にか、3月になりました。
梅や桜の季節を迎え、
去年は翔くんと御所へ行った時、梅を見たなぁとか、
今年も桜を見せたかったなぁとか、(←こればっかり)
ちょっと物思いにふけったりしています。


実家のマリちゃんを、いつもの散歩道で歩かそうとしたら、、、、

c0049950_13175779.jpg
やってます! やってます! 
ドラマのロケ!

片平なぎささん、山村紅葉さん、東てる美さん(だと思う)のお3人さんでした。
ということは、赤い霊柩車シリーズ?
セリフも、しっかり聞こえていました。
片平なぎささんと、ほんの一瞬目が合ったような・・・?
テレビで見るように、おめめパッチリ、すごく綺麗な方でした。

あと1ヶ月足らずで、ここは桜満開になり、
すごい人出となります。
今年はここの桜を見ながら、サイをカートに乗せて歩いて、いっぱい写真を撮ろうって、本気で思ってたんやけれど。。。
(来年は無理かなぁって思ってたし。来年どころか、今年も、、、、涙)



「いつの間にか」と言えば、バンクーバーオリンピックが終わったんですねぇ。
先月末には、フィギュアスケートで、すごく盛り上がりました。
選手の皆さんには、ただただ、「お疲れ様!」って声をかけたくなります。

そんな先月末に、私はちょっと出かけていたのですが。。。

c0049950_1350409.jpg

行く途中通った浜名湖。
この時は晴天でしたが、そのあと曇っていってしまいました。
まるで、翌日帰る時に、すごいことが待っているのを予測していたように。。。

決して、遊びに行ったのではありません。
今月末にマンションを明け渡す次男が、先月帰省していて、
向こうへ送りがてら、主人と少し片付けに行ったのです。
(その散らかり様に関しては、省略!)
28日、帰りは行きとは違いきっと混むだろうと、昼過ぎにマンションを出ました。
高速に入ってしばらくして、悲劇は始まりました。

「富士-清水 高波通行止」という表示が。。。

え・・・?
確かに、津波警報、注意報が出てたけれど、
ま、まさか! 高速道路が通行止めに?

通行止めになるところのちょっと手前のSAに入ろうとする車が列を成して並んでいるのを横目で見ながら、半信半疑で(←疑ってどうするんや?)そのまま進むうちの車。

でも、とうとう「通行止め」のつい立てと、それを促す人が現れ、
「あぁ、やっぱり~~。」って。

c0049950_13514597.jpg


一般道におりたものの、もちろん混んでいます。

さぁさぁ、、、そこから私達二人の、なが~~く果てしない帰路が続きました。


ちぃ~~っとも動かない道。
もう開き直るしかありません。


そして、再び高速に乗れたのが、日付が変わって1時半。

それからは、「渋滞」と表示が出ても大したことはなく、
次第に順調に走ることができました。


やっとあともう少し、、、というところまで来て、
滋賀県に入ってから、トンネルを抜ける度に、少しずつ白んでくるのを見て、
「あ、、、朝やん。」って私達。

c0049950_1339211.jpg

霧が幻想的で、素敵でした、、、
なぁんて悠長なことは決して言えるような心境ではなかったけれど。。。


マンションを出たのが、28日昼の3時前。
自宅に着いたのが、、、、
何時だと思われます?

なぁんと、、、、

翌日の3月1日、朝の7時前。
途中、もちろん休憩を入れましたが、17時間かかったことになります。
ちなみに行きは、5時間ちょっと。


でも、事故に遭ったことを思えばねぇ~。


途方に暮れた私が、暇をもてあまし、静岡におられるお友達に「そばを通ってまっせ~。」という内容のメールをしたら、、励ましのメールや電話をくださって、すごくありがたかった~~。
すもも母さん、なるなるちゃん、ふじっこママさん、
本当にお騒がせしました。
心配してくださって、どうもありがとう!
あ、すもも母さんには、行く途中にも、あんなメールを送ってごめんね。

もうおひとり、アドレスを知っていたらメールをしていたであろうお友達がおられます。
(「私?」って思っておられるかな? そうですよ。mさん・・・笑)


サイのこと以外で日記を書き始めるのがすごく久しぶりでしたが、
一生のうち、めったに経験できないことだったので、
つい長々と書いてしまいました。

申し訳ありません!


さてさて、気を取り直して~。


きょうは、サイとリリィ-ちゃんの主な違いを、書いてみようと思います。

まずひとつめ。。。
それは、もちろん「大きさ」です。
これは言うまでもありません。


2008年5月に、サイは手術をしました。
抜糸も済み、エリザベスも取ったあと、
久しぶりにリリィーちゃんと並んで川原で撮った写真を、当時の日記に載せました。
もう1度見てもらっていいですか~?

c0049950_1658351.jpg

この時は、サイが手術直後ということで、かなり痩せていましたが、
それにしてもこの大きさの違い!
リリィーちゃん、笑ってたり、得意気な顔してるし。。。

リリィーちゃんは、現在16.3キロ。(2月初めに病院へ連れて行ったとき量ってもらいました。)
でも、重い時には21キロあったらしく、
去年の6月に、19.4キロ、10月には16.9キロ、、、、と順調に減っていることになります。
目指せ! 13キロ!


次に性格。
サイは、普段大人しいですが、
警戒心が強いせいか、何か束縛されたり、自分の気に入らないことをされると、
すごく反抗し、噛み付くという、気のきついところがありました。
何度、噛まれたことか。。。
でもリリィーちゃんは、ほとんど「されるがまま」という、穏やかな性格です。
顔を拭いたりするのを嫌がりはしますが、噛み付こうとはしません。
一応抱っこもOKですが、重くて、こっちが大変です。
実に、「ぬぼ~~」「のほほ~~ん」「まったり~」としております。
でもこのリリィーちゃんの性格、
以前に比べて、微妙に変化しているようです。
それに関しては、また改めて。。。


そしてこれは、二匹の違いというか、
我が家での過ごさせ方の違い・・・・かな?

サイは、ほとんどが外飼いでした。
ガレージに車を置いている間は、玄関犬で、
時々「夜だけ室内犬」として過ごしていました。
そして、眠る2ヶ月ほど前からは、ご存知のとおり、完全室内犬となりました。(もっと部屋に置いてやりたかった。。。)
ただし、介護用サークルに入れるまでは、リードで繋いでいました。

それに対してリリィーちゃんは、全く繋いでません。
本当は繋ぎたいのですが、
元の飼い主さんが、全く繋いでおられらなかったし、
9ヶ月預かってくださっていたおばあちゃんも、繋いでおられませんでした。
なのに、我が家に来て急に繋ぐと、ストレスが溜まるのでは、と思い、ノーリードで過ごさせています。
その過ごしている場所ですが、、、、
サイとは違い、土間じゃなく玄関マットの上です。
この時点で、サイよりも待遇が上~~。
サイ子が怒ってなければいいけれど。。。

c0049950_16164254.jpg

ちなみに、後ろに写っている黄色いマット、
リリィーちゃんのために購入しました。
リリィーちゃんが我が家に出戻ってすぐに見に来てくれたma-saちゃんのアドバイスです。
これで滑らないし、床に傷も付きません。

狭いスペースですが、玄関からお風呂場までの間を、自由に歩けるということになります。
サイ子が、ますます羨ましがるかも。。。

c0049950_2247337.jpg

                  (2009年 11月14日 玄関にて)

「ふんっ。どうせワタシは、土間で過ごしていたワン。」
って、ちょっと怒ってるようなサイです。
でも、美しいわぁ。この横顔~。


あと、何が違うかというと、
前回の日記に書いたように、やっぱり食事ですね。
サイは、基本的に大食家ではありませんでした。
与えたフードを残さず食べることの方が少なかったほどです。
でも、リリィーちゃんは、、、、しっかり完食してくれます(笑)
要するに、食い意地がかなり張っているんです。
サイ子は、あまり食べることに執着せえへんかったけどなぁ。

c0049950_22494610.jpg

          (これも同じく、11月14日 色んな意味で貴重な写真です。)

こんな風に自分からすすんで食べているサイが、
すごく懐かしく、愛しく、たまらない気持ちになります。


そうそう、リリィーちゃんの「おからとキャベツをフードに混ぜる習慣」は、しっかり続けております!


こうして、2匹の違いを考えていると、
元気な頃、飼い主に忠実でなく反抗的だったのがサイの特徴だったのが、晩年どんどん気弱になっていったし、
リリィーちゃんは、一体どんなお年寄り(今でもおばあちゃんやけれど)になっていくんやろう、って思ってしまいます。


まだ気づいていない違いや、これから発見していく違いがあるかもしれません。
そんな違いについては、また追々書いていこうと思っています。



c0049950_23132411.jpg

         (2009年 12月31日  主人に抱っこされてます。)

「おかっしゃん。ワタシも最後の方では、抱っこされるのが、そんなにイヤでなくなってたワン。
そやから、ほんまの最後には、おかっしゃんに抱っこしてもろて、ホッとしたんやワン。
あのでっかい子は、ワタシに比べたら扱いやすいかもしれんけれど、
重すぎて抱っこはしんどいと思うし、
やっぱり少しずつでも痩せさせた方がいいワン。
それにしても、相変わらずおかっしゃんの日記は長すぎるワン。」

サイちゃん、今でも無性にあんたを抱っこしたくなるねん。
あの柔らかい感覚、しっかり覚えてる。。。
あの日は、車の中から「サイちゃ~ん。無事に帰れるように見守ってや~。」って叫んでたんやで。
そうそう、あの2日間は、リリィーちゃんを再びおばあちゃんちで預かってもろててん。
そやから、安心してやぁ。
それとなぁ、サイちゃん。
あんたに去年の秋に会いに来てくれはった、なおなお母さんから、
きょう、綺麗なお花が届いたで!
なおなお母さんご自身、色々大変な時やのに、気を遣ってくれはったみたい。
さくらちゃんがそっちにいてはるし、頑張って探して、あんたからもお礼を言うといてやぁ。

リコール
[PR]

by sai-n.1020 | 2010-03-03 22:02 | Comments(24)