<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

寂しい年末だけど、新年に向かって、、、

皆様、先日の日記に、あたたかい励ましのコメントをどうもありがとうございました。
年末のお忙しい時期というのに、あんなに書いてくださって、
すごく嬉しかったです。

あの日記に書いたことに限らず、
今年も何かと皆様には元気づけられてきました。
心から感謝しています。

この1年、本当に色々ありました。
日記にはとても書けないことも実はありました。
そして、先日のような、つらい永遠の別れも、
10月,12月と、2度も経験しました。

でも、その一方で楽しいこともいっぱいありました。
なんといっても、ここでたくさんのお友達ができたこと。
その上、今年は、わん友さんと実際に会いまくり~~な1年でした。
別れもあるし、出会いもある、、、
それが人生なんだという想いで年末を過ごしています。

来年がどんな年になるか、
不安でもあり、また希望ももちろんあります。
ひとつでも嬉しいことがあれば、それを心から感謝できる、
そんな一日一日を過ごせる年にしたいです。

皆様、この1年どうもありがとうございました。
こんな私ですが、来年もどうぞ仲良くしてくださいね。

なお、なにぶん、しばらく慌しくしておりますので、
皆様の日記にコメントをなかなか書きに行けませんが、
少し落ち着いたら、またペラペラと喋りにまいりますので、
その時はよろしく!
(あ、、、まだ↓の日記のコメントに返事していない、、、
年が明けてから、ゆっくり書きますので、、、)
それから、年が明けてからの日記も、
まだしばらくは暗いものになるかもしれませんが、
ちょっとずつ、いつもの私の調子の日記に戻せるように頑張るので、
「いつまでもくよくよするな~!」と、渇を入れてくださいね。


では、皆様、よいお年をお迎えください。
c0049950_22314067.jpg
29日の朝、初雪が降ったので、久しぶりにサイを撮りました。


(きょうのブログは、日記というよりも、皆様にごあいさつということにしましたので、
コメント欄をはずしました。)
[PR]

by sai-n.1020 | 2006-12-31 23:25

ただひたすらに、ありがとう。

皆様、素敵なクリスマスをすごされましたか?
私は、ブログを長いこと休んでしまいました。
たくさんの書き込みをしてくださっていて、本当にありがとうございます。
返事を書く前に、久々の日記を書くことをお許しください。




実は、去る19日の昼過ぎに、
最愛なる母が、81歳で永眠いたしました。


こんな個人的なことを、ネットという広い世界の上で書いていいものか、
かなり悩みました。
まして、皆さん、気忙しい中にも新年に向かって、
気持ち新たにと、思っておられる時期なのに、
暗すぎる話題です。
パソコンの存在さえよく知らなかった母ですから、
天国からでも見るなんてこと、しないでしょうけど、
ひょっとしたら、誰かに教えてもらって見るかもしれないので、
母に許してもらって、天国に捧げるつもりで、私の想いをつづっておこうと思います。
かなり暗くて、長い日記になりそうですが、
よろしかったら、しばらくお付き合いください。 


母は、4年前に転倒し足を骨折して1ヶ月半入院して以来、
少しずつ、体の衰えを感じられるようになってきました。
初めのうちは、本当に少しずつでしたが、
約2年近く前ぐらいからは、あまり外出しなくなってしまい、
それとともに、頭の方も次第に働かなくなっていきました。

今年の9月頃までは、手すりなどにつかまりながらも、
家の中をゆっくりではありますが、歩いていました。
それが座ったままになり、
やがて一日中ベッドの上での生活となってしまいました。

そして今月に入り、ついこの間、少し具合が悪くなり、
抵抗力もなくなっていたためか、肺炎にかかってしまったのですが、
入院は絶対にいやだと母の言うことを尊重し、
毎日かかりつけのお医者様が点滴に来てくださっていました。
そして、18日に初めて「とろみアップ」を使って、ジュースなどを口に入れると、
「おいしい。。。」と言っていたので、もっと買うつもりでいたのです。
肺炎も一旦おさまっていたので、このまま元気を取り戻してくれたらと思っていたところ、
19日に再び咳が出るようになりました。
最近は毎日実家へ行ってた私ですが、大抵昼からだったのが、
なぜかこの日は、「朝から行った方がいい。」と誰かに急かされる思いがして、
9時過ぎ頃、チャリに乗り向かいました。
その日着て行ったのが、
かなり前に母が、自分が着なくなって私にくれたカーディガン。
2年ほど着ていなかったのに、なぜか「これを着よう!」とこの日の朝決めたのも、
今思えば何かの知らせだったのかもしれません。

そして実家に着くと、姉が、
「さっき、おかあちゃんが、『○○○~。』って、あんたの名前呼んではったで~。」
と言うので、
「ほんまにぃ? ありがとう、呼んでくれて。」と言って、笑っていました。
そして、しきりに、お布団や毛布が重いと言う母のために、
姉が近所の店に軽い毛布を探しに出かけていきました。
母の部屋で二人きりになって、
「見て~。このカーディガン。前におかあちゃんがくれたやつやでぇ。」
と言って見せたら、
「ふぅ~ん。ええやん。」って、ゆっくりうなづいた母。


そのあと、容態が急変したのです。


その日の2,3日前から、確かに弱ってはいたし、
年を越せるかどうかはなんとも言えないと、その頃になると、先生もおっしゃっていたのです。
でも、母が、、、そんなこと、、、と思いたくなかったし、
まさかこんなに早くこの時がくるとは、、、、

でも、、、、
あまり年末になってしまうと、
ただでさえ忙しい時期に、皆に申し訳なく思い、気遣ったのか、
あるいは、2ヶ月前に逝ってしまった叔父(母の弟)が、
年末年始ひとりで過ごすのが寂しくて呼んだのか、
ちょっと先を急いだようです。

できることなら、まだまだ長生きしてほしかったです。
でも、やせ細った、自分で思い通りに動けない体で、
これからもっともっと寒くなる冬を過ごすのも、
ひょっとしたら、母にはかなりつらかったかもしれません。
、、、、、なんて、勝手な私の思い込みかもしれないけれど。


わけがわからないままに、告別式もすみ、
力が抜けたような、でもまだ気が張ったような、、、、
実家へ行って、「あぁ~~、ここにまだおかあちゃんが座ってはるみたいやん!」とか、
「こういう時は『○△□~!』って言うたはったなぁ。」とか言いながら笑ったり泣いたり、
ちょっとしたことで、すぐ母の顔が思い浮かぶたびに、
じわ~~っと視界がぼやけてきたり、、、、
なんだか異様にテンションの高い毎日を過ごしている気がします。


私を36歳で生んでくれた母。
3人の娘、7人の孫、2人のひ孫に囲まれ、
皆から愛された母。
元気だった頃は、身軽で、
思い立ったらすぐ!という気性で、
70年の万博の時など、急に夕方から私を連れて行ってくれた母。
ピアノが大好きで、
私が出る発表会、開く発表会を楽しみにしていた母。
転倒した時は、「大丈夫やし!」と、骨折しているのにもかかわらず、なかなか病院へ行こうとしなかった母。
子育て、孫育てが一段落してからも、
特に趣味もなく、孫やひ孫の成長が楽しみだった母。
最近になって、私が帰ろうとすると、ベッドの上で、
「もう帰るんか?また来てや。
あんた、自転車やろ? 気つけて帰りや。」
と私を見上げながら言って、手を握りしめてくれた母。

思い出せばきりがない、母との思い出。
若かった頃の母から、
弱ってしまってからの母の色々な姿や言葉が、
映画のワンシーンがどんどん回想されていくように、
頭の中をよぎります。

息子達は、母を最後に見たのが夏休みだったので、
棺の中の母があまりにも細くやつれていたことにショックだったようで、
告別式には号泣していました。
ふたりとも、母には大変可愛がられていて、
まだ小さかった頃には、私がレッスンに出かけて預けていた時、
責任を必要以上に感じて、
必死で面倒をみてくれていました。
そんな頃の生活を、ふたりはよく覚えています。

告別式の初めと終わりには、
母の好きなショパンのピアノ曲を、姪達がCDから選んでくれて、流しました。
おかあちゃん、また弾いて聴かせてあげるし。。。


残されてしまった92歳の父は、
ずっと母のそばに座り、涙を流していました。
二人で出かけるなんてことがなく、
しみじみ会話をしているところも見たことがなかったのに、
あんな父親の姿を見て、初めて夫婦の絆というものを感じました。

私が聞いた母の最後の言葉は、、、、
床ずれを増やさないために横向けに寝かせていた背中をさすっていたら、
「もうええわ~。」と言った、その言葉でした。


おかあちゃん。
私達三姉妹を産んでくれてありがとう。
おかあちゃんが私らを産んでくれたから、
○○ちゃんをはじめとして、孫やひ孫に恵まれたんやで。
小さい頃から、ピアノを習わせてくれてありがとう。
息子達の面倒を見てくれてありがとう。
そしてそして、、、いっぱいほんまにありがとう。



こんな湿っぽい日記を読んでくださって申し訳ありません。
毎日母の様子を見に行き、帰宅して、食事の後片付けをしたあと、
「要らんこと考えんように。。。」とパソコンを開き、
こうして皆さんとネットの中でおしゃべりして、
気持ちが少しでも明るくいられたこと、
改めて感謝いたします。


サイにもかなり助けられました。
そのサイ、なんと母が亡くなった日から、
1年以上ぶりに、赤丸が始まったのです。
思い切り抱きしめて慰めてもらいたいのですが、
残念ながら、夜は「玄関犬」となってしまいました。
c0049950_10595455.jpg
これは、母が亡くなる前の日の深夜に撮ったサイです。
まだこの時は「夜だけ室内犬」でした。
寝起きの、腫れぼったい目をしています。
ここ何日かの、私の朝の目と同じです。
夜お布団に入ると、、、母の色々な顔が目に浮かんでくるからです。



BBSに、可愛いクリスマスカードを貼ってくださった方、
あるいは、すでに年賀状を送ってくださった方、
「しまった~!」なんて、決して思わないでくださいね。
あんな素敵なカード、すごく嬉しかったです。
私の方から、カードをお贈りできずにごめんなさい!
年賀状も、私自身、印刷しようとしていたところでしたから。。。
そして、たまたまメールをくださったことなどがあって、知らせることになってしまった何人かのお友達、
励ましてくださってありがとう。
[PR]

by sai-n.1020 | 2006-12-28 21:41 | Comments(29)

着せ替えおばさんわんこ

まずHPのことでお知らせを・・・。

「京都の風景」に、「2006年 秋」を更新しました。

今年は紅葉をあまり見て回れなかったので、
紅葉満載、、、というわけにはいきませんが、
10月から、すこ~しずつ作ってきたページです。
ずっと集中して作るというわけにはいかず、
ちょっと作っては置き、またちょっと作っては、、、の繰り返しで、
結局あまりまとまりがないですが、
今すぐに見てくださる方、★こちら★からご覧ください♪
もしご質問、ご意見(ここはこうした方がいい~とか、アドバイスお願いします!)があれば、コメントなり、書き込みなり、よろしくお願いいたします。



12月も中旬に差し掛かり、確かに寒いのですが、
毎年のような本格的な冷え込みに比べれば、まだチョロいようで、
本当にあと半月で年が明けるのか~?って感じです。
でも、朝起きた時は、暖かなお布団から出なければならないので、
やはり冷たさは堪えます。
サイも毛皮を着た犬とはいえ、
ベッドの中からいきなり外に出るのはつらいと思い、
去年RUNさんからいただいた、手作りの洋服を、
今冬初めて着せて出かけました。

c0049950_12312629.jpg
まだ暗いので、まるで夜の散歩のようです。
               
去年初めて着せた時は、戸惑って一瞬かたまりましたが、
時々レインコートを着せていて慣れてきたのか、
何の抵抗もなく着てくれました。
c0049950_12363958.jpg

                結構さっさと歩きます。



c0049950_12591055.jpg
横のベビーカーに乗っているのは、ぴくちゃんというわんこです。
お顔はまだまだ元気そうなんですが、
足腰がかなり弱っているそうです。
飼い主さんとよく、「元気に老後を過ごしてほしいなぁ。」という話になりますが、
今身近に高齢者がいる私にとって、
サイの介護生活は、そんなに先のことではないような気になるのです。
サイ、、、あんたが楽に過ごせるように、
けんたのねぇさんや、タロちゃんちのみきちゃんに色々アドバイスしてもらうし、
安心してや~。


けんたのねぇさんと言えば、、、
前に、けんたどんの「形見」というべき、可愛い洋服をもらったことを思い出しました。
その時はサイが抜け毛の時期だったのと、
腕を入れるタイプなので、怒って着ようとしないのでは・・・?
もっともっと老犬になってから着せてみようか、、、と思って、
まだ着せないままでした。
でも、きょう、思い切って着せてみました。
おやつでつりながら、、、

なんとか着たのですが、、、、



c0049950_21593070.jpg

                 ・・・・・・・・
                 な~んか、ピチピチやし、、、


c0049950_221421.jpg

                 尻尾も下がってるし、、、

サイはかなり太ったようです。
脱がせて片付けようとしたら、、、、

c0049950_2223398.jpg
まるでこの間の抽選の時のように、
「これはワタシのものだワン!」と、押さえ込んで離れようとしませんでした。
鼻にしわ寄せて、、、独占欲の強い子やなぁ~。



c0049950_14541912.jpg
「おかっしゃん。ワタシはこのとおり、まだまだ元気やでワン。
ワタシの年、戌年ももうすぐ終わりやけど、
来年はイノシシ、、、、一見サイにも見えるし、
同じサイつながりで、来年の年賀状も、ワタシを使ってくれるんかワン・・・?」
あ、、、まだ年賀状何も準備してへん、、、、
それにあんたの名前のサイ、、、動物のサイと違うねんけど、、、
[PR]

by sai-n.1020 | 2006-12-13 22:31 | サイ | Comments(25)

よりによって、この時期に、、、

先日は、クイズに参加してくださった方も参加されなかった方も、
あの抽選風景の動画を楽しんでくださったようで、嬉しかったです。


さて、あの日に会うことができたむっちゃんとの楽しいひとときを、
やっとHPの方にupしておきました!

c0049950_1046097.jpg


今直接見てくださる方は、★こちら★からお願いします!


ところで、最近何かと忙しいことが続いている私に、
年末というのに、悲惨な試練が襲って来ました。

一昨日、実家へ行った時、
その日は姉が用事で留守だったので、
私が手抜きなお昼ごはんを作って、食べていたんです。

すると、、、何か私の口の中に異物感が、、、、
「何?これ、、、」と取り出すと、

ぎゃあ~~~! 歯の被せがぁ~~~~!w( ̄Д ̄;)w

そうなんです。下の一番奥の歯の被せが外れてしまったのです。
その、外れた瞬間、全く自覚がなかった私、、、(O.O;)


帰宅してすぐ歯医者に電話して、行ってもよい時間を聞き、
サイに「行って来るわ~。」と言い残し、
雨の中歩いて行きました。

すると、、、
「あ~、○△さん、、、これねぇ、、、歯の根っこが割れてるので、
根っこから抜いた方がいいですね。」

「え? 抜くぅ~~~!?(゚〇゚;)」


あまりに咄嗟に残酷なことを言われて、半信半疑で困っていたのですが、
まずレントゲンを撮ってくださいまいした。
その先生、非常に穏やかな性格でおられ、
割れた片割れの方の根っこはしっかりしているから、
それは残したままでいいとか、
もう片方の隣の歯の被せも取って、
3つ繋がった被せ物をするとか、、、、
色々丁寧に図まで描いて、
冷静な口調で説明してくださいました。

ここで私、「痛みますよね?」と子供みたいな質問。
「麻酔しますから~。」と先生。
我ながらアホ~な質問したわ~と反省~|;-_-|=3

そして、いざ! 抜歯!

途中痛みが走ったので、
麻酔追加!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


私、今すごい顔してるやろなぁ。
口なんか、のび太がジャイアンにいじめられて泣いてる時みたいな、
思いっきり歪んだ形で開けてるんやろなぁ。
私、、、嫁入り前の娘とちごてよかった、、、、

とか、くだらんことを考えながら、
ふと気がついてみると、
なんと! 足が寝かされた椅子の上で、ガニ股になっていた、、、、Σ(|||▽||| )
慌ててまっすぐに直しました。

やがて、「めりめりぃ~~~」という不気味な音がして、
ガムテープをはずすような感覚。
そして取れた物をプレートに「ちょん!」と先生が置かれた音が。

「ふへはひは~?(抜けました?)」と、恥も何もかも捨てて、
こんな音を発して聞いた私。

「はい。抜けましたよ♪」と明るく先生。

まだ処置をされているというのに、
手を口から離された途端、
「『抜く』というよりも、『はがす』って感じでしたね~。
めりめりぃ~~~って音がしました~。ヽ(゚▽゚*)」
と、実況中継みたいなことをペラペラ喋っても、
先生、何も動じず、
「そうですね~。この部分は繊維が、、、、(あと略)」
と丁寧に説明してくださる。。。。

ごめんね。先生。こんな扱いにくい患者で。。。

診察室を出る時、「騒いでしまってすみません。」と謝っておきました。
はぁ~、きっと「騒ぎすぎおばさん」と、ブラックリストに載せられたやろなぁ~┐( -"-)┌


しかし、、、このクソ忙しい時期に、(すみません。ついいつもの調子でこんな言い方)
また歯医者通いが続くとは、、、(´Д`|||)


それはそうと、、、
以前日記に書いたかもしれませんが、、、

歯を抜く時の麻酔って、あれを注射することによって、
何か歯茎が柔らかくなるとか効果があって、
それでスムーズに抜きやすくなるものだと、
大人になるまで、私、思い込んでました。
ほんまにアホやわ。。。


c0049950_10491360.jpg
「おかっしゃん。もう恥ずかしがるような年齢と違うでワン。
どんな格好で抜いてもらっても、その若い先生、おかっしゃんのこと、
なぁ~んとも思ったらへんでワン。
でも、、、ワタシなら、そんな格好、先生の前でさらすことなんかできひんワン。」
え? このあんたの格好も、相当なもんやでぇ。
上から毛布、掛けといてあげよな。。。
c0049950_10521869.jpg
あ、、目開けたんかいな。。。
それにしてもあんたのそのシワ、、、
チャウチャウか、シャーペイみたいやなぁ。


そうそう、きょう「365カレンダー」が届きました。
c0049950_18372153.jpg
サイは、誕生日の10日後の10月30日に載ってます。

あ~、いよいよカレンダーがたくさん集まるようになってきた、、、
年末、年始、、、こんなこと言うとバチが当たるかもしれんけど、
1年で一番嫌な時期やわ、、、
[PR]

by sai-n.1020 | 2006-12-09 21:22 | Comments(20)

発表~~~!

皆様、大変長らくお待たせいたしました~。

では、答え合わせから、スタートです!


Q1   サイが今年の6月、初オフ会に参加した時、出会ったわんこの数は?(途中帰ったわんこも数えます。)

Jyollyくん・舞ちゃん・心ちゃん・ベックちゃん・天ちゃん・マックくん・竹千代くん・うめちゃん                             
以上が、サイがこの日出会ったわんこです♪


      正解 ・・・・ 「2. 8匹」となります!
      
Q2   サイが、8月にお父さんと川遊びをした様子を、動画で日記にに載せました。その時、近所の大学生が練習していた楽器の音も、一緒に入ってしまったのですが、その楽器は、何だったでしょう?

8月16日の日記をご覧ください~。
動画に、しっかり、大学生の奏でる、、、そう! あの楽器の音が~~~♪


      正解 ・・・・ 「2. トランペット」でした~♪

Q3   今年のサイの誕生日に、サイが買ってもらった(正確には、サイママが勝手に買った)ベッドの色・模様は?

これは、度々日記に登場してますね。

      正解 ・・・・ 「3. ピンクが基調で柄もピンク色」でした!

Q4    このサイの視線の先にあるものは、何の形をしたおもちゃでしょう?

皆様、かなり迷われたかもしれませんね。
    
では、白いボカシを取り除いてみましょう。。。



さぁ~、隠れていたのは・・・・?








c0049950_11315653.jpg
ジャ~~~ン!
なんと、こんなもの、、、そう!「1. うんち」だったのです!



予想外だったでしょうか?
ごめんなさい。私に似合わず(?)お下品な問題を出してしまい、
おまけに正解が、、、これとは、、、


というわけで、「2-2-3-1」と解答してくださった方、大正解です!


正解者は、、、、ジローの母さん・すもも母さん・ルル子ママ・あんずさん・亜樹さん;RUNさん・のりち~♪ちゃん・beさん(遅れてしまわれたけど、許してあげてください!)の8人の皆さんです! 正解してくださってありがとう!


この時点で、せっかく答えてくださったのに間違ってしまわれた、Bebeママ、けいたん、のん母さん、そーやん、かなぽんさん、本当にごめんなさいっ!


さて、、、正解された人の中から抽選ということなのですが、、、、


c0049950_23521166.jpg
まず、8人のお名前の初めの文字をいくつか紙に書き(なぜそういうことをしたか、あとでわかります。)


c0049950_23531318.jpg
それをこの中に、、、 え? 何が入ってるのかって? 
あ、、、見えにくいですね。近づいて見てください。
c0049950_2357095.jpg

そうです。
この中には、サイが毎日食べているドライフードが入っているのです。
そして、ここにさっきのネームカード(?)を入れて、フードの匂いをしみこませます。
c0049950_022643.jpg

このまま昨日から一晩置いて~~。
(実際はもっと中の方に埋めました。)


そして、きょうの夜、それを取り出し、他の缶に入れました。
c0049950_2102655.jpg
折り目をつけたのは、サイがくわえやすいようにするためです。
さぁ~、シャッフル~♪
c0049950_2113411.jpg



そして、ここでサイの登場~~~!
うまくひとつを選んでくれるかなぁ・・・?


シャッフルしているところからは、動画をご覧ください!




というわけで、、、

当選されたのは、あんずさんです!


おめでとうございま~~~す!

いくつもお名前の初めの文字を書いたのは、
こんな風にサイがくわえてしまっても、見やすくするためでした~。


例によって、今すぐは無理なんですが、(またもやバタバタしてます。。。)
心ばかりの品をお送りしますので、しばらくお待ちくださいね~♪


沢山の方に今回クイズに参加していただき、
本当にありがとうございました。
参加してくださらなくても、考えてみてくださった方も、
次回はまたよろしくお願いいたします。


さて~~。

本当はまだ書きたいことがあるんです。
でも、時間の都合上、きょうは無理で。。。
必ず書きますんで、しばしお待ちを~~~(って、こればっかりやん!)

あ、、、これだけ書いておこ、、、
きょう、あるお方にお会いしました~。
お父様のお墓参りの帰りに、うちに寄ってくださったのです。
きっときょうはお疲れなので、まだ日記には書かれないと思いますが、
「どなた?」と思われた方、、、
★○っちゃん★で~す♪

色々ほんまにありがとね~。○っちゃん!
明日、私の分まで楽しんで来てね~♪



今、ウイルスが胃腸にいたずらする、わる~~い風邪が流行っているようです。
わん友さんも、たくさんかかってしまわれました。
皆さん、うがいをするなどして、充分気をつけてくださいね。
[PR]

by sai-n.1020 | 2006-12-05 22:45 | Comments(25)

しばしお待ちを~!

クイズにたくさんの方が答えてくださってありがとうございました。

きょうは実家から帰って来たのが夜で、まだ抽選できておりません。

明日は予定が入っているので(*^。^*) 晩に行なう「つもり」(←あくまでも!)です。

なので、結果はしばらくお待ちくださいね~。

申し訳ありません!



「おかっしゃん。。。明日ワタシに何をさせるつもりなんワン・・・?」
(すみません。画像なしの、サイのつぶやきです。)
[PR]

by sai-n.1020 | 2006-12-04 22:33

久々サイのこと中心な日記

       クイズの解答、あと1日で締め切りです
      (問題は、11月23日の日記に載せてあります。)

気がついたら12月です。
やっと冬らしく冷え込んできました。
クリスマスの雰囲気も街のあちらこちらで味わえるようになってきましたね。
昨日、用事で長男の所へ行って来て、
帰りに、乗換駅の近くにあるイルミネーションをちらっと見ました。
c0049950_910169.jpg
こういうのを見ると、一気にクリスマス気分が盛り上がりますね。
でも、我が家には無縁の世界で。。。(ーー;)


先月の最後の日曜日に、久しぶりにサイを実家へ連れて行きました。
その日は今にも雨が降り出しそうだったので、
夕方自宅に帰ってからの散歩は無理だと思い、
降らないうちに、近所を少し歩いて来ました。
この時、私、すご~~く後悔したことがあったのです!

お茶屋さんが並ぶところでサイを一生懸命撮っていたら、
あるカップルが前を通り、
彼女が「可愛いぃ~~~♪」と言ってくれて、
舞い上がっていたのですが、
3mほど過ぎてから、彼氏が振り向いて、
「撮りましょうかぁ~?」と、親切に言ってくれたのです。
咄嗟に私は、「いや、いいですよ~~。ありがとう!」と返事をしてしまいました。
地元のもんやし、、、という気持ちがあったんでしょうね。
ところが、、、、よぉ~~く考えたら、
「この風景で撮りたい。」と思わなくても、
「サイと一緒に撮りたい!」と、、、、やっぱり思うやん!!

あぁ~~~~。。。
すごぉ~く惜しい気がして、
「やっぱり撮ってもらえますぅ~?」って頼もうかと思い、(ここがおばちゃん)
巽橋の方へ歩いて行かれたので、ちょっと探したのですが、、、、
見つからず、、、、、(^_^;)

仕方ないっか、、、、、
万が一カップルをつかまえて頼んだとしても、
きっとその彼、「変なおばさんだなぁ。」って思われて、
彼女も、「こんな飼い主に連れられて、このわんちゃん可哀想。。。」
ってサイのことを哀れに思われたかも~。


めったにこういう時には出くわさないかもしれませんが、
これからこのようにお優しい方に出会ったら、
迷わず、「はいっ! 是非お願いしまっす!」と頼むことにしよ~~。

c0049950_15572349.jpg
「おかっしゃん。ワタシあの時、なんでおかっしゃんが断るんか不思議やったワン。
もうこれから、こんなおばさんに優しい声をかけてくれはる人なんか、いはらへんワン。
あの時撮っておいてもろてたら、『可愛いわんことおばさん in 祇園』ってタイトルで、
日記に載せられたのにワン。」
またまたそんなこと言ってる。。。

一昨日ここを通った時、
レポートっぽい中継をしていました。
白いコートを着た女性が、カメラに向かって何か喋っていました。
もしその時もサイを連れていたら、
「あのぉ~~。この子も映してやってくださ~い!」
って、私、サイを前まで連れて、、、いやぁ~、いくらなんでも、そこまで厚かましくありません!
[PR]

by sai-n.1020 | 2006-12-02 21:55 | サイ | Comments(12)