カテゴリ:風景( 57 )

今年も浸けてきました!

042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif042.gif

            ふぅ~~~~~~~っ!

いきなり、こんな絵文字を並べましたが、
きっと皆さん、こういう気分だと思います。

道で知人に会った時に出る言葉は、
「暑いなぁ~~~!」

お友達のブログを見ても、必ず書いておられるのは、
「毎日暑いです。」

テレビを付けても、天気予報の時間になると、この言葉が、、、
「きょうも猛暑日でした。」


もぉ~~~!
どないなってますねん?! この暑さっ!




サイもかなりバテバテなので、
久しぶりに朝の散歩で、水に浸けてやろうとするのですが、
このところ、まとまった雨が降らないので、川の水の少ないこと!005.gif
そして、草がボーボー状態で、水際まで下りることが困難な状態です。
毎年下りるところも、何か長~~いものが出てきそうで、私が怖い。。。
でも昨日の朝は、思い切ってちょっと下りてみました。

c0049950_2242240.jpg
やはり、きゃぴきゃぴ遊ぶ年齢からは、ほど遠いようです。

向こう岸を見ると、ゴールデンちゃんが浸かろうとしていました。
c0049950_2254327.jpg
そやで、サイ、、、あんたも遊んだらどうや~?

c0049950_2263170.jpg
サイ、、、、あんたには、そんな元気がないだけやろ?

c0049950_1782311.jpg
確かに、あんたの言うとおりやわ。
もう何人かの人が、目撃してはるらしいし、要注意やわ~~008.gif



さて、散歩中、またまたこのポスターが目に入る時期になってきました。
c0049950_2284193.jpg
そうです。
下鴨神社で行われている、「みたらし祭」です。

、、、と、まるでここまで、去年の日記と同じ展開ですね。
(サイの消極的な川遊びから始まり、ポスターを紹介、そして、、、、)

私の日記の書き方に、なんら進歩が見られません。。。015.gif


これだけ暑いと、書き方に工夫なんて、考えつかないし、
変わり映えしませんが、書いていきます!


まず、「みたらし祭」について。
え? 毎年書いてるから、わかってるって?
確かにそうかもしれませんが、一応簡単に説明しますね。

土用の丑の日に行われる「足つけ神事」で、
御手洗池に足を浸けて、御手洗社まで水の中を歩き、お灯明を奉納して、
無病息災を祈ります。
平安時代の頃、季節の変わり目に貴族が禊祓いをして、罪・けがれを祓っていたことに由来して行われているのです。

今年は、24日からきょうの27日までの4日間行われました。
一緒に行ったのは、昨年、一昨年に引き続き、
ma-saちゃんです。
ma-saちゃん、今年も感謝してるでぇ~。


昨日の、日が暮れる少し前にチャリに乗って出かけましたが、
西日を浴びなくてすむ分、風が心地よかったです。

神社に着くと、土曜日ということで、かなりの人出でした。
特に、浴衣姿のお姉ちゃんが多いのが今年の特徴?

「あのお姉ちゃんやら、絶対浴衣濡れるで!」
って、ma-saちゃんとヒソヒソ。。。。045.gif

まず、「えとの社」で、家族皆の「えと」のお社の前で拝みました。
c0049950_22503065.jpg
これは、サイの「いぬ」年の社です。

そして、池の方に向かったのですが、
沢山の参拝者で、すぐには進みません。

200円の初穂料を納め、ろうそくを頂きます。
3回目というのに、水の深さをよくわかってなかった私に、
「絶対捲らな無理!」とma-saちゃんが指摘してくれて、慌てて半ズボンの裾を折り曲げました。

そして、輪橋(そりはし)をくぐり、、、
c0049950_22563966.jpg
いよいよ水に浸かります。
2年前の、肌寒かったみたらし祭に比べれば、ちょうどいい冷たさ~♪
頭に「キーン!」ときたりしません。

わぁ~~、気持ちいいっ!053.gif

c0049950_2259336.jpg
これまた恒例の、醜い足で、、、、
でも水の清らかなのを、わかってもらえるでしょうか?

c0049950_230392.jpg
はいっ! ろうそくに火が灯りましたよ~。

ところが、御手洗社(井上社)の前に奉納したあとを撮るのを忘れたっ!025.gif
後ほど、上から撮ったのをお見せしますね。

c0049950_2375619.jpg
あぁ~、やっぱり、ぎょうさんの人やわぁ~。

池から上がって足を拭き、靴(正確には「つっかけ」)を履いて、
ご神水を頂きました。
c0049950_2363945.jpg



それから、足型のお札の裏に家族の名前を書き、、、、
c0049950_2395562.jpg
こうして水の中に浮かべて、御手洗社で無病息災を祈りました。

c0049950_23113668.jpg
これが、皆さんがお灯明を奉納されているところです。


夜店を見て回る年齢でもないので(笑)、それは省略、、、、、
神社を出る時も、あとからあとから、参拝者が入って来られました。



帰り道の途中で、花火が上がる音がしました。
一昨日から始まっている、宝ヶ池の花火です。
昔、息子らが小さかった時、券を頂いて、国際会館で見たことがあったなぁ。
すごく間近なので、ド迫力だったのを覚えています。
昨日見たのは、遠くからだったので、こんな写真しか撮れませんでした。
c0049950_23321683.jpg
全く、、、花火に見えへん、、、
毛糸のかたまり?
載せるほどのものではありませんでした。


祇園祭は見に行けなかったけれど、
3年連続お参りに行けたみたらし祭。
私には身近に、いつでも拝める神様がおられるのですが、
いつも書いているように、大好きな下鴨神社でのお祭。
このところの暑さから解放される気分になったのはもちろんのこと、
やはり、清らかな水に足を浸けることによって、心が洗われる気がしたのは言うまでもありません。
特に今は、サイと私、、、そして家族や親戚の健康を、
心から祈りたい気持ちでいっぱいなので、
今年もみたらし祭に行って、本当によかったと思っています。

ma-saちゃんも、、、、
きっと、「去年はJyollyくんのことを祈っていた、、、」と思っていたんやろなぁ。
今わんぱく盛りで元気いっぱいの翔くんをはじめ、ご家族の健康を一生懸命祈っていた姿を見て、
2年半前に、Jyollyくんと、この下鴨神社をデートしたことを思い出し、
Jyollyくんも一緒に足を浸けて、ご家族の無病息災を祈ってくれているような気がしました。


そしてきょう、昨日買えなかったみたらし団子を、買い物に出た時に、「加茂みたらし茶屋」さんで買って、久しぶりに食べました。
c0049950_17103745.jpg

前に日記に載せたことを覚えて下さっている方、、、
そうですよ。このみたらし団子は、御手洗池の水泡を見立てて作られたと言われているんです。
一番上の、ちょっと離れている団子は、頭を表しているんですよね。

サイにも、少しやりました♪


c0049950_17135766.jpg
「おかっしゃん。
ワタシを川に浸けさせて、ポスターの写真撮って、そのあと自分も足を浸けに行くっていう、ワンパターンな日記、もう飽きたワン。
もうちょっと変えた方が絶対いいワン。
それにしてもこの頃の川の水、少なすぎるワン。
でも、あれなら、おとうさんの荒行もきっとないし、ワタシとしては助かるワン。」

サイ、、、、お祭自体毎年同じなんやから、
どうしても同じような日記になってしまうねん。
それとおとうさんの荒行。。。
もし来月になって大雨でも降ったら、、、
ひょっとしたら、ひょっとするでぇ~~。


~~~~~ここから追記です!~~~~~

しばらく雨が降らない、、、と書きましたが、
皆さんご存知のように、昨日(28日)関西で激しい雨が降りました。
雷も長い時間鳴り、梅雨に雨が降らなかった分、鬱憤を晴らすかのようでした。
そのあと、きょうの早朝までは、非常に涼しく、過ごしやすかったです。
しかし、神戸では気の毒な災害が、、、、
水は本当に怖いです。
またこれから先、台風に限らず、急な大雨による河川の増水が起こり得るので、
皆さん、どうか気をつけて下さい!
[PR]

by sai-n.1020 | 2008-07-27 22:09 | 風景 | Comments(29)

大文字山

めっきり秋らしくなってきました。
朝晩は寒いぐらいです。

去年の確か今頃、
伏見のお稲荷さんへ行き、
た~くさんの鳥居をくぐりながら稲荷山を登りました。
普段あまり歩かない私ですが、
今年の8月、大文字の送り火を見て、
「今年は久しぶりに大文字山登ってみたいわぁ。」と、この間からボソボソつぶやいていたら、きょういきなり主人が、
「さっ! これから大文字山行くぞ!」と言い出しました。

主人がどこか行こうとすると、いつもこんな具合です。
ちょうど昼前だったのですが、ご飯も炊いてない。。。
白川通りに、美味しい手作りのおにぎり屋さんがあるというので、
(主人が通勤時、N中学・高校の生徒さんが買われるのを、いつも見ているらしい。。。)
そこで買うことにして出発!


c0049950_2228321.jpg
法然院さんの近くの知人の駐車場に車を置かせてもらって、
さぁ、登りますよ~!o(^o^)o

まだ息子達が幼かった頃に登ったのですが、
歩きながら、「こんなにしんどかったっけ~?」と、
やはり当時よりも年をとった分、体に衰えがきていることを実感・・・。
でも、「こんにちは~!」と、すれ違う人を見て、
中には私よりも年配の方がおられることに少々焦りを感じ、
「負けてられへん!」と、頑張って歩きました。
ハァハァ、ゼェゼェ言いながら。。。ε=(・o・*)

c0049950_22313078.jpg
こんな風に、結構段がきついんですよ~。
何度も登ったことがある主人が、
「もう半分は来てるで。」とか、
「この石段登ったらすぐや!」と言うのを聞きながら、
「ふぅ~~。もう少しなんや~。」と安心していたら、またもや、
「これでもうちょっとや!」とか、「これで最後!」とか言うので、
「もぉ~~!『最後』ばっかりやんか!」と怒ろうとしたのですが・・・。
あかん、、、もう息切れして、大声を出す元気がない、、、(;´д`)ゞ
と思ったその時、、、、

ようやく頂上に着き、たくさんの人がお昼を食べたりして、休んでおられました。

そして前を見渡すと。。。。
c0049950_22425853.jpg
残念ながら、実際見た時の感動が、この写真からは伝わらないかもしれませんが、
ほ~んまに気持ちよかった!

いつもサイを連れて歩く川から見えている「法」の山も、
c0049950_2246337.jpg
ここに見えているのがわかりますか~?

もう少しだけ南の方に目を向けて、
ちょっと解説(というほどのものじゃないけど)付きの写真を。。。
c0049950_22454155.jpg


さらに南を見てみると、、、
c0049950_23383887.jpg
真ん中の、赤いのが何かわかりますか~?
そうです! 平安神宮の鳥居なんです!
ここから見えるなんて、感激~!O(≧∇≦)O

そしてそして、さらに南~~の方を見渡すと、
c0049950_053825.jpg
黄色く囲んだところを、よ~~~く見てください。
写真では、本当にぼんやりしか見えないのですが、実際は高層ビルが建っているのがしっかり見えたんですよ。
なぁんとこれ、大阪なんですよ!
よく晴れていたので、見えるんですね。
ほんまにびっくりです!w(*゚o゚*)w


大文字山の頂上って、こんなに市内を見渡せる特等席だったとは~~!
改めて実感いたしました。


気がつくと、お腹がへっていました。(笑)
買っておいた、高菜と、焼きたらこのおにぎりを食べて、ほっとひと息~。
確かに美味しかったです。
特に、こういう時に食べるおにぎりって、美味しいんですよね。
c0049950_22514688.jpg
ここに座って食べたのですが、
これ、何かわかります~?
大文字の薪を並べる、火床なんですよ!

ちなみにこれは、「大」の字の中心です!
c0049950_22572288.jpg
大学生風の子達が記念撮影していました。

しばらくじっと、一望できる市内の景色を満喫していたかったのですが、
この時携帯に、次男からの着信音が鳴り響き、
「大事なこと」を忘れていたのを指摘され、慌てて大文字山をあとにしましたヾ(・◇・)ノ

ごめん、、、次男よ、、、
しかし、あんたのその言葉遣い、、、
電話がかかってくる毎に、段々標準語になっていくやんか~(;´▽`A``


久しぶりに登った大文字山。
気分爽快になり、大満足ですが、、、
明日、足腰がどんな風になっているか、ちょっと不安。。。


きょう楽しんだ景色を、
時間があれば、HPの「京都の風景」にupしたいと思うのですが、、、、
あまり期待なさらずに、お待ちくださいね。
(できなかったら、ごめんやすぅ~!m(_ _)m)

c0049950_23233783.jpg
「おかっしゃん。きょう『だいもんじやま』っていうお山に登ってきたんかワン。
『サイちゃんも連れて行こ~!』って、おかっしゃん言うたけど、おとうさんが、
『あかん! やめとけ~。 サイ子には無理や!』って言い切ってたワン。
ワタシ、こころの中で、『しんどいし行きたくないワン。。。』って思ってたけど、
帰って来たおとうさんとおかっしゃんの様子見たら、
やっぱり行かへんかってよかったと思ったワン。
明日の朝、おかっしゃん、散歩に行けるんかワン・・・?」

サイ、、、あんたを連れて行かへんでよかったわ。
おかあさんひとりで歩くのが精一杯!
とても、リードを引っ張って歩くことは無理やったと思う。
第一、あんたが疲れきってしまうわ。

こ~んなもの、いただきました~♪
[PR]

by sai-n.1020 | 2007-10-13 23:57 | 風景 | Comments(26)

これでやっと秋らしく?

今朝目が覚めたら、
しっかりお布団をかぶっていました。
いきなりびっくりするほど涼しく(と言うより寒く)、
カーディガンを羽織って散歩に出かけました。
それもそのはず、最低気温が17度だったらしい!

それでも、昼間は暑かったです。
暑いと言ってもカラッとしていて、気持ちよかった~。
最高気温、わずかに30度を切ったそうです。
え? 明日は30度超えるって~~?Σ( ̄ロ ̄lll)
(今テレビで、言うてはりました。)

そんなこと言ってるうちに、もう少しで10月です。
いよいよこれから、観光客の人が増えてきます。

c0049950_2312299.jpg
久々、実家のマリちゃんの登場~♪
いつもの短距離(笑)散歩のコースで、人力車発見!
ちょっと乗りたい気もするけど。。。
この人力車に乗っておられたのは、外国人のカップルでした。

これからこの辺りも、
どんどん観光客が増えていくんやろなぁ~。


さて、昨日は「中秋の名月」だったんですよね。
お月さんが出てくる頃に見たかったのですが、
仕事から帰って、一息ついた頃にはすでに上の方に。。。
窓から撮ってみたけど、うまく撮れなかったので、
きょう、「十六夜の月」を見ることにしました。

5時半過ぎにサイの散歩スタート!
いつもの川に差し掛かったら、、、
c0049950_23103280.jpg
おぉ~~~!出てるやん!(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
実際は、こんなに暗くないんですけどね。
でも、しばらく歩いていたら、あっという間に暗くなってくるし、
お月さんも、どんどん上に上がっていきます。
c0049950_23133816.jpg
こうなると、フラッシュを使わなければ、ちゃんと写らなくなります。
それで、発光させてサイとお月さんを撮ったのがこれ!
c0049950_23145828.jpg
実はこの写真、私、すごい格好で撮ってました。
サイもお月さんも両方入れようとして、
しゃがんで、お股を開いて、、、、(;´▽`A``
横を自転車で通られた方、邪魔でごめんね!m(_ _;)m

で、帰ってから、違う場所から撮ってみようと、
駅の近くの公園までチャリを飛ばしました。
今度は大きなカメラで撮ろうとしましたが、
慣れてないし、うまいこと撮れへん、、、、
結局、コンパクトデジカメに頼ってしまいます。
使いこなすことができれば、きっと綺麗に撮れたんやろなぁ~。
c0049950_23243754.jpg
ちょっと変わった撮り方してみました。
、、、って、何の情緒もない、ほんまに、単に変な撮り方やわ~。
そして、できるだけお月さんを大きく撮ろうと、
今度は、大きなカメラで、、、
c0049950_23281988.jpg
あかんわ~。
お月さんの表面の様子も写っているはずがぁぁ~~~!
まるで、白いボールやん!Σ(|||▽||| )

こういう夜景を撮る時は、
あらかじめ、ちゃんとカメラの使い方を、把握しておくべきでした。。。

c0049950_23343662.jpg
サイ、、、そんな「ぱかぁ~!」とした顔して、そんなこと言うんかぁ?
(ちなみに、前にあるのは、ついこの間突然咲き出した、ポーチュラカです。)

c0049950_23414991.jpg
「おかっしゃん。これからもっと『きせつ』が変わっていったら、
またワタシを必死で写真撮るんやろなぁワン。
でも、こんな下手な写真では、恥ずかしいワン。」

見たぞぉ~~~!
[PR]

by sai-n.1020 | 2007-09-26 23:58 | 風景 | Comments(14)

去年に引き続き~♪

きょうから8月。
梅雨が長かったので、暑い時期がその分短くなればいいのですが、
そういうわけにはいかへんかなぁ・・・?

気がついたら、先月サイを川で遊ばせていませんでした。
雨で川の水がずっと増水したままだったからです。
やっと、元の水位に近いところまで減ってきたので、
きょうは久しぶりに浸からせました。
5月に1回浸からせた日以来です。



なぜかあまり積極的ではありません。
今朝は、昨日ほどではなかったけれど結構涼しかったので、冷たすぎたのかなぁ・・・?
サイ、また今度、足を水に浸けて遊ぼなぁ~♪
c0049950_23464887.jpg


さて、「足を浸ける」と言えば、朝の散歩中通る「賀茂波爾神社」の前に貼ってあるこのポスターが目に入っていて、、、、
c0049950_1418428.jpg
去年初めて行った「みたらし祭」です。
1年の経つのは本当に早い!
今年ももうこんな時期か、、、

前にも書きましたが、
私は下鴨神社の、派手ではないけれど風情があって、心落ち着く、あの典雅な雰囲気が大好きです。
このみたらし祭は、
境内の御手洗池(みたらしいけ)に足を浸け、火の灯った蝋燭をお供えし、
ご神水をいただいて、延命長寿を祈る、、、という足つけ神事です。
自転車で行くことのできる下鴨神社で、
日常からちょっとかけ離れた別世界のような雰囲気の中、
水に足を浸けて、要らないものを洗い流せるような気持ちになれるこのお祭へ、
やっぱり今年も行きたい!
と思った私は、この間の日曜日にまたまたma-saちゃんを誘って行って来ました~♪


去年は、確かはっきりしないお天気で、しかもちょっと肌寒かったので、
あまりたくさんの人出ではなかったような記憶があります。
でも、この日は日曜日、しかも天気予報に反して雨も降らず、
出かけた時間には涼しい風が吹くという、好都合な条件(?)のもと、
いっぱ~~いの人が境内に集まっていました。

「えとの社」で、家族皆の干支の前で拝んだあと、
裸足になって、順番にろうそくを受け取り(初穂料200円です)いざ~~♪

足を水に浸けようとするところへ来ると、
初めてらしき人たちの、興奮した声があちこちで聞かれました。
c0049950_14514073.jpg
「わぁ~、ここから入るんやて!」
「えぇ?! 結構深いやん!」
「ひゃっ! 冷たいわ!」
などなど、、、、
それに、言葉にはなってなくても、「うぉ~~~!」って感じの歓喜の声もあがります。
c0049950_14531263.jpg
ひゃ~~!気持ちいい~~!ヽ(#〃▽〃)ノ

c0049950_1455558.jpg
このように火の灯ったろうそくが何箇所かに置いてあって、自分のろうそくに火をつけます。
c0049950_1541891.jpg
ついたよ!ついた~~!
ma-saちゃんが、娘さんとそのお友達に、
「消えんようにしなあかんで!」と言ってます。
無病息災を祈っても、かなわないとか・・・?
幸い風もなく、大丈夫だと思っていたのですが、、、、
c0049950_156388.jpg
ここに立てようとしたその瞬間!
消えました。。。(°Д°lll)
慌ててそばのろうそくから火をもらいました。。。
c0049950_15173950.jpg
御手洗社で拝んでおられる人たち。

c0049950_15211769.jpg
池から上がって下を見ると、、、
うわぁ~~!こんなにたくさんの人が来てはるんや~~!

足をタオルで拭いてサンダルを履き、、、
c0049950_15445834.jpg
そして御神水をいただきました。

c0049950_167814.jpg
夜の神社って、幻想的で独特の雰囲気がありますが、
このみたらし祭、なんと早朝5時半からされているそうなので、
いつか、朝のまだ静かな時間にも、行ってみたいと思います。
(なぁんて口ばっかりで、起きられへんやろな、、、)

去年買った「みたらし団子」は、行列の人の多さを見て、断念。。。
このお守り、あまりに可愛いので、買ってきました。
c0049950_1603293.jpg
「なになに~?
美味しいもんかワン?」ってサイが近づいてきたけれど、
c0049950_162576.jpg
「なぁんやぁ~、食べるもんと違うんかワン。。。」と知らん顔、、、
あしあとというと、わんこの足型を連想しますが、
人間の足型も、こうして見ると可愛いものです。


もしも去年の様子を思い出そうとしてくださる方がおられたら、
このHPの「京都の風景」のページを見てくださいね。

「大して変わらない。。。。」と思われたあなた、
そうです。同じお祭ですから、、、
ごめんなさい。わざわざ見に行ってくださったのに(_ _(--;(_ _(--;


先日、この下鴨神社の近くに用事があって、ちょっと立ち寄って来たのですが、
みたらし祭や、3月に行った「流し雛」の時の賑やかさとはうってかわって、
静かで、心落ち着く雰囲気で、
「やっぱりええわぁ~~。」としみじみ感じました。
c0049950_16382681.jpg
この「糺の森(ただすのもり)」の木立が好きです。
真夏でも涼しく、歩いていて気持ちがいいいのです。
c0049950_222455.jpg
木々の緑に、鳥居の朱色が映えます。
c0049950_22325346.jpg
この輪橋(そりばし)、上の「御手洗祭」と字が書かれた提灯が写っている写真と同じです。

歩いているうちに、やはり暑くなってきたので、、、
c0049950_22544016.jpg
この禊ぎ場へ行き、手を清めました。
この水桶に使われている舟形をした石は、御祭神の神話伝承にちなむ「磐座石(いわくらいし)」というものだそうです。
c0049950_23151263.jpg
冷たくて、すごく気持ちよかった~。

世界遺産で、由緒あるこの下鴨神社が、
自転車で行ける距離だということ、なんだか今になって嬉しくなりました。
季節が変わる毎に、これからまた訪れようと思います。

c0049950_23234164.jpg
「おかっしゃん。1年半ほど前、Jyollyくんと行ったあの神社、
また行って来たんかワン。
あそこまで歩いて行くのはしんどいけど、
あの森は確かに気持ちよかったワン。
あそこまでおとうさんに車乗せてもろて、中を歩かせてくれるなら、
また行ってみたいワン。」

サイ、、、あの頃はあの森を歩くことができたんやけど、
最近「犬の散歩禁止」っていう札を立てはるようになったみたいやねん。
そやから、残念ながら、あんたを連れて行けへん、、、
ほんまは、また一緒に歩きたいねんけどなぁ~。
[PR]

by sai-n.1020 | 2007-08-01 23:56 | 風景 | Comments(14)

見て来ました!コンチキチン♪

台風が去ったあと、追い討ちをかけるように、
新潟・長野を、大きな地震が襲いました。
避難生活を強いられておられる方、本当に大変だと思います。
亡くなられた方は皆、高齢者の方でした。
お家の下敷きになってしまい、さぞ苦しかったことでしょう。
心からご冥福を祈らせてもらうとともに、
被災者の方の生活が、少しでも上向きになっていくことを、願っています。


台風の被害も、悲惨なものでした。
土砂崩れって、起こってしまうまで、どうにもならないのでしょうか?
それと、雨や風がきつくなって、
田んぼや、屋根の様子を見に、
危険を冒して出かけてしまわれるおじいちゃん。。。
うちの頑固な父親のことを考えると、
「きっと、そのおじいちゃん、周囲の言うことを聞かはらへんのやろなぁ~。」って、納得してしまいますが、
やっぱり、自分の命を大事にしてほしいです。


さて、台風が接近してくると同時に帰宅した次男は、
友達と一緒にお寺巡りと、祇園祭を堪能して、
昨日帰ってしまいました。
そんなわけで、ほとんど家にいませんでしたが、
サイはこんな風に、、、
c0049950_15505115.jpg
甘えていました♪
一昨日の夜には、めずらしく次男が自ら散歩に連れて行ってくれました。

これだけ天災がいつ起こるかわからないきょうこの頃、
親元を離れていることはとても心配ですが、
主人はいつも、
「家族が離れていたら、誰がそういう目に遭うかはわからん。
わしらが地震で助からんでも、あいつらが大丈夫ってこともあるんや。
第一、おまえだけが、サイ子と下敷きになるかもしれん。
その時は頼むぞ!」なんてことを言います。
いや、、そんなこと頼まれても、、、(゚Д゚;)
でも確かに、何か起こったとしても、家族皆一緒にいることの方が少ないかも、、、


次男は、宵々山を見に行き、昨日の山鉾巡行も少しだけ見たようです。
で、、、私は、、、、
どうしようかと悩んだのですが、
思い切って、行って来ました~~。
昨日の巡行を見に!

去年のように雨が降りそうな怪しい雲行きでしたが、
なんとか、ぱらぱらっとほんの少し降るだけですみました。
やはり去年と同じく、巡行を終えてそれぞれの鉾町へ山鉾が帰って行く、新町御池辺りで見るのが狙いで向かいましたが、
案の定いっぱいの人!人!人ぉ~~~!(((( ;゚д゚)))

地下鉄を降りてそこに着くと、
なんとちょうど長刀鉾が辻回しで新町通りを曲がるところ!

えっと、、、きょうの日記は動画満載で行きまっせ~~。
覚悟してておくれやすぅ~。
(たくさん載せて、エキサイトさん、ぶっこわれたらどないしよ~?)

では、まず、その辻回し、、、といっても、
あまりのたくさんの人で、肝心の車輪は映せませんでした。
おまけに手を上に上げて撮ったので、非常に震えていて見づらいですが、、、



曲がったと同時に、観覧している人は皆、「おぉぉ~~~!」と声をあげています。
3回これを繰り返して約90度曲がったあと、
新町通りを下がって行きます。

3時間近くかけて都大路を巡行し終わろうとしている鉾を見て、
思わず皆さん、拍手をされてますね。
なんだか、じぃ~~んときました。

これを見てすぐ私は、去年と同じく、新町通りよりも一筋東の道を下がり、
そして今年は去年と違って御池から二筋南の道を西へ曲がり、
新町通りへ~~~♪
惜しくも、長刀鉾はすでに通り過ぎたあとでしたが、
ここでしばらく何基か鉾や山が通るのを楽しもうと、カメラを構えて立っていました。


c0049950_16221685.jpg
この「白楽天山」が通ったあと、しばらくしたらこんな可愛いお稚児さんが、、、
c0049950_1623359.jpg
横の人に、飲み物をもらっていました。
こんなに幾重もの衣装を着て、きっと疲れたでしょうね。
「お疲れさん!」と、思わず声をかけてしまいました。

この子は、綾傘鉾の先頭を歩くお稚児さんのひとりなのですが、そのあとにこういう格好をした、、、
c0049950_16272174.jpg
何ていうのかわかりませんが、この次に通った鬼形(?)が、棒振り囃子を披露していました。
ところが、私が見ていたところよりも、もう少し南の方だったので、残念ながら見られず、、、

で、これが綾傘鉾です。
c0049950_16425821.jpg


いくつかの鉾や山がどんどん通りすぎます。
c0049950_16485526.jpg
鶏鉾がやってきました。

c0049950_16501861.jpg
え~~っ?この人、鉾にひかれはらへん?!
この時、鉾はちゃんと動いているんですよ!
車輪にこうして、木片を差し込んで方向を調節するわけですが、
あ、あぶなすぎる、、、、 Σ(゚д゚lll)

去年はあの大雨でしたから、思い通りに見れなかったのですが、
今年は、この蟷螂山の上の蟷螂も、ちゃんと見ることができました。



といっても、蟷螂の動きがわかりにくいですが、、、(*_ _)人

次に見ていただくのは、菊水鉾です。


迫力あるでしょう~?
なんと、下に人が!∑( ̄□ ̄;)
去年UPした、HPの風景のページにも書きましたが、私、この車輪を間近でみるのが好きです。


そしてそして、、、私の大好きな、、、
船鉾登場~!!
c0049950_172899.jpg

去年も載せましたが、船鉾を間近で見た動画です♪

カメラマンが上手なので(笑)見やすい動画やわ~~(´ヘ`;)

八幡山が見えてきました。
c0049950_2128175.jpg
これも、去年はビニールが被せてあって、よく見えませんでした。

c0049950_21301585.jpg
こんな鳥居を見ると、つい拝んでしまいます。
日本中の「はちまんさま」と同じく、ご神体は「応神天皇」だそうです。
夫婦和合のしるし、雌雄一対の鳩が、鳥居の上にあるのが見えますか~?


ご存知の方も多いと思いますが、
鉾に乗られるお稚児さんは、先頭の長刀鉾だけです。
昔は他の鉾にも乗っておられたとか・・・?
(母がよく、「昔お稚児さんが落ちてしまわはったんえ~~。」って言ってました。)
今回は、この放下鉾に乗っているお人形のお稚児さんが、舞っていたのを初めて見ました。
c0049950_17114849.jpg
気がついた時にはもうすでに私の前を通ろうとしていたので、
カメラを動画に切り替えるのが遅くて、これだけしか撮れてませんが、、、


はぁ~~、もう少し舞を前から撮りたかった、、、

それにしても、「動く美術館」と言われる、この山鉾巡行、、、
それぞれの懸装品が国際色豊かですね。
この鳳凰の後掛は、李朝のものだそうです。


大してうまく撮れてない写真や動画をたくさん見てくださってありがとうございました。
この新町通りを通るのを、去年に引き続き見たわけですが、
町家が並ぶ狭い道を鉾が次々と通るのは本当に見ごたえがあります。
なんせ、アップで鉾を見られるわけですから!
注連縄をお稚児さんが切って巡行のスタートとなる四条麩屋町や、
くじ改めをする場面、そして一回目の辻回しをする四条河原町など、
「ポイント」となる場所は何箇所かありますが、
私は絶対、最後に鉾が鉾町へ戻って行くこの新町通りで見ることをおススメします!


こうしてじっと立って見るのは、確かに暑くてしんどいですが、
昨日のこの日まで、準備など色々関わってこられた方は、
本当に本当にもっとお疲れ様だったと思います。
でも祇園祭はこれですべて終わったわけではありません。
今月いっぱい、まだお祭や神事が行われます。
長刀鉾に乗ったお稚児さんを初め、携われた皆様、
昨日無事終わったけど、あともう少し。。。
神様に見守られながら、滞りなく行事がすすみますように!


昨年の祇園祭の日記と同様、
ほとんどサイの出番がありませんが、
何日か前に、散歩中見つけて連れて帰ってきたかたつむりとの2ショットをお見せしましょう。
3日ほどにんじんをやって、我が家のペットとして飼っていました(笑)
c0049950_12215456.jpg
じっと見ていると、結構面白いんですよね。
c0049950_12235159.jpg
ずっと置いておくわけにもいかないので、
昨晩雨が降った時、前の公園の木の葉の上に、そっと逃がしておきました。


c0049950_12262790.jpg
「おかっしゃん。また『ぎおんまつり』のことになると、
こんなに長い日記になって、みんなウンザリしはるでワン。
おまけに、動画撮るのが下手すぎるワン。
絶対見ながら目を回してしまわはるでワン。
それから、ちいさい方のおにいちゃん、ワタシを久々散歩に連れてってくれたけど、
ワタシがう○ちをしたら、大騒ぎしてたでワン。
自分もするくせに、失礼すぎるワン。
来月帰って来たら、また連れてもらいたいワン。」

サイ、、、おかあさんはプロのカメラマンと違うんやし、
これが精一杯やわ~。
それと、しばらくしたら、また二人とも帰ってくるし、
普段より賑やかになるで。
あんた、、またいじめられるかもしれんけど、
それが刺激になって、若返るかもしれんわ~。

ブツブツ。。。
[PR]

by sai-n.1020 | 2007-07-18 21:54 | 風景 | Comments(16)

えらいこっちゃ~~~!

今まさに桜満開で、
どこへ行っても、「人!人!人!」という状態です。

どこか見に行こうにも、ちょっと時間がなくて、
結局近場の写真ばかりになってしまいますが、
変わり映えしませんけど、見てもらいましょう~。


まず、この間の日記に書いた、「あそこ」の桜ですが、、、

去年、HPの「京都の風景」にupした場所です。
あまり綺麗に撮れていませんが、見てくださいね。

c0049950_147458.jpg

何回か載せてますが、覚えておられますか~? この場所・・・。
この日は、まだ満開のちょっと手前、、、という感じだったのにもかかわらず、
それはもうたくさんの人でした。(平日やのに、、、)

c0049950_1482029.jpg

あの「すごい天気」だった日なので、空が青くなくて、
桜がうまく映えて写っていません。

c0049950_14121785.jpg
時折こうして薄日が差すのですが、風が冷たく、
まりちゃんも、この時ブルブル震えていました。

c0049950_14172890.jpg
枝垂桜は色が濃いので、少し綺麗に撮れたかなぁ。。。。

それから、これはもう一筋北の通りなのですが、
c0049950_15255583.jpg
この石畳の道、昔からのお茶屋さんをされているところがめっきり減り、
他のお店になっている所が多いです。
このお店、艶やかにこうしてお花を咲かせてはりますなぁ~~。



そしてこれは昨日の朝、散歩中撮ったのですが、
久々、姉さん座りのサイです。
c0049950_14195534.jpg
顔を見ると、「姉さん」というよりも、「婆さん」ですが、、、(^_^;)

そして、おじいちゃんのお家まで来て、
カメラを持っている私を見て、おじいちゃんが、
「サイちゃんと一緒に撮ってもらいますわ~。」って言ってくださって、、、、
c0049950_14235531.jpg
撫で撫でしてくださっています。
この時、ご近所の奥さんが通られて、おじいちゃんが、
「私と同じぐらいの歳ですわ~。嫁さんですねん。」
って言ってくださいました。
そう言えば、前にもこんなこと、言っておられたなぁ~。
なかなか、面白いおじいちゃんで。。。




皆さん、愛犬と桜をうまく撮っておられますが、
私はこれが精一杯で。。。
c0049950_14282295.jpg
サイ~、こっち向いてぇや~。(私、這いつくばっております。。。)
c0049950_14291716.jpg
こっち向いてくれるのはいいけど、、、、
サイ、、、今のあんた、
やっぱりまるで、チャウチャウか、シャーペイみたいやなぁ、、、、

c0049950_14303495.jpg
「おかっしゃん。ワタシのこと、『婆さん』とか、『チャウチャウ』『シャーペイ』とか、
勝手に呼ばんといてほしいワン。
それにしても毎年ここにこの花が咲くと、必死で撮るんやなぁワン。
で、もっと暑ぅなったら、今度はワタシをこの川で遊ばせて、
ビデオ撮るんやろワン。
でも、この夏、ワタシにそんな元気があるか、、、
ちょっとわからへんでワン。」



  ~~~~☆~~~☆~~~~☆~~~☆~~~~☆~~~☆~~~~☆~~~


と、、、ここまで実は下書きしておいて、
きょうも実家へ行って、もっと綺麗に「あそこ」の写真を撮れたので、
それと差し替えて、
夜に撮った夜桜もupしようとしたら、、、、

な、なんと、、、、、パソコンが、、、、

眠ったまま起きてくれへんっ!Σ(゚д゚lll)ガーン


折角入れておいた、もろもろの、いろいろなものが、、、、(なんのこっちゃ~)

あ、、、あまり考えないことにします。
落ち込む一方ですから、、、、


「それなら、これはどうして書いてるの?」と思われるでしょう・・・。
理由あって、我が家にあるもう1台のノートパソコンなのですが、
それを使って書いてます。
でも、これはあまり使えません。

壊れたパソコンは、おそらくもう直らないでしょう。。。

かといって、今新しいパソコンを買うなんて、
我が家にとっては到底無理で・・・。

というわけで、申し訳ありませんが、、、、

しばらくブログを休ませていただきます。

(実はさっき、携帯から投稿しようとしたのですが、なぜかできなくて、、、)


皆さんのところへは、このパソコンで、可能な時に、
こっそり見に行かせてもらいますが、
申し訳ないけれど、読み逃げ~~~させてもらいますね。


それでは皆様、、、、
満開を楽しんでおられる方は、次に降る雨で散るまで、
どうぞ美しい桜を満喫してくださいね。
まだ開花したばかりだったり、蕾のままで、まだまだこれから・・・という方は、
気持ちがぱぁ~~っと明るくなる満開の時期を、
心待ちにしていてくださいね♪


私は、、、
しばらく忙しいけれど、
サイに癒され、元気に過ごしていこうと思っていますので、
どうぞご安心を~!
[PR]

by sai-n.1020 | 2007-04-08 23:05 | 風景 | Comments(19)

段々と。。。

逆戻りした冬がやっと落ち着いて、
本格的な春がやってきたようです。

昨日は、「暖かい」を通り越して、暑かった~~~。
なんて極端な気候なんでしょう。

今朝の散歩中、川沿いの桜を見ると、
ほとんどの蕾は、まだ固そうでしたが、
中には、、、
c0049950_14562149.jpg
こんな風に膨らみかけているのがありました。
近づくと。。。
c0049950_14592237.jpg
中から、綺麗なピンク色が見えています。
他にも、、、
c0049950_1504193.jpg
こんな風に、「もぉ~~!暖かくなるのを、待ってたっチェリ~♪(何語?)」
って言いたそうな蕾を見つけました。

来週からは、この間のような寒さはもう戻ってこないようなので、
どんどん蕾が膨らみ、ぱぁ~~っと開花することでしょう。

この時は、まだ雨が降っていなかったので、
久しぶりにサイを、川面まで連れて下りました。
c0049950_1573193.jpg
じっと水面を見つめるサイ。。。
こうして映っている自分の顔を見て、思わず吠えてしまい、
くわえていた食べ物を水の中に落としてしまった、、、
という、タイトルを忘れてしまったけど、そういうお話があったなぁって、思い出しました。

c0049950_15111568.jpg
しばらくしたら、思い切ってサイが足を水の中に。。。
おいおい、、、まだ水遊びには早いでぇ~。


散歩道の後半で、いつも、下鴨神社の境外摂社である「賀茂波爾神社」(通称赤の宮神社)を通るのですが、
そこにある桜は、開花するのが毎年早いのです。
きょう、そこを通るまでに、いつものおじいちゃんのお家を通り、
ジャーキーをもらっていたら、おじいちゃんが出てこられ、
桜の話になり、「あそこの神社の桜は、いつも早いですよね~。」と言うと、
「あぁ~、あれはいつも早おすなぁ。山桜か、彼岸桜か、わかりまへんけどなぁ。」とおじいちゃん。
そっか、、、種類が違うんかぁ。
c0049950_15175423.jpg
そんな話をしている時のサイです。
頭を撫で撫でされて、満足そうです。

そして、その神社の前まで来てみたら、、、
c0049950_15143380.jpg
やっぱり咲きかけています。

c0049950_1519447.jpg
う~~~ん。。。これ以上近づけへん。。。


きょうと明日は、天気も悪く、桜もまだ本格的に開花していませんが、
来週の週末あたりからは、きっとあちこちで綺麗に咲き出し、
交通渋滞がすごいんやろなぁ。。。
京都にお花見に来られる方、どうぞ公共機関でお越しやすぅ~~。
、、、って、私は別に、観光協会の人間ではありませんが、、、(笑)


c0049950_1525510.jpg
「おかっしゃん。今朝の散歩中、立ち止まって写真撮るし、困ったワン。
私が立ち止まると、『はよ行くでぇ~。サイ!』って言って引っ張るくせに、
おかっしゃんがあんなに立ち止まるって、勝手すぎるワン!」
サイ、、ごめんごめん、、、
しか~し、、、あんたのその格好、あまりにお下品すぎひんかぁ~?
でも、これを載せてるのはおかあさんやし、悪いのは私?

ほな、、、もっとイケてるサイを、、、、

ちょっと前に撮った、お気に入りのショットです。

c0049950_1529966.jpg
               タイトル : 物思いにふける女(笑)

こうして見ると、、、、サイ、あんた、やっぱり老けたなぁ。。。
c0049950_15304056.jpg
「おかっしゃん。。。またまた自分のこと、たなに上げてるワン!」
             
[PR]

by sai-n.1020 | 2007-03-24 20:37 | 風景 | Comments(16)

きょうは楽しいひな祭り~♪

またまた間が空いてしまいました。
いつの間にか、3月になっています。

そしてきょうはひな祭り。
我が家の女性は、私とサイだけで、、、、(^。^;)

きょう、下鴨神社で、「流し雛」という神事があるということを聞き、
最近、どこへも季節の変化を感じに出かけていないので、
チャリこいで、ひとっ走り行って来ました。

流し雛、、、、「さんだわらに乗せたひな人形をみたらし川に流し、子供たちの無病息災を祈る神事」と、下鴨神社のHPに書いてありました。
十二単を着た女性が、川にひな人形を流しておられる写真を見て、
その情景を目に浮かべて向かったのですが、、、、

でも、、、考えが甘かった、、、、
着いた時には、もうすでにたくさんの見物人が~。

全く見えません!

c0049950_1314757.jpg
人を掻き分け掻き分け、やっとの思いでここまでたどり着きました。
手を伸ばし、カメラを上の方に浮かせて撮っています。
周りの人は、皆そうやって撮っておられました。
そのカメラが入らないように撮るのに苦労しました。
でも、きっと、私より後ろにいた人たちは、
私のカメラが邪魔やったやろうなぁ。。。


間もなく、お雛様が前の川でお雛様を流し始めたのですが、
何も見えません、、、

その場面は、京都新聞の記事をご覧くださいね。

しばらくしたら、
c0049950_13181575.jpg
舞妓さんが流さはったんどすえ~~。

そして、横で待機して待っておられる中に、
気になる人、、、というか、
「何のキャラクター?」と思ってしまう者がいたのですが、
その人形も、流し始めました。
c0049950_20492038.jpg
いったい何のキャラクターなのか、全く謎だったのですが、
(案内役の方が、ずっとマイクで何か言っておられるのですが、全く聞こえませんでした。)
夜、主人がニュースを見ていて、
「お前の言うてたあの人形、『たわわちゃん』っていうらしいで~。」と。。。
なぁるほど、、、言われてみれば、
京都タワーの形をしてました。
調べてみたら、、、
ここに、たわわちゃんのことが載っています。
右下の方の、「京都ブロードタワー」をクリックすれば、
きょうのこの様子も見られます。

あ、、、話がたわわちゃんの方へ行ってしまいましたが、
流し雛の話に戻りましょう。

待機していた中に、たくさんの幼稚園児さんたちもいたのですが、
その可愛い子供達が、こんな風に歌い出しました。


ビデオも、手を上に伸ばしたまま撮ったので、
非常~に画面が不安定ですが、ごめんなさい!




ね? 可愛いでしょう?
右の方に、「たわわちゃん」も映ってるでしょ?


ちょっと急いでいたので、
まだ終わらないうちに、この場を離れ、
みたらし川を、ひな人形が流れてくるところを見に行きました。

c0049950_2110218.jpg
その途中、あまりに梅が綺麗だったので、パチリ!


ゆっくりですが、どんどん流れてきます。
c0049950_21122765.jpg
このみたらし川は、去年の夏の「みたらし祭」に、足を漬けに来た所です。
ろうそくを持って、冷たい水の中を歩いたこの川を、
こうしてひな人形が流れてくるのです。

c0049950_21155774.jpg
なんて可愛らしいひな人形!
ここで止まってしまっています。
c0049950_21182165.jpg
目の前に流れてきたので、すかさず!
実は、これ、周りの方に習って、図々しくも川まで下りていって、
必死で撮りました~。


肝心の、十二単のお雛様がひな人形を流される瞬間は見られませんでしたが、
家にひな人形がない、我が家のひな祭りが、
いつもと違った楽しみ方ができ、ちょっと嬉しかったです。



さて、我が家のおひな様(?)のサイですが、
きょうはアップの顔を見ていただきます。
というのは、ちょっと前に、RUNさんコロスケさんが、わんこの鼻から口にかけての写真を載せておられ、
そして、Bebeママも、鼻のアップの写真を載せておられたので、
私も載せようと撮ってみたのですが、、、

サイは怒りっぽいので、口元を掴んでなんて撮れません。
カメラを下の方から構えて、かろうじて撮れました。
それが、これ!
c0049950_15541458.jpg
私も、以前からこの部分がなぜか好きです。
あごをちょっと持ち上げたので、このあと、「ガルゥ~」と唸りました。。。(ーー;)


c0049950_15562632.jpg
「おかっしゃん。またワタシのこんな変な写真載せて喜んでるワン。
ワタシという女の子がいるのに、
なんでおひな様が家にないねんワン!」
サイ~、ちっこいのならあるんやでぇ~。
しか~し、、、ますますあんたの顔、
ブヨブヨ~、シワシワ~やなぁ。

母の思い出
[PR]

by sai-n.1020 | 2007-03-03 21:36 | 風景 | Comments(20)

冷た~いみたらし祭

折角昨日は久々晴れたのに、
きょうは午前中にまた雨が降りだしました。
散歩の時間にはまだ降っていなかったので、
久しぶりにカメラを持って出かけました。

c0049950_14251045.jpg
「おかっしゃん、、、、また変な格好を撮らんといてぇなワン。」

昨日の朝、4日ぶりに、サイを連れてここを歩きました。
サイ、、、あんたもきっと、久しぶりやなぁって思ったんやろなぁ。
c0049950_10501872.jpg
いつの間にかいっぱい咲いていた悪茄子の前であくび~。


おじいちゃんのお家の手前まで来たら、
いつもお掃除しておられるおばあちゃんと一緒に、
腰掛けて休んでおられました。(サイを待ってくださっていたのかも~。←勝手な判断?)
まず、ジャーキーをしっかり頂いてから(笑)、お二人の方へ戻り、
c0049950_10525134.jpg
こうして撫で撫でしてもらって、喜んでいるサイです。

「いつもありがとうございます。」
「雨がぽつぽつしてきたさかいに、はよ、お帰り~。」
と会話をかわし、家に向かいました。

この間から、このポスターが気になっていました。
c0049950_10564322.jpg
これ、いつも通る「賀茂波爾(かもはに)神社」という、下鴨神社の境外摂社の前に貼ってあるんです。
今年は20日から23日までで、なかなか天気に恵まれなかったのですが、
思い切って一昨日、行って来ました。


みたらし祭(御手洗祭)というのは、、、、

毎年、土用の丑の日に、下鴨神社の境内の、御手洗池に祀られている御手洗社で行われる「足つけ神事」で、素足で池に膝まで浸して、無病息災を祈る、、というものです。

京都人の私ですが、今までに行ったことがなく、
ひとりで行くのもなぁ、、、と思って、ma-saちゃんを誘いました。
快く、「ええよ~。」と返事してくれて、チャリに乗って誘いに行き、
娘さんのne‐neちゃんと3人で向かいました。

c0049950_132312.jpg
ちょうど半年前、このma‐saちゃんと、Jyollyくんとサイを連れて、
この下鴨神社まで来たのですが、
私が境内に入ったのは、なんと一昨日が初めてでした。
夜なので、すごく幻想的です。

c0049950_1311249.jpg
干支のお社に入るところに、「鴨の社へ えと詣」と書いてありました。
干支ごとに、お社が分かれていて、真っ先に、サイの「戌」のところへ行き、
「これからますます年齢を重ねても、元気で過ごせますように。」と祈願しました。

そしていざ、足を浸けに~♪
ma-saちゃんとne-neちゃんが言うには、
例年だともっとたくさんの人が来られているとのこと。
きっと天気がいまいちだから、すいていたんでしょうね。
履物を脱いだあと、200円を納めて、
ほそ~いろうそくを手にして、池へ、、、、
c0049950_13241041.jpg
ここから入るのですが、提灯がちゃんと写っていない、、、(^_^;)
c0049950_13223233.jpg
これなら見えますね。

恐る恐る足を浸けてみると、、、、
つ、、つ、、、つめたぁ~~~~い!!!
心臓止まるかと思うほど!
あちこちで「ひゃあ~~、つめたっ!」という声があがります。
後ろのおばさん、「あかんわ。私こんなん冷えすぎる。もう引き返すわぁ。」って。。。
え? ここでやめるんかぁ~~~?
少しの間、足が麻痺したような状態でしたが、
しばらく浸かっていると、ちょっと慣れてきました。
c0049950_13265279.jpg
ちなみに底はこんな感じで、、、


そしてろうそくに火を付け、蜀台に奉納しました。
c0049950_1332172.jpg
さっきも書いたように、この日は人出が少なかったですが、
それでもこれだけ沢山のろうそくが、、、

c0049950_13445232.jpg
昨日は、この日よりも天気が良かったので、もっと大勢の人で賑わっていたことでしょう。

c0049950_1345762.jpg
お志をちょこっと入れさせてもらって、ご神水をいただきました。
冷たくて美味しかったです。

そして、足形に名前と年齢を書き、(私の老父母と、お義母さんの3人・・・・ma‐saちゃんの真似っこ)
c0049950_13423788.jpg
この足型納所の中に、、、、
3人とも、元気に過ごせますように。

もしも私ひとりで行ってたら、要領もわからず、
それこそ、いつものように、周りの人達に聞きまくり~していたところだったので、
毎年行っているma‐saちゃん達に感謝でした。

帰って、主人に「冷たかったわ~。」と言うと、
「そんなもん、蚕の社の方がもっと冷たいんやでぇ~。」と。
太秦の「蚕の社」でも、この足つけ神事があるらしいです。


きょうもまた天気が悪いので、
昨日行った人がきっと多かったのではないかと思います。

一昨日行った時、門を出たところに、加茂みたらし茶屋のみたらし団子が売っていなかったことを、ma-saちゃんが不思議がっていたのです。
この、みたらし団子のことを調べたら、
御手洗池の底から湧き出てくる水泡を団子に見たててみたらし団子ができたと言われ、
あの池が、「みたらし団子発症の地」と伝えられているようです。

そこで!
きょう、買って来ました~♪(神社ではなく、お店の方です。)
c0049950_1131547.jpg
「たれ」をもっとかけて撮るつもりが、、、、忘れてしまった、、、
一個だけ離れているのは頭で、五体をあらわしているそうですよ。
食べると、まだアツアツだったので、美味しかったです!


c0049950_11442650.jpg
「おいおい、おかっしゃん。。。
なんで、ワタシのことだけで日記を終えられへんのやワン。
どうせワタシはその神社、行けへんかったワン。
それに、また長すぎるでワン。
ええ加減、反省しなあかんワン。」
はいはい、、、、ごもっともなんやけど、、、、
あんた、その顔、、、、
ひょっとして、去年みたいに、サル顔になる前兆と違うかぁ~?
ちょっと嫌な予感してきた、、、、
[PR]

by sai-n.1020 | 2006-07-23 21:21 | 風景 | Comments(21)

雨の下でのコンチキチン♪

先日の日記にも書きましたが、
今まさに、こちらは祇園祭で盛り上がっています。
ここ6、7年ほどは、宵山とか宵々山の夜に、見に行っていないので、
昨日、久々行ってみようかと思ったのですが、
ちょうど夜のニュースで、様子が映ったのを見て、、、、
「あかん。あんなすっごい人込み、しんどそうやわ~。」とボヤいていると、主人が、
「ほなお前、『あばれ観音』見に行ったらええねん。」と言いました。
こう見えても主人は、(あ、見えへんか?)
京都の行事という行事をよく知っていて、
10年近く前までは、色々見て回り、
ほとんどをカメラに収めているのです。
この「あばれ観音」も、かなり前に撮りに行ったらしいのです。

で、「あばれ観音」というのは、、、

「南観音山」だけで行われる行事で、
楊柳観音像(ようりゅうかんのんぞう)を台座にのせ、布を被せ、ぐるぐるに縛り付けて、神輿のように走り回る、というもの。
始まるのが、なんと11時半頃。。。
その頃には、少しは人も少なくなっているだろうという主人の考え。

う~~ん、、、どないしよ?
時間が遅すぎ、、、、でも、来年行けるとも限らんし、、、、
ということで、見に行って来ました~。

いくら遅い時間でも、まだまだたくさんの見物人でごった返していました。
昨日は、たくさんの鉾を見るのが目的ではないので、
新町通りを、仏光寺通りから上がって(北へ向かって)歩くことにしました。

これは、私の一番好きな「船鉾」です。
c0049950_142654.jpg

他の鉾に比べ、高さはありませんが、
その名のとおり、船の形をしていて、
何とも典雅な雰囲気が漂っているところが、
小さい頃から好きなんです。

c0049950_146436.jpg
これは、去年の昼間の宵々々山に見た、「放下鉾」です。

両方とも、「ナイトモード」で撮ったせいか、
ちょっと赤く写りすぎていますね~。
「マニュアル」で撮ったのもあるので、
いつか(あくまでも「いつか」)HPの「京都の風景」にupしたいと思います。
しばら~く待っていて下さいね。

そしてしばらく行くと、、、
見えてきました! 南観音山が~!
c0049950_1492234.jpg

そして、すでに待機している見物人の方々が結構おられました。
本当に、こんな狭い道を通るのか、すごく疑問に思った私は、
前を通った警備の人に、
「どのようにこの前を通るんですかぁ~?山と、お家の間、狭いですやん!」
と、いつものごとく、何でも聞きまくり~。
「はい! ちゃんと先導して、この間を通ります!」と、きっぱりとお答えに~。
そして、しばらく待っていると、、、、
来ました~~~。

では、撮り方が悪いですが、お楽しみ下さ~い。

あばれ観音
   ↑
c0049950_126369.gif(音が大きいので、気をつけて下さい。)

c0049950_925207.jpg
短い距離ですが、3往復されました。
上下に揺り動かすところを撮れなかったのが残念!
しかしこれ、、、、祇園祭の優雅な雰囲気とはまた違い、
少々荒っぽくて力強い感じでした。
見ている人の半数ぐらいは、もともと何が始まるのか知らなかったようで、
あまりに意外な展開を目の当たりにして、
驚いている方が多かったようです。

それにしても、どうしてこんなことをするんでしょうね。
「翌日の山鉾巡行で静かに座っていてもらうために今のうちに暴れさせる。」とか、
「北観音山の観音さまへの恋心を暴れることで冷めさせる。」などいわれがあるらしいですが、正しい説もいつから始まったかもわからないそうです。

御池通りに出ると、
きょうの山鉾巡行の観覧席が準備されていました。
c0049950_2104444.jpg
予報では、「雨」だったので、すごく心配。。。


そして、きょう、山鉾巡行の日を迎えました。
サイの散歩の時間には、パラパラ~ぐらいしか降っていなかったのですが、
巡行が始まる1時間前には、無情にもしっかり降り始めてしまいました。

テレビで生中継を見ながら、
「見に行きたかったけど、この土砂降りではなぁ。。。」と、またもやボヤいていたら、
またまた主人が「行って来い!」と、なぜか昨日からこういう風に私を促します。
この間から、「撮るなら、御池の新町から、鉾が帰って行く時の曲がり角がいいんや。」と、偉そうなアドバイスをしていた主人。
昨日と同様、「来年行けるかわからん、、、」と思った私。
よっしゃ、ほな、行って来るわ~。

ということで、雨の降る中、出かけたのです。
山鉾巡行を見るのは、15年ぶり。
それが、こんな土砂降りになるとは。。。。

c0049950_17585139.jpg
案の定、御池通りは傘の山!
何枚か撮りましたが、新町御池になんて、近寄れません。
そこで、新町通りより一筋東の衣棚通りから下がって、姉小路を西へ行き、
そして新町通りに出ることにしました。
すると姉小路の角に、ちょうど見るのに適したパーキングがあり、
そこで見ることにしました。
しばらく、ちょっと遠慮していたのですが、
前の人がどこかへ行ってしまわれたので、
張ってあるロープの前まで行きました。
電線に引っかからないように注意をはらいながら進む山鉾。
家屋の並ぶ狭い道を通るのを見るのは、きょうが初めてでした。
いくつかの鉾を撮りましたが、それはまたいつかHPで、、、

で、昨日のあばれ観音に引き続き、動画を見て下さい!
昨日も見た、大好きな船鉾です。
私のまん前を通ったんですよ~。

船鉾のド迫力~!
    ↑
c0049950_16392154.gif


引っ張る人の中に、外国人が多いのにはびっくりしました。

お装束のようなものを着て歩いておられる方は、傘をさしていましたが、
鉾の上に乗っておられる人や、引っ張っておられる人は、
全身びっしょりです。

こうして何基かの山鉾が目の前を通るのを見ているうちに、
私は今頃になって、あることに気づいたのです。
それは、車輪に関すること、、、

車輪の魔法~♪
    ↑
c0049950_16472699.gif


(「傘危ないし、へっこめてくださ~い!」と注意されてるのは、この私です。。。(^_^;))

大きな車輪が前を通り過ぎる時に、棒が前に入れられ、
「パシャ!」って音がしているのがわかりますか?
あれは、車輪の前側に、先が斜めになった棒を入れて、車輪が乗り上げた瞬間に横にスライドするようにして、鉾の向きを変えているのだということがわかったのです!

辻回し(竹を敷いて、その上を車輪を滑らせるようにして行う方向転換)は、残念ながら見れなかったけれど、
こういう新発見ができて、雨の中見に来てよかったと思いました。

晴れていても、このお祭りに携わっておられる方々のご苦労は大変なのに、
きょうはこの悪天候、さぞ大変なことが多かったことでしょう。
鉾町ごとに、それぞれの伝統を守り、継承しながら、
こうして毎年「動く博物館」と言われる山鉾巡行を執り行ってくださる皆さんに、
心から「ありがとう。」とお礼を言いたいです。


それにしても、びっしょり濡れ、、、疲れました~。
地下鉄に乗ろうと、階段を下りた時、通りがかりの男性が、
「今年の祇園さんは、ビショビショどすなぁ~。」って言っておられました。
実感のこもった言葉でした。



帰って休憩し、しばらくして玄関を見ると、不貞腐れたサイがいました。
c0049950_177145.jpg
「へ? きょうの長ったらしい日記、やっと終わったんかワン?
読んでくれたはる人、きっとウンザリしてはるでワン。
もっと短く、簡潔に書かなあかんワン。
それで、ワタシのことはどうなってるんやワン?
何も書かへんつもりかワン。」
サイ、、、あんたなんか連れて行ったら、えらいことになる~。
雨のお蔭で、暑くはなかったけど、あんたを連れて行ったら、
警備の人に叱られ、見物人の人に蹴られたり、踏まれたりするでぇ。
あんたのこと、、、また次の日記で書くし、
きょうは、勘弁しといて~。

最後にひとこと。。。
サイが申しておりますように、こんななが~~い日記を、
最後までお読みくださり、ありがとうございました。
以後、もっと簡潔に書けるよう、心がけます。
[PR]

by sai-n.1020 | 2006-07-17 20:50 | 風景 | Comments(26)