カテゴリ:風景( 57 )

やっと咲いたけど

随分ご無沙汰してしまいました。
前回の記事に、蕾の状態の桜を載せましたが、
あれからなかなか暖かくならず、例年のように3月に開花しませんでした。

そして、やっと、やっとこさ開花したのですが、、、、

c0049950_15001792.jpg

この日も曇天。
満開になっても、、、、


  
c0049950_15024392.jpg



c0049950_15055458.jpg
c0049950_15051263.jpg


今年の桜は、本当に可哀想です。



実家へ行った時に、近所の桜を撮ってきました。

c0049950_15073547.jpg



この日も曇っていて、うまく撮れてませんね。


お天気には恵まれませんでしたが、桜そのものは、すごく綺麗でした。



桜を見ながら散歩をしていると、
サイ子を連れて歩いたいた頃、リリィーさんを連れていた頃、
色々思いだします。



c0049950_15141177.jpg

    


「おかっしゃん。ワタシも何度もここで写真撮られたワン。
ワタシの方がちゃんとカメラの方を向いていたワン。
その子、あまりおかっしゃんの方を見いひんくせに、
モデルしたあと、おかっしゃんからおやつもらって、ずるいワン!」

サイちゃん。確かにあんたとも、たくさん桜の写真撮ったなぁ。
あんたがいなくなって、最初の春、リリィーさんを連れて歩きながら、
涙があとからあとから流れてきたのを思い出すわ。
あんたやリリィーさんとの思い出が素晴らしいから、
今、璃子と一緒に過ごしてるんやで。
ほんまにありがとうね。






[PR]

by sai-n.1020 | 2017-04-11 15:28 | 風景 | Comments(0)

夏の風物詩が終わって

またまたブログの更新が滞ってしまいました。

季節が進んでくれるといいのですが、
暑さはなかなか治まってくれません。

私の中で、京都での夏の三大風物詩と言えば、
祇園祭、みたらし祭、大文字送り火です。

昨年は、ギックリ腰をおこしてしまい、
下鴨神社で行われるみたらし祭に行くことができませんでした。

祇園祭は、とにかく人が多く、そして暑いし、
巡行を見に行くことは、よっぽど都合が合わない限り、
なかなか決心できないのが現状です。
今年は、巡行は断念しましたが、
ちょうど友達が京都に来られるというので、
鉾建てが完了した時に日にちを合わせ、
そして鉾に乗ろう!ということになって、行って来ました。

京都に来られる友達というのは、ma-saちゃんを通じて知り合った、かおちゃんです。

c0049950_23275725.jpg


他に行くところがあったため、この函谷鉾しか見ることができなかったけれど、私自身も鉾に搭乗するのは、かなり久しぶり。
だから結構ワクワク気分で楽しめました。


そして次はみたらし祭。
大抵夜に行くのですが、今年は午前中に。
幻想的な雰囲気は、夜ではないので、味わえなかったけれど、
この暑さなので、冷たい水がとっても気持ちよかった!

c0049950_2333713.jpg



大文字送り火が近づくと、夏もいよいよ終わりだなぁという気持ちになるのですが、
今年はこの頃からの暑さが厳しくなり、
というか、年齢のせいで耐えられないのか・・・?

そんな中、きょう送り火を迎えたのですが、
一昨日、昨日と、こちらでは昼過ぎから夕方にかけて、
雲行きが怪しくなり、土砂降りに見舞われていたのです。
きょうも、朝から厳しい暑さに加え、湿気も多く、
夕方の散歩の時間には、ポツポツと降ってきました。
いや~な予感がしたのですが、点火の時間が近づくにつれ、本降りに。

間もなく点火という頃には、ひどい土砂降り!(>_<)
それでも、散歩の途中にいつも寄るお家(ゴールデンレトリーバーがいます。)まで見に行きました。
屋上から、大、妙法、船形が見えるのです。
ところが、、、、無常にも雨は止まず。
点いているはずの「大」が見えず、
かろうじて「妙法」が見えましたが、すぐ消えていく。。。
船形も、ぼんやりとしか見えない。
儚いなぁ、、、なんて思う余裕もないほど、激しい降り方は治まらない。

c0049950_2348686.jpg


そんなわけで、こんな感じでしか見えなかったです。


c0049950_23521445.jpg


これは、散歩中、準備中の「法」の山をバックに撮ったもの。
見えにくいけれど、火床がわかりますか?
この時は、まだほんの小降りだったのですが。


どの行事、神事も、携われる方々のご苦労は大変なものです。
この暑さの中、心から「お疲れ様」と言いたいです。

「お疲れ様」といえば、まだ終わっていないけれど、リオオリンピック!
日本の選手団の活躍は、ほんまにすごい!
興奮と感動の連続ですね。

期待通りメダルを獲得した選手、
不本意な結果に終わってしまった選手、
予想外の活躍を果たした選手、
様々だけれど、
皆さん、それぞれ努力をされ、臨まれたことに違いはありません。

帰国されたら、声は届かないけれど、
心から「お疲れ様でした!」とテレビに向かって叫びたいと思います。



c0049950_005919.jpg

           (2009年8月)

「おかっしゃん。ワタシがおかっしゃんの家にいた頃は、
今ほど暑くなかったと思うワン。
若い頃は、ガレージにいたし、
おばあさんになっても、玄関にいて、確か扇風機が置いてあったワン。
今いるその子、クーラー付けてもろて羨ましい限りやワン。
でも、今の方が暑さが厳しいし、仕方ないワン。」

サイちゃん。そやねん。
「サイちゃん、よぅ外に置いてたなぁ。」って話をよくするねん。
ほんまに申し訳なかったなぁって思うけど、
当時は今ほど暑さが厳しくなかったのも事実やねん。
わかってほしいねんけどなぁ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2016-08-16 23:56 | 風景 | Comments(2)

2度目の遠出

また間が空いてしまいました。

そうこうしているうちに、梅雨入りしています。
収穫物にとって、雨は必要とは言え、
じめじめ、ムシムシは、やっぱり不快です。
まだ入ったばかりなので、本格的な蒸し暑さに至っていませんが、
きっとこれから、本領を発揮するでしょう。


さて、梅雨入りする前の5月末に、璃子を連れて、
ちょっくら出かけてまいりました。

20年以上ぶりの信州です。

c0049950_16373884.jpg


北八ヶ岳ロープーウエイの乗り場ですが、
もちろん璃子を連れては乗れません。
この時めっちゃ晴天で、気持ちよかった~。

c0049950_16393043.jpg


向こうに見えるのは、八ヶ岳の一部。
ここは、まきば牧場。

c0049950_1640426.jpg


この滝沢牧場では、牛さんに挨拶。


c0049950_16412247.jpg


初日に行った長門牧場では、アルパカさんに挨拶。

c0049950_16422476.jpg


普段の慌ただしい生活をすっかり忘れて、
のんびりした気分に浸れました。

c0049950_16433794.jpg


馬さんにはビビッてたけどね。

今回泊まったのは・・・。

c0049950_16441791.jpg


こむわんこさん、ma-saちゃんおススメの、オーベルジュ赤煉瓦さんでした。

おススメされただけあって、すごく居心地がよかったです。

c0049950_1724069.jpg


一泊目はわさびステーキ。

c0049950_1732346.jpg


二泊目はしゃぶしゃぶ。

普段味わえない贅沢~♪


c0049950_1646734.jpg


朝、ドッグランで、決して「run」とは言えないけれど、
まぁ楽しんでウロウロしていました。


c0049950_1743684.jpg


ええ年したおっちゃんとおばちゃんだけなら、決して乗らないスワンボート。

c0049950_1752887.jpg


璃子と一緒なら、平気で乗っちゃいます(笑)


c0049950_1761419.jpg


向こうの方には富士山が見え、標高の高さを実感!


そして帰りには、

c0049950_1772576.jpg


c0049950_1775045.jpg


馬籠に立ち寄り、柴犬に似合う街並みをちょっぴり散策。

二日目の夜に降っていた雨も、この時にはほとんどあがり、
天気にも恵まれ、本当に良い旅ができました。

家族での旅行で2泊以上したのは、一体何年ぶりかなぁ?
10数年ぶりだと思います。

定年になった主人。
これからは細々と暮らしていかなければならないけれど、
今まで勤めて来てくれた労をねぎらって、
たまにはこうして出かけようと思います。
璃子を連れて。。。

あっ、「主人の労をねぎらって」って書いたけれど、
私が運転できないし、
主人は疲れてしまうか・・・? 


c0049950_22365220.jpg

        (2007年6月)
「おかっしゃん。ワタシは1回しか旅行に連れてもらえへんかったけど、
その子は今度が2回目やワン。
ちょっと、、、、羨ましいワン。」

ごめんごめん。サイちゃん。
1回だけ岡山へ行ったなぁ。
雨降ったし、あまり楽しめへんかったけど。
そのあとは、お兄ちゃん達が大きくなって、うまいこと休みがとれへんかったし、みんなで出かけることができひんかったわ。
ごめんなぁ<(_ _)>

10年以上前からの・・・
[PR]

by sai-n.1020 | 2016-06-12 16:33 | 風景 | Comments(4)

あっけなく……。

年齢を重ねる毎に、月日の経つのが早く感じるのは仕方ないことです。

でも、でも、、、

早すぎるっ!


もう4月ですよ~。
この調子だと、あっという間に夏になり、秋になり、、、
いや、これ以上は言いません。


そしてブログの更新がすっかり「まれ」になってしまっています。
当然その間に季節は動いています。

桜が、もうすでに満開を迎え、、、、いや、きょうの雨できっと散り、当初今年は遅いと言われていたのが、結局あっけないお花見となってしまいました。

それでも、なんとか璃子にお花見をさせることができ、

c0049950_12525995.jpg
c0049950_12532536.jpg


こうして撮っている間、通りすがりの人達に、
「可愛い~♪」と言われては、「そやろ?そやろ?」と喜ぶ私でありました。

満開になる直前では、

c0049950_12553790.jpg

毎朝いつも一緒に散歩する翔ちゃんと、きゃあ~~! チュッチュしてるやん!

いえいえ、そういうわけではありませんが。

遠くへ行かなくても、散歩道で桜を満喫できることは、
本当にありがたいと毎年思います。

と言いつつ、ちょっくら出かけて来ました。

まずは二条城。
この日は残念ながら、満開まではあとひといきでした。

それから一週間後に行った和歌山城と九度山。
ここでは、充分楽しめました。

c0049950_1323750.jpg


でも、この写真では、その美しさが充分伝わってきませんね。

c0049950_1332868.jpg


一緒に行ったのは、いつものメンバー、ma-saちゃん、RUNちゃん、beちゃん、おば関ちゃんです。


そして、まだ桜がほとんど咲いていなかった時に、
昨夏私がギックリ腰をおこしたために、取りやめになってしまった、Bebeママ入洛が実現しました~。

c0049950_1319787.jpg


御所の桜は、この日まだまだでした。
Bebママのフルートと私の拙いピアノとのアンサンブルはやっと実現したけれど、
私はボロボロでした。

次までにはしっかり練習しておかないと!


久しぶりのブログが、単に、「桜が咲いた。」「どこそこへ行って来た。」だけの報告になってしまい、申し訳ありません。


c0049950_1362691.jpg

「まぁ、それはそれでええと思うりすぅ~。」
と、やる気のなさそうな璃子。


桜が完全に散ったあとは、薫風の心地よい、緑が鮮やかな、とてもいい季節がやってきます。
そしてGWを迎えると、どんどん暑くなるかもしれません。

体調崩さず、元気に過ごしていきたいものです。


c0049950_13311485.jpg

           (2009年4月)
「おかっしゃん。今年も桜の季節が来たんやワン。
ワタシもいっぱい写真を撮られたものやワン。
そのヤンチャな子も、ずいぶん大人しくなってきたみたいやけど、
ワタシみたいに、ちゃんとカメラの方をなかなか向かへんのはあかんワン。」

そやねん。サイちゃん。
名前呼んでも、かえって反対ばっかり向くねん。
サイちゃんみたいに10年以上桜や紅葉と一緒に写真撮りたいんやけどなぁ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2016-04-07 13:38 | 風景 | Comments(4)

夏の終わりに

ブログを始めた頃は、ほとんど毎日、サイのことを書いていた私が、
最近すっかりサボり癖がついてしまっています。
ところが、 先月に続いて、かろうじて2回目の更新ができそうです。

前回の記事にも、今年の夏の激しい天候のことを書きましたが、
今までとはスケールの違う被害を及ぼす、とんでもない豪雨が、全国を襲っています。

特に広島の惨状を見ていると、震災の時のごとく、
自分達が普通に生活していることのありがたさ、
被災者の人達に何もしてあげられないもどかしさを感じてしまいます。
救助作業にあたっておられる人達も、本当に大変だと痛感します。

少しでも作業が進み、避難されている方々の生活が、すぐに元どおりとはいかなくても、少しずつ改善していくよう、ただひたすら祈るのみです。



もう2週間も前のことですが、今年も、大文字送り火が無事行われました。

この日、ちょうどその1週間前に台風が接近した時と同じように、
ひどい豪雨に見舞われました。

c0049950_11585620.jpg


これ、前回の記事に載せた写真と同じ日に撮ったのではありません。
送り火の日、ちょっと雨が止んだ時に、急いで散歩に出かけた時の写真です。

c0049950_17131625.jpg


毎日散歩中に見る「法」の山。
火床が準備されているのが見えます。
この時点で、まだ大雨警報が出ていたので、
本当に行われるんやろか?と、半信半疑でした。

でも! 送り火に携われている人達の「絶対にきょうやるんや!」という強い願いが天まで届き、点火時間には、ほとんど雨が止んでいました。

c0049950_125743.jpg


すべてスマホで撮り、ブレブレですが。。。

あれほど悪天候だったのにもかかわらず、こうして無事に点火されたのです。
関係者の方々と、ご先祖の御霊(みたま)の思いがひとつになったありがたさを強く感じ、例年よりも今年の送り火は、特に感慨深いものとなりました。

送り火が終わったあと、しばらく蒸し暑い日が続いたので、
また梅雨に逆戻りかと思っていましたが、
月末になり、急に秋めいてきました。
来月になれば、また暑の戻り(?)が来るものの、
去年よりかは、秋の訪れは早いそうです。
もう今年の夏も、終わりですね。



さて、全く話は変わりますが。

最近知人が、相次いで介護認定を受け、
サービスを受けるようになっておられるんです。
また身内でも、以前よりも「老い」を感じるようになったり、
病院で診察を受ける機会が増えたりするので、
自分自身の老い先を考えるようになってきました。
数年前までは、こんなこと考えもしませんでした。
約8年前に母が亡くなり、そのあと父や、サイやリリィーや、親戚など、
次々と見送っていくうちに、
私は一体、どんな風に老いぼれて最期を迎えるんだろう。。。なぁんて、思い巡らしてしまうのです。
普段アホなこと言って笑ったりしていても、ふと我に返ると、
色々考えてしまうんです。

両親みたいに、オムツの世話をしてもらったり、
車椅子や、訪問入浴のお世話になるんやろか?
将来の息子のお嫁さん(一生来てもらえないかも?)の世話になんて、なりたくないなぁ。
それなら、いっそのこと、心筋梗塞とかで、ぽっくり逝った方がいいのかなぁ。
誰にもお世話になりたくないし。

かなり暗い話題ですが、
こんなこと考え出すと、身の回りをそろそろ片づけなあかんやろか?とか、
そんなことにまで飛躍してしまいます。

でもその反面、リリィーちゃんが縁で、ずっとお世話になっているおばあちゃんを見れば、こんな甘いこと言ってられない!と自分に言い聞かせ、活を入れたくなります。
そのおばあちゃんは、なんと今年の夏に90歳になられたというのに、
お独り暮らしで、何の介護サービスも受けず、
ご自分のこと全てご自分でされていて、
(それどころか、お手製のおかずをくださったりする!)
余裕たっぷり、ゆったりと過ごしておられます。
ご主人に先立たれ、多分30年ほど経ってると思うのですが、
実に、人生を楽しんでおられるという印象です。
「〇△さん、憧れやわぁ。」って、いつも話しています。

人生何事も、前向きでなければなりません。
将来のことを心配することも大切だけれど、
一日一日を大事に過ごし、次の日を迎えらえることに感謝すれば、
自然とポジティブに生きていくことができる!

頭の中で、考えが、こんな風に行ったり来たりするけれど、
最終的には、プラス思考にたどり着ければいいなぁと、
そんな自分でありたいと、日々祈りながら過ごしています。


c0049950_1346454.jpg


ここには書けないけれど、悩み事はてんこ盛り!
でも、璃子のこんな様子を見ると、
自然と笑顔になれるし、気持ちは明るくなります。
璃子の存在に、感謝しないと!


あっ、この子がいたから、今私には璃子がいるんやわ。
c0049950_13484147.jpg

              (2007年8月)
 

「おかっしゃん。もともと気楽な考え方しかせえへんのに、時々考えんでもええことまで悩んでしまうのが、悪い癖やワン。
ワタシも、あのでっかかった子も見守ってるんやし、
おかっしゃんは、今のこと考えて、人生楽しんでいったらええんやワン。」

サイちゃん。悩んでも解決せえへんことってたくさんあるわ。
解決するように念じて、プラス思考でいくね!
[PR]

by sai-n.1020 | 2014-08-31 13:50 | 風景 | Comments(6)

残暑お見舞い申し上げます。

体温を軽く上回るほどまで、最高気温を記録したかと思ったら、
台風が列島を横断し、暴風雨が襲ったりと、
今年の夏もなかなかの激しさを発揮し、
ますます亜熱帯に近づいてきたなぁと感じるきょうこの頃です。

しかし実際は立秋もすんだし、少しでもいいから、秋に近づいてほしいものです。


前回の日記では、祇園祭を記事にしましたが、
先月末の、こちらでの風物詩を、やはり載せておきたいと思います。

ここ数年必ず参加している神事です。

c0049950_15452489.jpg



毎年お馴染み、下鴨神社での「みたらし祭」です。
またまた、ma-saちゃんと行って来ました。

今年はねぇ。。。ちょっと最初しくじったというか。
土曜日に、まず行ったんです。
そしたらね。
混んでることは想像していたけど、想像以上で。。。(-_-;)
それはそれは、すっごい行列で。
遠くから来ている人なら、そのまま並んでおられたと思うけれど、
なんせ私達は地元民。
「出直そっか。。。」と、この日はそのまま帰宅。

そして、最終日に再び行ってまいりました。


c0049950_15482932.jpg



みたらし祭について、今更ですが、一応説明を。

下鴨神社の御手洗池の湧き水に足を浸け、罪、けがれを祓い、無病息災を祈る神事。
平安時代の貴族が、季節の変わり目に禊をして、罪や穢れを 祓っていたものがはじまりと言われています。

浸かる直前、前の方の人が一斉に、「うぉ~~~! 冷たい!」と叫びます。
そんな声を聞き、覚悟をしながら恐る恐る浸かると、やっぱり冷たい!
足の感覚がなくなるような、しびれのような、そんな感じを味わっているうち、
次第に足が慣れてきます。
すごく気持ちがいいので、この季節には絶対おすすめの神事です。


祇園祭や、みたらし祭がすみ、
いよいよ大文字送り火の日が近づいてきたなぁと思っていたところ、
台風11号が、直撃に近い状態で、襲って来ました。

台風って、わりと夜中のうちに通り過ぎることが多いのですが、
今回は、日曜の早朝から昼過ぎ頃に、一番接近しました。
かなりの風雨に見舞われましたが、夕方になると雨が止み、
なんとか川原へ散歩に出ることができました。

c0049950_1503530.jpg


c0049950_1511926.jpg


こんな川を見ると、去年の渡月橋周辺の被害を思い出します。
今回も、避難勧告が出た地域があります。

私達は、日常の中で、自分の健康や家族のことなど、
あらゆる所で、神様に手を合わせ、祈願する機会があるけれど、
自然は、時には人間の心に反して、思いのままに動き、暴れ出したりします。
そんな自然に逆らうことはできませんが、
少しでも、被害が少なくてすむように、
これからまた台風が発生、接近しても、そう願いたいものです。


台風が来る少し前に、いつもの散歩道である川原で、
なんと!3頭の鹿に遭遇しました。

c0049950_16154963.jpg



以前日記に載せたことのある、璃子の第2のボーイフレンド(笑)のライちゃんのお母さんが、夜遅くに散歩させておられた時に、な、な、なんと、、、、

12頭の鹿が歩いていたそうです!

いやぁ、見たかったわぁ。



c0049950_1619564.jpg



璃子、間もなく我が家の娘になって、2年が経とうとしています。
まだまだやんちゃもするけれど、
かなり落ち着いてきたかな?


c0049950_16223525.jpg

             (2006年8月)
「おかっしゃん。今年も、Jyollyくん&翔ちゃんのママと、足を浸けに行ってきたんかワン。
ワタシ、夏になると、こんな風にサル顔になること多かって、
いつもおかっしゃん、笑って写真撮って、失礼やったワン。
そのやんちゃな子は、サル顔にはならへんのかワン?
もしなったら、ワタシ思い切り笑ってやるワン。」

サイ子~。あんたのサル顔、ほんま面白かったなぁ。
璃子は、あんたみたいに、ゴソッと抜けたりせんと、
年中ふわふわ抜けるねん。
あんたの背中が地図みたいに禿げてたん、めっちゃ懐かしいわ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2014-08-11 14:44 | 風景 | Comments(4)

祇園祭

厳暑、酷暑お見舞い申し上げます。

最高気温が、体温を上回るということが、日常茶飯事になってきています。
でも、まだ8月になっていません。
これから1か月以上、この暑さと戦わなくてはなりません。
水分補給に気を配って、熱中症対策につとめ、
今年の夏も乗り越えていきたいものです。


さて、京都では、三大祭のひとつ、「祇園祭」が催されています。
祇園祭は、平安時代に流行した疫病退散を祈願した祇園御霊会(ごりょうえ)が始まりだと言われています。
クライマックスである「山鉾巡行」はすみましたが、
すべてが終わるのは、今月末です。

今年の祇園祭は、大きく変化しました。
49年ぶりに、後祭が復活し、幕末の蛤御門の変で焼けて失われた大船鉾が、150年ぶりに巡行に復帰したのです。

今まで何度か巡行を見に行っていましたが、
今年はその「大船鉾」を絶対見たい!と思っていて、
まず、後祭の宵山の23日に出かけました。
とはいっても、昼間でなく、夜の10時半頃を目指して。

なぜかというと、、、

南観音山で行われる「あばれ観音」を久しぶりに見に行くのが、最大の目的だったからです。
これが始まるのが11時過ぎ頃。
それまでに、まず大船鉾を見に行きました。

c0049950_153238.jpg


さすがに遅い時間だったので、大勢の人がごった返すという感じではありませんでした。
それでも大船鉾の回りは、そこそこの人だかり。
しかも、南行きの一方通行で歩かなければなりません。
写真を撮ろうと立ち止まろうとすると、
「後ろからどんどん歩いてこられるので、立ち止まらないように!」
と警備の人の声が。。。
う~~ん、これではブレて、ちゃんと撮れへんやん。

c0049950_154435.jpg


なんとかこれだけ撮りました。
装飾品はまだ未完成で、白木のままですが、
寄付を募って、金箔や漆で装飾を施した完全復興を目指しておられるそうです。
確かに、もともとある「船鉾」の方が、豪華絢爛という印象ですね。
これから年々装飾品が加わっていくのも楽しみです。


さて、南観音山へ向かいます。
その手前に、北観音山がありました。
c0049950_846425.jpg


ちょうど、日和神楽がお囃子を響かせながら、回っているところでした。

北観音山の日和神楽 

何度か宵山に来ているけれど、こういうものに遭遇したのは初めてでした。

さてさて、いよいよ南観音山へ。

c0049950_8471933.jpg


やっぱりたくさんの人が集まっています。
しばらく待っていると、ようやく中から観音様が出て来ました。

c0049950_8481524.jpg


御神体の楊柳観音像が、布を被せられ、紐でぐるぐるに巻きつけられています。

さぁ、始まりました!

c0049950_848542.jpg


何年か前に見に行き、ここにもupしたのですが、
エキサイトさん、当時の動画ツールを止めてしまわれて、、、
今は見ることができません。

あまり綺麗に撮れてないけれど、見て下さいね。

南観音山のあばれ観音

担ぎ上げられる観音様


山鉾の、荘厳で雅な雰囲気とは違い、
ちょっと手荒で迫力あるこの神事。
見ていると、なぜか笑ってしまう~。

このあばれ観音の由来、以前も書いたかもしれないけれど、
いくつか説があり、そのうちのひとつが面白い!

「南観音は北観音が好きで好きでたまらない。そのまま巡行を迎えると、暴走してしまうかもしれない。そこで、前日の夜にあばれさせて、心を静めさせ、巡行の間は静かに座って頂く。」

こういうことだそうで。。。
ね? 面白いでしょ?
それで私、てっきり、南観音山が男性だと思っていました。
そしたら逆!
南が女性、北が男性。
びっくり!(@_@。
南観音山って、情熱的やったんやなあ。

以前、このあばれ観音を見に行った翌日の巡行も、見に出かけたことがあります。

最近、身内を含め、知人など周りで老いていく姿に直面し、
私自身も、どんどん老けていくんやろなぁと実感するきょうこの頃、
来年行けるかどうかわからないし、
この日の翌日の24日、後祭の巡行も、見に行って来ました~。

しかも、このくそ暑い中チャリで。。。

復活した大船鉾を含め、10基のみの巡行です。
烏丸御池を出発し、前祭と逆方向に進みます。
選んだ観覧場所は、河原町御池。
ここは広々としていて見やすいのですが、
すでにたくさんの人が見に来られていて、近くまでは行けません。
角にある駐輪スタンドに登って、
10×20ほどの小さい上部に、でっかいお尻を乗せて、
何とか撮影できる体勢に。。。

でも、持ってたのはスマホのみ。
そんなにでっかくは拡大できないし、巡行してくる山の細部までは撮れません。

c0049950_1043317.jpg


下の写真は、報道カメラマンのためのスタンド。
いいなぁ。あんなところで撮れるなんて。


ラストを飾るのは、大船鉾。
ほ~ら、やって来たよ!

c0049950_10441811.jpg



上にも書いたように、まだ未完成とはいえ、
堂々たる姿です。


またまた見にくいけれど、動画も見てください。


大船鉾辻回し



あとでわかったことですが、
鉾の前に乗り、扇子を振り回しておられる方のおひとりが、
なぁんと、知人でした。
こういう歴史ある伝統行事に関われるって、いいなぁ。
もし私が男なら、曳き手のボランティアとして、絶対参加していたと思う!

祇園祭って、知れば知るほど、奥の深さを感じることになりそうです。
たとえば、山のひとつひとつにも意味があったり、
巡行以外にも、色々行事があったり、、、


来月には、大文字の送り火があります。
暑い中、行事が続きます。
始った頃に比べ、暑さの厳しさは年々増し、
亜熱帯での行事のようになりつつあります。
携われる方も、見物される方も、
くれぐれも、熱中症に気をつけていただきたいものです。


c0049950_1052233.jpg


この暑さで、すっかりダウン気味の璃子。
時々吐くことがあるほど。
昼間は、ほとんど寝ているようです。


c0049950_111898.jpg

             (2006年7月)

「おかっしゃん。今年は頑張って見に行ってきたんやワン。
行事を楽しむのは、ええことやけど、
もう若くないんやし、無理はせえへん方がええと思うワン。」

サイちゃん。ありがとう。
こういう行事に接するとなぁ。
あんたがいた頃のこの季節は、どんな感じやったやろうとか、
ついつい考えてしまうわ。
今、クーラーのきいた部屋で璃子が寝てる姿見てると、
あんたに悪いことしたなぁって、思ってしまう。
サイちゃん、外飼いやったしなぁ。
あの頃の暑さは、今ほど厳しくなかったけど、
あんたも部屋で飼ってたら、もっともっと心を通わせることができたんやろなぁ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2014-07-27 23:46 | 風景 | Comments(8)

さくら~♪

c0049950_943133.jpg



3月は、結局一度もブログを書かずに過ぎ去ってしまいました。
この写真は、3月の下旬、ようやく春らしくなってきた頃のものです。
めっちゃ元気に走っています。

このまま暖かくなると思いきや、そうはいかず、
何度か寒の戻りを繰り返しながら、やっと今年の桜も、見頃を迎えました。

c0049950_973795.jpg


c0049950_975836.jpg


c0049950_982122.jpg


必死で、おやつを片手に、「璃子~♪」と呼んでも、
なかなかこっちを向いてくれません。
きっとうんざりなんでしょうね。
あくびをしているのは、そんな気持ちの表われかも?

朝の散歩では、翔ちゃんと仲良く(?)歩いています。

c0049950_9124262.jpg


璃子の方から仕掛けて、翔ちゃんに叱られるから、
こんな風に、ma-saちゃんにおやつをもらおうとしたら、
翔ちゃんにしてみれば、腹立つんやろなぁ。
それでも、結構仲良く歩いていますよ。

「歩く」といえば、最近時間のある時には、
ちょっと足を延ばして散歩に行きます。
最初の、ダッシュしている写真は、宝ヶ池の方ですが、
私にとっても、ちょっとしたウォーキングになります。

c0049950_9162885.jpg


これも宝ヶ池です。
ひとりだったら、こんなところまで歩いて来ないけれど、
璃子と一緒だから、歩けるんでしょうね。
璃子に感謝!

最初に、「寒の戻りを繰り返しながら」と書きましたが、
今年は、満開になってからも、びっくりするような寒さに見舞われました。
おまけに、風が強かった!

晴れたかと思ったら、時雨れたり、、、
そんな日があったのですが、
そのお蔭で、散歩中、虹を見ることができました。

c0049950_9202843.jpg


左は比叡山、右は大文字山。
どちらもうまく撮れてないけれど、
山に虹がかかっているの、わかりますか?

桜満開の時期とはいえ、
璃子と散歩していたから、こんな虹にも遭遇できたんやなぁ。
またまた璃子に感謝!

c0049950_9265274.jpg


c0049950_927725.jpg


しょっちゅう見ている、大文字山と「法」の山。
この時期には、やっぱり桜と一緒に撮らないと!


こんな綺麗な桜も、間もなく散っていきます。
寒い時期が長かった今年の早春、
きっとこれから急に暑くなり、
あっという間に、初夏から真夏に向かうんやろなぁ。

でも、季節を感じながら、
日一日、無事に過ごすことができていることに、
本当に感謝しなければなりません。

生きていれば、色んなことにぶち当たりますよね。
それでも、どんな些細なことでも感謝する気持ちを大切にしていれば、
自然と活気が湧いてきて、
前に進もうという気持ちになれます。

・・・なぁんて、偉そうなこと言ってる私ですが、
もちろん落ち込むこともありますが。


前回の日記で、ソチオリンピックのことを書きましたが、
その感動が薄れないように、というわけではないけれど、
初めてこんなところへ行って来ました!

c0049950_10263653.jpg


「世界フィギュア2014 大阪エキシビジョン」を見に行って来たんですよっ!

高橋くん、怪我が治って出て来てくれはらへんやろか・・・?

って、かすかな期待を抱いていましたが、
やっぱりそれは無理でした。

真央ちゃんも、残念ながら出場せず。。。

でも!
羽生選手、町田選手、小塚選手、鈴木選手、村上選手という、
ソチ出場組の演技を生で見られて、よかったです!

パトリック・チャンや、ソトニコワももちろんよかったけれど、
大好きなコストナーの演技を見られて、大感動でした!
なんと! SPの「アヴェマリア」を滑ってくれたんですよ~。
長身の彼女の演技、やっぱり圧巻でした。

そうそう、織田選手の演技も見られてよかったし、
フェルナンデスのコミカルさ、可愛らしさに、
新しくファンになってしまいました。

今回「トリ」は羽生選手だったけれど、
(アンコールでは、SPの「パリの散歩道」を演技してくれて、
例の「あのポーズ」も決めてくれた!)
もし真央ちゃんが出ていたら、どうなってたのかな?
進退について、迷ってるから、出なかったのかなぁとか、
金メダルのソトニコワに気を遣ったのかなぁとか、
勝手に考えてしまいました。

なかなか無理だとは思うけれど、
今度は、エキシビジョンじゃなく、公式戦を見てみたいです。

それと、、、高橋くんの、あの大好きな芸術的な演技を見てみたい!


c0049950_945336.jpg

             (2007年4月)

「おかっしゃん。ワタシも、何回もカメラ構えられて、
結構うんざりしてたワン。
でもこうして見たら、桜をバックに撮ってくれて、
やっぱり嬉しいもんやワン。
そのやんちゃな子、もしカメラの前であくびしたら、
ワタシが蹴っ飛ばしてやるワン。
それにしてもおかっしゃん、音楽とか演技とか見に行って、
すぐ感動して。。。
単純な性格やし、あきれるけど、
それだけ元気なんやから、ちょっと安心したワン。」

サイちゃん。今年も桜を見ながら璃子と散歩して、
やっぱりあんたのこと思い出してたでぇ。
あんたにとって最後に撮ったあの桜の前で、
璃子も撮ろうとしたんやけど、
残念ながら、木の枝の先が傷んでて、
綺麗に満開になってへんかったわ。
そやから、あの写真は、貴重かもなぁ。


「あの写真」とは、何度も載せてますが、これです。

c0049950_9523089.jpg

[PR]

by sai-n.1020 | 2014-04-06 10:02 | 風景 | Comments(12)

今年もよろしく!

昨年の12月、とうとう一日もブログを更新しないまま、
年が明けてしまいました。

なかなか更新できないブログですが、
今年もよろしくお願いいたします。


猛暑のあとは、厳寒がやってくると聞きますが、
確かに、先月かなり厳しい寒波が到来しました。
ただでさえ、動きが鈍くなっている私、
ますますゆっくりしか動けなくなります。
でも、どっちかというと、夏よりも冬が好きなので、
寒さに負けず、おばさん、頑張ります!


昨年から多忙な状態が続いていますが、
今年初めにまず行われた、この行事を、
久しぶりに見に行って来ました。

c0049950_11315296.jpg


下鴨神社の「蹴鞠初め」です。
も~のすごい人、人、人でした。
始まる少し前に着きましたが、すでに大きな人垣が、鞠庭を取り囲んでいました。

後ろから見ても、何も見えない!
もうあきらめて帰ろうかとも思ったけれど、
来年行けるかどうかわからないし、粘り強くスマホを構えているうちに、前で見ている人達が退散され、
気が付いたら、一番前に来ていました。

c0049950_14463241.jpg


最初見ていた場所を離れて、移動してからも、
頑張って前の方へ進んで撮りました。


動画も撮ったので、見てくださいね。


スマホで撮った蹴鞠初め


蹴鞠初めは、飛鳥時代に日本に伝わり、平安時代に貴族の間で流行したそうです。
今年はW杯の年です。
最後の方で、大会公式球を使って蹴り合ったらしいけど、
残念ながら、私が帰ったあとでした。

伝統的な行事の典雅さと、今の時代を代表するスポーツの熱さが融合して。。。
当時の貴族が見たら、どう思うだろうなんて考えてしまいました。


見に行ったのは、今回二度目です。
初めて見に行ったのがいつなのか、ブログをさかのぼって調べたら、3年前でした。
あの時は、一眼で必死で撮っていました。
よかったら見てください。

3年前のブログ


この下鴨神社では、様々な伝統行事、神事が行われます。
以前はよく見に行って、ブログにアップしていました。
最近は、「みたらし祭」ぐらいしか行けてません。
今年は、久しぶりにできればいくつか見に行きたいです。


この日、夕方の散歩で、再び下鴨神社に立ち寄りました。
わんこは、鳥居より中は禁止です。
それで、こんな風に撮っていたら、、、

c0049950_15334355.jpg


駐車場の警備員さんが、璃子のことを「コロちゃ~ん。」って呼んで、撫で撫でしてくださったんです。
「ここより中は、入れませんからねぇ。」って言ったら、
「いやぁ、結構連れて入ってはりますよ。大丈夫なんと違うかなぁ?」って。

え? ほんまにええの?(いや、本当はダメです。)
抱っこして入ってみよか?(あかんって!)
もし「だめですよ。」って言われたら、潔く出ればいいし。(おいおい。本当に連れて入る気か?)

と自問自答しながら、璃子を抱っこして中へ。。。
干支の社で、璃子の「辰」の前で手を合わせ、
そして、さっきまで蹴鞠をしていた鞠庭へ。

c0049950_15385137.jpg


こうして、ほんの一瞬だけ璃子をおろして写真を撮って、
そそくさと出て行きました~。

ごめんね。神社の宮司さん。


ひとつひとつ行事が行われ、季節がどんどん進み、
今年もきっと、あっという間に月日が過ぎていくことでしょう。
一日無事に終えられたら感謝し、
毎日元気に過ごしていきたいものです。


c0049950_15491475.jpg

              (2009年撮影)

「おかっしゃん。ワタシはあの神社の前で写真撮ったことあるけど、中に入ったことないワン。
この図々しい子、そんなことしたら、ますます厚かましい子になるワン。
おかっしゃん、甘すぎるワン。
というか、おかっしゃん、ちゃんときまりを守るべきやワン。」

そやなぁ。サイちゃん。
あんたの言うとおりやわ。
大好きな下鴨神社の神様に叱られたら大変。
大いに反省します!
[PR]

by sai-n.1020 | 2014-01-05 23:48 | 風景 | Comments(12)

もう11月も終わりです。

PCの調子が悪いのと、多忙なことを理由に、
全然ブログを更新できませんでした。

その間に、あっという間に紅葉のシーズンを迎え。。。

c0049950_22594619.jpg


こうして、なんとか璃子と一緒に、曼殊院の紅葉を満喫できました。
(かなり、ダッシュ気味でね。)


そしてそして、なぁんと、
私がブログを始める前からのわん友さんである、北海道在住のロジーナ隊長と、念願の初対面~♪ が実現!

しかも、この紅葉シーズン真っ只中に、
無謀にも(笑)嵐山で待ち合わせでした。

多くは語りませんが、隊長、可哀想にひどい目に遭われ、
初対面を果たすまで、長い道のりでしたぁ(爆)

c0049950_2382185.jpg


左上の渡月橋の上、見にくいけど、めっちゃたくさんの人が歩いておられるの、わかります?
台風による豪雨が、この橋を飲み込みそうになっていた映像が思い出されますが、
あの時浸水したお店も、ちゃんと営業再開されているようでした。
よかったよかった!

ネット上では、知り合ってかれこれ10年近くなるお友達とは言え、この日が初対面。
でも、ちっともそんな感じでなく、すぐにぺちゃくちゃマシンガントークが繰り広げられました。
きっと、この関西のオバハンに圧倒されたことでしょう。
隊長は、思った通りの、おおらかで温かみあふれる、道産子ウーマンでした。

隊長、騒がしい私に懲りずに、また来てね!
今度は是非、ゆっくりと町家でランチしましょ♪ (大爆)


などと、、、お気楽なことを言ってますが、
実は、今月とても悲しいことがありました。
家族みんなが慕っていた親戚が、旅立ってしまったのです。

父や母が逝った時と同じような、でもちょっと違う、
そんな気持ちで、今過ごしています。

家に行くと、「来てくれたん? ありがとう。」って言う声が聞こえてくる気がします。

もっとああしてあげたらよかった。
行きたいって言っていたところへ連れて行ってあげたかった。
もっともっと、、、色んな話をしたかった。

思うことは色々あるけれど、
今は、満中陰までできるだけ会いに行って、供養したいと思っています。



c0049950_23422873.jpg


最近の朝の散歩は、まだ暗いうちに歩き始め、
夕方の散歩は、歩いているうちに、あっという間に暗くなるので、
こんな風に、ちゃんと日差しを浴びて写真を撮る時間が限られてしまいます。
それに、ここ最近の寒さ!
グレーの空ばかり見ながら散歩する日が、また続くんやろなぁ。


c0049950_23483110.jpg

                (2006年11月)

「おかっしゃん。このブログのヘッダーの写真、確か今ぐらいの季節に、ワタシを撮ったこと覚えてるワン。
いつまでもこの写真にせんと、そろそろ、そのやんちゃ娘に変えてもええワン。」

サイちゃん。いやいや、写真はこのままにしとくで。
ガウガウ犬やったあんたが、この頃から段々私に身を任せてくれてたこと、
寒い季節になって、しみじみ思い出すねん。
璃子が何歳になっても、写真はこのままやで。
[PR]

by sai-n.1020 | 2013-11-30 23:57 | 風景 | Comments(2)