2010年 09月 22日 ( 1 )

シロちゃんに会いに

この間の日記に、
「やっと涼しくなった。」と書きましたが、、、、


どうなってんのぉ~? この暑さのぶり返し。
しかも、なぁんか蒸し暑いし。

そりゃ、この間までのような、たまらん暑さに比べればマシやけれど、
9月の下旬に、30度を超すこと自体、おかしいですよね。

でも、朗報と言ってよいのか、
これから、鬱陶しいけど雨が降り、
そのあと、「待ってました♪」の、本物の秋(?)がやって来るそうですよ。



もうひとつ、この間の日記に載せた話題。
そう、あの非常識な飼い主。

あれから、公園へ連れて来る時に、なかなか遭遇しません。
わんこが吠えている声は、たまに聞こえるのですが(わかりやすい声なんです。)
窓から見たら、もう帰ろうとしていたり、、、
また何か起こったら、お知らせしますね。
皆さん、賛同してくださって、ありがとうございました。



昨日、リリィーちゃんを病院へ連れて行って来ました。
飲ませていた薬と目薬が切れてしまったのと、
それから、肛門の上と、首のあたりに、
同じようなオデキを見つけたからです。

サイちゃんに使っていた軟膏を見つけたのですが、
使用期限がかなり過ぎていて。。。

(そうそう、薬を探していたら、去年の今頃飲ませていた薬を発見!
またまた泣いてしまいました。。。)


オデキは、老人性(って先生言われたけど、正確には「老犬性」?)の皮膚病だそうで、
特に深刻なものではないらしいです。

その軟膏を含め、3種の薬をもらい、お金を払っていたら、
カウンターの上に、チラシを発見。

c0049950_15575490.jpg


引き伸ばしているところを指さして、
「先生、、、これ、、、
リリィーちゃんの母親が、来月16歳になるところだったんですけど、
生きてたら、もらえたんですよねぇ。」って聞くと、
「そうですねぇ。。。」って先生。

私が「はぁ~~。」ってため息ついてたら、
「う~~ん。まぁ、色んな催し物をやっているから、
よかったら23日来てください。僕も行ってますから。」と先生。

・・・・・・・申し訳ないけれど、ちょっと行く気にはなれません。
「行けたら行きます。」とは言ったけどね。

あ~~ん。サイちゃん。
16歳まで生きてたら、表彰されたのに。。。

はっ。。。私、またこんなことを。。。
サイちゃんの苦しさも考えずに。
サイちゃんは、あれが限界やったのに。

ごめんな。サイちゃん。。。


16歳。。。
サイ子には到達できなかった年齢ですが、
この間の休みの月曜日に、16歳のわんこに会ってきました。


chikaちゃんむっちゃんご夫婦が飼っておられる、シロちゃんです。


シロちゃんは、もともと椎間板ヘルニアを患っていたのですが、
この間から、その症状が出てきたのと同時に、別の病気が見つかり、
急に弱ってきたのです。

サイ子は、chikaちゃんにもむっちゃんにも会ってもらっているというのに、
私は一度もシロちゃんを触ったことがない、、、
行って、撫で撫でしてあげたい!

そんな思いが募ってきて、いてもたってもいられなくなってきて。。。

でも、シロちゃんはもともと、しっかり番犬をする子なので、
私が行くことによって、興奮して、
余計に具合が悪くならないか心配したのですが、むっちゃんが、
「誰にもほとんど触られたことがないから、
よその人も可愛いって思ってくれてるって、体験させたい。」
と言ってくれたので、
図々しくも、お邪魔してきたのです。


いきなり、「シロちゃん!」って触ると、びっくりしてはいけないので、
少~しずつ、少~しずつ、シロちゃんに近づきます。

c0049950_16173196.jpg

午前中、点滴を受けてきたシロちゃん。
まだその疲れがとれてないのか、あまり私のことを気にとめません。

c0049950_1619138.jpg

腕に床ずれが少しあるため、包帯を巻いてもらっています。

名前を呼びながら、ちょっとずつ、触っていきました。
特にいやがらず、じっとしていたし、よかった、、、、


物をほとんど食べないので、
むっちゃんは、わんこ用のミルクを一生懸命飲ませます。

c0049950_1622991.jpg


ほんの少しでも、ゴックンしてくれると嬉しくなります。
サイちゃんが、ちょっとでも食べてくれたらすごく嬉しかったことを、思い出しました。



ほとんど寝たままで動かなかったシロちゃんですが、
リビングで喋っていたら、こうしてむっくり立ち上がって、、、

c0049950_1624428.jpg


なんとなく、侵入者の変な空気を感じ取ったのか、
2,3歩歩き出しました。
そして「ワン!ワン!」って吠えてくれました。
よかった!
吠える元気はまだまだ健在です!

あ、、、でも、ごめんごめん。
変なオバサンがお邪魔していて、申し訳ないっ。
心配せんでも、怪しい者じゃないからね~、シロちゃん。


c0049950_16271658.jpg


おしっこがしたくなったようです。
お庭へ向かうのですが、
こうして胴輪をむっちゃんが持ち上げるようにして、移動です。
この胴輪、むっちゃんのお手製です。
さっすが器用なむっちゃん!
うまいこと作ってあって、シロちゃん幸せやなぁって思いました。


chikaちゃんも、むっちゃんも、
大事な大事なシロちゃんを、こうして一生懸命介護しておられました。
思い通りに身体を動かせないシロちゃんのことを思うおふたりの気持ち、
サイちゃんのことを思い出し、痛いほどわかりました。

とにかく、できるだけ苦しまず、少しでも長く、
穏やかに過ごしてほしいと願うのみです。

c0049950_16315183.jpg


シロちゃん、見慣れへんおばちゃんが強引に上がりこんでごめんね。
痛かったり、苦しかったりしたら、むっちゃんに知らせるんやで。


c0049950_16325683.jpg


サイ子が到達できなかった16歳になり、
ご家族の愛情をたっぷり注がれて、幸せに暮らしているシロちゃん。
そんなに苦しそうな表情ではなく、
ゆったりまったりと、穏やかに過ごしているシロちゃん。
ちょっと遠かったけれど、思い切って行ってよかった!
シロちゃんを撫で撫でできて、ほんまによかった!




明日にかけて、大雨が降るって本当かなぁ?
リリィーちゃんの散歩も困るけれど、
シロちゃん、お庭に出るのも大変やろなぁ。



きょうは中秋の名月。
でもあいにくの曇天。

それでも、食べるものは食べます(笑)


c0049950_1725285.jpg


ちょっと買うものがあって、近所の和菓子屋さんへ行ったら、
こんな月見団子がっ!
これを買わずにはいられません。



c0049950_17265195.jpg
                         (2009年9月14日撮影)

「おかっしゃん。シロちゃんがじっと寝転んでるの、ワタシの姿に似てるワン。
ワタシがなれへんかった16歳になれたんやし、
シロちゃんには、もっと頑張ってほしいワン。」

サイちゃん。おかあさんもそう思う。
苦しむのは可哀想やけれど、
できたら、ちょっとでも、、、1日でも長く、
chikaちゃんとむっちゃんと一緒に過ごしてほしいなぁ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2010-09-22 20:49 | Comments(14)