またまたさかのぼって

ようやく、5月らしい天気がしばらく続きました。
・・・・が、
きょうは朝から土砂降り。
でも、昼前には止んで、
昨日までしばらく続いた、かなりの暑さから解放されて、
少しほっとした感じがします。

1週間前に、この天気だったら大変でした。
なぜかと言うと、
この間の日記に書いたように、葵祭だったからです。



去年の今頃の日記に、
葵祭を、賀茂街道まで見に行ったことと、
12日の御蔭祭を見に行ったことを合わせて、
非常~~~~~に長~~~~い記事を書きました。
もし、長くてももう一度見ておこう、、、と思われたら、
ここをご覧下さい。
(多分おられないやろなぁ。)


今年は、御蔭祭を見に行くことができず、
葵祭当日も、決してゆっくりと見物したわけではありません。
この間も書いたように、
行列が最後に到着する上賀茂神社へ、慌てて自転車をこいで行き、
すでにいっぱいおられた見物客の間をぬって、
すっごく慌ただしく少しだけ写真を撮っただけです。

なので、ちょっと「舞台裏的」な写真ですが、
(そんな、かっこいいものじゃないけど)
ざぁ~~~っと載せていくので、よかったら見てくださいね。

おっと! その前に、
ちょっとご説明を。。。

葵祭の起源は、
「約1400年前の欽明天皇の頃凶作が続いたため、
賀茂皇大神の崇敬者だった卜部伊吉若日子(うらべいきわかひこ)を勅使として、
馬に鈴をつけ、人に猪頭をかぶらせ、走らせて祭礼を行ったところ、
風雨はやんで、五穀は豊かに実り、国民も安泰になった。」
というところからきているそうです。
その後、嵯峨天皇の弘仁10年(819年)に中祀に準ぜられ、
盛観を極めたらしいです。
そして、時代と共に盛衰はあったものの、
明治17年旧儀に再興され、
祭日も5月15日と定められたそうです。


では、今度こそ、見ていただきますね。


c0049950_15111727.jpg


これは、何枚か撮ってから到着した、斎王代です。
遠くから写したので、斎王代がどっちを向いておられるのかも確かめられず、
とりあえず撮った1枚です。

c0049950_16263637.jpg


そしてこれは、腰輿(およよ)から降りた斎王代が、何人かの可愛い童女を従えて鳥居をくぐり、「社頭の儀」へ向かうところです。
これ、、、めっちゃ遠くから撮ったんですよ。
ご覧のように、間近で撮っておられる方がたくさんおられるけど。。。



さて、ここからは、上賀茂神社に着いてから撮った順に、載せていきますね。


c0049950_16303967.jpg


行列が終わり、人も馬も、ホッとしている雰囲気たっぷり(笑)です。


c0049950_16493762.jpg


この神馬、御蔭祭の時に登場するのと、同一馬?
なぁんて、考えてしまうけど、違うんやろねぇ。


c0049950_16512231.jpg


この風流傘の造花、毎年取り替えられるそうです。
(正直、同じものを使われていると思ってたし。。。)


c0049950_172116.jpg


牛さんも、お疲れ様!

って声をかけていたら、
「ここに牛車が入りますので、どいてくださ~い!」
って言われて、少し移動しました。

c0049950_18284425.jpg


確かに、目の前に華やかな牛車が!

そこで、片付けられる様子を何枚か撮ったので、順を追って見てくださいね。

c0049950_1751310.jpg


こういう瞬間を見たのは、もちろん初めてでした。



さて、次から次と、行列が到着します。

c0049950_1764314.jpg


騎女(むなのりおんな)も、お疲れ様!

c0049950_1775524.jpg


何年か前のブログに、こうして馬から降りる騎女の動画を載せたのですが、
その動画サービスが終了し、今は見られません。
いつか、また撮りたいなぁ。


c0049950_17131167.jpg


女人も、馬も、牛車も、もう終わりということで、
かなり乱れた感じの写真になってますが、
(右の男性、交通整理みたいなのをしてはるし。)
これはこれで、面白い写真ということで。。。


c0049950_17214224.jpg


上の方に載せた、斎王代が社頭の儀へ向かって歩いておられる間、
たくさんの見物客の皆さんは、
楢の小川のせせらぎで、涼をとっておられました。


c0049950_17281913.jpg


そして、行列に参加した人達の何人かは、
こうして、川で、道具を洗っておられました。

本当にお疲れ様でした!


駐輪場へ向かおうとしたら、、、

c0049950_1737381.jpg


トラックに収納された腰輿。
斎王代が乗っていないと、なぁんか虚しいなぁ。
単なる道具にしか見えないのは、私だけ?


さてさて、この日こうして葵祭を楽しまれた方の多くが、
このあと向かわれるところがあります。

以前も向かったのですが、大田神社です。
ちょうど、かきつばたが、綺麗に咲いているんですよ。


c0049950_17365436.jpg


大田神社へ向かう時に通る、社家町を流れる明神川。
小学生の頃、ここから近くのところへ通うことがあった時から、
この辺りの雰囲気が大好きです。


大田神社に着くと、やっぱりたくさんの人が、見に来られてました。

c0049950_17425723.jpg


c0049950_1745213.jpg





このかきつばたを見ている間も、
上賀茂神社では、社頭の儀が行われていたわけですが、
そのあとの走馬の儀が、なかなか見応えがあるそうです。
馬が走る迫力がすごいらしいのですが、
今年はなんと! 一頭の馬が暴れだして、乗尻が落馬されたそうです。(怖っ!)

そんな、何が起るかわからないような緊迫した雰囲気、
味わいたい気もするので、
来年は、走馬の儀目当てで、行ってみよっかなぁ~。
あっ、5月の初めに行われる「競馬」(くらべうま)も、見てみたいなぁって思ってたんやったわ。
絶対、どちらか見に行こうっと!



c0049950_18311432.jpg

                     (2007年5月27日撮影)

「おかっしゃん。ワタシは、その葵祭って見たことないけど、
『およよ』っていう乗り物に、乗ってみたい気がするワン。
もしワタシが、『じゅうにひとえ』着て『およよ』に乗ったら、
みんな見てくれると思うワン。」

サイちゃん、、、
あんた、「サイ」だけに、「サイ王代」ってか?
[PR]

by sai-n.1020 | 2011-05-22 21:30 | 風景 | Comments(12)

Commented by ma-sa at 2011-05-23 11:41 x
日曜日にあたから沢山の人出やったんや。
斉王代さん、、、結構ご年配、、、嘘。
こぉいう格好すると、老けて見えるねんなぁ。
確か、お若い方しか出来へやんなぁ。

カキツバタ。やっぱりアタシが見たときより綺麗やわ~
もぉ一週早く行けば良かった。

それにしてもマメに色々見に行ってはるなぁ


Commented by おば at 2011-05-23 22:02 x
サイママさん、サイちゃん斎王代にならはるんやったら
ウン千万円やで!
Commented by mikihana922 at 2011-05-24 10:54
こんにちは!
お~~、京都の初夏の風物詩ですね。
いつもありがとうございます。
京都に行かずして裏舞台まで見せて頂きました。^^v

去年の日記も拝見しましたが
時が過ぎるのはなんて早いのでしょう!
Commented by コスモス at 2011-05-25 14:40 x
お久しぶりです~^^
葵祭って聞いてことはあったけど・・・
周りは現代の街並みですが、
そこだけ時代が見えるなんて
いいですねー
タイムスリップしそうな画像です。

自転車でかけつけたそうだけど、
手のほうは回復してますか?
Commented by sai-n.1020 at 2011-05-26 23:24
>ma-saちゃん
返事遅くなってごめんやでぇ。

うん、日曜日やったし、たくさんの人出やったけど、
あれでも、去年の土曜日よりも少なかったらしいわ。
そうそう、斎王代、確かに実際より老けてみえるよね。
ってことは、私らがやったら(あり得へんけど)どんだけ老けた斎王代になるんやろ~?(笑)

太田神社、来年は、もう1週間早く行ってみて~。

行けるときに、行っとこ~って思ってね。
Commented by sai-n.1020 at 2011-05-26 23:26
>おば関さん
返事が遅くなってごめんね。

そ、そやなぁ。
我が家では、絶対無理やわ。
・・・って、犬の斎王代って、アリか?(爆)
Commented by sai-n.1020 at 2011-05-26 23:28
>mikihanaさん
返事が遅くなりました~~。

そうです。
これから、祇園祭や大文字、、、と続く、
この時期の風物詩の、一発目です。
お礼を言ってもらえるなんて、、、、

こちらこそ、あの長ったらしいのをみてもらって、恐縮です。
そうですよね。
イベントがあると、1年の速さを痛感します。
Commented by sai-n.1020 at 2011-05-26 23:33
>コスちゃん
うわぁ~。こちらこそご無沙汰してしまってごめんね。

なかなか、いいお祭でしょ?
バックと行列のミスマッチ、
楽しんでもらえたかな?

どこでもドアがあれば、
昔のお祭を見に行けたんやけどね。

あちがとう!
かなりマシです。
Commented by RUN at 2011-05-28 10:35 x
京都の三大祭「葵祭」「祇園祭」「時代祭」はなかなか見に行くチャンスが無いワァ・・・
市内から北の方であるからなぁ?

こちらからだとチョットチャリで見に行くってことは出来ないしぃ
こうして見せてもらえて行った気分になれるのが嬉しいワァ~

サイちゃんが、「サイ王代」になったら絶対見に行くワァ~
Commented by サイママ at 2011-05-31 23:43 x
いやいや、そんなこと言わんと、
どんどん見に行って~~。
今年は祇園祭も日曜やし、
どう?ご主人とともに、、、

そやな。チャリではちょっと、、、
こんな写真でも、行った気分になれた?

へへへ、、、、何年か後に狙います。
ウソウソ、、、
Commented by こむわんこ at 2011-06-04 19:19 x
バタバタして見に来れなかったら、ずいぶん前にアップしてたんですね~

グダグダの葵祭、ありですよ。
だって本当のことやし、あの近隣の人が見てるの、毎年これやし(爆)

斎王代はなれないけど、うちの教室の一番上のクラス、十二単の授業があるんですよ。
着る方じゃなくて、着付ける方だけど…
Commented by sai-n.1020 at 2011-06-08 02:18
>こむわんこさん
ずいぶん返事が遅くなってごめんなさいっ。

どんなお祭でも、最後はやっぱり、グダグダするよね。
そっか、あの辺の住民のみなさん、
葵祭って、こんなもん、、、って思ってるかもしれん?

十二単、着せるのって大変やろなぁ。
今度は、着せてもらってみてください。

<< 加齢とともに 話題はさかのぼり >>