もう1回紅葉を楽しんで

気がついたら、今年もあと3週間足らず。
信じられない速さで、月日が経っていきます。

毎年こんなこと言ってますが、
今年は特に、そう思います。

なぜかと言うと、、、、

毎回毎回、同じこと書いて申し訳ないけれど、
「去年の今頃は、、、」と思ってしまうから。

c0049950_15441959.jpg

      (2009年12月8、9日 帰って来ていた長男と。)


当時のサイちゃんの写真を改めて見てみると、
本当に弱っていました。
その時は、そう思わなかった、というか、そう思いたくなかった、
こんな状態でも、まだまだ頑張ってくれる、、、
と信じていた私は、馬鹿だったのかなぁ。
確実に弱っていることを認めて、
片時でもサイちゃんのそばを離れず(実際は無理やけど。)
できるだけ抱っこしてやればよかった、、、

そんなことを毎日思ってしまいます。
実は、まだ年賀状を買うことさえしていません。
「喪中葉書」にしたい気持ち満々なので。
いや、送ってくださる年賀状は、すごくありがたいんです。
私自身が出す気になれなくて。。。

皆さん、「サイママのそんな気持ち聞くの、もううんざり~。」って思われたら、
ごめんなさい!
でもね。ペットを飼っている者は、
誰しも必ずこういう想いをすることになるんです。


むっちゃんの今の気持ちを考えると、
今年1月の、私の気持ちとだぶってしまい、
とてもとても、胸が痛みます。

なぜなら、むっちゃんと、ご主人のchikaちゃんが大切に飼われていたシロちゃんが。。。

今月3日に、永遠の眠りについたからです。

9月に、シロちゃんに会いに行ったときは、
今だから話せますが、
むっちゃん、かなり覚悟を決めている様子でした。
でも、それから2ヶ月以上頑張ったシロちゃん!
むっちゃんも、一生懸命介護されました。

シロちゃんも、むっちゃんも、chikaちゃんも、ほんまにお疲れ様!
シロちゃん、向こうでサイ子に近づいたら、きっと歯をむき出して怒ると思うけど、ごめんね。
そんな時は、つまさんちのぶうこちゃんのところへ行って、
慰めてもらってねぇ。
ぶうこちゃんは優しいから、サイ子みたいに怒らへんと思うわ。

c0049950_23275395.jpg
                   (9月20日、シロちゃんのお家へお邪魔した日。)

シロちゃん、安らかに眠ってね。



去年は、サイちゃんのサークルが、
狭い居間の大半を占めていたし、
それにサイちゃんの介護を優先していたし、
年末の大掃除は、思い切り手抜きでした。

今年は、、、特に理由はないけど、やっぱり手抜きになりそうです。




さてさて、季節はどんどん冬らしくなっていってますが、
前回の日記に書いた、絵画展を見に行った翌日、
これまた近場の紅葉を見に行って来ました。
2週間も前のことで、季節の逆戻りのようですが、見てください。


テクテク歩いて向かった先は、「赤山禅院」です。

赤山禅院は比叡山延暦寺の末社でありながら、
陰陽道の守護神である泰山 府君(たいざんふくん)が赤山明神として祀られているという、
神仏習合の珍しい寺院で、
古来より、もみじ寺として親しまれています。


・・・と、あたかも前もって調べたように書いてますが、
実はそうじゃないんです。
ここに書くにあたって、急いで調べたわけですが、
そのため、あとで、すご~~く後悔することになります。。。



c0049950_15313069.jpg

平安神宮の、あの大鳥居とは全く対照的ですね。
「え? お寺やのに鳥居?」って思ったけど、
上に書いたように、「神仏習合」ということなんですねぇ。


かなり前に、ここを車で通った時に見た、
鮮やかな「紅色」の紅葉がすごく印象的だったので、
前から見に行きたいと思ってたんです。
でも、、、あれぇ~~? 
ここにはないやん。
この鳥居の中へ、当時は車が入っていったのかなぁ?

ま、とにかく中に入って行きましょう。


c0049950_15342452.jpg

山門のこっち側にもあっち側にも、紅葉が広がっていますね。


c0049950_15352436.jpg

門をくぐって歩いていくと、こんな灯籠が。
ここにも、さっき載せた石の鳥居と同じく、「赤山大明神」って記されています。


c0049950_1522674.jpg

へぇ~、もみじ祭かぁ。
この日は、最終日に近いせいか、露店もあまりなく、
お茶をいただける所があったぐらいでした。
来年、もっと賑わう頃に、行ってみよっかなぁ。


c0049950_2333658.jpg

御神水のそばにも、美しい紅葉が。。。


c0049950_233445100.jpg

この小さな女の子の目には、紅葉が、どのように映っていたんでしょう?
いったい何歳ぐらいを機に、葉っぱや花の彩りを通して、季節の移り変わりを、
しみじみと感じるようになるのかなぁ・・・・・?
そうそう、ぶら下がっている手拭いに、「赤山禅院」って書いてあったのには、ちょっとびっくりしました。


ふと前を見ると、こんなものが。。。

c0049950_3583476.jpg

「還念珠」というものです。
これに関しては、立て札に説明書きがあったので、見て下さい。

c0049950_14555522.jpg



c0049950_3444226.jpg

発願文を唱えなかったけれど、くぐってみました。


c0049950_1028769.jpg

もう一箇所、還念珠がありました。


では、境内の中の紅葉を、曇り空の下、ちょっと暗いですが、見てくださいね。


c0049950_1534617.jpg



c0049950_1542493.jpg



c0049950_1537498.jpg



c0049950_1565774.jpg



c0049950_1572873.jpg

寒桜が咲いていたので、紅葉をバックに。。。


c0049950_1582015.jpg

今度は椿と一緒に。


c0049950_1591611.jpg

派手さはないけれど、どこか趣きのあるこの赤山禅院、
この間の永観堂や南禅寺のように、さほど人が多くなくて、穴場かもしれませんね。


で、さっき書いた「後悔」というのは、、、

調べている時にわかったことがあるんですよ。

延暦寺は平安京・京都御所の鬼門の方角(東北)にあり、
鬼門除けとして建てられたお寺だそうですが、
この赤山禅院も鬼門除けとして、拝殿には「皇城表鬼門」と書かれていて、
屋根の上に、御幣と鈴を持ったお猿さんがいるらしい。。。

えぇぇぇ~~~? お猿さん?!
そんなん、気づかへんかったし!

近いんやし、いつか行って、確かめようと思います。


ここでちょっと、調べたことを紹介。。。

まず、創建された始まりについてですが。

天台宗の歴史において、大きな役割を果たした祖師のひとり、慈覚大師円仁が、
遣唐使団とともに入唐し、困難な留学を終え、その帰路の途中、
登州(現在の山東省)の赤山という地で下船し、
赤山の山中にある赤山法華院に滞留したそうです。
そこで、赤山の神々に五台山巡礼を願い、
成就すれば日本に赤山禅院を建てることを誓ったそうなのですが、
その願いを果たせず、
病床で、弟子である安慧たちに遺言の中で命じたらしいです。

この慈覚大師円仁が、唐からの帰りに嵐で船が転覆しそうになった時、
赤山明神に助けられたので、赤山明神をお祀りしているらしですよ。


また、この赤山禅院は、
天台宗比叡山延暦寺の千日回峰(せんにちかいほう)という荒行に、
深く関わりがあるらしいです。
「千日回峰」というのは、7年かけて、比叡山の峰々を廻って礼拝する修行で、
比叡山から赤山禅院の赤山大明神に花を供えに下り、ふたたび比叡山へと上るということで、
「赤山苦行」の場となるわけです。


なぁんか、毎度毎度のことですが、
調べれば調べるほど、奥が深いことに気づきますが、
まだまだ調べ足らないので、
詳しくお知りになりたい方は、
こちらをご覧くださいね。



今年は、近場ながらも、何箇所か紅葉を楽しむことができました。
来年は、もう少し足を伸ばしてみよっかなぁ。
そういえば、東福寺の紅葉って、見たことない。
(というより、東福寺自体、行ったことがない!)
来年こそ、すっごい人出を覚悟で、行ってみよっかなぁ?


この冬、次に風景をここに載せるとしたら、
雪景色かなぁ・・・?




c0049950_15454091.jpg

「おかっしゃん。ワタシに何度か会いに来てくれはったむっちゃんとchikaちゃんとこのシロちゃん、
もうこの間から会ってるワン。
なかなか大人しい子やワン。
ワタシがここに来てから、次から次と、
おかっしゃんのこと知ってる子がやって来るワン。
ワタシは今まで見たことないのに、みんなおかっしゃんのこと知ってるし、
安心して遊んでるワン。
でも、あんまりしつこぅ寄ってくる子には、
ワタシ、歯をむき出して怒ってやってるワン。
そんな感じで、元気にしてるし、安心してワン。」

サイちゃん。。。
あんた、やっぱり向こうでも、歯むき出して怒ってるんかいなぁ~~。
あんまり怒りっぽかったら、嫌われるでぇ~。
でも、たくさんの友達と過ごしてるなら、
おかあさんも安心やわ。
[PR]

by sai-n.1020 | 2010-12-12 23:35 | 風景 | Comments(12)

Commented by コスモス at 2010-12-13 16:14 x
ご無沙汰してます^^;
今日は、一日中雨でとても寒いです!
サイちゃんのお友達が・・・
天国に行かれたのですね。。とてもお辛いでしょうね。
すこしずつ、元気になられるといいですね。
京都は、ほんとにいろいろ神社仏閣がありますね。
「赤山禅院」りっぱなお寺ですね。紅葉も
寒桜もきれい。だいぶ紅葉も終わりかなと思って
いましたが。千日回峰、ずいぶん前に
成し遂げた方がいらっしゃいましたよね??
かなりの荒行なんですね。
娘が先週、奈良、京都へ行ってきました、
法隆寺や清水寺の修復現場を見させてもらった
ようです。なかなか見れませんよね^^
「マザーウォーター」のロケ地の
カフェにも行ったようです。私も来年こそは、
実現させたいと思ってます^^
Commented by mikihana922 at 2010-12-13 16:45
サイママさん、本当に淋しくなりました。
ブログで皆さんに出会った頃は
みんな元気にお散歩してましたよね。
そんなことを思い出すと月日が経ったんだなぁと思います。
でもワンコが虹の橋を渡っても
サイママさんを始め飼い主さんにとっては身近な存在だと
いうこともわかってきました。^^

またまた京都の素晴らしい紅葉ですね。
たくさん調べ物もして下さってありがとうございます。^^
サイママさんがまだ見ていらっしゃらない名所も
あるのですね。 よかった~!
富士山の麓で育ちながらまだ登ったことがないので
安心しました。今後も登る予定は全くありません。
富士山は眺めるものなので・・・。(笑)
Commented by すもも母 at 2010-12-13 19:53 x
ホントにサイママちゃんはいいところに住んでるよね~
テクテク歩いて行けるあちこちに、こ~んな風情のある名所がいっぱいあるんだもの。
京都で生まれて京都で育って・・・そのワリには行ってないところも多そうだけどね^m^

季節が一巡りしてしまうまでは、なににつけ「去年の今頃は・・」って
懐かしい気持ちより、悔いのような気持ちに胸が締め付けられる想いをする・・
ってのは、アタシも経験してる。(ワンじゃないけど)
そのどうにもならない気持ちは、よっくわかる・・・つもりだよ。
その感情を押さえる必要はないし、自然に気持ちの行き先が治まってくるから
それまでは、自然に流されていたらいいと思う。
せっかく、ここがあるんだから、その気持ちをエンリョせず出したらいいよ。
お友達ワンコさんも、サイちゃんのところへ・・・
いつか来ることだもんね、考えたくないけど。
Commented by あんず at 2010-12-13 23:23 x
サイママさん こんばんは。
シロちゃん お星様に・・・いつかはってわかってはいても 現実となると寂しくて やるせない気持ちになりますね。
きっと 今頃 サイちゃんとシロちゃんと お空の世界で遊んでいるかも・・・

またまた秋?の京都を楽しませていただきました。
今日とって ほんとどこも素敵で 行きたくなりますね。
Commented by chobipon at 2010-12-14 22:20 x
シロちゃんも向こうで、先輩のサイちゃんに会って心強いと思うよ。
なくなって1年目は、季節が巡る度に去年は・・・って
思うのは仕方ないよ。
私もどんだけ泣いたか分らんくららい、泣き続けて
近所のお友達が心配してくれたぐらいやったもん。
でもね・・・今ならやっとあの頃のチョビは・・って、懐かしい気持ちで話が出来るようになったから、きっと
そんな穏やかな日が来るから、すもも母ちゃんが言うように
気持ちのまま流されてもええと思うわ。

それから、ぶうこちゃんが亡くなった事、知らなかった(T_T)
数年前には毎晩、ぶうこちゃんのライブカメラを見るのが
楽しみで、可愛いぶうこちゃんの姿に癒されてたのに、
最近ご無沙汰してたから、すごくショック・・・
つまさんのお友達の中塚先生は、ポン太の子犬の頃のパピー教室の
先生やったんよ。
それが縁でぶうこちゃんを知って、時々コメントも入れてたりしてたんやけど・・
さっきつまさんの所で、亡くなった様子を読んで、号泣してしもたよ(T_T)
ほんま、知ってるワンコが亡くなるのは、辛いね・・・

Commented by sai-n.1020 at 2010-12-15 21:12
>コスちゃん
こちらこそ!
このところ、天気の変化、気温の差が激しいよね。
きょうは、めっちゃ寒い~~。

サイちゃんに何度か会いにきてくれた友達のわんこが、
残念ながら、、、、
9月に会いに行ってきたので、
あの時の姿が思い出され、本当につらいです。
でも、サイちゃんと仲良くしてくれてたらなぁって思ってます。

「赤山禅院」はねぇ。
去年コスちゃんが行かれた曼殊院より少し北の方にあるんですよ。
今年は、何箇所も紅葉を楽しめました。
千日回峰、、、誰だったっけ?

娘さん、こちらに来られてたんですよね。
コスちゃん、残念やったけど、
是非来年に~~♪
コスちゃんのブログに書いておいたけど、
マザーウォーターって、知らんかったわ。
娘さんが行かれたお店でないほうのカフェ、
父の病院へ向かうとき、毎日通ってたところだったってこと、
ほんまにびっくりしたわ~。
Commented by sai-n.1020 at 2010-12-15 21:16
>mikihanaさん
もしmikihanaさんやむっちゃんのお家が近かったら、
今頃寄って、しみじみ語り合ってることでしょうね。私達。。。
こうして何年もの間、愛犬達を通じて、
交流を高めてきたわけだから、
その感謝すべき愛犬がこうして次々眠ってしまうと、
本当に、本当に、つらいです。
ハナちゃん、シロちゃんやサイちゃんの分まで、
ずずずず~~~っと長生きしてね!

京都で、見ていないところもある、、、んじゃなく、
見ていないところの方が多いんですよ~(恥)
富士山、今後も登られる予定、ないんですか~?(笑)
そっか、、、見るものなのですね。
Commented by sai-n.1020 at 2010-12-15 21:21
>すもも母ちゃん
そやねん。われながら、ええとこ住んでると思うわぁ(笑)
でも、かえって「いつでも行ける。」と思い込んで、
いつまでも行かないまま、、、ってことになりかねないし、
こうやってブログ書くようになって、
行って、載せるという機会を持てて、よかったと思ってる。

すもも母ちゃんの言うとおり。
そういう気持ちやねん。まさに!
ほんで、すもも母ちゃんは、もっともっとつらい思いしたんやなぁって、考えてたよ。
わんこも、人間の子供も、一緒やけど、
やっぱり、、、、違うもんね。

うん。ありがとう。
ここでこうやって、正直に自分の気持ちを打ち明けるようにするよ。
「またか。。。」って思われても、気にせえへん(爆)

永遠の命なんて、、、あり得へんもんね。
考えたくないけど、現実は、、、
Commented by sai-n.1020 at 2010-12-15 21:24
>あんずさん
シロちゃんのこと、むっちゃんはかなり前から覚悟はしていたようですけど、
やっぱり、あの瞬間は、絶対つらかったのに違いありません。
そして、私が過ごしたのと同じような、虚しい毎日が、
しばらく続くのかと思うと、、、こっちまでつらくなります。
コロちゃん、みんなの分も、頑張ってね!

あんずさ~~ん。
私のブログでだけ楽しんでないで、
来年はそろそろ久しぶりにこっちに来ませんかぁ~?
Commented by sai-n.1020 at 2010-12-15 21:29
>chobiponちゃん
シロちゃん、心強いって思ってくれたらええけど、
サイ子が歯をむき出して怒ってたら、、、可哀想、、、

そうそう、季節が巡るたびに、
ほんまに色々思うねん。
これは仕方ないよね。
穏やかに、、、来月中旬になったら、
また逆に悲しみが大復活するかもしれんけど、
それから、ちょっとずつ、ちょっとずつ、
穏やかになっていってくれたらと思うわ。

ぶうこちゃんのこと知ってたん?
ほんで、亡くなったことは知らんかったんかぁ。。。
ポンちゃん、つながってたんやぁ。
つまさん、あの時、旦那様からの連絡を聞いて、
高速を飛ばしてはったときのお気持ち、、、、
はかり知れんよねぇ。
でも、つまさん、ぶうたちゃんを迎えて、
再びわんことの生活、楽しんではるよね。
そやけど、、、思い出さはると、やっぱり何とも言えん気持ちにならはると思う。
Commented by rurukopan at 2010-12-16 20:15
サイママさん、こんばんは。
シロちゃん、サイちゃんと今頃一緒に遊んでいるでしょうか。
寂しいですね。

サイママさんのおかげで自宅にいながらにして京都旅行を楽しませてもらっています。
ありがとう。
Commented by sai-n.1020 at 2010-12-19 00:27
>ルル子ママ
返事が遅くなってごめんね。

寂しくって仕方ないけれど、
サイちゃんのいるところに、いっぱい友達わんこがいると思うと、
心強いです。

自宅にいながら、、、でなく、
来年は是非、こちらに~~♪

<< またもや観賞~♪ お知らせ >>